【カップルえっち体験談告白】熟女ホステスに童貞を捨て、アナル中毒になった。

【元カノとの体験談】バイト先の居酒屋の常連だった、45歳の熟女ホステス。彼女とのSEXは回を増すごとに激しくなっていく。
18歳の頃、居酒屋でバイトをしながら高校に通っていた。居酒屋の常連である彼女は、近くのスナックで働く熟女ホステス。彼女に誘われて、お互い恋人のような関係になり、自然と筆おろしの相手になった。それからも会う度に、お互いアナルを責めるSEXを楽しむように。
cead00199jp-6

初めての熟女体験は18歳の時。

相手の熟女は、母と同じ歳の年増のおばさん。

その頃、諸事情により高校を中退して通信制高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていた。

その居酒屋にしょっちゅう飲みに来ていた当時45歳の細身で綺麗な熟女Yで、近所のスナックに勤めるホステスだった

この水商売勤めの熟女ホステスにある日誘われて、勤務時間終了後に他の店に二人で飲みに行った。

お互いに酔った勢いもあり、次第に手を握りあったり肩を寄せあったりと、恋人同士のように密着するようになっていった。

Yさんは実年齢よりも若く見えとても綺麗な方だったので、年齢差はあったがこのような展開になって、自分は満更でもなかった。

するとYさんはトロンとした艶っぽい目で俺を見つめ、ゆっくりと唇にキスをしてきた。

その瞬間俺の股間は熱くなり、一気に勃起した。

俺の股間をさすり、それに気付いたYさんは笑顔で

「私の家に行こっか」

と耳元で囁いた。

すぐにタクシーでYさんの家へ向かい、家に入った瞬間に抱き合い、激しくディープキスを交わした。

そして二人は絡み合いながら、服を脱ぎ捨てていった。

シャワーも浴びずにベッドになだれ込み、俺はYさんの首筋から乳首にかけて舌を這わせていった。

右の乳首を吸い、左の乳首を指でコリコリすると、Yさんは

「あ、ん、気持ちいい」

と吐息混じりに色っぽい声で喘いでいた。

更にパンティの上から股間を触ると、ビショビショに濡れていた。

すぐにパンティを剥ぎ取り、指でYさんの股間をまさぐると、より一層大きな声であえぎ出した。

Yさんも俺のギンギンの肉棒をまさぐり、いやらしい手つきでしごき出した。

更に俺の乳首にも吸い付き、乳首と肉棒を同時に攻められ、たまらず声を出してしまった。

Yさんは

「可愛い」

と呟きながら肉棒をくわえ、ジュボジュボと音を立てて、かなり激しくフェラしてきた。

正直今までに体験した事の無い、エロく激しいフェラだった。

その後はクリトリスを弄りながらのクンニ。

更にシックスナインと続き、遂にYさんに挿入した。

最初は優しく腰を振り、だんだん激しくパンパン音を立てて突きまくると、Yさんは凄まじい大声で

「凄い~凄いおっきい。もっと、もっと突いてぇ」

と叫んだ。

興奮した俺はその後も騎乗位→後背位→正常位からの松葉崩しやうつ伏せバックなど、様々な体位で肉棒をガンガン突きまくり、最後はYさんの中でフィニッシュした。

初めてYさんと結ばれて数分後、すっかり酔いも冷めてお互い冷静になり、ベッドの上で少し話した。

