【夫婦えっち体験談告白】義兄との秘密の関係を持った妻(9)

【寝取られ(NTR)の体験談】嫁と義兄のただらなぬ関係をこっそりのぞき続ける夫。そして遂に2人は通じてしまう。その光景に過去の妻がフラッシュバックし…
母親の入院で、急きょ始まった姉夫婦との同居生活。マンネリしていた夫婦生活を変えようと、明らかな義兄の色目を用いて妻を寝取らせようと計画。しかし、思った以上に2人の関係は焦らされていく。そして遂にその日が訪れることに。
jux00853jp-1

綾の目が、私にささやきました。

「パパ、入れさせてもいい?

お義兄さんのを、入れさせてもいい?」

私は、うなずいていました。

「ほんとうにお義兄さんのを、私の中に入れさせてもいいのね?」

私はいっきに興奮が絶頂を貫き、強く2度うなずきました。

綾は目をつぶり、静かに義兄にうなずきました。

義兄の亀頭が綾の大切な女の入り口に当てられ、静かに目を閉じた綾の体がビクッと動き、激しく動く胸の呼吸に耐えている綾。

義兄の腰が、ググッと入りました。

「アアアッ!」

聞いた事の無い、綾の大きな淫声。

膣内に挿入されたという被虐的な声にも聞こえ、でもやはり、してはならない義兄の肉棒が膣内に挿入を感じた交わりの卑猥さにありえない極度の興奮を迎えた淫声。

私は台を下りました。

綾の太ももの間に確実に収まった義兄の尻。

その黒い尻の下に、綾の開かれた股間があり。

綾の尻の肉と穴が見え、そして綾の肉襞が義兄の陰茎をしっかりと包み込んでいました。

頭の血管がぶちきれるような興奮に容赦なく、義兄の陰茎がさらに奥深く綾の体内に挿入されていきました。

「アアア・・」

容赦なくさらに聞こえてきた、綾の叫ぶ淫声。

綾の女陰内にほとんど入り込んだ、義兄の肉棒。

これ以上、ありえない程の淫らで卑猥な情景。

義兄はさらに綾の深い膣の奥の体内の子宮を味わい取るために、綾の足をさらに大きく開き、曲げていきました。

綾の肉体をぎりぎりまで犯す為に、ギリギリまで押し広げられた綾の下半身。

照明がまともに綾の股間を照らし出し、義兄の目の前にあられもなく綾の太ももや尻や綾の濡れきった女の入り口が、キラキラと光っていました。

綾の体を知ってから、今まで耳にした事の無い、綾の絶叫。

義兄の男が綾の女を貫いた瞬間、聞こえた綾の泣き叫ぶような絶叫に一瞬、私達が初めて結ばれた時の情景が頭をよぎり。

しかし、それとは明らかに違うこれまで培ってきた綾の女として妻として嫁として、子供達の母親としての理性や自覚を壊してまで挿入を許した膣と子宮に、おそらくは全神経を集中させて感じ取った義兄の一物に対する絶叫。

子供達や両親や勿論、私に対して綾らしい自然で優しい笑顔や仕草に、さらに愛情を深めてきた私。

そんな綾の姿が脳裏に浮かび、目の前の綾の全裸の姿が義兄の目にギリギリまで見せる尻や、その中心にある口を開いた綾のオマンコの目の前の映像が実在する現実として受け止めきれない錯覚が襲い。

しかし次の瞬間、又現実感が私を襲い、つい数分前綾が私に義兄の一物を自分の膣内に挿入させる事の同意を求める目線を送り(?)、決意したような静かな表情で自ら義兄の体を受け入れるために開いていった白い豊かな太もも。

