【 カップルえっち体験談告白】メンヘラの娘の願いで、彼氏と親子丼をした婦警の母

【元カノとの体験談】当時付き合っていた彼女は、エリート校に通う女子高生。だが次第に引きこもりになり、彼女は豹変してしまう。
当時、高校生でバイトをしていた彼女に一目ぼれし、付き合うことになった。付き合っていくうちに、彼女はエリート校での勉強についていけず、引きこもりのメンヘラ状態になってしまった。そんな彼女に激アマの婦警の母。娘と別れて欲しくない、と自ら親子丼を提案する。
h_860gigl00209jp-18

昔付き合っていた彼女が、メンヘラというか病んでて、俺に凄い依存してくるの。

俺は彼女の存在が重くなって、酔った勢いで彼女を振ったら、

「何でもするから、お願い。別れたくない」

と言うんで

「母親と濃厚な3Pさせろ」

って言ったら、それが本当に成功しちゃたw

彼女18歳、母親40歳ぐらいだったな当時。

元彼女になるが、当時は某有名エリート女●高へ通っていた。

ある日、彼女のバイト先で一目惚れして連絡先を渡したら、デートする事になって、順調に交際に。

彼女は処女では無く、見た目清純だが、かなり淫乱タイプ。

後で知るが、心に病を抱えているタイプだった。

いわば何でも聞く、どM娘でした。

母親は元彼女を迎えに行き、顔を合わせてるうちに仲良くなっていった

仕事は婦警で、典型的な子供に激甘なお母さん。

若くして産んだだけあり、見た目や雰囲気は、鈴木砂羽な感じ。

とても明るく、街でたまたま会えば、無理矢理お茶に付き合わされたりしてたな。

娘は勉強を挫折し、知らぬ間に登校拒否をしてたらしいが、夜しか会わない俺は知らなかった。

毎晩毎晩やりまくり、アナルまで完璧に仕込んで楽しんでたある日、母親から呼び出されて、内情を聞かされた。

登校拒否をしてる事実、精神を病んで病院へ通い、俺と遊ぶ以外は引きこもりな状態な事。

ただ、俺はまだ結婚はしたく無いし、いくら迫られても厳しい旨を、やんわりと伝えていた。

その時、母親が冗談なんだか、

「娘を貰ってくれるなら、何でもします」

と言っていたんだが、気にも止めず引き返せなくなる前にと、別れを切り出した。

母親もちょっとヤバい雰囲気だった。

何でもしますと言われても信頼出来無いし、実際にやれと言えばそこまでは出来無いと騒ぐだろうと、強烈な内容の奴隷契約書+借用書にサインしてと言うと、アッサリサインをした娘。

