【会社えっち体験談告白】彼氏ができたばかりの後輩を自慢の巨根で寝取ってみた

【後輩との体験談】終電をなくし、家に泊めてほしいと言ってきた会社の後輩。飲んだ彼女に興奮してしまい…
「終電がなくなったので、泊めてほしい」と会社の後輩から電話があった。彼女は長年彼氏ができないと悩んでいた子だったため、これを機に寝てしまおうと計画を立てていたが、家に来たとたん、まさかの交際宣言!性欲の強い彼の相手になっているとの話を聞き…
h_254cand00160jp-2

俺は広告代理店に勤める30才の男です。

この前、会社の後輩で仲が良い「メグミ」から電話がありました。

俺のマンションが駅近くにあって、飲んでいて終電が無くなったから泊めてほしいって事でした。

メグミは顔も可愛くて、年は27才です。

メグミが家に来ると、ほろ酔いな感じの赤い顔がさらに可愛かったです。

部屋に入ると、取り敢えずビールで乾杯して少し飲みました。

俺にも彼女がいたので何とも思って無かったんですけど、今見るとかなり可愛いと思って、今日は何とかいけるトコまでいきたいと思っていました。

メグミは性格が明るくて、リアクションが大きくて話しやすいです。

下ネタも全然オッケーだったから、昔から密かに『簡単にヤレんじゃねーの?』って思っていました。

彼氏が出来ないって悩んでいたから、『ひょっとしたら今日を切っ掛けに付合っちゃうか?』と思って、一人で盛り上がっていました!

するとメグミが

「先輩!聞いて下さいよ!メグミ彼氏出来たんですよ!」

と言い出した!

一発目から、かなりのカウンターパンチが飛んで来た!

俺は『マジでええええええええええ!』でしたけど、必死こいて表情に出さない様に話を続けました!

でも、内心はメチャメチャブルーです・・・。

ビールをいっぱい飲んで、誤魔化しながら盛り上げました。

でも気になったのは、この可愛いメグミがどこまで彼氏とやっているかだった!

俺らの関係的に何でも話せるから、次々質問していった。

彼氏は29才で、付合って1ヶ月。

システムエンジニアで忙しいらしく、今日も徹夜で仕事らしい。

彼氏にとってもメグミは久しぶりの彼女らしくて、今は猿みたいになって、会う度に何回もエッチするらしい。

この一ヶ月で、20回はやってるらしい。

彼氏の家に泊まりで行った朝には、いきなり入れてくるので痛いから困るらしい。

俺はメグミの話だけで、勃起してしまった。

この可愛いメグミと20回もしてんのか?ふざけんな?

朝から前戯無しで挿入?何楽しそうに笑ってんだ!!!

俺は嫉妬と怒りが混じりあって、かなりヤバかった。

どうしてもメグミを犯したくなてしまったから、とにかくメグミを酔わせるようにした。

ビールが終わったから、ウイスキーにチェンジしました。

ウイスキーなんて飲めないけど、メグミに飲ます為に一緒に我慢して飲みました。

するとメグミもベロベロになってきて、

「メグミ寝ますう!いいですか?」

と言ってきたので、ベッドで寝かせました。

メグミはスカートとキャミソールでベッドに入って

「先輩ブラ取っちゃいますから、こっち見ないでね!」

なんて言ってました。

俺はドキドキしながら、電気を消しました。

そして床で寝てるフリをして、どうしようか考えました。

そしてとにかく勢いで、酔っぱらったフリをしてベッドに行く事にしました。

「メグミー、俺もそっちで寝るわ、いいべ?」

と言うと

「えー、いいですけど、ドントタッチですよー、あははっ」

って感じで、ベッドイン成功です。

もうドキドキです。

隣にはノーブラのメグミが寝ています。

そして、メグミの髪の毛のいい匂いを感じた瞬間!

もう限界です!いっちゃいました!

「メグミー!!!もう無理!我慢できねー!エロ過ぎるよお前!マジ我慢できねー」

って変態っぽく言いながら、抱きつきました!

メグミはビックリして

「きゃあ、何ですか!もう先輩やめて!」

と言っていますが、無視してキャミソールの中に手を入れて、ノーブラの生乳を揉みまくりました!

メグミは巨乳では無いですけど、いい感じのサイズで、すごい柔らかいです!

酔っぱらっているから力が入らないみたいですけど、必死で抵抗しています。

俺は益々変態っぽく

「お前エロいよ、俺にもヤラせろよ、こんな可愛いおっぱい我慢できねーだろ?

すげー気持ちイイよ、マジ可愛いよ、いいだろ?俺彼女いねーんだよ、お前すげーエロいよ」

と言いまくっていると、メグミが同情したのか

「先輩、落ち着いて下さい、もう、やだ!胸だけならいいですから!」

と言いました!

