【夫婦えっち体験談告白】高校時代に一目ぼれした女に告白された話(1)

【彼女との体験談】高校の時は見向きもしなかったクラスメイトからの手紙がきっかけで、処女の彼女との体の関係から進展する。
高校のころはプレイボーイだった男性。数年後、彼のもとに1通の手紙が舞い込む。当時、ほぼ会話を交わすことのなかったクラスメイトからのものだった。手紙は続き、返事を出して会うことに。「当時好きだった」と語る彼女は、大人の女性へと成長していた。
ktkp00057jp-6

大学に合格して、入学式まで手持ち無沙汰で退屈していたある日のこと。

自宅の郵便受けに、一通の手紙が入っていた。

封筒に、差出人の住所氏名がない。

捨ててやろうかとも思ったが、宛名の字に何か見覚えがあった。

部屋で開けてみると、一番下に住所と

「千紘」

という名前。

ふと思い出したのが、高校時代2年3年と同じクラスだった女子だった。

背はそんなに高くなかったが、わりとほっそりとしていて、スタイルは悪くなかった。

男と喋っているのは見たことがなかったが、女友達とはにぎやかに喋る、いわゆる普通の女子高生といった感じだった。

俺は、特に話をしたこともなかった。

けっこう女子にモテていた当時の俺は、一つ年下の子と付き合いながら、同級生や他校の女生徒ともこっそり遊ぶという、当時はやった「プレイボーイ」という言葉を地でいっていた。

だから同級生だからといって、自分が特に興味を覚えない限り、口を利くこともなかったのだ。

10日ほどしてから、また

「千紘」

から手紙が来ていた。

前のただの消息文みたいな手紙と違って今度の手紙は少し分厚く、読めばどうやら俺のことが好きで、俺に会いたいらしい。

高校時代なら女に不自由してなかったので何とも思わなかったが、この2年ほどは風俗関係を除くと、まともに付き合ったのは最近別れた年上の女くらいだ。

いわゆる

「シロウトとのH」

は、その1人だけという情けなさだった。

「千紘」

がどこまで本気なのかどうか分からないが、この時はまあ一度会ってもいいかと思った。

そこで俺は

「千紘」

に返事を出した。

「じゃあ、一回会おうか?」

という感じの軽い内容だったが、最後は待ち合せの日時と場所を書いて、終わった。

会う日まで、卒業アルバムなんかを引っ張り出して

「千紘」

を探してみたり、どんな子だったか記憶を掘り起こしてみたりと、このときに限って俺にしてはけっこう純情路
線を行っていたのだった。

待ち合せには、わざと少し遅れて行ってみた。

どこにいるのか分からない!

誰かを待っている女は、たくさんいる。

しかし、俺が頭の中に入れている

「千紘」

のイメージに合う女は見当たらなかった。

まだ来ていないのか?

それとも俺は、ハメられたのか?

俺らしくもなくウロウロしていると、後ろから誰かが肩を叩いた。

「ヒロシ君、久しぶり!!」

振り向くと、ほっそりとした体つきのショートヘアーのいかにも女子大生っぽい女の子が、ニッコリ笑って立っていた。

白っぽいジャケットに水色のブラウス、デニムの丈の短いスカートからスリムな脚が伸びている。

お洒落だな!

美人ではないが、少し薄めのメイクは全体のバランスが取れている。

「千紘」

ってこんな子だった?

俺があまりジロジロ見ているので、

「どうしたの?何か変?」

と千紘。

「いや久しぶりだし、スゴくお洒落だから驚いて・・・」

「私ね、大学を一年でやめて今スタイリストの勉強してるんだ」

なるほど変わったはずだ。

俺みたいな落ちこぼれと違って、千紘は学年でもトップクラスでどこかの国立大に受かっていた。

でも、それがどうして?

とりあえず喫茶店でお互いのこれまでの話をしてから、俺は千紘がどうして急に俺に会おうと思ったのかを聞いてみた。

「高校の時、ヒロシ君が好きだったから!」

「えっ?」

千紘がいともあっさりと告白したので、俺は言葉の返しようがなかった。

言葉に詰まっていると

「ずっと好きだったんだよ。

ほら、試合で授業抜けた時机の中にノート入ってたでしょ?

覚えてる?」

「あ、あれ・・・」

「ほんとに覚えてた?

