【風俗えっち体験談告白】友達の彼女のデリヘル嬢と猫耳姿でコスプレえっち

【風俗嬢との体験談】ラブホでデリヘルを呼ぶことにした男性。暫く待ってきた嬢は、まさかの友達の彼女。仕事なのでとプレイを開始!
休日にファッションヘルスへ行くも大失敗。仕方なくデリヘルをラブホで呼ぶことに。嬢が準備をしている際によく見ると、友達の彼女だと判明!聞いてみると本人らしく、動揺している。仕事だからと彼女を諭し、猫耳のコスプレ姿で生挿入してしまう。
13gvg00316jp-9

休日に昼過ぎから買い物がてら街へ出てCDやら買い、晩飯を食った後、ファッションヘルスへ行った。

このヘルスが風俗嬢のクオリティが凄く低くて、大失敗。

あまりに酷いんでかなり腹立ててたんだけど、そのまま帰って来て自分で処置するのも悲しくなり、デリヘルを使おうと実家だからラブホへ出向く。

途中、ガイド誌を見ながら店を選ぶ。

コスプレマニアなので、コスプレの出来るイメクラ風の風俗店。

雑誌ではみんな顔にモザイクがかかっているから、身長とスリーサイズ、髪の長さで候補を見つける。

ホテルの近くのコンビニで、車を停めて電話。

候補の内、マリだけが20分待ち、他は2時間以上とのこと。

コース時間から考えて、マリにしておかないと翌日がきつい。

さっそく頼んで、ホテルへ一人入り、待つ。

20分待ちのはずが来ない。

30分経ち、不意に電話が鳴る。

「大変申し訳ございません、前のお客様が延長されまして、後20分程お待ちいただけますか」

とホテルに入っている以上、キャンセルしてもホテル代が損になる。

仕方なく待つが、店員に

「待たせるんだから、なんかサービスしてくれる?」

と聞くと

「交通費は、サービスさせていただきます」

と気前の良い返事、言ってみるもんだな。

待っている間に眠くなり、少しうとうとしていたが、30分経過しても来ない。

こちらから電話すると

「申し訳ございません、今向かってますから」

蕎麦屋の出前か。

結局来たのは、更に20分過ぎる頃。

「ピンポーン」

呼び鈴がなり、マリが入ってくる。

玄関と部屋の仕切の扉が開く。

「ごめ~ん、お待たせ~」

と友達を待たせた時の様な口ぶりで入って来たのは、身長150cmほど、髪は少し茶髪がかったセミロング。

上着に茶色いジャケットを羽織った、かなり可愛い系のデリヘル嬢。

「遅かったね~(ちょい怒り気味)」

「前の客がしつこくて~延長したくせに、時間がきてもまだ帰してくれなくて~」

などと言いながら、準備を始めた。

この時

「あれ?」

と思い、店に電話するマリの顔をよ~く見てみると、達也の彼女そっくり、瓜二つではないか。

達也は高校の時の友達で、今は長距離トラックの運転手をしている。

地元にいないことが多いから、最近は正月と他に2~3回しか会わないので、彼女に会ったのも2回くらい。

その友人の彼女に、ソックリ。

他人の空似かな~、と思っていると

「とりあえず、お風呂入れますね~」

と浴室へいった。

風呂の準備をしている彼女は、まだ俺には気付かない様子だ。

何か特徴はないか探していたが、あった!(個人バレ回避の為伏せます)

