【仕事えっち体験談告白】バツイチ子持ちのシングルマザーのパートさんと…3

【職場での体験談】会社のパート「みどり」さんと所長の衝撃的なシーンを目撃した男性。後日所長に事実を告白されて…
勤める会社のパート「みどり」さんとの関係が続く中、社内で所長との情事を目撃してしまい、ショックを受ける男性。暫く連絡をとるのを避けていたが、みどりさんが会社を休んだ事がきっかけで、所長が事実を告白する。久々に会ったみどりさんにも同様の説明を受けて…
1sdmu00361jp-17

結局、その日はそのまま顔を会わさず、パートさん達が帰る午後2時が過ぎ、俺も夕方には仕事を終えた。

車で帰宅中、一日ぶりに携帯の電源を入れた。

数分後、電話が鳴る。

やはり、みどりさんだ。

俺は、まだ電話にでる勇気がない。

そのまま放置していると、10分近く鳴った後に切れた。

俺はやはり、携帯の電源を切っておくことにした。

次の日、会社に行くと普段通り新聞を読んでる所長がいた。

新聞をめくりながら部下の先輩や同僚と話をしている。

俺は、また心臓が暴れ出すのを感じる。

しかし、冷静にだが適当にみんなに挨拶をし、朝礼に向かう。

廊下でパートさん達と挨拶を交わすが、みどりさんの姿がない。

朝礼が終わった後、パートさん達の持ち場表を確認すると、みどりさんは休んでいた。

みどりさんが休むなんて初めての事で、心配になってしまう俺。

夕方仕事が終わり、同僚達が帰っていくが、俺は

「まだやることがある」

と言って、倉庫内に残っていた。

1時間ほど前に、所長から

「話があるから残っててくれないか」

と言われたのだ。

みんなが帰ったあと、1階倉庫にいる俺の元に所長がきた。

所長「見たんだろ」

俺 「はい・・・」

所長の話はこうだ。

1年半ほど前、生活が苦しいのかフルタイムのパートにしてくれないかと、みどりさんが頼んできたらしい。

確かにフルタイムのパートさんは、数人いる。

しかし全員男だし、力仕事もある。

それに枠はもう埋まっていたから、無理だと断ったらしい。

そして後日、

「愛人にならないか?」

と彼女に言ったんだと、俺に告げる。

それを聞いた俺は、殴りかかりそうになるが、なんとか自分を抑えた。

所長「数日後、彼女はそれを承諾したんだ」

俺 「・・・・・・・・」

所長「だが今年の夏ごろから、彼女の態度に変化が出てきた」

所長「オレの誘いを断る事が多くなり、してる時もキスだけは頑なに拒んだ」

俺 「・・・・・・・・」

所長「そしておととい、君に見られたんだ」

所長「落とした日誌を見て、君だと気づいた彼女は泣いていたよ」

俺 「・・・・・・・・」

所長「付き合ってるんだってな、彼女に聞いた」

そう聞いた俺は、みどりさんが俺との関係を恋人だと思っててくれてた事が、嬉しかった。

その時になって、俺はまだみどりさんが好きなんだと確信した。

すぐにでも、みどりさんに会いたくなった。

所長「すまん」

俺 「・・・・・・・・」

所長「とにかくオレはもう、この関係を続ける気はない」

所長「部下である君とはトラブルになりたくないし、オレには家族がある・・・」

所長「話は以上だ・・・分かってくれるか・・?」

俺 「わかりました」

そう言って立ち去ろうとすると

所長「あ、それとこれなんだが・・彼女に渡そうとしたら断られてね。

君から渡してくれないか」

所長が封筒を差し出す。

中を見ると、お金が入っていた。

俺はそれを所長に叩きつけて

「バカにするな!!」

と目いっぱい力を込めて、所長の顔面を1発殴った。

会社を出て車に乗り、俺はみどりさんに電話を掛ける。

数分鳴らしたが、出ない。

