【風俗えっち体験談告白】熟女人妻の風俗嬢と連続中出し

【人妻との体験談】人気の中出し専門人妻と、玄関先からSEXを始め…
ラブホテルで指名した、中出し専門女と寝た時の話。玄関に入るや否やフェラをはじめ、立ったままスタートという刺激的な始まりで彼女はやってきた。中出しをせがむ声につられ、何回も中出しSEXを楽しむことに。話を聞くと、普段は健気な人妻を演じているそうで…
h_113sw00009jp-19

昨年、指名した中出し専門売春婦との話です。

日暮里のラブホテルに彼女はやって来ました。

入口のドアを明け入室したとたん、何と私の下着を下ろして即フェラのご挨拶。

それがまた上手なせいと、玄関でのフェラときて、息子はピンピン爆発状態。

その場で私も彼女の下着を剥ぎとり、バックから巨大化チンポを入れて立ちマン攻撃、敵もさることながら彼女の方からも尻を振って応戦、ついに我慢できずにマン〇に中出し。

この時、玄関での中出しは異様な興奮を感じたのを覚えました。(癖になりそう)

彼女のおしりの間から私の精子が太ももを伝わり、下に流れ落ちていく光景は最高の淫靡。

彼女は部屋に入ってから事務所に連絡を入れている間、私は彼女のマン〇に指を入れて掻き回し放題しちゃいました。

その後、彼女はシャワーも浴びず、即ベッドイン。

中出ししたばかりの精子がまだ少し残っているチンポを、彼女のお口で綺麗に吸取ってなめてくれました。

もう気持ち良くて嬉しくて。

そして再度フェラ攻撃で、またまたピンピン。

即正常位で挿入したら、マン〇はすでに濡れ濡れ。

よく見ると彼女のお腹には縦に大きな手術跡がありますしたが、今度は私が腰を前後に振ろうとする前に、またも彼女の方から激しく腰を振ってくる淫乱ぶり。

おまけに自ら

『早くオマン〇して、オマン〇して、中出しして。

オマン〇に精子いっぱい頂戴』

の連呼の叫び声。

我慢しなくてはと、必死な私。

でも足を大きく開き彼女のオマン〇から出し入れするチンポを見ているうちに気持ちが高揚し、彼女の激しい腰振り運動と淫乱な声で2回目の中出しをしてしまいました。 (笑)

中出し後、彼女は自分のマン〇を拭きもせずに休憩。(何故か?あとで判明)

この間、彼女と煙草を吸いながら話しをしました。

名前は千代〇さんと言い、40代半ばぐらいの中肉中背、髪に気は肩より少し長い人妻さんです。

この中出し専門業界で働いて3年以上のキャリアがある彼女は店では売れっ子で、1日4人前後のお客を取っていると自慢してました。

(確かにこんなに淫乱で、中出し大好きなんだから人気あるはず)

この間、彼女は私の息子を時折もて遊んでますが…笑)

客1人に2~3回中出しされて、1日で10回以上(すごい量の精子が彼女の身体に入るのかぁ…)、月で60人前後の客を取るそうだから、体力は人並外れだろう。

仕事が休みの日祝以外、朝6時半起きだから大したものです。

本当に超が付くほどの淫乱H好き、イヤ、中出し大好き奥さんです。

さて、3回戦目に突入です。

クリトリスが感じるのか、舐めまわすだけでオマン〇の中は濡れてきました。

そして力強く乳房を揉むと、乳首は勃起状態。

すでに彼女からの口から、中出しオマン〇してコールが始まってしまいました。

でもわざと焦らして舐めまわしていると、彼女は我慢できなくなったのか突如起き上がり、私の股間の上にまたがりピンピン息子を奪い、彼女自身の手でオマン〇にズボリ。

とたんに女騎乗で、腰を上下に延々振り続けるのです。

もう堪りません、これはシゴキです(笑)。

でも見事にちゃんとマン〇で爆発しました。

また、女騎乗だからオマン〇から息子を抜くと、こちらの腹部も息子も彼女の愛液と精子でびしょ濡れ。

勿論、2回目と同じく彼女のお口で綺麗にしてくれました。(感謝)