じゃあ、明日からソープで働いて貢いでと言えば、次の日マジ面接受けてくる始末。

これは重すぎると切り出したのが、母親との3Pだった。

しかも、ただやらせた位じゃ納得しないよ?と、レズプレイ+タブルフェラ+中出しは絶対なと言うと、しつこく本当にしたら別れ無いかを聞かれた。

3日位したある日の朝、どうしてもプレゼント渡したいから会いたい、とせがまれる。

渋々家に呼ぶと、母親も一緒だった。

とりあえず家にあげて、何事かと聞くと、母親が

「娘がどうしても満足させられないから、女としてのたしなみを教えてくれと頼まれた」

と軽く震え交じりに口を開く。

「それは?」

と聞けば、母親が一緒にアダルトビデオでも見ながら話さないか、と言い出した。

娘を見ると目配せされたので、半信半疑で

「エロビデオじゃあれだから、実戦で」

と笑いながら言うと、母親があっさりと承諾した。

え?って思ったけどとりあえず、

「じゃあ、皆で先ずはお風呂に!」

と言うと、さっさと風呂の支度をして、三つ指ついて迎えに来た。

風呂支度をしてる母親に聞こえない様に、娘に聞いたら

「何しても絶対大丈夫」

と言うし、ドキドキしながらも半分開き直って、母親を恋人気分で相手した。

風呂に行くと、母親が娘に身体の洗い方をレクチャーし、身体を洗い流し終えたら浴槽に腰掛けて、直ぐにフェラが始まった。

母親は娘よりも巧みに、玉袋からネチネチと責めてからネットリと咥える。

娘に咥える心得みたいのを言っていたが、ドキドキし過ぎて、よく覚えて無い。

風呂は狭いからと部屋に移動すると、母親の濃厚なフェラ講義が開始された。

母親も娘も、残念ながら制服では無く全裸だが、母親と娘と交互にフェラをしながらはしゃいでる。

その時点で、既に発射してもおかしくないと皆は思うだろうが、実際は若干萎縮してたたないもんだわ。

母親がアナル舐めを開始した辺りから、娘がフェラをして母親がアナルから玉袋を責める。

母親がフェラをすると、娘がアナルから玉袋を責める。

しかし、この親子丼という異常なシチュに萎縮して、半立ちだからかなり長い事しても発射出来ず。

AVだと興奮するけど、リアルに起こるとエロさよりも、この状況を受け入れる母と娘に恐怖を感じてしまう。

どこか狂っていると。

母親が娘に、

「舐め方が悪い」

とか言いながら俺の乳首を舐め、娘にも舐めさせたと思ったら、娘も寝かせて母親がいきなりクンニを開始した。

なんとなく促されて、母親をクンニすると娘がフェラを開始して、奇妙な三角関係が開始される。

しばらくすると、母親は娘と濃厚なキスを開始し、お互いにクンニをしはじめた。

若干取り残され気味で意識が遠のいたが、この間にトイレでおしっこをして戻ると、母親が土下座しながら挿入させてくれと頼んできた。

横になると乳首からネチネチ責め、軽いフェラの後に騎乗位で自分からズブズブと挿入してきた。

食い入る様に結合部を見つめる娘に、腰の振り方を教えていたが、この時点で既にコッソリ射精していた。

三分も保た無かったが、とりあえず半立ちだと緊張してる程で押し通し、プレイを続けた。

母親に言われて、娘にも挿入しなきゃならない状態になったが、なにせ既に中出ししてるからダブル妊娠が怖くて躊躇してたら、母親が耳元で

「娘は安全日よ」

と囁いて、フェラをしてくれた。

娘が騎乗位で挿入し腰を振り始めると、娘の乳首を責める母親。

正直、何故こんな基地外染みだ乱交をやるのか意味が解らないが、一生に一度だし、と母親の目の前で娘を責めまくってイカせてみた。

母親はズルいと呟いて股を開き寝て、挿れてくれとせがんできた。

娘から抜いたばかりのイチモツを、そのままさっき中出ししてグチャグチャの母親に、ゆっくり挿入した。

母親はしっかりと抱きつきながら、下から腰を使い始めた。

娘は後ろからアナルを舐め始め、サンドイッチSEX。

弾力は娘のが柔らかく、しなやかでよく濡れる。

母親はしっとりとして弾力やキツさは無いが、強烈な締まりがある。

締めて無いとガバガバだが、締めたら娘の二倍はキツイ。

締められた拍子に二度目の発射をしたら、母親が耳元で

「出し過ぎ」

と呟いた。

やはり、気付かれてたらしい。

しかし出して無いでいて、そのまま抜かずのなんとやら。

母親がイクのと同時に、三度目の中出しを喰らわせた。

正直、2人妊娠したらどうしようとか、無理矢理結婚させられたらどうしようとか、ドキドキしながら放心していた。

朝から開始して既に昼過ぎだし、どうしようか悩んでいると、母親が若いんだからと娘を抱く様にお願いされた。

「いやいや、流石に無理ですよ」

と返すも

「まだ一回しか出して無いから、大丈夫よね?」

と笑顔。

とりあえずタフマンのんで娘を抱いてみたが、母親の締まりを味わった後だと、若いだけで大味。

しかも、三度も出した後だけにどうにもならない+萎縮も有り、半立ちまでが限界だった。

やはりAVみたいにはいかないのが、リアルの世界だと痛感。

ちょい苛ついた俺は、娘に蟻のと渡りをさせろと要求して、母親と抱き合わせた。

上下に好きなように抜き差しを繰り返してみたが、母親の締まりを味わうと、もう止まらない。

母親をバックから思いっきり突きまくり、四回目の中出しをした。

母親も大きくイッて娘の上に崩れ落ち、娘は母親の中に出され垂れてくる精子にまみれながら、放心していた。

俺はそのまま眠りに入り、気付くと娘は風呂へ、母親が隣に寝ていた。

母親に事情を聞くと、母親は娘がリスカを繰り返してたから恐くて断れ無いし、どうせなら思いっきりやろうと思ったらしい。

中に出されて驚いたけど、どうせならトコトンって思ったらしい。

そんな母親を抱き寄せてフェラをさせてたら、娘が出てきて混ざり始め、また親子丼3pに。

朝までイチャイチャを繰り返し、都度六回母親に中出しした。

3Pは流石にその一回だけでした。

娘とはその後二十歳になるまで続いて、娘の誕生日に娘から別れを切り出してきて、終わりました。

どうやら、俺にたいする恋愛の熱が突然冷めたらしいw

母親とは3Pの後は、

「娘と仲良くして貰えるなら」

と肉弾接待をしばしば受けてました。

週に1から二週に1回位だったけど、相談したいとメールが来ると、必ず中出しOKでした。

娘には内緒でと言われてたから、なんとなく背徳感で興奮出来たのを覚えてる。

今思い返せば最高の思い出だけど、当時はチョットヤバイ!深みにはまりつつある。

地雷踏んだか?ってビビってたw

やっぱ普通の女の子と付き合うのが、一番だなってのが俺の結論だ。

主(*´Д`)ハァハァ<妄想は、妄想止まりが丁度良い、ってことだよね。

コメントを残す