【カップルえっち体験談告白】ネトゲで出会った彼女を放置したら…

【元カノとの体験談】冴えない理系男子の初めての彼女になった、年下の女子大生。そんな彼女には深い闇があって…
大学に通う、典型的な理系男子の男性に、遂に初めての出会いがやってきた。相手は、当時ハマっていたネトゲ内で出会った女性プレイヤー。1人旅が好きということを知り、京都旅行についていくと話し出した。可愛い彼女のペースに飲まれていき、恋人になるも…
21pssd00366jp-9

自分は、都内の某有名大学に通う、理系の二年生。

理系男子です!

顔は、えなりかずきをもう少しシャキッとした感じを想像してもらえばいいが、要するに見るからに真面目なキャラで通っている(´・ω・`)

理系に進む男のほとんどは俺と一緒で、出会いもなく、これまで付き合ったことないと思う。

初恋すらした記憶もなく、女性は自分とは無縁の存在だと思っていた。

ゼミとかクラスの奴らを見渡しても、俺と一緒で童貞臭が凄く、冴えないオタク系大学生ばっかり。

たまに理系の中じゃオシャレで普通の奴もいるけど、本当に極わずか。

そんなオタク系大学生の見た目だが、実際はオタ趣味とかはない。

正直オシャレとか、何着たら良いかわからないだけで、中身は別段とくにハマっているものは無い感じ。

ゲームも最近は、オンラインゲームをたまにやるぐらいで、ネトゲ中毒って程でもない。

そんな俺が、ある女性とネトゲーで知り合った。

彼女はぐいぐい引っ張ってく性格で、最初ネカマかと思った。

ゲームの中で僕は彼女に振り回されるなかで、次第に仲良くなった。

呼吸がぴったりあっていた。

彼女は僕がゲームにログインするのを待って、一緒にゲームの中を旅するようになった。

彼女も都内の大学生で、大学の学年でいうと、1個下だった。

僕がやっているブログを教えてないのに彼女が勝手に見つけてから、コメントをくれるようになった。

僕は旅行に行くのが好きだった。

もちろん1人で(´・ω・`)

今度、京都に行く話をブログに書いた。

そうしたら、メールがきた。

「京都はよく遊びに行くから案内できるし、オフで会わない?」

オフで会うといっても、実態は旅行のお供。

彼女は、ゲームの中と同じように京都で、僕を振り回しつつ旅するつもりだった。

根が真面目でヘタレな僕は、女の子からの提案にむしろおそれおののき、悪いよと返したが結局(以下略

シングルの洋室を2つ、僕が予約した。

なぜか現地集合になった。

3月の下旬。

こう書くとエロゲの強引な展開に見えるが、実際にはゲーム内で毎日何時間も2人会話を交わす中で、友達として好意を感じて自然にこうなったことを補足しておく。

この女性と知り合ってからは、ネトゲにガチでハマりはじめて、ネトゲ依存してた時期でもある。

でもネトゲの女の子、そのイメージから顔とか期待してなかったし、こっちも気軽だったが。

目印の服装でポツンと大階段に腰掛ける彼女を見て、僕は最初、いやあれは別な人だ、彼女はまだ来ていないのだと思った。

が、僕に気付いた彼女が

「小ちゃん?」

とてつもなくかわいかった。

これまで出会った人のすべてを超越していた。

芸能人に例えるの難しいんだが、見る人の想像のためにいうと、矢田亜紀子をかわいい系にし、体を小さくした感じ。

いやまじで。

まじですから。

旅の内容は省略。

とにかく彼女は、無計画この上なかった。

疲れきって宿について、

「じゃあ明日」

といって部屋に戻り、備え付けの風呂に入ってパジャマに着替えて、テレビを見ていた。

ノックが聞こえて、出ると彼女がいた。

このときの用件が何だったか、覚えてない。

僕が風呂出たてなのを見ると、

「あ、私もお風呂入る。じゃまた後で。」

といって帰っていった。

僕は気が気じゃなかった。

部屋に来ても、絶対に襲ったりすまいと思った。

根が真面目なんでw

それにかわいいことは確かだが、激カワ過ぎて、俺には高嶺の花で恋心は芽生えない感じw

もうちょっとブスでもいいのにって、本気で思ったぐらい可愛い。

やがて、彼女は来た。

僕はベッドに腰掛けて、前にあるテレビを見た。

彼女は、僕から少し離れた位置に腰掛けた。

僕に合わせたのか彼女もパジャマ姿だったが、普通の服みたいなパジャマで、露出度高くないし透けてもない。

だが、風呂上りの黒い髪がいい匂いを放ってきて、普段そういう経験がない身としては、これだけで僕のモノが雲を呼び、空を目指し。

パジャマの下に何も履いてなかったので、押さえつけるものがなく(゚Д゚;)

