【カップルえっち体験談告白】同じアパートに住む年下女子との初体験後…

【彼女との体験談】アパートで困っている子を助けたきっかけで、仲良くなった。彼女は好きな人を誘うことを教えてと言い出して…
大学生のころ、アパートの近所で探し物をしている女の子と知り合った。携帯を落としてしまい、助けたところ、その後も2人は時々会うように。ある日、彼女は「好きな人がいる」と相談。童貞だが大人の貫禄を見せてあれこれティーチングしていると、彼女はもっととねだり…。
60mrmm00022jp-9

大学2年の時の話。

一人暮らしのアパートに帰って来ると、アパートの入り口のところで高校生くらいのすごく可愛い子が、地面を見つめてうろうろ探し物をしている。

可愛いなぁと思いつつ、もう夜で辺りは真っ暗になっていて。

見つかるんだろうか?とも思った。

勇気を出して

「何か落としました?」

と声をかけて見ると、携帯電話をこのあたりで落としたとの事。

「その携帯にかけてみれば?」

と言ったが、お金を持ってなくて電話をかけられないという。

なので、部屋に戻って、懐中電灯を持ってきてあげた。

で、ついでに俺の携帯を差し出して、

「こっからかけていいよ。」

と渡してあげた。

その子は

「本当にありがとうございます!」

と何度もお礼をいい、電話をかけたが、その子の携帯には繋がらなかった。

その後、懐中電灯のおかげで、すぐに死角な場所に落ちていた携帯を発見できた。

携帯は電池切れで電源が切れていて、その子はすごく困った顔をしていた。

つい

「どうかした?」

と事情を聞いてしまったが、素直に答えてくれた。

・母と二人暮し、父親は単身赴任中。

・俺のアパートの目の前のマンションに住んでいる。

・自分は鍵っ子で、母親は遅くにならないと帰ってこない。

・ところが今日、鍵をなくしてしまい困っている。

・相談できそうな友達はいない。

・母親に何時に帰ってくるか、それまでどうすればいいか、電話で相談したかった。

「じゃあ、俺の携帯使って母親に電話しなよ。」

といったが、

「自分の携帯の電話帳からじゃないと、番号を覚えていないからかけれないんです。」

という。

これはチャーンスと思ったが、とはいえ臆病者なんで

「母親が帰ってくるまでの間、ウチにいなよ」

なんて、とてもいえなかった。

じゃあ、もう少し誘いやすい理由ってことで、ひねり出したのが

「ウチで充電させてあげるよ」

なんの不自然なことも無く(自分的には)、自分の部屋に誘い込むことに成功。

たまたま前日は珍しく部屋の大掃除をしていたので、すっきりした部屋にも

「男の人の一人暮らしなのに綺麗ですね。」

という好感触を得た。

で、充電させてあげている間、お茶とかを出して、

「なんだったら、ついでに母親が帰ってくるまでここにいたら。」

といってみた。

「そんなの、悪いです…」

とか恐縮していたが、拒絶しているようには見えなかったので、

「いいから、いいから。」

と、1回だけ押してみた。

じゃあ、お言葉に甘えて…ということで、そのまま深夜2時すぎまで、一緒に部屋にいた。