「ごめんね、こんなオバサンが相手で。」

とYさんが少し悲しげな表情で謝ってきたが、自分は全く後悔していなかったので、無言でディープキスをした。

するとさっき果てたばかりの肉棒が、またムクムクと起き上がってきた。

今までは一度イッたら最低30分以上は起たなかったので、この状況に自分でも少し驚いた。

が、ムラムラしてきた俺はYさんの手を肉棒にもっていき、

「また起っちゃった。触って」

と呟いた。

それを確認したYさんは

「凄い…さっきイッたばかりなのに、またこんなにおっきくなってる」

と言い、ゆっくりと肉棒をしごき始めた。

Yさんの細く長い指でしごかれた俺の肉棒は、ヘソにつきそうなくらいビンビンにおっ起ち、すかさずYさんのおっぱいや乳首にむしゃぶりついた。

「あん、凄い。またしたくなってきちゃう」

Yさんが喘ぎながら呟き、俺は更にYさんの股間を両手で広げて、クリとヴァギナを舌や指で激しく責め立てた。

みるみるうちに股間は愛液と唾でグショグショになり、Yさんはビクビクとのけ反って感じていた。

その姿に興奮しまくった俺は更にYさんの恥ずかしい部分が見たくなり、四つん這いにさせた。

そしてYさんの肉付きの良いお尻を両手で広げ、アナルをマジマジと見つめた。

「やん、そこは恥ずかしいから見ないで」

そう言いながらYさんが恥じらう姿にまたも興奮してしまい、俺はYさんのアナルに舌を這わせ、ベロベロと舐め回した。

「やぁん、ダメそこぉ、汚ないからぁ、あん、いやん。」

というYさんの言葉を無視して、心不乱にアナルを舐めまくった。

Yさんも気持ちよくなってきたのか、次第に喘ぎ始めた。

暫くするとYさんが俺の方に向き直り、ディープキスしながら俺を押し倒し、肉棒を激しく扱きながら俺の両足を上げ、チングリ返しの恰好にされた。

そして

「私もYAKUくんのアナル舐めたい!」

と言って、ベロベロと激しい舌遣いで俺のアナルを舐めてきた。

あまりの気持ち良さに、変な声を出しながら喘いだ。

更にアナルを舐めながら同時に肉棒もしごかれ、これまでに味わった事の無い快感を味わった。

その後はシックスナインの体勢でお互いのアナルを舐め、最後は対面座位でキスしながら、パンパン激しく突きまくってフィニッシュした。

二度目の性交が終わり、時刻は既に午前5時を回っていた。

Yさんは午前中に出掛ける用事があるという事で、今日はもう眠る事にし、俺もそのまま泊まった。

朝に母から携帯に着信があったので、同級生と飲み会をしてそのまま家に泊まったと嘘をついた。

そして朝立した俺の肉棒をYさんのバキュームフェラで抜いてもらい、午前9時過ぎにYさんの家を出た。

それからはお互いの時間が合った時に頻繁に会うようになり、熟年ホステスとすっかり恋人のような関係になっていった。

俺の店の定休日が月曜日だったので、月曜日は毎週朝からYさんの家に行き、激しく愛し合った。

Yさんは隔週で同じく月曜日に休みだったので、二人とも休みの日には1日に8回ぐらいした事もあった。

性交を重ねる度に俺もYさんもどんどん大胆になっていき、Yさんに冷蔵庫に手をつかせて立ちバックで突きながら、わざと近くの窓を開けてパンパンと物凄い音を響かせたりして、スリルを味わったりもした。