俺は嬉しくなって

「マジで!いいの?メグちゃんのこのエロいおっぱい触っていいの?

マジで?ヤベー、やっメグミエロいなー、最高だよ、彼氏だけなんて勿体ない。

すげー気持ちイイよ、可愛いのにおっぱいも気持ちイイよ」

と、かなり変態的になっていました。

メグミは

「絶対ムネだけですよ!」

と言って、抵抗を止めました。

そして俺はおっぱいだけをムチャクチャいやらしく、ねっとりと揉みしだきました。

ねっちょりゆっくり揉んで、時々乳首を「ちょんちょん」します。

すでにカッチカチの石みたいに、勃起してます。

「メグちゃんやべーよ、乳首勃起してんじゃん、乳首勃起しちゃってんじゃん。

エロいよ、マジエロいよ、こんな可愛い顔して、乳首勃起してんじゃん。

いやらしー、感じてんの?ねー感じてんの?」

と聞くと

「やだ、ハァハァ、あんっ、先輩、ハァハァ、あっ、変態みたいだよ、ハァハァ」

と、少し感じはじめました。

俺はコリッコリの完全体になった乳首を、転がしたり、コリコリしたりして遊んでいました。

メグミも声が漏れてきて

「あっ、はぁあっ、あっ、ふっ、ハァハァ」

と気持ち良さそうにしていました。

俺は

「メグミごめんね、彼氏いるのに、こんなイイおっぱい触らせてくれて。

ハァハァ、すげーエロいじゃん、嬉しいよ、彼氏に謝っといて。

ねー、ごめんね、こんな乳首ビンビンにさせてごめんねって言っといて。

メグミのエロい乳首ありがとうって言っといて」

と言うと

「もうそんなの言える訳無いじゃないですか、ハァハァ、あんっ、でもムネだけですよ、ハァハァ」

と優しかった。

俺は今度、メグミを仰向けにさせて、キャミソールを捲りあげて、乳首を舐めはじめた。

「うわー、メグミのおっぱいエロいなー、すげー、舐めちゃおう!

うーん、ジュブウウウウ、ブチュッ、うわーうめーメグミの乳首すげーうめーよ、エロいよ。

カッチカチ、すげー固いよ、メグミありがとう、すげーおいしいよ」

メグミはさらに感じていた。

「あああ、あんっ、はぁあああ、先輩、ああ、なんかやだあ、気持ちイイよ。

ああああ、やだよ、上手いよ、あああん」

俺は

「メグミ濡れてきてんじゃねーの?ちょっと触ってイイ?」

と聞くと

「ダメ!先輩!ムネだけだよ、約束したもん!」

と拒否していた。

だから

「ちょっと触るだけ!濡れてるか確かめるだけだよ!

いいだろ?彼女いない俺にも幸せ分けてくれよー!たのむよー!」

と変態的にお願いした。

メグミは

「じゃあ、パンツの上から触るだけだよ」

と納得していた。

そして俺はスカートの中に手を入れて、すぐにはアソコを触らない様に、太ももとかをたっぷり味わって近付いていった。

メグミは敏感なのか、「ビクンッビクンッ」と反応していた。

そしてパンツの膣穴付近を指で触ると、凄い状態だった!

まるでお湯を服にこぼした時みたいに、熱い汁がパンツからにじみ出ていた。

俺は興奮しまくって、また変態的に

「ああ、すげー、メグミのマ○コすげー、ヌッチャヌチャじゃん。

ヌッチャヌチャ、エロいよ、マ○コの穴からたっぷり汁が出ちゃってるよ。

メグミ!ちょっと顔見せて、うわー、こんな可愛いのに、マ○コの穴からヌルヌルの汁出してるよ。

エロいよ、すげーよ、いいなー、このヌルヌルにチ○コ擦り付けてーよ、いいなー」

なんて言ってると、メグミはムチャクチャ恥ずかしそうに

「もうやだ言わないでよ先輩、恥ずかしいよ、もうイイでしょ、寝ようよ、彼氏に怒られるよ!」

と終わらせようとしたので、

「じゃあメグミのパンツでオナニーしていい?

そしたら寝るよ、すぐ寝るから!」

と言うと

「もう先輩本当に変態じゃないですかー、イヤですよ!」

と断られた。

でも、また耳もとで

「たのむよメグミ!メグミちゃんのたっぷり汁が着いたスケベなパンティーでチ○コ汁出させてよー。

こんな可愛い娘が出したエロい汁で!

