【仕事えっち体験談告白】当直の新人医師がナースによって…

【職場での体験談】研修医を経て新米医師になったときのこと。当直でお風呂に入っていると、下着姿のナースが入ってきた!
新人医師だったころの話、当直の日に院長から「背中流しますから」といわれ、冗談かと流していたら、本当に看護師が入ってきた!むっちりした肉感的なナースは下着姿で体を洗い出す。当然勃起した息子を平然としごきだした彼女は、再度全裸で湯舟に入ってきて…
mum00288jp-1

俺、医者ね。

インターンを卒業したばかりの20年ほど前の話。

ある開業医のところに頼まれて当直に行ったら、院長に

「当直ご苦労様。

お風呂のときは背中を流しに行かせますから。

ははは。」

といわれ、冗談だと思っていた。

看護婦が風呂の場所を案内してくれたので一人で入っていると、10分ほどしてから、さっきの看護婦が外から

「お湯かげんどうですか?」

と聞いてきた。

「お背中流しましょうか?」

と聞いてきたので

「い、いや・・・いいですよ。

もう上がりますから」

と言ったが、戸が開いて入ってきた。

白衣を脱いで、下着姿だった。

20歳くらいの、ぽっちゃりしたかわいい子だった。

湯船の中であたふたしていると

「どうぞどうぞ」

というので洗い場にあがった。

「人の体を洗うのは、仕事で慣れてますから・・・」

と言って、体中をくまなく洗ってくれた。

さすがに半起ち状態になってしまったが、

「ははは、いいですよ。

男の人は皆そうですよ。」

と言って、ペニスもしっかり洗ってくれた。

洗ったというか明らかにシコシコとしごきだしたので、なんか頭が混乱してきて、下着の上から看護婦のオッパイを触ってしまった。

看護婦は

「あっ」

って言ったが、抵抗しなかったので下着をまくって・・・。

「先生、ちょっと待ってくださいね。

下着がぬれるから、脱いじゃいますね。」

と言って脱衣所に戻り、再び全裸で入って来た。

「先生、湯船に入ってて下さい。」

と言ったので

「あ、はい」

と言って湯船に入ると、看護婦は自分の体をさっと洗い出した。

おれは湯船の中で

「どこまでやっていいんだろう・・・・」

と悩んでしまった。

「私も入っていいですか?」

そこの風呂はセメントにタイルを張った、大きな湯船だった。

看護婦が湯船に入って来てから、お互いに自己紹介みたいな話になった。

そして

「先生、ちょっと立って下さい。」

と言われ、湯船の中に立った。

ペニスも仁王立ちだった。

「嫌だったら言って下さいね。」

と言って、彼女はペニスを口に含んだ。

俺は院長の顔が頭に浮かびながら、そして彼女の肩に手をおいて、されるがままになった。

「この子は院長に、何て言われたんだろう・・・・」

もう、どうでも良くなった。

彼女を立たせて、キスしてオッパイをもんで、乳首をなめて・・・。

最後は湯船の中で立ちバックの状態で、ペニスをちょっとあてがってみた。
[shortcode]
「いいの?」

「あ、いいですよ。

おねがいしまーす。」

俺はグイッと奥まで突き刺した。

ヌルヌルッ、と奥まで入った俺のチンポを、彼女はギューッと締め付けてきた。

お腹に力を入れたんだね。

「気持いいですか?」

「はい、すごく」

「どうぞ、突いてください」

「それでは遠慮なく」

俺は彼女の丸い尻を両手で掴んで固定し、チンポをズボズボと出し入れした。

き、気持いいーっ!!!!!

俺はすぐに逝きたくなってきた。

「出していいですか?」

「あ、どうぞどうぞ」

「本当に?」

「はい。

院長から気持よく当直をしてもらうよう、言われてますから」

なるほどなあ・・・・。

仕事熱心ていうのかなあ・・・。

「それじゃあ失礼します」

俺は彼女の尻を掴んだ手にグッと力をいれ、バシバシ腰を突き上げた。

彼女もギュウギュウお腹に力を入れて、チンポを締め付けてくる。

なんかすごい快感だった。

「で、出ます!!!!」

「どうぞ、遠慮なく!!!!」

俺は言われた通り、遠慮なく彼女の中にぶちまけた。

このところセンズリもしていなかったから、精子もかなり溜まっていた。

それを一気にドクドクドクッと、彼女の中に注ぎ込んでやった。

彼女の穴もチューッと吸い上げるかのように、締め付けてくる。

腰がとろけてしまいそうな快感でした。

院長室に行くと、

「おう、さっぱりしたようだな。

じゃあ俺は帰るから、当直よろしく頼むな」

そう言って院長は帰っていった。

さっきのナースの彼女は・・・

「私も当直なんです」

赤い顔をしながら、俺に言った。

俺の股間は、またムクムクと膨らみ始めるのだった。

主(*´Д`)ハァハァ<院長の言いつけをよく守るナースなんだねぇ…。

コメントを残す