【 夫婦・カップルの体験談告白】30代リーマンと10代黒ギャルの年の差を越えた純恋話

【彼女・元カノとの体験談】ある日サラリーマンが見つけた裸足姿の黒ギャル。近所に住む彼女を送り届けたことから交流が始まり‥
30代独身のサラリーマン男性。出会いもなく寂しい生活を送っていたある日、寒空を裸足で歩く黒ギャルの姿が。よく見ると同じアパートに住む子だと分かり、話しかけると彼氏と喧嘩して車を下ろされたそう。車に乗せて送ったことから2人で出かけることが多くなり‥
avop00147jp-2

俺は30代に突入した独身サラリーマン。

彼女も居なくて寂しい毎日。

そんなある日、仕事の帰り道自販機で缶コーヒー買ってた時の事。

寒い1月の外を裸足で歩いてる黒ギャルがいた。

よく近所で見かける子で、いつも

「ビッチ臭が凄いガン黒ギャルだ、ヤリマンなんだろうな」

と思ってた。

「君、裸足で何やってんの?」

「は?誰あんた?関係ないっしょ」

見た目どおりの馬鹿な黒ギャルだ。

「まあ、そうだけど寒いでしょそれ」

「なに、おっさんナンパ?アタシ彼氏いんだけど」

「君、確か○○アパートの105号室さん所の娘さんでしょ」

「げっ。何でアンタ知ってんの?」

「いや、オレも○○アパートだし、たまに君の事見かけたし」

「ふーん。っていうか彼氏と喧嘩してさ、車から下ろされたマジ最悪さみーし」

ホットパンツっていうべきなのか、そんな格好で素足なら寒いに決まってる。

って言うか酷い彼氏だな。

「その格好じゃ寒いだろうな」

「おじさん、家に帰んの?」

「うん、乗って行く?」

「まじ?乗る乗る、死ぬかと思った!」

って感じで車に乗っけてついでにコーヒー奢ってやって、ジャケット足に掛けてやって暖房かけて家に送った。

「ありがと、おじさん!マジで助かった」

って感じでその日はそのまま別れた。

それがキッカケで、その黒ギャルが近所で見かけると話しかけるようになってきた。

改めて自己紹介して、名前は加奈子と判明。

母子家庭で、高校は中退。

今はバイトしつつ、黒ギャルはそんな毎日らしい。

彼氏はバイト先の大学生。

ああいう喧嘩はよくあるし、暴力ふるうDV彼氏らしい

「酷いな、暴力振るうのか?」

「まあ、あたしも蹴り返したりするけどね!」

と全く凹んでいない。

「そんな男となんで付き合ってんの?」

「好きだからに決まってんじゃーんw」

「あっそう…」

強いけど、お馬鹿だなぁと思ってた。

休日近所のファミレスで飯を食ってコーヒー飲んでノンビリしてたら、加奈子が友達数人とワイワイやりながら店に入ってきた。

男女合わせて7人くらい。

とにかくやかましい。

加奈子も気がついてないみたいだったので、会計を済ませて店を出ようとしたら

「あっタケちゃん!」

と見つかった。

「よう、またな」

グループの中からコッチに元気よく手を振る加奈子に、手で軽く挨拶して店を出た。

車のエンジンを掛けようとしてたら、加奈子が車に乗ってきた。

「どうしたの?」

追いかけてきた加奈子を不思議に思って聞く。

「タケちゃん酷くない?普通呼んだら来るでしょ?」

「いや、オレは犬かよ。それになんか友達と楽しそうだったし」

「タケちゃんも混ざれば良いじゃん」

「いやいやいや…オレもう30だぞ。10代のグループに当然の様に混ざったら痛いだろ」

「なんで?」

「なんでって、そんなナチュラルに聞かれても困るんだが」

これがノリか全然解らんww

車から降りない加奈子。

「オレ、家に帰るんだけど」

降りるように促したつもりだった。

「えーどっか行こうよ」