僕が困っているうちに、彼女がふとこっちを見て、気付かれてしまった。

視線がじーっと。

あ、あの、ごめん、△×□%#$

僕がしどろもどろになると。

彼女は無表情かつ無言で、いきなり僕のパジャマ下の前の部分を持って引き下げ、僕のモノを露出させてしまった。

びっくりして僕が固まっていると、彼女は僕のパジャマ上のボタンを外していった。

そして、彼女は僕の胸にそっと顔を近付けて、ほほをくっつけた。

濡れた髪とほほの感触が柔らかかった。

昼の時よりさらに増してかわいらしかった。

僕は上半身を彼女に押されて、ベッドに倒した。

つまり、ひざの下だけベッドから下ろして、寝ている状態。

彼女は、僕のモノを手にとって、僕の腹のほうに向けた。

亀頭がヘソの下の部分にくるような状態。

で彼女は、舌を口からほんのちょっとだけ出して、僕のモノをつー、つー、となめはじめた。

これはフェラなのか?

ビデオとかで知っているものとは全然違って、卑猥さがなく、とてつもなくかわいらしかった。

肉体的刺激はかすかだが精神的刺激がものすごくて、腰がつい動いてしまったりしながら、すぐに僕はイってしまった。

激しく出たので、自分のあごにまでかかってしまった。

彼女は表情をあんまり変えないまま、白いの出しっぱなしの僕をそのまま放置して、無言で帰っていってしまった。

30分ぐらい、何もできなかった。

やがて起きて後始末をしたが、彼女に嫌われたかもしれないと思って、泣けてきた。

が次の日の朝、彼女は満面の笑みで

「おはよ!」

昨日と変わらない彼女の振る舞いに、一目惚れしてしまった。

もう会って1日経ってるのに、一目惚れというのも変だが。

その時初めて、彼女をちゃんと見た気がした。

この年になって、初めて恋というものを実感できた。

僕はこの時、初めて初恋をしたんだと。

それで彼女と清水寺の上のとこで、向こうの岩まで目をつぶって歩くことになって、そのとき彼女は手をつないできた。

親指と4本の指で、僕の手をそっと挟むつなぎ方だった。

うれしくて、そこで売られていた星座別のお守りを、つい買ってしまった。

しかし、その夜は何も起こらなかった。

何もできなかった。

ヘタレなもので_| ̄|○

帰りは2人で、新幹線に乗って帰ることになった。

乗る前に買った、肉マンがおいしかった。

はじめて彼女が、大学の近くで1人暮らししていることを知った。

彼女は、夕飯を作っておごるといった。

ここまできてはじめて、僕は自分はこれに応えなくては前に進めないんだ、ということに気付いた。

ただ、今日のところは夕飯だけ食べて帰ろうと思った。

入ると右がバストイレ、左が台所で、その先に居住空間。

ベッドが置かれているせいか、狭く感じる。

でも、きれいに片付いている。

夕飯は彼女が料理したというより、途中で買った惣菜を盛り付けたものだった。

ネトゲやってると、こうなる(´д`)

食べたら帰るつもりだったが彼女が僕の腕を無言でそっとつかんで、僕はまた固まって動けなくなってしまい、おとといと同じようにベッドに寝かされて、ズボンを下ろされてしまった。

そう書くと伝わりにくいんだが、彼女のそうした行動は1つ1つがかわいらしくて、卑猥さが全然なかった。

このままだとおとといと同じく、僕がイクだけになってしまう。

そう思って、彼女がなめようとするのを手で制した。

そうしたら彼女は僕の胸にほほをくっつけて、そこではじめて一言いった。

「小ちゃん。私じゃだめ?」

△×□%#$?!