「高校生?」

とか、

「来年、受験なんです。」

とか、

「自分はどこ大学で何をやっている」

とか、一通り自己紹介タイム。

「その大学、受けようかなって思ってたところなんです!」

とかから会話は発展して、結構楽しい時間を過ごせた。

二人きりだし、すごく可愛いし、押し倒してヤってしまおうとかちょっとモンモン考えたけど。

やっぱり臆病者なんで、無理無理。

でも、メアド交換とか出来たし、どうやら友達になってくれたので個人的には大満足。

後日、お礼にご飯奢ってくれたりしたことをきっかけに、土日とかには一緒に遊びに行く(俺的にはデート気分)とかをするようになった。

映画や音楽の趣味もあってたから話題は耐えなかったし、学校のこととか相談受けたりすることも多かった。

出合ったときから綺麗な顔に惹かれて、一緒にいる時間が多くなるほど、どんどん俺はその子に惚れていった。

でも奥手な俺はなかなかエロいことはおろか、付き合ってくれなんて言うこともしなかった。

とある日、一緒に部屋でゲームで遊んでいるとき、ふと恋愛の話になり

「彼氏とか、できたりしないの?」

と、聞いてみたけど、

「まったくないです…でも好きな人はいます。」

「告白した?」

「いえ…勇気が無くて、なかなか言い出せないんです。」

とのこと。

ちょっとショックだったがショックを隠す為、人生の先輩ぶり、さも自分は恋愛経験豊富なんだぜのごとく、偉そうにアドバイスしてみた。

先月、ヤラハタを達成したチンカスのクセに。

「すっごく可愛いんだから、エロ系な格好で二人っきりのときくっつけば、男なんて簡単に落ちる」

「相手に、好きかどうかなんて伝えたり確かめたりするのは、それからだ」

なんて発言。

今思えば、無茶苦茶なアドバイス。

ちょっとテンパってたんだと思う。

その場は、

「そうなんですか…」

なんてつぶやいて、それで終わった。

さらに後日、部屋でマッタリしてると、

「こないだのアドバイス、覚えてますか?

やっぱり、勇気を持って告白したいから‥。

是非、もう少し詳しく教えて欲しいです。」

なんていいだした。

えっ、と一瞬戸惑ったが、取り乱してはいけないし。

逆に、これはなんてチャンスなんだ!ああ神様!

とも思った。

二人並んでべったり座るところから始まり、肩にもたれかかったり、目をじっと見つめたり。

男が勘違いするようなシチュエーションを叩き込んだ。

その子はさらに、

「もっと勉強させてください…」

なんて言いやがって、まだやる気か、とちょっとうれしくなり。

調子に乗って、も少し過激な迫り方を仕込んだりしてみた。

すると、いつの間にか顔を真っ赤にさせたその子は

「キスとかエッチなこととかしたことがないんで…。

あの、もしよかったら、その‥。

あの、特訓させてください…」

と、おずおずしながら言い出した。

一瞬、トラップか?ドッキリか?と戸惑ったけど、もうキターーーー!という感じで快くOK。

(もちろん俺は童貞のクセに、キスなんて挨拶みたいなもんだろ?的な大人の態度で接する。)

[shortcode]