そうきたか…

「友達の所に行かなくていいの?」

「オールで遊んで解散する所だったんだよね」

「眠いんじゃないの?」

「いいからいいから!カラオケ行こうよ」

って感じでカラオケに。

でも加奈子着くなり、ソファーで爆睡。

起こしちゃ悪いなって感じで、結局一曲も歌わないまま終了。

「休日に金使って、何やってんだろオレ…」

時間が来たので、加奈子を起こす。

「お腹空かね?」

寝てたのに一言もそれについてのコメントなし。

「うどんでいい?」

「うどんスキスキ!」

という感じでうどん屋に。

オレの金なのに、天ぷら乗せたやつ頼みやがった。

「ちょー美味い」

「よかったな…」

「ね、まじ美味いよ。タケちゃんも食べてみな」

そう言いながら食べかけのエビ天をオレの口元に。

「ば、自分の分だろ。自分で食えよ」

「恥ずかしがんなよ」

「そんなんじゃねぇ!」

「良いからさ美味いし、ほら!」

と勝手にオレの器の中にその食いかけのエビを突っ込む。

「………」

仕方なく食べるオレ。

「ね、美味いしょ?」

「あぁ、そうだな…」

疲れた。

やっと家に付いてそこでお別れかと思ったら、オレの後を普通に付いてくる。

「加奈の部屋はあっちだろ」

「えーもっと遊ぼうよ。どうせタケちゃん暇でしょ」

「……」

「あたしの家も誰も居ないしさ、つまんないんだよね」

「オレの家に来ても面白い物はないぞ」

「別に良いし。タケちゃんにそういうの期待して無いし」

なら何故来る。

結局加奈子を家に上げた。

トイレを使いTVを勝手に点け、その前に足を崩して座りくつろぎ始める。

オレと話をするでもなく、ただノンビリ人の家に居座るだけという加奈子に困惑するオレ。

つーか、男の部屋に上がり込んでどういう神経してるんだ今の子は、分かんねぇ。

「お茶飲むか?」

「えーお茶?」

「要らないなら別に良いんだぞ」

「まー貰っとくかな!」

「何様だ」

と言いつつ、黒ギャルと二人で茶を飲む。

何だこの図は!

という感じで数時間経つも、一向に帰る様子無し。

仕舞いにはそのまま、TVの前でクッション抱いたまま寝る加奈子。

「無防備すぎる…コイツ大丈夫か?」

と思いつつも、とりあえず部屋に暖房いれて毛布かけてやる。

(寝顔は年並みに可愛いのにな)

と、こんな事が数回あって、どこかで見かけると車に乗せてやったり、そのままカラオケ行ったりしてたんだけど、ある時部屋で2人で茶を飲んでTV見てたら加奈子が聞いてきた。

「ねえ、タケちゃん」

「ん?」

「タケちゃんってホモ?」

「ぶっ!!」

唐突な質問で茶を吹いた。

「なんでだよ!」

「だって加奈子の事、襲ってこないじゃん」

「はぁ?」

「普通襲うっしょ?」

「普通って、どの業界の普通だよ」

「えーだって、女の子と部屋に2人っきりだよ?」

「お、お前そんなつもりだったのか?」

「当たり前じゃん。つーか付き合ってるでしょあたし達」

「えぇ・・?」

「タケちゃん、もしかして童貞君?」

「どっどっど、童貞ちゃうわ」

そんなに経験は無いけど、ぶっちゃけ半分はプロだけど童貞じゃないわ!!

「つーか付き合ってるつもり全然なかったわ。第一、加奈は彼氏いるだろ」

「そんなんそっこー別れたに決まってるじゃん、あたし結構一途だし」

「付き合うなんて一言も言って無いだろオレ」

「そんな改まって断って付き合うとかキモイでしょ」

この眼の前にいるガンクロギャルの言っている事が全然分からんwwww

オレが変なのか、神はそう言っているのか?

大丈夫かそんなんで!