喉がカラカラに渇いて、言葉が出なかった。

胸から顔を上げる彼女に、僕は口を半開きにしたまま、ぶんぶんと首を振った。

彼女は優しい顔をして、それでキスした。

肝心なとこなのに悪いんだが、それほど詳しい記憶はない。

たしか彼女が電気を消して、僕は服を脱がせた。

ブラを外すことができなかった_| ̄|○

彼女の体はちょっとぽっちゃりしていて、やや小ぶりでお椀型の胸をしていた。

胸を吸うと、彼女は吐息まじりに

「あ、あ」

と、かすかな声を出しはじめた。

そのあと下の方に手をやると、かなり濡れていた。

中に指をいれると、熱くなっていてびっくりした。

そっちの方を攻めてみたものの、胸と違ってあんまり感じてないみたいだった(´・ω・`)

入れようという段階になって、彼女は起き上がってゴムを渡してくれた。

準備いい(´д`)

しかし入れようとしても、全然入っていかない。

知識を総動員して、なめてすべりをよくしてみたりいろいろやったが、ラチがあかないので、僕は

「上になって入れてみて」

と他力本願な頼みをした。

彼女はちょっといやそうな顔をしたが、上に乗って僕のものを手に取り、腰を沈めた。

入った。

熱かった。

彼女はちょっと微笑んだ。

僕はそのつながった状態をキープしながら体を起こし、彼女をゆっくり倒して、正常位にした。

このときはじめて彼女が少し下付きで、膝を腹につけるような感じで曲げないと、正常位で挿入できないことが分かった。

動かすと、彼女はまた吐息まじりに

「あぁ」

と小さく声を出しはじめた。

目をつぶってかすかに応える彼女がとてつもなくかわいくて、だ激しく動いていないのに、終えてしまった。

しばらく抱き合っていたが、彼女はまた僕の胸にほほをくっつけた。

この仕草が好きなんだろう。

僕も好きになっていた。

この年で体力が全然ないんだが、それを見ていると、またむくむくと復活した。

二回目は、正常位の状態で入れることができた。

でもまたすぐイッた(´・ω・`)