あれ全部、私だったんだよ」

確かにそういうのが、高2の秋くらいからあった。

欠点取りそうな時に、あのノートで助かったこともあった。

そうか!!あれは千紘だったのか!!

俺は何か急に嬉しくなった。

「何で言わなかったの?

俺、誰がしてくれてたかわからなかったけど、けっこう感謝してたんだ」

「だってぇ、ヒロシ君あの頃モテモテで、私なんかがしゃしゃり出たら周りからボコボコだったよ」

「そうか、悪いことしたなぁ。

お礼のひとつも言わないで」

「ううん、あれはあれでいい思い出。

今日こうして会ってくれたから、全部帳消しにしたげる」

千紘がけっこう飲めるということを聞いて、俺は彼女をすぐ近くのビアホールに誘った。

この時は何の下心もなく、千紘ともっといろいろと話をして過ごしたかったのだ。

千紘はほんとうによく飲んだ。

この華奢な体のどこに入るのかと思うほど、大ジョッキでグイグイ飲んでいる。

俺も一緒に飲んで、話をして笑っているうちに、夜になった。

店を出ると、もう暗くなっていた。

店を出てからは急に俺たちは黙りこんで、二人肩を並べてネオンが瞬く通りを歩いていた。

ふと見た千紘の横顔が、何ともかわいく見えた。

通りが途切れて少し暗くなったところで、俺は立ち止まり

「千紘」

と呼んでみた。

俺より少し背の低い千紘は振り返り、俺を見上げた。

もうたまらなくなって、俺は千紘を抱き寄せるとキスをした。

力を入れて抱き締めると

「ヒロシ君、苦しいよ」

「ごめん、でも千紘があんまりかわいいから・・・」

俺の股間は、この時初めて千紘に反応した。

勃起して、どんどん硬くなっていく。

当然、千紘は気づいているはずだ。

どうしよう、今日会ったばかりで、しかも千紘は今まで俺が抱いてきたような軽い女ではない。

俺の心が迷っていると

「ヒロシ君・・・ヒロシ君がいいんだったら・・・私ヒロシ君に抱かれてもいいよ」

千紘の途切れ途切れの言葉は、完全に俺に火をつけた。

千尋の肩を抱くと、そのままホテルの方に歩いて行った。

千紘は少し伏目がちに歩いていた。

しばらく行くと、何度か入ったことのあるホテルの前に着いた。

「入ってもいい?」

千紘はこくりと頷いた。

歩いて入る入り口は車での進入口の脇にあって、しかも狭くて目立たない。

そこをくぐると、エレベーターの扉がある。

ボタンを押すと扉が開く。

中に入るとタッチパネルがあって、そこで部屋を選ぶようになっていた。

休日だけに、けっこう詰まっていた。

とりあえず空いている部屋の絵を押すと、扉が閉まってエレベーターが動きだす。

俺はエレベーターの中で、千紘を抱き寄せた。

千紘は俺に体を任せるようにもたれかかってきたので、危うくよろめいて倒れるところだった。

扉が開くと、正面の廊下の電飾が流れるように動いて、部屋に案内する。

それをたどると、ドアが光っていた。

そのドアを開けて、千紘を先に入れた。

ひょっとして・・・と思った俺は、聞いてみた。

「初めて?」

「なにが?」

「なにっ、て・・・するの初めて?」

「やだぁ!そんなこと聞くの?

・・・実は初めて。

今時じゃないでしょ。

もうハタチ過ぎてんのに」

「ホントに初めてで、俺でいいの?」

「うん」

立ったままでこんな会話を交わしていたが、実は俺も処女は、この時が初めてだった。

今まで何人もの女とエッチしてきたたが、千紘のような真面目な女も処女も初めてだったのだ。

「千紘から先にシャワーする?」

「ヒロシ君、先に入って」

と言うので、俺から先にシャワーを浴びることにした。

シャワーをしながら、これからどうしようかといろいろ考えた。

しかし、考えてやるのも馬鹿みたいなので、さっさと洗うべきところを洗ってベッドに戻った。

もちろん全裸で腰にバスタオルを巻いただけの格好だ。

「お先」

「じゃ、私もシャワー浴びよ。

汗かいちゃったから」

そういってバスルームに入った。

扉が開いたままなので、そっと覗いてみた。

スカートを脱いでブラウスのボタンを外していた。

後姿だったが水色のブラウスが眩しく見えた。

と、その時、鏡の中で俺たちの眼が合ってしまった。

「もう、T君たらぁ!