「やん、そんな音たてたら、外に聞こえちゃう!」

と言いながら、Yさんは恍惚の表情で喘いでいた。

更にソファーの上で対面座位でしている時に、Yさんのアナルに唾液で濡らした指を這わせ、穴の周りをクチュクチュとこねくり回したりした。

「やぁん、そこダメん、おかしくなっちゃう!」

と口では言いながらも、やはりYさんは恍惚の表情を浮かべ、イヤらしく舌なめずりをしながらお尻をくねらせた。

それにますます興奮した俺は、高速で肉棒を突き上げながら指でアナルを手マンのように激しくまさぐった。

一際大きな喘ぎ声を上げながら、Yさんは涎を垂らして絶頂に達し、ビクンビクンと痙攣していた。

その後、お返しとばかりにYさんは頭を上下に激しく振って高速フェラをしながら俺のアナルに指を這わせ、穴の周りをクチュクチュとこねくり回してきた。

あまりの気持ちよさに、俺は情けない喘ぎ声を出しまくってしまった。

そして俺のアナルを弄りたおした指の匂いを嗅ぎながら、自分で舐め回し、Yさんは

「あぁん、凄く美味しくて、いい臭い。」

とイヤらしい表情で言った。

それに興奮した俺は

「じゃあ、もっとケツの穴舐めまくって!」

と自ら四つん這いになり、Yさんの顔にアナルを近付けた。

Yさんは嬉しそうにアナルにむしゃぶりつき、ドリルのように舌を尖らせて穴の奥まで突っ込んできた。

あまりに気持ち良すぎて、1時間近く舐めさせ続けた。

Yさんにふやけるまでアナルを舐めまくられた俺は、お返しとばかりにYさんをマングリ返しの恰好にさせてアナルを舐め回し、指で陰部とクリを同時に責めた。

「ああん…恥ずかしい、でも気持ち良い!

もっと、もっとして」

そう言いながらYさんは凄まじいヨガリ声を上げ、何度も絶頂に達したようだ。

それでもしつこく、Yさんの尻穴の奥に舌を突っ込んで、レロレロほじくり回した。

舐めているうちに、俺の肉棒はギンギンに勃起し、先っぽから我慢汁も出てきていた。

俺のギンギンチンポに気付いたYさんは、

「ああ、そのぶっといチンポ早く入れて!」

と叫び、四つん這いになって尻をイヤらしく振っていた。

マンコからは大量の婬汁がドバドバ。

直ぐ様俺は肉棒を挿入し、バックでパンパンと徐々にスピードを上げて突きまくった。

「いい~、凄いおっきくて気持ちいい。

すっごい奥までくる~」

Yさんはそう叫びながら、喘ぎまくっていた。

更に挿入したままYさんのお尻を抱えあげて立ち上がり、そのまま立ちバックの体勢で、AVみたいにかなりの高速でパンパンパンパンと物凄い音を響かせながら、激しく突きまくった。