義兄があわただしくその開かれた綾の股間に体をいれ、義兄の一物が女陰に感じた瞬間に一瞬見せた綾の狼狽の表情。

そして恥ずかしさに耐え切れず横を向いて見せた、綾の横顔と白いうなじと豊かな胸。

その美しさとこの状況に、突然襲ってきた衝動。

そして耐え切れず射精してしまった私。

ギリギリに開かれた綾の股間を義兄の腰が再び襲い、綾の陰唇の間に見える鮮やかな膣の入り口が義兄の一物の亀頭が押し付けられて見えなくなり、義兄の亀頭を綾の陰唇が包み込んだ時、またもや私の股間にドクドクと衝動が襲いました。

温風ヒーターの機械音だけが深夜に明かりのともるこの部屋に響き、深夜には車の音さえめったに聞こえない静かな分譲地内のこの家の明かりを、もしも外から見る者があったとしてもただの夜更かしとしか見えない筈の深夜のこの部屋で。

よもや今、全裸の嫁の綾子と、夫の姉の夫が互いの性器をむさぼり合う情景を、誰にも想像されない事に不可思議さを感じつつ。

ふと我に帰れば紛れも無く、点る電灯が照らし出すのは全裸の綾と義兄。

そして、生々しい肉体の触れ合い。

温風ヒーターの機械音が生々しい二人の行為を助けるように二人の早い吐息をかき消し、綾の大きくオマンコを押し広げられたあられもない卑猥な格好と動かない義兄。

しかし、義兄の腰を照らす照明の影では密かに二人の性器の先端が触れ合い、義兄のいきり立った亀頭に綾のオマンコの陰唇がまったりと絡みつき。

ぬめりきった綾のイヤラシイ熱さを生々しく義兄に伝え、次第に腰を動かし始めた義兄に綾の尻も、ため息とともに卑猥に動かして、義兄の一物から離れず。

やがて自然の成り行きの様に義兄の腰が綾の女をさらに襲い始め、まったり絡み合った亀頭を押し込め、思わず尻を突き出して短い叫びと共に迎え入れた綾。

義兄の亀頭が綾の尻の間にすっぽりと入り込み、又もその感触を味わって動かない義兄に、オマンコの淫らに熱い感触をさらに義兄に教えるかの様に。

そして義兄の一物の見事とは言えないが、それでも最も刺激的なカリをしゃぶり摂る様に次第に綾のオマンコ周囲がゆっくりと器用に卑猥に収縮を始め、明らかにオマンコで亀頭を揉み込んでいる綾。

