【夫婦えっち体験談告白】社内1のマドンナだった妻が元同期に…

【寝取られ(NTR)の体験談】同期で1番美女の女性と結婚したが、不景気のため、妻を元同期の会社へパートに出すことになり…
入社時から同期の間でマドンナ的存在だった、同僚の女性社員。彼女の性格や同じ部署なのが幸いし、数多くのライバルを押しのけ、結婚することが出来た。独立して会社を立ち上げ、家庭もうまくいっていたはずが…以前の同期の会社で妻がパートとして働くようになり…
86aedvd01806rjp-18

人によっては萌える話ではないかと思うが、カテゴリが一致したので妻と俺の話を書いてみる。

某年4月1日、とある新興企業に入社した俺は、1ヶ月程度の期間、同期50人程の研修に参加した。

そこで出会ったのが、妻の若葉だ。

研修の初日、若葉が立ちあがって自己紹介をした時、俺だけでなく、他の同期もぼうっと見惚れているようだった。

気品のある顔立ちとスリムな体型の若葉は、リクルートスーツがとても良く似合っていた。

間違いなく同期1の美女だった。

すぐに争奪戦が始まり、積極的な男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いたが、引っ込み思案の俺は、ただ指を咥えて見ているだけだった。

物凄い競争率だったが、同じ部署に配属されたことや、帰りの路線が同じだったこともあって俺と若葉は、自然に親しくなった。

若葉の性格が、引っ込み思案で大人しいタイプだったことも、大きく作用していると思う。

そして知り合って2年後、なんとか交際まで漕ぎ着け、それから1年程経ったとき、プロポーズして結婚した。

それから数年は仕事も私生活も順風満帆で、調子に乗った俺と妻は、独立して事業を始めた。

前職の会社からお願いされて、問題顧客(というか面倒な顧客)を引き受けるなどして円満に独立したため、前職からも仕事を貰えて、事業は非常にうまくいき、従業員を15人も雇う程に成長した。

しかしご存知の様に、リーマンショックから続く不況は俺達の事業にも多大な影響を及ぼし、あっという間に火の車になった。

そして昨年、とうとう前職からの受注も打ち切られることになってしまった。

一昨年くらいから前職からの受注が売り上げのほとんどを占めるようになっていたため、切られてしまったら、もうお終いだった。

俺は仕方なく、かつての同期にお願いしてみることにした。

前職に残っている同期の中には、新興会社ということもあって若くして既に偉くなっている者もいた。

それが藤田だった。

チャラチャラしていた藤田と俺は、まったく親しくなかったが、背に腹は変えられず頭を下げてお願いした。

この会社は、ブラック企業・・・想像できることではあったが、実際に我が身に起きてみると普通に驚いた。

藤田は、条件を出してきたのだ。

そう、妻の若葉を差し出せと。

「冗談じゃない!ふざけるな」

と返答すると、藤田は落ち着いた様子で

「お前が特別、何かをするわけじゃないぞ。

もちろん、奥さんに俺に抱かれるよう言い含める必要もない。

お前は何もしなくていい、ただ、家計の足しに奥さんをうちでバイトさせるだけでいいよ。」

と言い出した。

「どんなバイトだよ?」

と尋ねると

「別に変なバイトじゃない。

実際そんなの無理だろ。

他のスタッフがやってるのと同じ、事務や雑用だ。

ただし俺は上司として、若葉さんを口説く。」

俺が黙っていると

「だから差し出すって言っても、結局は奥さん次第だ」

「奥さんをうちで時給950円の普通のバイトをさせるだけで、今までどおり発注してやるって言ってるんだよ。

奥さんが社内にいるだけで、がんばる奴もいるからな。

会社としても、それだけの価値がある。」

妻はちょうどパートを始めようかと言っていたし、男に口説かれる率も、どこで働いても大差はないはず。

俺はそう考えて、この申し出を受けてしまった。

妻に話すと、妻はまったく躊躇わずに喜んでバイトをすることを了承した。

バイトを開始したその当日から、妻が帰ってくる時間は遅かった。

前職の時も遅かったから仕方がないことではあるが、藤田のことが気になって仕方がなかった。

1ヶ月程が過ぎた時、俺とは同じ部署に配属されたが、仲が悪かった同期の平田から突然メールが来た。

嫌な性格は健在だったようで、ひどい内容だった。

全文ではないが、だいたい以下の内容だった。

『ご馳走様でしたmm。若葉ちゃん頂いちゃった。

やっと念願が叶ったんだ。たっぷり楽しませてもらったよ。

可哀想にお前なんかと結婚したから、あんな美人が俺らの言いなりだ。

馬鹿だな、お前。』

俺はすぐに

『うそつくな!』

と返信した。

そしたら、すぐに返事が来た。

『本当だよ。藤田なんか先月から抱きまくってるぞ。

俺らは今日が、初顔見世だったんだ。

若葉ちゃん泣きながら大股開き、、、ちょいと可哀想だったかな。

同期のアイドルが、スレンダーな体を開いてストリップだ、興奮したよ。

悪く思うなよ。若葉ちゃんもお前のために必死なんだからさ。』

藤田に電話を掛けると、藤田は全く悪びれもせずに認めた。

俺の会社への発注を止めると脅したこと、妻に仕事でミスをさせて弱みを握ったこと、そうやって断れない様にがんじがらめにして、飲みに誘って抱いたと。

藤田に抱かれたことを俺にバラすと脅すと、妻は何でも言うことを聞いたと。

妻に憧れてた同期や、先輩などにも散々抱かせたてること。

これが、つい先日の出来事。

俺は、まだ妻を問い詰めていない。

どうしたら良いのだろうか?

主(*´Д`)ハァハァ<経営がうまくいかなかったのが運のツキだったのかな。

コメントを残す