激しくし過ぎて肉棒が抜けてしまい、Yさんはその場に崩れ落ちて息を荒げていた。

「激しすぎるよ。もっとゆっくり優しくして」

とYさんに言われ、今度は騎乗位の体勢になってゆっくりとグラインドさせながら突き上げた。

Yさんもイヤらしく腰をグラインドさせ、グチュグチュとHな音を立てながら、肉棒がYさんの中に出入りしていた。

俺は、

「つながってるとこみたいから、鏡の前でしようよ。」

と言い、大きな鏡の前に移動して、そばにあった椅子に座り、対面座位の体勢になった。

鏡越しに俺の肉棒がYさんの中に出入りしているのを見て、かなり興奮した俺は、

「Yさんも見てよ。つながってるとこが丸見えだよ」

と耳元で呟き、Yさんは俺に抱きついたまま鏡の方を振り返り、二人がつながっている部分を見つめながら、

「あん、素敵…すごい興奮しちゃう」

と妖艶な笑みを浮かべながらこっちに向き直り、俺とディープキスをしながら激しく腰を動かし始めた。

俺も負けじと激しく突き上げ、パチンパチンと部屋中にイヤらしい音が響く中、二人同時に絶頂に達した。

その後も定期的に愛し合っていたある日、俺の18歳の誕生日だったので仕事は休みを取り、やはり朝からYさんと会い、午前中に二回した。

昼食は近くにある喫茶店で食べ、そこで二人だけのささやかな誕生会をした。

気持ちだけで十分だったのに、Yさんはわざわざ誕生日プレゼントを用意してくれていた。

しかも高価な腕時計。

嬉しかったけど、ちょっぴり申し訳ない気持ちになった。

「今日は特別な日だから、特別な所に行こっか。」

とYさんに言われ、Yさんの車であるホテルへと向かった。

予め部屋を予約していたらしく、Yさんは受付でルームキーを受け取り、二人で手を繋ぎながら部屋へと向かった。

中に入った瞬間、俺は我慢出来ずにYさんに抱き付き、ディープキスをした。

「やん、ダメ…ベッドでしようよ。」

Yさんはそう言ったが、抑制がきかなくなっていた俺はその場で服を脱ぎ捨て、勢いよくパンツを剥ぎ取った。

すると既にビンビンになって反り返っていた肉棒が、ロケットパンチのようにバイン、と飛び出した。

それを見たYさんは

「あん、凄い…相変わらず元気だね。」

と笑みを浮かべながらキスをしてきた。

そして肉棒を優しく握り、舌と舌を絡め合わせながら激しくしごき出した。

俺もYさんの服と下着を脱がし、既に濡れはじめていた秘部を指でまさぐった。

暫く二人で愛撫し合った後、玄関でそのまま立ちバックで挿入した。

玄関のドアに手をつかせて、後ろからガンガン突きまくった。

「ああ、凄い…やっぱりYAKUくんのチンポ最高!

貴方とSEX出来てホント幸せ!」

喘ぎながらYさんが言ったので

「俺も幸せだよ」

と呟きながらパンパンパンパンパンパンパンパンと、激しく腰を振って一気にフィニッシュした。

その後、二人でバスルームに行き、お互いの身体を洗い合った。

するとまたムラムラしてきたので、シャワーの圧力を最大にして、Yさんの秘部とアナルに交互にあてがった。

「あん、気持ちいい!

またイッちゃう!」

と言いながら、Yさんは絶頂に達した。

次に俺の片足を風呂の上に上げさせ、Yさんは俺の肉棒を扱きながらアナルをシャワーで責め立てた。

シャワーから勢い良く出るお湯が、アナルを刺激して最高に気持ち良かった。

「ここ責められるの、好きなんでしょ?」

Yさんが悪戯っぽく言い、たまらず俺は

「次はYさんの舌で責めて!」

と叫んだ。

俺は浴槽の上に片足を上げたまま尻を突き出し、Yさんは俺のアナルに顔を押し付けながら一心不乱に舌を踊らせた。

Yさんのすっと伸びた高い鼻が、時折お尻の穴に擦れて当たる感覚があった。

「んん…むぐ…んあん…アナルすごい美味しい!」

浴室にジュルルルル…ジュパ!ジュパ!ジュパ!とYさんが俺のアナルにむしゃぶりつく、何ともイヤらしい音が鳴り響いていた。

「チンポもしごいて。」

喘ぎながら俺が言うと、すぐさまYさんは右手で肉棒をしごいてきた。

更に舌の動きをスピードアップさせ、顔を左右に激しく振りながらレロレロと舐めまくってきた。

興奮のあまり俺は、グイグイとYさんの顔に尻を押し付けて激しくグラインドさせた。

Yさんは穴の奥に舌をねじ込み、激しく出し入れしてきた。

あまりの気持ちよさに、ドビューッと凄まじい勢いで射精してしまった。

「次は俺が、Yさんのアナルを綺麗にしてあげる。」

と言い、俺はYさんの片足を浴槽の上にあげ、グイッとお尻を広げてアナルに舌を突っ込んだ。

レロレロレロレロレロレロレロレロと高速で舌を上下左右に動かし、ジュルルルル、と音を立てて吸い付いた。

「はぁん…おかしくなりそうなくらい気持ちいい」

Yさんのマンコを触るとグショグショに濡れていたので、アナルを舐めながらマンコの中も指で掻き回した。

最後は二人で浴槽につかりながら、後背位でフィニッシュした。

長い時間浴室にいたので、少し逆上せてしまった。

浴室から出てベッドで少し休み、色々と話をした。

でも暫くするとまたムラムラ来たので、ホテルでの第三回戦が始まった。

俺の為にプレゼントやホテルの部屋を用意してくれたお礼に、Yさんに全身リップをしてあげた。

頭から足の爪先まで全身を隅々まで舐めつくし、Yさんは何度もイッてビクビク痙攣していた。

勃起した肉棒をフェラしてもらいながらアナルも指で弄ってもらい、準備万端になったところで正常位で挿入した。

そして挿入したままYさんを抱えあげ、駅弁の体勢でパンパンパンパンパンパンパンパンと激しく突き上げまくった。

「ああ~、凄い!これ凄いわ!