「オレは今年30だぞ!」

「私は今年19歳w11歳違いだね!!かっこよくね?」

っていうか計算できたんだね(ハート)。

でもカッコいいかどうかは意見が分かれるところです。

「そもそも何で、何でオレなん?」

「えータケちゃん優しいし、同じ年の男より良いよ」

「そ、そりゃお前、女をぶん殴る男よりマシなのは当たり前だろ…」

「タケちゃんさ、加奈子みたいな女はタイプじゃないわけ?」

「そ、そりゃお前…」

茶髪だし、黒ギャルだし、いつも肌露出してるしエロだしビッチぽいし、平気でシモネタ言うし、ワガママだし、若いし、結構オッパイあるし。

「全然おっけいかな」

正直変なコダワリは目の前のリアル彼女という現実にアッサリ飛んで行きましたとさ。

「じゃ良いじゃん!付き合おうよ!ね?」

「うん…」

って感じで押し切られて付き合う事に。

「じゃあアタシ今日は帰るね!」

「お、おう…」

あれ何もなしか。

現金なもんで急に彼女だと思うと、色々と期待してしまったオレはガッカリする。

「じゃあねw」

と玄関先で加奈子の方からキスしてくる。

「おやすみー」

「おう……」

加奈子が出て行って、玄関の扉が閉まる

いいね!

その瞬間にテンション上がって、飛び跳ね転げまわるオレ。

神様、オレに黒ギャルの彼女をありがとう。

この際黒い事は大した問題じゃなかった。

「はい、その件は後日。はい、ありがとうございます」

「今日は張り切ってるな、なんか良い事あったか?」

「いや、そうか?そう見えるか?」

「な、なんかうぜーなお前」

彼女がいるというだけで、毎日楽しい仕事も楽しい。

なんだこのテンション。

そこへ加奈子からのメール。

「今日も遊びに行くよー」

という件名。

よしよし!

来い来い!とテンション上がる。

中身を開くと、今日大丈夫な日だよ。

(以下意味不明のデコメ)

「……」

なに?大丈夫な日?

ちょっそれ、なに?

もしかして最近流行のエルシャダイ??

そんな装備で大丈夫な日?

って感じでもう訳の解らないテンションで仕事をこなし、半ばフワフワしながら家に帰る。

加奈子に

「帰った」

ってメールすると、あと1時間くらいでバイト終わるらしい。

「迎えに行こうか?」

ってメールしたら、

「早く会いたいよ」

だって、何この可愛さ。

オレの残りの寿命大丈夫かな?

この幸福の副作用が心配です。

「タケちゃん!」

バイト終わりの加奈子をバイト先で車に乗せる。

「おーお疲れさん」

内心のハッピーぶりを隠すように、ちょっと渋めに決めようとするオレ。

「タケちゃんコンビニ寄ってよ」

「おう」

ゴムもついでに買う必要あるよな、と思っていた。

このオレがコンビニ内を黒ギャルと腕を組みながら歩く事になるとは。

店に着いても加奈子は買い物籠にお酒やつまみ、弁当やお茶ばかり放り込む。

「あ、あのさ…加奈」

「ん?なに?」

「あの、ご、ゴムは?」

「むっつりエッチだね~タケちゃん!」

すみません。

でもむっつりエッチってなに?

「大丈夫な日だって言ったじゃん」

「えっ?」

つまり生、中出しOKって事ですか?

装備すらいらないのですか?

そんな装備どころではない。

オレは今日真の意味でフルフロンタルイーノックを越える!!

「でも、一応買っておく?」

「うん」(即答)

「キャハハウケル!」

って事で購入オレ。

オレは可笑しくなっていた。

家に帰って2人でTVを見て、その合間に適当にチューしてそしたらムラムラしてきた。

「シャワー先に入りなよ」

「一緒…に入ろうよ」

「タケちゃんって意外と親父でドエロだねw」

と言うと豪快に脱ぎだす。

豪快に脱ぎ、形の良い10代のおっぱいがちちぶりーんなってる。

「加奈スタイルいいね…」

さすが黒ギャルと言うべきか

「でしょw」

肌は黒いけど染みも無くて、綺麗だしウエストも締まってて、でもムチムチしてる。

エロイ…

しかもパイパンじゃないですか、加奈ちゃん。

いつの間にオレのニーズを!!