何してんのよ、そんなとこで」

「千紘の脱いでるところが見たかったんだ」

俺は後ろから千紘の細い体を抱きしめ、ブラウスを脱がせ、ホックを外してブラジャーも取った。

体は細くても乳房は普通の大きさだった。

いつの間にか俺のバスタオルは床に落ち、全裸の俺がストッキングだけになった千紘を抱きしめているのが鏡に映っていた。

両方の乳房を揉みしだき、乳首を指の先で転がしながら首筋にキスをする。

俺の完全に勃起したペニスが、千紘の臀部の割れ目の上あたりに当たっている。

俺はわざとタイツ越しにペニスを押し付けるようにした。

千紘は少し息を荒くし始める。

何か甘い臭いのする、女性が感じた時の独特な吐息が、千紘の口から漏れている。

俺は思い切って、千紘の掌を掴んで、俺のペニスを握らせた。

その瞬間、電気が流れたように千紘の体はビクッと動いて、硬直した。

そして俺は後ろからパンストに包まれた、千紘のかわいらしいヒップをゆっくりと撫でた。

そのうち二本の指をヒップの割れ目から少しずつ前の方に移動させ、あの部分を撫で始めると、また千尋の体はビクッと動いた。

やっぱり初めてなんだ!

おれははじめての処女にうれしくなって、その場に跪くとウエストゴムに手を掛けて足首まで引き下ろした。

足首から抜き取る時、千紘は代わる代わる足を上げた。

その度に、まだ誰にも触られていないあの部分が見えた。

俺は立ち上がって千紘にこっちを向かせると、抱きしめてキスをした。

キスしながらあの部分に手をやると、もう濡れていた。

「濡れてるよ、千紘のア・ソ・コ」

「ヒロシ君がエッチなことするからだよ。

もうシャワーさせて」

俺は千紘を解放するとベッドに戻り、枕もとの明かりだけにして、部屋のライトを消した。

そして先に布団にもぐりこんだ。

やがて千紘がバスタオルを纏って、ベッドに来た。

そして、そのまま俺の隣に入ってきた。

バスタオルはすぐに外され、ベッドの中は全裸の俺と千紘が抱き合った。

もう一度ゆっくりとキスをし、かわいらしい乳房を揉んだり舐めたりした。

俺は千紘のあの部分に指を這わせ、少し中まで入れてみた。

経験のある女と違って、突起は小さい。

愛液でヌルヌルになった入り口をゆっくりと擦るように愛撫しているうちに、千紘は足をよじるようにして

「アッ、ウ〜ンンッ」

と声を出し始めた。

俺のペニスは痛いほど硬くなっている。

千紘も充分に濡れていた。

まずは千紘にとっての初性交だ。

俺は枕元にあるコンドームを付けると千紘の狭い入り口にあてがい、少しずつ入れ
ていった。

「クッ、クッ」

千紘は顔をしかめるように、何かを我慢している。

「痛い?やめようか?」

「ううん、大丈夫。

して」

「痛くないようにするけど、痛かったら言って」

「うん、ありがとう」

俺はもう一度ゆっくりと入れていった。

さすがに窮屈だ。

俺は千紘の胸や腋の下などを撫でたりキスをしたりして、できるだけ千紘の気を紛らせようとした。

そしてペニスが半分ほど収まったところから、一気に腰を押し付けて膣の奥まで入れることに成功した。

「アア〜アァンン」

千紘は悲鳴にも似た声を上げた。

「全部入ったよ。

わかる?」

「うん、何となく」

千紘は恥ずかしそうに、色白の顔を赤らめた。

そしてその時、初めて自分から両腕を俺の背中に回して抱きついてきた。

俺は腰の動きを少し速めた。

窮屈な感じが少し楽になったような気がした。

「ウンッ、ウンッ」

俺の腰の動きに合わせるように、千紘は声を出す。

千紘の膣のきつさが、俺の快感を倍増した。

もう限界が近い。

「千紘、俺もうイクよ、もう出してもいい?」

「いいよ、ヒロシ君出して!