まずは軽いキスから始まり、俺があぐら書いてその子をまたがらせて、唇かんだりするキス。

で耳をなめさせたり、首筋吸わせたり、べろんべろんしたりするキスを。

所詮、童貞なんで、この辺りが発想の限界。

だんだんヘロヘロになってきて、俺の肩に顔をうずめてる。

顔を上げさせたら、潤んだ上目遣いで、

「なん‥すごいんですね…」

って、はぁはぁしながらまたキスを求めてくるんで。

もう、ここで理性が吹っ飛んで、そのまま押し倒した。

幼児体系だと思いきや、服を脱がしたら、すごくいい体をしていた。

出るところ、出てるし。

その日はもう特訓なんて関係なくて、そのままエッチに突入。

AVの知識に基づいて、乳首をやさしく指や舌で転がす。

「ちょっと気持ちいいです。」

といいつつ、目が合うたびに俺の唇に吸い付いてきて、キスしたままじっくり指でいろんな部分を愛撫。

その間、唇をつなげたまま、

「んっ・・・ふぅ・・・」

なんて息を切らす。

「可愛いな。」

って褒めたら、

「このまま続けてください。」

って言ってくれたので、遠慮なく続行しようとしたら、

「あ、でもやっぱり汗臭いから…。

お風呂入ってもいいですか…?」

と。

イキナリ一緒にお風呂はハードル高いなと思ったので、さきにその子にシャワーを浴びさせ、続いて俺もシャワーを浴びる。

お互い照れながらじゃあ再開ってときに、思い切って

「フェラしてみる?」

と誘ってみた。

やっぱり初めてみたくて、すごくぎこちない感じ。

最初右手で軽く握って、先っぽを珍しいものを観察するように、左手の指でくりくりなぞってる。

俺の顔を見て、

「すごく恥ずかしいです。」

って照れ笑いする顔が、すごく可愛い。

で、そのまま舌で先っぽをチロっとする。

「気持ちいいよ」

って頭をなでなでしてあげたら、もっと大胆にくわえてみたり、中でぐるぐる舌で嘗め回したりしだした。

やっぱり初めてだから時々歯が当たってたけど、決して痛くは無かった。

「ちょっとやばいかも」

って俺が言うと、

「このまま続けてると、男の人って出ちゃうんですよね?」

と聞いてきた。

「そうだよ、だからもういいよ。」

とその子のクチから離すと

「また今度は…飲んであげますね。」

とすごく照れながら言う。

どこでそんな知識を身につけたんザマスか!!そんな子に育てた覚えは有りませんよ!と嬉しい憤慨。

で今度は俺が攻める番、全身をくまなく嘗め回した。

「あっ・・・」

とか、

「んくっ・・・」

って我慢したように喘いでる。

喘ぎながら、

「気持ちいいです…。

ちょっとくすぐったいけど、なんか変な感じです」

と泣きそうな顔で言う。

アソコは、ものすごく濡れていた。

で、いよいよ挿入。

童貞のクセに、ゴムはキッチリ準備していた。

案の定、かなり痛がってた。

「我慢できないか?

いったん抜こうか?」

と問いかけたけど

「でも…大丈夫です…」

「こういうのって、好きなら人となら耐えられるんですよね‥?」

と息も絶え絶えながら頑張る。

もう俺は胸がキューンとなってしまい。

このままピストンしつづけるのも可愛そうになってきたので、もうそのままぎゅっと抱きしめて。

いいこいいこしてあげて、抜き去った。

そしたら、

「じゃあ、もう一回、クチでします…」

とフェラを再開。

さっきより情熱的に舐めてくれた。

時々

「痛く無いですか?」

って気遣いながら、ちゅぶちゅぶスロートしてくれて

「出そう」

といったら、先っぽを舌でチロチロしながら

「約束どおり、今度は飲んでみます…」

と言い、フェラを続けた。

もうその言葉だけで昇天してしまい、思わずクチの中に放出してしまった。

息を吸うタイミングと合わなかったのか、ゲホゲホむせてしまったが、一生懸命飲んでくれた。

そしてすこし床にこぼした分を、

「ごめんなさい、ごめんなさい」

って言いながら、ティッシュで綺麗にふき取ってくれた。

で、一緒にシャワーを浴びて、着替えてベットに並んで座った。

思い切って、その子に聞いてみた。

「本当は好きな人って、俺のことかなぁ?」

って。

ものすごく動揺して

「はい…」

って頷いた。

「ずいぶん遠まわしな告白だな」

って余裕ぶってたけど

「○○さん(俺)の言うとおりでしたね。

男の人を落とす方法。」

って、クスクス笑ってた。

そんな無邪気な姿を見て、やっぱり俺はこの子が好きなんだな、と実感した。

それ以降、正式に付き合いだした。

ほぼ半同棲な感じで、夕ご飯を一緒に作ったり、エッチしたり。

母親が深夜も不在のときは、お泊りしたりした。

面白いことに、エッチする時は大抵、誘うのは俺からではない。

「今日も、その、特訓しませんか…」

なんて、その子の方から誘ってくることが多い。

「特訓しよ」なんて言い方が、すごく可愛い…。

エッチが終わったあとも

「このまま抱きしめていてください…」

と真っ赤に火照らせながら言うから、1時間くらい繋がったままキスし続けたこともあった。

ところが、二人の関係を一転させる運命の日が来た。

前から

「久しぶりに、父が単身赴任から戻ってくるんです。」

と言っていた日。

それを忘れて、その日部屋でイチャイチャしてたら、携帯に父親から電話がかかってきた。

「今マンションに帰ってきたけど、誰もいない。

どこにいるんだ?」

とのこと。

まさか、向かいのアパートの男の部屋もいますなんて言えず、あわてて彼女を帰らせた。

ついでに、どんな父親なんだろう?と後を付けて、こっそりマンションの廊下を覗いてみたら。

14年前、3歳の隠し子がいることが発覚して離婚を言い渡された俺の元父親が、彼女を迎え入れてる光景が写っていた…。

うそのようなマジ実話。orz

主(*´Д`)ハァハァ<まさかの衝撃展開!義理の妹だったのか…。

コメントを残す