「タケちゃんもいつまでもジロジロ見てないで、脱いで入ろうよ」

「おう…」

やべぇ、加奈の裸を見てもうマックスになってるんだけど。

恥ずかしい…

「ほら!恥ずかしがってないで、寒いんだから!」

「はい…」

「あーもう勃ってんじゃんw」

「やっw見ないでw」

ばっさばっさとオレの服を脱がす加奈子。

「ほらさっさと入るよ!」

「加奈子さん男らしいwあいたっ」

ケツつねられた。

「タケちゃん肌白すぎ」

「加奈が黒すぎるんだろ」

真面目な社会人なんてこんなもんだ。

「でも結構ガッシリしてんね」

「まあ、体力は必要だからね」

「キスしてよ」

「うん…」

舌を絡めてキスする。

加奈子超上手い…

オレとキスしながら、手でオレのチンコをしごいて来る。

やべぇ……気持ち良い

オレは加奈子を抱きしめて、加奈子の体の感触を感じる。

程よく引き締まっていて、ゴムマリみたいな胸だ。

張りがある、さすが若いプリンプリンだ。

「タケちゃん髪洗ってあげるよ」

「おう」

加奈子に髪を洗ってもらう。

細い指で意外と丁寧に洗ってくれる。

「気持ちいい?」

「うん」

オッパイの先が背中にチョンチョン当たるのが気持ち良いです。

お風呂から上がって、イヨイヨベットイン!

「タケちゃん電気…」

いつものテンションと打って変わって大人しい加奈子。

「うん…」

電気を消して抱き合う。

滑々で張りのある肌が気持ちいい。

キスを何度も繰り返して、加奈子の眼がウルウルしてくる。

「加奈子可愛いね」

「タケちゃん好き」

加奈子のパイパンまんこはもう濡れ濡れで、遊んでるイメージの割りに肌は白いくせに中は綺麗なピンク色だった。

「あっ!あっ」

嫌な匂いもしない。

少し酸味があるけど、舐めれば舐めるほど奥からトクトク出てくる。

やば、いつまでも舐められる。

このポジショニングで暮らしても良い!とかばかな事を考えている間に、加奈子はスッカリ準備OKに。

「タケちゃんしよう…」

凄く切ない顔で訴える加奈子にキュンと来た。

「いくよ加奈子」

「きてタケちゃん…」

久しぶりに挿入だった。

「あっんっ」

凄い温けええ。

しかも凄い締め付けメッチャ気持ち良い、ヤバイ!

「やばい、出そうかも…」

「いいよ、あっ出して良いよ」

マジ。

でも早すぎるよね!頑張るから神は言っている

ここで以下略!!

と言っても結局3分くらいで発射。

でもチンコは硬いままだったのでそのまま抜かずの4回!

「加奈子の体。凄い気持ちいい…」

「タケちゃんのチンコも、気持ちよかったよw」

まだまだ余裕の加奈子。

くそういつかその顔ヘロヘロにしちゃる。

「でも加奈子は何でオレと付き合おうと思ったの?」

「うーん優しかったからかな、アタシお父さん居ないし」

「タケちゃん口うるさくしないで黙って聞いてくれるし、お父さんみたいに優しく色々してくれたし」

「ふーん。加奈子ってファザコン?」

「かもね。小さい頃はお父さん欲しかったし」

オレは加奈子を抱き締める。

「オレはお前の事殴ったりとかしないよ。大事にするよ」

「うん、そう思ったから好きになったんだし、あたし一途だからね。浮気したら怒るかんね」

「浮気なんかしないよ…」

「本当?」

「本当だよ」

「だからさ、もう一回Hしていい?」

「ぷっwエロ親父」

そんなこんなでこの黒ギャルと付き合いだし、今でも彼女とは続いています。

主(*´Д`)ハァハァ<遊んでそうな黒ギャルと、真面目なリーマンの年の差カップルに癒された。

コメントを残す