みどりさんのアパートに行ってみたが、誰もいない。

子供もまだ、サッカーの練習から帰ってきてないようだ。

再び車に乗り、エンジンをかけると携帯が鳴った。

みどりさんからだ。

すぐに電話にでた。

俺「もしもし、みどりさん!?」

みどり「うん、ごめんなさい。

夕飯の買い物してて、スーパーの店内がうるさくて気づかなくて・・」

俺「今どこにいるの?」

みどり「買い物終わって、アパートに帰ってるとこ。

時間見ようと携帯開いたら、俺君からの電話に気づいて」

俺「わかった」

電話を切って俺は車から飛び出し、みどりさんがいつも買い物してるスーパーへ行く道を走った。

買い物袋を提げている、みどりさんがいた。

俺はそのまま走りより、みどりさんを強く抱きしめる。

驚いたみどりさんは、俺の腕の中で静かに泣き出した。

みどり「わたし・・・わたし・・・」

俺「もういい、もういいんだ・・・」

アパートに戻り、落ち着いたみどりさんは子供が帰ってくるまでのあいだ、俺に話してくれた。

2年前から、元旦那からの養育費の入金が止まったこと。

元旦那の知り合いに少し聞いてみると、女とどこかへ引っ越し、今は仕事もしていないことが分かった。

役所や裁判所に相談に行こうかと詳しい友人に話すと、

「男に支払い能力がないと判断されるだろうし、養育費の取り決めもしっかりと証書に残してないから何もできないだろう」

と言われ、何よりやっぱり私自身も別れた元旦那と関わるのは、嫌だったのだと言った。

でも役所の助成金とパートの給料だけでは、生活は苦しかったらしい。

「それでフルタイムのパートにしてくれるようお願いしたけど断られて、それで所長の誘いに応じたの」

と消え入りそうな声で言った。

「俺君との関係は毎日が楽しかった。

でも、一回り以上も年の違う関係がいつまでも続くとは思えなかったし。

俺君からも『付き合ってほしい』って言われないことに、多少不安もあった。

それにまだ小学生の息子の将来を考えると、所長からの誘いは断れなかった」

と言った。

それを聞いた俺は、自分の愚かさに腹が立った。

俺は自分の事ばかり考えて、こんなに好きなみどりさんの事を、不安になってるみどりさんの気持ちを全然考えてなかった。

俺さえハッキリとしていれば、こんな事にはならなかったのに。

そして決めた・・。

俺「みどりさん、もう一度最初から始めよう。

俺と結婚を前提に付き合って下さい」

みどり「・・・・・わたしなんかでいいの?」

俺「みどりさんじゃないとダメなんだ、おねがいします」

みどり「・・・はい・・・」

みどりさんは俯き加減で、恥ずかしそうに応えてくれた。

それから、またみどりさんとの楽しい日々が始まった。

俺に殴られた所長には

「これで気が済んだのならそれでいい、すまなかったな」

と言われた。

それから

「彼女を守ってやれよ」

とも言われた。

俺は週の半分は、みどりさんのアパートに行った。

みどりさんが、息子にも俺を紹介してくれた。

息子の名前は「しん君」としておきます。

しん君と3人で、夕食を食べることもよくあった。

でも嫌われてはいないと思うが、懐かれてもいないと感じていた。

改めて付き合いだして10日間が経過したが、その間俺がみどりさんを抱くことはなかった。

なぜ抱かなかったのか、その時の感情は今でもよくわからない。

そして2週間目の週末、同じ県内に本拠地を置く地元のサッカーチームの試合を見に行くことになった。

シーズンのホーム最終戦だ。

以前、地元のプロチームから小学校に招待券が配られ、サッカー少年団のバスでプロのサッカーチームの試合を見に行って以来、また行きたいとみどりさんに言い続けていたそうだ。