僕のものは体力の限界で復活せず、そのまま抱き合って寝た。

女を知った僕は、毎日のように彼女の家に通った。

体位を変えるとかそういうことが思いつかなくて、ずっと正常位のままだったが、それだけに集中したおかげでだいぶ向上してきた。

「あぁ」

という彼女のため息の中に、ときどき

「いやぁあん」

というのが混じるようになって、そのとき彼女が感じてることがわかった。

そのタイミングをつかんでくると、ときどき

「あぁ~ん」

といって腰をくっと動かすようになった。

そのうち、彼女は不意にびくっとなって、軽くいってくれるようになった。

お互いに新学期がはじまっても、僕は自分の都合をそこそこに切り上げて、大学から彼女の家に直行していた。

彼女の家で肌を合わせ、そのあと自宅に帰ってからは、ゲームのほうで彼女と遊んでいた。

それ以外、とくにデートらしいことは一切なかった。

新学期でいろいろする手続とか、購入する物、いきなり出た課題、ゼミ、研究その他、自分のことを全部棚にあげてしまっていた。

グループでやっていることも放っていた。

このままではいかなくなって、大学にこもった。

連日大学に泊まっても、能率がはずまなかった。

彼女と現実に会うことも、ゲーム上で会うこともできなかった。

携帯がないので連絡はメールのみで、それもあまりしていなかった。

僕がゲームにログインしなかったら、彼女は誰と旅するんだろう。

危険なとこにどんどん勝手に進んでしまう彼女と、一緒に楽しめるやつなんているのか。

どちらかというと、ゲーム上の彼女のことを気にしていた。

10日ほどして、一応落ち着いてきた日。

夜8時くらいになっていたが、大学から彼女の家に向かった。

30分ほどで着く。

ドア窓から明かりがもれている。

高揚する気持ちを抑えながら、チャイムを鳴らした。

出ない。

電気つけたまま、どこかにいってるのかな。

そう思って、外を見てぼーっとしていた。

不意にドアが少し開いた。

鳴らしてから数分経っていた。

「小ちゃん・・・」

つぶやくような声だった。

彼女はパジャマ姿だった。

無表情で、動揺した様子もないかわりに、喜んだ様子もなかった。

僕は不意に記憶がよみがえった。

京都の夜、彼女が僕のモノをそっとなめたときのこと。

あのときと同じ表情。

同じ姿。

いやな予感がした。

僕は無言で、ドアを完全に開いて中に入った。

彼女は抵抗しなかった。

そしてベッドに目を向けた。

見知らぬ男が横たわっていた。

目を見開いて、驚いている。

僕もその男も、身動きできないまま互いを凝視した。

男は、ひざから下をベッドから下ろしている。

ベッドに腰掛けた状態から上半身を倒して、ベッドに横たえた状態。

ズボンとトランクスは下げられ、Tシャツは上にまくりあげられている。

股間を隠しているが、へその辺りから胸のほうへ白いものが飛んでいる。

果てた後だった。

実に情けない格好だった。

そして気付いた。

この格好は、以前の僕じゃないか。

僕が京都の宿でされたように、この男も彼女に、かわいらしい仕草でモノをそっとなめられ、白いものを自分の胸に撒き散らしたんだ。

男の顔は可もなく不可もなくといった感じだったが、遊んでいるようには見えず、真面目で気が弱そうだった。

要するに、僕と同類の男だった。

そして僕が歩んだのとまったく同じ道を、いま歩んでいるんだ。

ドアの方にいた彼女が、僕の腕をそっとつかんで引き寄せた。

僕は、なんて運が悪いんだろうとそのときは思った。

彼女は、僕にとってもうすべてで、浮気しようと何でも僕のそばにいてくれれば。

これほどの彼女なら。

ただいま思うと、他にも同類の男がいた可能性はもちろんあって、僕が不意に来訪したために、その中の1つにぶちあたることは、ある意味当然な展開だったのかもしれない。

僕はドアのあたりまで返した。

「小ちゃん・・・」

そういって彼女は、そっと僕の胸にほほを寄せた。

たぶん、男からは見えてない位置だろう。

僕は真実に気がついたのに、あまりのことに混乱していたし、彼女がこの行動に出たことで、僕は怒りとか嫉妬とかそういう黒い感情をぶつけることができなくなってしまった。

彼女は、やっぱり僕のことが一番好きなんだろ。

だからいいんだろ。

大丈夫だろ。

彼女は僕に外に出るように、動作でうながした。

抵抗できなかった。

彼女は僕を見つめながら、ドアを閉めてしまった。

僕はしばらく呆然としていたが、男が追い出されて出てくるかもしれないと思い、階段とは反対側に行って隠れて見ていた。

しかし、10分ほど待っても男は出てこなかった。

僕はドアの前に戻り、様子をうかがった。

中を覗きたいと思ったが、不可能だった。

声だけでもきけないかと、ドアの隙間に耳をあててみる。

聞こえない。

しかし、いろいろ耳をあてるポイントをかえたり、あて方を工夫したりした結果。

・・・かすかにきこえるΣ(゚Д゚;)

テレビの音はするが、二人の声はきこえない。

隣人が気付いたらかなりやばい状況だが、必死だった。

僕は、雑音の中に彼女の声を必死に探そうとした。

と、やがて、電気が消え、続いてテレビの音がとまった。

これから起こってしまうことを僕は怖れた。

でも一方で、それを精一杯聞こうとした。

アアァ・・・という脱力した声が聞こえてきた。

男の声だ。

声でけえよ。

声までもが情けないやつだ。

あんな男に僕のかわいい彼女が、やられてしまう。

小ぶりの胸や、濡れて熱くなってるところを観察されたり、指で弄られたり、なめられたりしてしまう。

男の声から、中で起こっていることはだいたい推測された。

ンアアァ

彼女が、入れられてしまったのを悟った。

あの濡れてあったかいところに、僕じゃない男のモノが。

僕は、自分がどうにかなってしまいそうだった。

脳みそをかきまわされているみたいだった。

でも、さらにおいつめられた。

「いやあ」

はっきりそうとは聞こえなかったが、男の声にまじって、別な声が聞こえたことは確かだった。

男の声がうるさいが、もう一度きこえた。

声がかすかすぎて、脳が勝手に補完してしまうので、どこまで真実のものとして聞こえているのかは自信がない。

ただ男の声以外の声がきこえ、それは彼女が男のモノを出し入れされて感じている声としか、受け取りようがなかった。

僕が、その声をきくようになるのは、何度も彼女としてからなのに。

あの男は、僕よりもうまいのか?

それともあの男はすでに、彼女と何度もやっているのか?

男の声はだんだん高ぶり、そしてアァ・・・と果てた。

あまり長くなかった。

僕と同じくらいか。

しかし、行為はまだ終わらなかった。

しばらくすると、また男の情けない声が聞こえ始めた。

僕は聞き続けて、あ、いま入れられたな、とか、だんだん出し入れが速くなってるな、とか状況を分析していた。

それが終わっても、まだ限界が来ないようで、間隔が空いた後に再びはじまっていた。

ひたすら自慰にふけった。

ベッドに横になって、彼女がなめてくれたときと同じ体勢になってずっと。

もう股間が痛くなっても収まらなかった。

外が明るくなってきたころ、ようやく眠くなった。

寝て、起きたら、昼1時を回っていた。

大学はもうさぼった形だ。

そのときになって、僕はようやくパソコンをつけようと思った。

彼女からメールが来ていないかと。

そしたら・・・来てたΣ(゚Д゚;)