彼女と再度休憩。

若い頃にも同じ様なことをしていたらしく、中出しHの快楽を身体が覚えてしまったとか(麻薬だね)。

本当に中出しされるのが好きらしく、中出し後、マン〇をテッシュで拭かれるのがキライと、折角精子を入れてもらったのだからとのこと(ム~)。

でも、お客が拭くならやらせるとか。

彼女は結婚後、出産子育で我慢していたが、子供に手が係らなくなった頃から何人かの男としていたが、もっと思う存分気持ち良くなりたい、中出ししてくれる男なら誰でもいいし、その上お金がもらえるのだから、彼女にとってまさに一石二鳥の仕事になった。

今彼女の一番の楽しみは、中出しされて気持ちよくなること。

二番目は、家族の前で良い妻母を演じることだそうだ。

(きっと女優になった気分で演じているのだろう)

家族をだまして内緒で働いているが、真実を知らぬは夫と子供は、本当に哀れでしょうね。

知らぬが仏。

なんなかんだで、時間がせまってきたので二人で風呂場へ。

そして彼女に四つん這いになってとお願いしたら、犬のようなカッコで両足を開き頭を下げ、尻を高く上げてくれました。

何と言う気の効く、オマン〇丸見え状態。

両手でマン〇を開き覗きこむと、まだ白いのが残っているようだったので、指を奥深く入れてかき出すと予想以上に精子がダラダラと出てくるわ出てくるわ。

よくこんなに彼女のマン〇に自分の精子を入れたものだと、感心してしまいました。

やはりマン〇から内腿にかけて流れ出る白い精子は、最高に興奮ですね。

流れ落ちてくる精子を手の平にとって彼女の口元へもっていき舐めさせると、それをぺロリと綺麗に舐めました。

きっと彼女はマゾ気もあるだろうと、そのとき思いました。

まさしく、超淫乱中出し大好きマゾ人妻(変?)と言ったらいいのでしょう。

そんな光景を見ているうちに、徐々に私のチンポが起き上がり初めました。

そして、ワンワンスタイルでバックからチンポ突入。

両手でオッパイを鷲づかみで、腰のピストン運動の全勢力を彼女のお尻に叩きつけました。

彼女の

『オマン〇に中出しして、オマン〇に中出しして。

千代〇のオマン〇に精子いっぱい出して』

の声は風呂場で響き、上から見る彼女のお尻の間から出たり入ったりする自分のチンポを見ると、レ○プしている気分になり4回目の中出しをしてしまいました(自己最高記録)。

両足を開き頭を下げ尻を高く上げてた体制から、オマン〇からチンポを抜いた時に新たな精子(量がすくなかったけど)が彼女の身体から流れてきました。

私は精魂本当に尽き果ててしばらく風呂に浸かっていましたが、彼女はマン〇をシャワーで洗うと

『先に上がるね。

次のお客さんの予約が入っているから。』

と言って出ていきました。

私も続いて上がりましたが、腰がフラフラ状態でした。

彼女はタフなんでしょうか、着替えも終わって、化粧も終えて何事もなかったかのように煙草(中国産の銘柄)を吸っていました。

きっと家に帰っても同じ様に何事もなかった顔をして、家族をうまくだましているのだなぁ、と思った。

まだ少し時間があったので2時間2.5@円のお金を支払ったあと、

「本日の指名客があと2人いる。

帰宅時間が毎夜8時以降になる事が多く大変だけど、Hするのが好きだから平気』

と笑って答えた。

これからまた好きな中出しをしてくれる、男の待つ鶯谷のホテル街へ行く彼女が、天使か悪魔に見えました。

女って凄い、男をだましたり手玉にとるのは容易い事なんだろう。

その後、再び彼女と会うため店に指名電話を入れるも、いつも予約で一杯であの時以来会えない状態です。

毎日気持ち良く中出ししてくれる男に幸福感を得ている、彼女の顔を思い浮かべてしまいます。

主(*´Д`)ハァハァ<女性は裏の顔をいくつも持っているものだからね。

コメントを残す