こんなの初めて~!」

Yさんは喘ぎながら言い、激しくディープキスしてきた。

そしてそのまま座って対面座位の体勢でYさんの乳首にむしゃぶりつきながら、パチン!パチン!パチン!パチン!と激しく突きまくって、またフィニッシュした。

最高に気持ちいいSEXだった。

夜7時から家族で集まって誕生会をやる事が決まっていたので一旦Yさんと別れ、タクシーで自宅へと戻った。

予め家族には友達と誕生会をやると嘘をついていたので、実はYさんと朝からヤりまくっていた事など知るよしもなかった。

家での誕生会は11時頃にはお開きとなり、俺は再び別の友達から飲みの誘いが来た事にして、タクシーで再びホテルへと向かった。

Yさんはまだ仕事から帰っていなかったので、少しベッドで横になった。

寝るつもりは無かったが、家でも相当飲んだのでいつの間にか眠ってしまっていた。

ふと目が覚めると、ジュパ、ジュパ、ジュパ、ジュパと音が聞こえる。

起き上がると、既に帰ってきていたYさんがイヤらしい目付きで俺の肉棒をくわえていた。

「おはよう。触ってたらおっきくなってきたから、フェラしちゃった。」

悪戯っぽく笑いながらYさんが言い、再びフェラを続けた。

腕時計を見ると、もう夜中の2時を過ぎていた。

「ホントやらしいねYさん。俺にも舐めさせてよ。」

するとYさんは、パンティを脱いで俺の顔にマンコを近付けてきた。

既にびしょ濡れで、イヤらしい匂いが漂っていた。

たまらずジュ、ジュパジュパジュパ、と愛液を啜りながら指と舌で激しく責め立てた。

大きく喘ぎながらYさんも、ブパ、ブパ、ブパ、ブパ、と激しくフェラしてきた。

更に俺の両足をグイッと持ち上げ、舌をアナルに突っ込んでレロレロ舐めてきた。

俺もグイッとYさんの尻を拡げ、丸見えになったアナルに顔ごと突っ込んで左右に激しく動かしながら舐めたり吸い付いたりした。

そしてわざと鼻を擦り付け、Yさんのアナルの匂いをくんかくんかと目一杯嗅ぎまくり、その匂いに興奮して肉棒は凄まじい勃起ぶりを見せた。

「凄い!いつもよりぶっとくてカタい!」

Yさんが扱きながら叫び、我慢出来なくなったのか自分のマンコに挿入しようとした。

が、そこで悪戯心が芽生えた俺はそれを制止し、立ち上がってアナルを顔に近付けながら、

「チンポが欲しかったらもっとケツの穴舐めて。」

と言った。

当時の俺は、すっかりアナル舐めにハマっていた。

何の躊躇もせず、Yさんは俺のアナルに顔を押し付け、

「んん…んぐんえろれろれろ…」

と声を出しながら激しくアナルを舐めてきた。

更にグニュグニュと穴の奥深くまで舌を突っ込み、激しく出し入れしてきた。

Yさんは俺のアナルの奥深くまで舌をねじ込み、ズチュ、ズチュとイヤらしい音を立てながら、激しく出し入れしてきた。

アナルの中をニュルニュルの舌が動き回って出たり入ったりし、物凄い快感が俺を襲った。

更にギンギンの肉棒まで激しくしごいたり亀頭部分を指先でコチョコチョと弄られ、もはや暴発寸前になっていた。

「ああヤバいよYさん。もうイッちゃいそうだよ。」

俺が喘ぎながら恍惚の表情でそう言うと、Yさんは竿の部分をぐっ、と強く握り、

「まだダメ!ねぇ、そろそろこのおっきいの入れて!