俺は前もって地元のスポーツ用品店で、そのチームのレプリカユニフォームを買いに行った。

ユニフォームなどが置いてある横には、着こなしの一例として、マネキンに着せていた。

それを見て、タオル地のマフラーも購入した。

残念ながらユニフォームは俺のサイズの在庫はなかったが、みどりさんとしん君の分を買った。

その日の夜、ユニフォームを持っていくと内緒にしていたので、しん君はかなり喜んでくれた。

「やったー」

とすぐに着替えだした。

みどりさんにお礼を言いなさいと促され、

「ありがとー」

と照れくさそうに言ってきた。

喜んでくれて、俺も嬉しかった。

そして試合観戦の当日、車でみどりさんのアパートまで迎えに行くと、部屋からしん君が出てきて続いてみどりさんが出てくる。

みどりさんはスニーカーにジーパン、白のロングTシャツの上から青いユニフォームを着て、腕にコートとマフラーを持って出てきた。

はっきり言って、めちゃくちゃ似合っていた。

普段から年齢より若く見えるが、ユニフォームを着こなしたみどりさんは、20代と言っても誰も疑わないだろうと思った。

それぐらい可愛かった。

俺は見とれてしまっていた。

「開けてー」

気づくと、しん君が車のドアをガチャガチャしていたw

2時間近く車を走らせ、スタジアムには試合開始30分前に着いた。

そして、出店で昼食代わりになるものを3人で食べた。

試合が始まり、地元のチームが点を取ると、しん君とみどりさんがハイタッチする。

続いてしん君が、俺の方を振り返り、俺ともハイタッチ。

そして俺は、みどりさんともハイタッチした。

端から見ると家族に見えただろう。

試合が終わり、

「都会まで来たから、少し遊んで行きたい」

としん君が言いだす。

大型デパートに入ったり、しん君にいろいろ連れ回されたw

みどりさんは

「街ではさすがに浮くから」

と、ユニフォームを脱いでいたのが残念だった。

美味しいと評判の焼き肉店で晩ご飯を食べ、帰ることにした。

車に乗るとき、

「寒い」

と言いながら、みどりさんがユニフォームを着た。

相変わらず似合いすぎてるw

昼間スタジアムに居たときはマフラーも首に巻き、赤い手袋をはめてチェック柄のダッフルコートを着ていた。

今日スタジアムで見た誰よりも、みどりさんが可愛いかったなと俺は改めて思った。

一度トイレ休憩で止まったが、みどりさんのアパートに着く頃には、しん君は後ろのシートで完全に熟睡していた。

アパートに着き、起こさないように俺がそっと抱える。

みどりさんが玄関のドアを開け、俺が抱いたままのしん君の足から靴を脱がす。

みどりさんは自分のコートだけを脱ぎ落とし、そのまま奥の部屋に行き、さっと布団を敷き、俺がしん君を寝かす。

みどりさんは手際よくしん君の上着とズボンを着替えさせ、布団を被せて寝かせる。

俺は隣の部屋で、ヒーターをつけて待っていた。

しん君は寝息をたてて、朝まで起きそうにない。

全てが終わると、みどりさんは俺が待っていた隣の部屋に来て、ふすまをそっと閉めた。

もう、俺は我慢できなかった。

今日一日、ユニフォームを来た可愛いみどりさんを見てて、早く抱きつきたい一心だったからだ。

ふすまを閉めて、みどりさんがこっちを向くと、俺はみどりさんを抱きしめた。

みどり「・・・・っ!・・・きゃ・・・!」

背が低いみどりさんに合わせるように、俺は屈んでみどりさんにキスをする。

みどり「・・・ん・・ちゅ・・・だめ・・・

ぴちゅ・・しんが起きるかも・・」

そう言いながらもふすまから少し離れ、屈んだままの俺を気遣ってくれたのか、そのまま崩れるように一緒に絨毯に座り込む。

俺「もう我慢できないよ、みどりさん」

みどり「あん、もう、でもうれしい・・・ちゅく・・・」

もう一度軽くキスをしながら、みどりさんの胸を揉む。

そして服の中に手を入れ、ブラジャーの内側に手を滑り込ませ、みどりさんの乳首を摘む。

みどり「・・きゃっ・・・」

俺 「しっ、あんまり声出すと、ほんとにしん君起きるよ」

みどり「だって、手が冷たかったから・・・あん・・・」

聞きながら俺は乳首をコリコリと摘み、先端を軽く爪で引っかくように愛撫する。

みどり「・・・はぁっ・・・!・・・・んっ!・・・」

みどりさんは、なんとか声を我慢しているようだ。

俺はみどりさんのジーパンとパンティを、一緒に脱がしにかかる。

みどりさんもお尻を上げてくれる。

みどりさんは、これからされるであろう事を想像して、声が我慢できるのか不安そうな顔をしている。

俺は脱がしたパンティを鼻先に当て、匂いを嗅ぐように大きく息を吸い込む。

甘酸っぱい良い香りがする。

今日一日、歩き回って付いた匂いだ。

みどり「いやあぁぁん・・もう・・・へんたぁい」

みどりさんは小さな声で、そう怒る。

睨んでくる顔がかわいいw

そして俺は、両手でクリトリスの包皮を向くようにし、チロチロとクリを舐める。

みどり「んはぁ・・・うぅん・・・あん・・・」

控えめな声が漏れる。

両手で押し開いてたクリ皮を左手の人差し指と親指で開いて舐め続け、空いた右手の指をみどりさんのおまんこに突っ込み、ゆっくり出し入れする。

みどり「あぁぁん・・・いい・・・これすきぃ・・・」

みどりさんはまだロンTとユニを着たままの上半身を起こし、両手を後ろにつき、俺に向かって脚をM字に開いたまま喘ぐ。

俺はちらりと見たが、なんともエロティックな格好だった。

みどり「あん・・・はあぁん・・・も、もう・・・」

この愛撫を続けていると、みどりさんはすぐにお漏らしするのを、俺は知っている。

案の定、尿道からチロチロとおしっこが出てくる。

俺はクリ舐めから口を少し下に移動し、尿道に吸いつき、控えめに出てるおしっこをわざとおまんこ全体に溢れるように舐めながら飲む。

みどり「いやあぁん、もう、ほんとに変態なんだからぁ・・・あん」

俺は、なおも愛撫をやめない。

舌の腹でクリを押すようにしながら、下から上へとベロンベロンと何度も舐める。

右手は指を2本突っ込み、さらに速く出し入れする。

みどり「はああぁぁぁっ・・・だめだめ・・・そんなのだめぇ・・」

みどりさんは、頭をいやいやと振りながら喘ぐ。

主(*´Д`)ハァハァ<所長との関係も解消、みどりさんとの誤解も解けて一安心かな?

コメントを残す