千紘の中で出して」

「ああ!もうダメ、出る、出る!!」

俺はいっそう速く腰を振りドビュッ、ドビュッと千紘の中で射精した。

生まれて初めて処女の膣の中で射精した快感と感激で、しばらく千紘に抱きついたままだった。

千紘は俺の胸に顔をうずめるようにして、やはり俺に抱きついていた。

あまり長く放っておいて中で精液が漏れたりしたら大変なので、俺はゆっくりと体を起こすと

「千紘はよかった?」

「何かわからない。

でもヒロシ君が初めてでスゴくよかった!」

俺はゆっくりとペニスを引き抜いた。

コンドームに赤い処女の印が付いている。

後始末を終えると、千紘を横様に抱き寄せた。

そして長いキス。

もう千紘も、俺の舌に自分の舌を絡ませる。

千紘は少し柔らかめになったペニスを握り、俺は千紘のあそこを優しく撫でた。

「こんなのが入ったんだ。

スゴいね」

「千紘のここはきつかったよ」

「緩いのってダメなんじゃないの?」

「そうだよ。

だから千紘のはよかったんだ」

こんな会話を交わしながら互いに触りあっているうちに、俺のペニスはまたムクムクと大きくなってきた。

千紘のあそこもまたヌルヌルと愛液を出していた。

「もう一回する?」

「うん、して」

今度は挿入する前に時間をかけて、千紘の感じそうなところは全部指と舌で愛撫した。

やはり入り口の突起が一番感じるらしく、

「アウゥン、アウゥン」

と切ない喘ぎ声が漏れ始めた。

相当感じている!

さらに攻め続けると体をくねらせて

「アンッ、アンッ、何か変になっちゃいそう」

舌であそこを攻める俺の頭をわしづかみにしながら、体をのけぞらせる。

「イイィ〜ッ、イイィ〜ッ」

今までとは違う声を出したかと思うと、千紘は全身を痙攣させるように両足を突っ張って体を大きく反らせて、そして静かになった。

「ハアッ、ハアッ」

千紘は目を閉じたまま、息を荒げていた。

どうやらイッたらしい。

「イッたの?」

「うん、何か気が遠くなってどこかに飛んじゃったみたい」

「それをイッたって言うんだよ。

今度は俺がイク番」

コンドームを素早く被せると、もう一度正常位で挿入した。

今度はもっと深く入るように千紘の両足を上げさせて、足首を俺の肩に乗せた。

こうすると俺のペニスが千紘のあそこに出入りするのも見えて、スゴくいやらしい体位だ。

「アッ、アッ、アッ、アッ、いいよ、ヒロシ君いいよ」

千紘は感度のいい女だ。

もうオルガスムスを得るようになっている。

千紘の表情を見ながら腰を前後させているうちに、俺もまた射精感を覚えた。

「千紘、出すよ」
「アンッ、アンッ、ヒロシ君出して、出して!

イイィ〜ッ、イイィ〜ッ」

俺の両腕をギュッと掴んで、体をのけぞらせた。

次の瞬間、俺もドビュッと、この日二度目の射精を終えた。

千紘はグッタリとしている。

俺もこんなに激しいエッチは久しぶりだったので、虚脱感に陥っていた。

後始末をしてから二人、抱き合ってしばらくの間じっとしていた。

「千紘、気持ちよかった?」

「うん。ヒロシ君は?」

「スゴくよかった!!」

「よかった!ヒロシ君とエッチできて。

ほんとによかった」

この夜、俺たちはもう一回やってからホテルを出た。

久しぶりの三連発はちょっときつかった。

それから千紘とはお互いの時間を合わせて会った。

会えばいつも激しく求め合った。

2年間こういう関係が続いたが、その間俺は他の女に一切手を出さなかった。

しかし、千紘がスタイリストとしての成功を賭けて東京に行くことになり、俺は俺で就職活動が始まって別れることになった。

ただ、運命とは不思議なもので、それから10年後東京でたまたま千紘に会った。

そして朝まで貪るように求め合ったのがきっかけで付き合いが復活し、現在千紘は俺と一つ屋根の下で女房として暮らしている。

主(*´Д`)ハァハァ<彼女のアタックあってのお付き合いだったのね。

コメント一覧

  1. 名無し より:

    プレイボーイってことは

    かなり昔の話じゃないか?

コメントを残す