もう我慢できないわ!」

と叫んだ。

そろそろ挿入しようと思い、俺はまず正常位でパンパンパンパンと突きまくった。

次に騎乗位でバチンバチンバチンバチンバチンバチン、と激しく突き上げ、対面座位で乳首を攻めながら更にパチン!パチン!パチン!パチン!と思いっきり奥まで突き立てた。

正直もう限界だったので、その体勢で一旦フィニッシュした。

Yさんもイッたのかビクンビクンしながら、俺にしがみついて肩で息をしていた。

挿入したままの状態で小休止し、再び対面座位のまま腰を振り始めると、Yさんは

「あっ、あん、まだダメ…イッたばっかりだから…あん!」

と言ったが、お構い無しにガンガン突きまくると、恍惚の表情を浮かべて激しく喘ぎ出した。

そして体位を後背位に変えて、パンパンパンと高速で突きまくり、そのまま立ち上がって立ちバックで更に激しく責め立てた。

「ああ、もうダメ、もう限界、ああ、イッちゃう~、またイく~、ああ~!」

Yさんがそろそろ体力の限界っぽかったので立ちバックをやめて仰向けに寝かせ、締めの正常位でまたフィニッシュした。

その後そのままホテルに泊まり、朝起きるとあれだけ放出したのに、またフルボッキしていた。

それを見たYさんは、笑顔で優しくしごき出した。

俺が無言で足を拡げると、Yさんはイヤらしい目付きで自分の指を舐め、それを俺のアナルに這わせてクチュクチュといつものようにまさぐった。

何も喋らずとも、意志疎通が出来ているのだ。

何十分もお互いにアナルを舐めまくり、そろそろ入れたくなってきたのでまた騎乗位でパンパンパンパンと激しく下から突き上げた。

Yさんは思いっきり喘ぎまくりながら俺にディープキスしてきた。

お互い舌を絡ませながらイヤらしく口づけを交わし、俺は両乳首を指でコリコリ弄りながらより一層激しく腰を動かした。

パンパンパンパンパンという激しい音が響き、再びYさんは絶頂を迎え、俺もドビューッと勢いよく射精した。

YさんとのSEXもこれで終わるのか、と思うと少し悲しい気持ちになったが、一秒たりとも無駄にしてはいけない、と思い、それに呼応するかのように、俺の肉棒は再びムクムクと大きくなっていった。

それを見たYさんはハァハァ息を荒げながら、

「うそ、またおっきくなったの!?凄すぎる…」

と呟いた。

Yさんの息が整うまで少し待ち、再びディープキスから絡み始めた。

そしてキスをしながら大きな鏡の前に誘導し、

「俺達のエッチなとこいっぱい見ようよ。」

と言いながら、鏡の前でイラマチオをさせた。

ブパブパブパとYさんがフェラする度にイヤらしい音が鳴り、興奮のあまりますます肉棒は硬く太くなっていった。

更に鏡台の上に片足をあげ、鏡越にアナルが丸見えの状態の体勢になって、Yさんにアナルを舐めさせた。

鏡越に俺のアナルに舌を這わせるYさんが見え、ますます興奮した。

「もっと奥に舌突っ込んで。」

と指示し、Yさんの舌が俺のケツの穴の中に出し入れされるのも丸見えだった。

暫くして交代し、今度はYさんの片足を鏡台の上に上げさせてアナルをレロレロと舐めまくった。

「あん、凄くやらしい…やらしいのが丸見え…」

と呟き、Yさんは自らグリグリと俺の顔にアナルを擦り付けてきた。

その後鏡の前で立ちバックの状態で突きまくった。

激しいパンパン音と鏡越に見える二人のイヤらしい表情にとても興奮した。

最後は鏡の前の椅子に座って対面座位でバチンバチンと高速で突きまくり、ラストフィニッシュを迎えた。

こうして、一日中ヤりまくりの誕生日は幕を閉じた。

 

今まで出会った中で、最高に美しく、そしてエロい女性だった。

今でもあの時の淫らなSEXを思い出してオナニーする事がある。

 

主(*´Д`)ハァハァ<それから熟女フェチにはならなかったのかな?

コメントを残す