メグミは彼氏いるからセックスできるけど、俺は出来ないんだよ。

頼むよーマジで、メグミがエロすぎるんだよ!」

と言い続けました。

メグミは渋々

「もう変態!ちゃんと返して下さいよ」

と言って、自分でパンツを脱いで、俺に渡しました。

俺はすぐに匂いを嗅いで

「うわーすげーメグミのマ○コ臭がすげー、エロい女の匂いがするよ。

あああああ、マジでたまんねーよ、すぐ出ちゃうよ」

と言うと

「やだ恥ずかしいから返してよ、もうホントやだ!返して」

と少し暴れましたが、無視して俺もパンツを脱ぎました。

しばらくパンツの匂いを嗅ぎながら、シコシコしていましたけど、隣にはノーパンのメグミが寝ています。

それなのにオナニーで終わらす訳にはいきません。

メグミは横向きに背中を向けて寝ています。

俺はメグミに抱きついて、

「メグミ、ちょっと素股してよー、たのむよー。

入れる訳じゃないからいいだろ?メグミはそのまま動かなくていいから」

と頼みました。

メグミは

「何ですか?素股って、また変態な事なんでしょ!いやですよ!」

と言っていた。

でもめげずに

「違うよ、メグミの足の間にチ○コ挟むだけだよ!いいだろ?」

と言って返事も聞かずに、チ○コをメグミの太ももに挟みました。

メグミの太ももにチ○コを強引に挟んで、俺は勝手に腰を振り出しました。

メグミはすぐに

「やだやめてよ、こんなのダメだよ、彼氏に怒られるもん!」

と抵抗しようとしたので、俺はメグミの耳もとで、今にも射精しそうな声で

「うわあああ、メグミ待って、やべぇぇぇよおおお、出ちゃうよ。

メグミの太ももだけで出ちゃうよ、マジ気持ちイイ。

メグミの太もも気持ちイイよっぉぉぉぉ、何でメグミこんなエロいんだよう、やべーよこれ」

と泣叫ぶ様に言うと、メグミはすぐに大人しくなりました。

たぶん可哀相だと思ったんでしょう。

俺は徐々に挟んでる位置を、上にあげていきました。

そしてとうとう三角地帯に到達しました。

そこはすでにヌルヌルエリアです!

ここを勢い良く擦れば、メグミの方に俺の亀頭がズッポズッポ飛び出して、メグミのむき出しのクリを俺のカッチカチのエラが擦りまくります!

俺はチ○コのデカさには自信があって、メグミの話だと彼氏は大きくないみたいだったので、巨大なカリで、ズコズコ刺激してやりました。

するとメグミの反応が変わりました。

「あんっ、ああああ、いやあ、ダメ、何か、ハァハァ、さっきと違うよ。

あんっ、ああああ、おかしいよ、ああああ」

と大きな声が出ていて、

「ネチョッネチョッ」ていう音が大きくなって来ました。

メグミもかなり感じていました。

俺は

「メグミもうすぐイキそうだよ、出ちゃうよ」

と言うと

「あんっ、もう早く、ああ、ハァハァ、終わらせてよ」

と言っていたから、

「メグミ、最後にバックで素股やったら2秒で終わるからいい?

ちょっと体勢変えて!」

と言いました。

メグミは

「ホントに2秒?どうすればいいの?」

と聞いてきたので、普通にバックスタイルでスカートを捲りあげて、マ○コを突出させました。

薄暗いのでハッキリ分りませんけど、マ○コの周りがビッチョビチョに照っていました。

メグミは話の流れでこんな格好をしなければならなくなっていますが、自分がどういう状況なのか分かっていません。

四つん這いで、むき出したビッチョビチョのマ○コを勃起した男の前に突出しているんです。

もう俺は素股なんて忘れています。

そのままカッチカチのカリデカを勝手にぶち込みました!!!

もちろんメグミはびっくりして

「いやああああ、なんで、やだああああ、入ってる、違うよ、入ってる!いやああああああ」

と叫んでいましたけど、俺にはこの快感を止められません!

「もうやだああああ、なんで、ゴムもしてないでしょ!

ちょっ、ああああん、ああああ、やだあ、抜いて、あああんっ」

と必死で快感と闘っています!

俺はメチャクチャ馬鹿になってきて

「ああううああ、メグミのマ○コ気持ちイイ、グッチャグッチャのヌッチャヌチャ。

彼氏いるのにネッチャネチャでやべーよ、生気持ちイイ、生マ○コ最高。

マ○コヌッチャヌチャで気持ちイイよう」

メグミは一生懸命逃げようとしていたけど、全然力が入らないみたいだった。

「あああ、いやああ、ダメ、もうやだああ、なんで、やだよ。

あん、入ってるよ、絶対ダメ、ああああ、抜いて、お願い抜いてえええええ。

いやあああ、ああああん、ああああ、ダメ、あああ」

俺は奥の方に亀頭をグリグリ押し付けた。

「メグミの生マ○コの奥最高だよ、カッチカチだろ?なぁ?奥気持ちイイ?