しかし困った、とりあえず俺は抜きたい。

しかし相手は友人の彼女、まず人の道としてダメだろうと考えるが、今からチェンジもできない。

かと言って知らん顔してても、マリが気付いた時にシラを切り通す自信も無い。

早目に言うべきか、そうだよな。

言ってすっきりした所で、抜いてすっきりしよう。

「マリちゃんって本名○○だよね」

「え??なんで??」

「俺、覚えてない?達也の友達の徹」

「あ~~!!なんで~!」

相当驚き、慌てふためくマリ。

まさか彼氏の友達とは、思いもよらなかったらしい。

「ヤバイ~どうしよう~どうしよう~」

なおも動揺する、部屋をうろうろしだす。

「だいじょ~ぶ、達也には黙っててあげるから」

「ホントに?」

「ん、しっかりサービスしてくれればね~(w」

「やっぱり…するの?」

「すれば共犯じゃん(w共犯なら告げ口される心配無いっしょ」

「それはそうだけど~けど浮気になんないかなぁ~」

「仕事は仕事だし~大丈夫っしょ」

「う~でもやっぱダメだよ~」

「けど今からチェンジはできないし、何もしないと金返してもらわんとあかんし」

「そんなことされたら、私が疑われるよね…」

「辞めていいなら、それでもいいだろうけど」

「う~、徹君は友達の彼女で平気なの?」

「(イタイ所を…)平気っていうか~マリちゃん可愛いし、普通なら手を出しちゃヤバイけど、こういうシチュエーションならねぇ」

マリはかなり困りながら、ふて腐れた顔をしていたが

「そんなに言うなら、今回だけだからね(ちょい怒)」

ラッキーと思ったね。

上に書いた通りスタイルは俺好み、顔も矢口真理に似て可愛いし、友達の彼女だけどビジネスだと思えば問題無しだし。

で早速風呂へ。

マリは少し幼児体型だが、胸はCカップほどで張りがある。

乳首は黒ずんでいるが、乳輪は少し小さめ。

陰毛はさすがに風俗だけあって、きれいに揃えてある。

風呂では普通の会話、他の客の愚痴や、俺が風俗へよく行くのかとか。

他の嬢と違うのは、会話の所々に達也の名前が出てくるくらい。

身体を洗っている時に

「もしかして、達也のより大きいかも(w」

とか。

風呂を出て、まずガウンを羽織った俺がベットで待つ。

マリは衣装を着る…ネコ耳ファッション(恥

「徹クンってマニアだね(w」

「いやいや、それを着こなすマリちゃんもコスプレイヤーだよ(w」

と横に座らせ、肩を抱いた。

軽くキスを交わしながら、衣装の上からおっぱいを揉む。

「徹クン、キス上手だね」

「マリちゃんのキスも気持ちいいよ」

とキスを続けながら、右手はしっかりおっぱいを揉みながら、次第にマリの口からあえぐような声が聞こえてくる。

「うん・・ねえ、徹クンのも」

と言って、俺のガウンの胸をはだけさしながら、乳首をいじくってきた。

「ん。気持ちいい。」

と言いつつ、ふとやりたかったことを思い出した。

「マリちゃんは猫だから・・・『ニャン』しか言っちゃだめだよ(w」

「へ?徹クン相当マニアだね~わかった~にゃん」

言い方がまた可愛い。

「よ~しそれなら・・」

とマリをベットに倒して、うつ伏せにさせる。

「にゃっ?」

「はい、猫ちゃんは4本足で立つんですよね~寝そべってちゃだめでしょ?」

というと、マリは相当恥ずかしがりながら、肘と膝を立て四つんばいに。

衣装はTバックに、ふさふさの毛をつけたもの。

Tバックを少しずらしながら

「い・・・にゃにゃ~ん」

と恥ずかしげに俺のほうを見るが、お構いなしにあそこに口を近づける。

「マリちゃんのここは何色かな?」

「あ・・・」

と少し感じたみたいだ。

俺はそのままクンニを開始、マリもだんだん感じてきたようで、徐々に上半身が沈んでいく。

徐々に、あそこから少ししょっぱい液が出てきた

「あれ、マリちゃんのここ、なんかしょっぱいよ」

というと、マリは恥ずかしさのあまり、顔を枕に沈める。

マリのあそこが愛液でぐしょぐしょになったので、指をそっと挿入してみる。

「あぁん!いい・・・」

マリのあえぎを聞きながら、指を出し入れし始めると、マリはさっきより大きな声であえぎ始めた。

「ねぇもう・・・だめ、お願いだから入れて」

マリは言うと、自分でTバックの衣装を脱ぎ始めた。

「よし、じゃあいれるよ」

と言って、NSでマリの中へバックから突き刺す。

「ああ~~入ってる~マリの中にはいってる」

とちょっと演技過剰気味?だが、入れてる俺はそんなことは気にならない。

「マリ、いいよ、気持ちいいよ」

と激しく腰を振る。

実際マリの膣内は締め付けがよく、自分で握っているよりはるかにきつかった。

5分も持たずに、行きそうになる俺。

「マリちゃん、もう・・・いく、いく」

「やだ・・まだいっちゃやだ・・」

「もう・だめ・・いく~」

「やだ~」

と言いつつ、マリの背中に発射。

「あ~ん・・もう少しでいけたのに」

と言いながら、ティッシュへ手を伸ばし、

「ごめんね、背中のちょっと拭いてくれる」

と。

俺はざっと拭いてあげ、マリを抱き起こし、一緒にシャワーへ。

「徹クン、結構良いモノ持ってるね。おちんちんだけでいきそうになったの、初めてだった」

「いつもはどうやっていってるの?」

「いつもは~おちんちん入れながら、指でクリちゃんいじられながらかな」

などと話しながらシャワーを終え、ベットに戻り、時間までいちゃいちゃしながら世間話。

ちなみにこの店では一定以上のコースでは本可能で、もちろん俺も知ってたし、マリは達也と付き合う前からやっていたらしく、達也にはもちろん秘密。

一度辞めたらしいが、収入の面で結局他の仕事ができず、戻ったらしい。

時間を知らせるアラームが鳴り、二人で部屋を後にする時、マリは

「いつもなら、また指名してねって言うんだけど、徹クンには言えないね(w」

と言い、俺も

「さすがに二度目は無いね」

とお互い笑って、ホテルを出た。

主(*´Д`)ハァハァ<合法的に浮気が成立しちゃったのね。

コメントを残す