喉がつまるような思いをしながら、それを開けた。

僕は、許す気まんまんだった。

許すというか、彼女は僕の全てだった。

彼女が僕に戻ってきてくれるなら、何でもよかった。

件名なし、内容なしの空メールだった。

念のため、反転すると文字がでるかとか、何か仕掛けがないか確かめたが、何もなかった。

意味がわからなかった。

君に話すことはもうないよ、ということなのか。

謝るつもりはないよ、ということなのか。

しかし、それならメールを送ってくる必要自体がない。

逆にこのメールに返信ちょうだいということなのか。

でも、いつも自分から動いていく彼女の性格から、他人に返信をよこさせるような行動は想像できなかった。

苦悩するまま夜になって、ふと、ゲームにログインしてみようと思った。

ゲーム内で、僕と彼女との友人登録は削除されていなかった。

彼女はログインしていた。

(登録していると相手の状態が分かる。

片方が友人登録を削除すると、もう一方もたぶん削除される。)

しかし、いつも僕がログインするとチャットで話しかけてくる彼女は、一向に話しかけてこなかった。

僕も話しかけるのが怖かった。

いつも待ち合わせしているゲーム内の場所にいっても、彼女は来なかった。

僕のブログに、彼女のコメントがつくことはもうなかった。

僕は悲嘆にくれた。

—— 後日談

ボロボロの抜け殻のような状態が続いた。

大学には通ったが何も耳に入らない状態で、実質何もやってないが形式だけ見せかけて、間に合わせる毎日だった。

時間があればパソコンに向かって、なにか掲示板を見たりしていた。

何もやってないから時間だけが余って、7月に入ってからふとゲームをやって中の世界を確かめたくなって、お金を払ってサービスを継続し、ログインした。

何も変わらない世界。

彼女との友人登録はまだ残っていて、今もログインしていた。

しかし、やはり話しかけてはこなかった。

所属していた団体からは、除名されていた。

話せる友達は、もういなくなっていた。

僕はログインしたとたん、急にやる気がなくなった。

傷心旅行をしているようなつもりで、数時間もずっとゲーム内をぶらぶらしていた。

彼女のキャラが通りかかった。

彼女のキャラは、僕とすれ違うと、ちょこんと挨拶のポーズをとって、そのまま走り去っていった。

何もしゃべらなかった。

ただ、挨拶されたのが僕にとっては、本当に大きな救いに思えた。

それを境に、僕は回復していった。

いまは、わりと自分を冷静に見れるようになった。

思い返すと、さまざまなところで反省すべき点がある。

最大の問題は、そもそもどこまでつきあっていたのか、ということだろう。

体の関係ばかりが先行してしまった。

30回近く彼女と行為を繰り返し続けながら、恋愛を深めることをしてこなかった。

彼女の術中にはまりながら、情けない格好でいかされたりして、男なのに体をもてあそばれてしまったという自虐的な決め付け方もできる。

思いやりが不足していた点も多い。

一方で彼女と共有していた時間は、出会った2月頃からゲーム内含めて考えるとはんぱじゃなく多いし、1日中彼女と話し続けたこともたくさんあった。

京都で一緒にいたときの彼女は本当に楽しそうで、単に体だけが目的だったのかと割り切るのにも躊躇を感じる。

もうちょっと普通にデートを重ねていくのも、誘えばできたはずだ。

そのあいまいな状態を解決しようとしないまま、欲求に走ってしまった点が、最大の反省点だと思う。

それによって、悲劇を回避できたかは分からないが。

学ぶ点は数多くあったので、人間的に成長できた気がする。

彼女には、心から感謝している。

僕はまだときどきゲームでぶらぶらしていて、彼女はすれ違えば挨拶する状態から変わっていない。

僕がなにか行動を起こしたら、と思う方もいるかもしれない。

しかし、彼女には彼女自身たぶん何か深い闇が心の中に広がっている気がして、僕程度の人間では、どうにも付き合っていくことはできないと思う。

あんだけ可愛い女性なら、ネトゲなんかせずにとも思うが、それが彼女の闇の深さなのだろう。

そう思うと、到底僕には抱えきれない。

もし、あのまま付き合っていたとしたら、彼女に引きずられように、僕も駄目になっていたかもしれない。

でも彼女と出会え、恋をし、素敵な経験を出来た事を、心から彼女に感謝したい。

そして、彼女が幸せな事を心から願う。

主(*´Д`)ハァハァ<ネトゲきっかけの出会いも注意が必要だよね。

コメントを残す