我慢汁どっぷり出てる、やべーよ我慢汁がドックドク出てるよ。

我慢汁で妊娠しちゃうよ、どうする?俺の子供ほしいだろ?

ああうううう、気持ちイイ、生最高だよ」

メグミは彼氏より遥かに巨大な亀頭のせいで、抵抗したくても体が動かないようだ。

「ああああん、やだああ、抜いてよ、ダメえええ、何これ、何で。

やだああああ、あああああ、何でこんな、おっきいすぎ、ダメ、こんなの壊れちゃうよ。

だめええええ、ぬいてえええ、ダメ、おかしくなるから抜いてえええええ、いやああああ」

その頃にはマン汁の音が凄い事になっていて、「ブッチュブッチュ」響いていた。

俺は興奮してムチャクチャ激しく腰を打ち付けると、メグミがおかしくなりはじめた。

「ダメダメ、そこダメ、やだやだ、イキたくない、ダメえええええ。

彼氏が最初なのおおおおおお、ダメ、イキたくない、いやあああああああ。

止めてえええええ、いやあああ、もう無理!

イク、イク、あああああ、イックううううううう」

今まで見た女のとは全然違うイキ方で、しゃっくりが止まらない人みたいになっていた。

メグミは喋れなくて、そのままうつ伏せで倒れてしまった。

ハァハァしか言ってなくて、俺がゆっくり仰向けにしても、抵抗しなかった。

俺はメグミの足を広げると、抵抗しなかったから正常位で入れなおした。

「あああ、メグミィィィィィィ、さっきの3倍グッチャグチャだぞおおおお。

気持ちイイ、生気持ちイイ」

と叫んだ。

メグミも息を吹き返して

「ああああ、やだあああ、ダメ、今ダメ、おかしくなるうううう。

イッたばっかでヤバいよおおお、やだやだ、何これ、なんなの?

なんで、やだ、こんなの知らないよ、だめだよ、おかしくなるからぁぁぁぁぁぁああ」

俺も頭がおかしくなるほど興奮して

「ああああ、彼氏よりいいだろ?俺のがデカいだろ?俺のが好きだろ?

なあ?俺の生チ○コ最高だろ?」

メグミはもう自分を見失っていました。

「ああああ、すっごいコレ、彼氏と全然ちがうよおおお、コレおかしいよおお。

こっち好き、コレ好き、もうやだ、彼氏とできなくなっちゃうよおおおおお。

ああああん、ああん、はぁあああああ、無理だよ、好きになっちゃう、彼氏できたバッカなのにいいい。

もうやだああああ、好き、すごい好き、もっといっぱいして、奥いっぱいしてえええ。

あああん、ああああああ、イイ、すっごいおっきいよ、おっきいの気持ちイイ。

もう彼氏とできない、コレがイイ、あああん、あああああ」

俺も射精感が近付いてきたから

「メグミィィィィ、もうだめ、出すよ、中しかダメ、中出ししかしないから、妊娠して。

頼む、俺の子供産めよ、いいかあああああ、出る、すげええええ濃いのが出る。

絶対妊娠させる、いいかあああああ、一番奥にものすげーの出す。

イク、濃いの出すぞ、すげーぞ俺のは、絶対妊娠させるぞおおおおおおおおおおおおおおおお」

と無茶苦茶な事を言いながら、腰を振りまくった。

でも、メグミもそれに答えるように

「あああああ、出して、いいよ、いっぱいいいよ、好きにして、何でもイイから好きにしてええええ。

中に出してええ、彼氏にもさせてないから、最初だから、いっぱい出して。

すっごい気持ちイイから、おっきくて気持ちイイから、おっきい人だけ中出しいいよ。

おっきいから出していいのおおおお、絶対妊娠させて、お願い、彼氏より先に妊娠させて。

メグミ壊して、彼氏ともうエッチしないからあああああああ、イイ。

ああああああ、イク、イク、イクううううううううう」

ドックン、ドックン、ドビュッ、ドビュッ、ビュッ、ビュッ

俺は死ぬ程出した。

最高に気持ちイイ。

そもまま10分は合体していた。

メグミもガッチリくっ付いたまま離れなかった。

俺はハァハァしながらキスすると、メグミも唾液をたっぷり絡ませて舌を入れてきた。

キスをしながら俺は

「またしようぜ、ハァハァ、彼氏と付合ったままでいいから、ハァハァ、いいだろ?」

と言うと

「ハァハァ、またじゃやだ、ハァハァ、今する、今から毎日する、毎日したい、メグミもう彼氏と出来ない!」

と言って、俺にハマったみたいだった。

主(*´Д`)ハァハァ<やっと彼氏ができた後輩を寝取っちゃうなんて悪趣味!

コメントを残す