やがて豊かな尻と太ももが淫らに動き、義兄の一物をさらに引き入れようとする姿態に、一気に反り立った私の股間。

綾の股間の卑猥な誘惑に抵抗するかの様に、ゆっくりと亀頭だけを綾に提供し始めた義兄。

じらすように、ゆっくりと動かす腰。

次第に、その亀頭だけの不満足な快感に酔いしれてきた綾。

義兄の器用な押し付けに、下ろした膝を立てて次第に体で答え始めた綾。

二人の腰の動きが段々とリズムを合わせ始め、吐息までが一致して耳に届き、相変わらず恥ずかしげな綾の美しい横顔と相変わらず魅せる白いうなじと揺れ始めた乳房。

義兄に合わせて卑猥に尻を上下させる、恥ずかしがる表情とはあまりに不一致な綾の姿態の卑猥さに、思わず私は股間をツカミ。

動きが止められなくなってしまった綾の尻の動きと、そして立てた太ももをさらに義兄の腰の前に大きく開いていった、綾の淫行。

見せた豊かな真っ白な太ももの内側の肌に、必死に玉をつかんでこらえた私。

ギリギリに開いた股間を、尻だけの力で上下させる綾。

私を別世界に連れて行こうとする、綾の淫らな尻。

それにしても、目の前の綾があの綾なのかと目を疑う。

どうしてもぬぐえない、覗き部屋からの綾の姿態に対する違和感。

綾と出会うまでどちらかといえば性に開放的で、こだわりの少ない女性としか付き合ってこなかった私にとって、綾との出会いは人生を変えた衝撃でした。

性の衝動の強い私にとって、やはりそれを受け止めてくれる様な女性を選んできたのかも知れないのも事実。

勝手な話だが、そういう付き合いの中で長続きする事は皆無で、愛情を深めるというより会うたびに飽きてくる自分も情けなくもあり。

勿論、その女性たちを見下しているのではさらさら無く、むしろ自分が飽きっぽいのではと責めるようにもなり、

「燃え上がるのも早かったけど、醒めるのも早かったわね」

私が別れたいと言った時に、ある女性に強烈に皮肉られた言葉がいつまでも残り。

だいたい自分に合う女性というのが、分からなかった私。

ある時、オヤジの友人の中でもちょっと異質な人・・オフクロが唯一嫌っている存在が遊びにきた時。

その人は奥さんを連れて来た事が無く、いつも奥さん以外の女性を連れて来て、応対に戸惑っていたオフクロ。

その晩は図々しく(?)その女、キッチンに入ってきて

「奥さん、私がやりますから、座っててください」

そう言って、土産に持ってきたデカイ魚を勝手にサバキ始め・・逆上したオフクロ。

泊まりはいつもラブホで、その深夜、そのラブホから電話があり、オヤジの友人の方が風呂場で胃痙攣を起こして救急車で運ばれたとの事で。

酔いの醒めないオヤジを乗せて、病院へ。

その帰り道、

「マー、彼女はいるんか?

今」

聞いてきたオヤジ。

長続きしない事を言うと、

「マー、自然にいくんだ、自然に。

ここで決めるんだココで。

ココじゃないぞ!」

そう言って私の胸を叩き、ついで股間を叩いたオヤジ。

確かに、間違いなく股間が女性に向いていた事は、事実。

それから数ヶ月が経ち、いつもの店にいつもの奴と行き、いつものものを食べ終えて大食いの同僚が終えるのを待ってボーっとしていると、目に入って来たある女性・・。

目立つ訳じゃなく、ただなんとなく目にしていて

「ん!」

私の目線に気づいた同僚が、振り向きざま

「あ〜、綺麗だよな。

あっ、無理無理。

だいたい、おまえのタイプじゃないだろ」

確かによくみると、ハッとするほど綺麗なのにキラキラと目立つところがなく。

「見た事あったか?」

「あれ?

おまえ気づかなかった?

俺、何べんも見てるけど」

「何べんも?

何で気づかなかったんだろ」

「だ〜から、オマエの好みと違うのかと思ってさ」

「・・・いや、綺麗だ」

ブッとふきだして、

「あれ、惚れちゃった?

止めた方がいいと思うけど・・・。

振られるよ、ああいう人は不純な男は嫌うんだから、ハハッ」

「バ〜カ!

だれも付き合うなんて言ってないだろ。

ただ、綺麗だって言ってるだけだろ!」

「言っとくけどな。

ああいうのはカワイイっていうんだ、カワイイ!」

「ったく、な〜んにも知らね〜んだから。

ああいうのを、キ・レ・イ!って言うんだ、覚えとけ!」

時々、私達は声のトーンの高さをひどく間違える所があり、何時の間にか大きくなっていた事に気づかず。

最後のキ・レ・イはひどくこの場の雰囲気を壊してしまったらしく、何か嫌な静けさと何人かのクスクス笑う声と、隣の席の中年の高そうな背広を着た男性がカルボナーラスパゲテイを喉につかえさせてムセッテいる姿と横に倒れて腹を抱えて笑っている同僚。

一番マズカッタのが、私の左手が彼女を指差していた事。

慌てて手を下ろした時には、もう彼女の顔は真っ赤。

[shortcode]

一緒に来ていた同じ制服を着た女性は、振り向いて目を丸くしていてあわてて手を下ろした私を見て彼女に何か言い、やはり両手で口を押さえて笑い出し彼女は両手をホホに当て・・。

「なあ、なあ、バレチャッタ?

こっち見てる?」

相変わらず寝たまま、笑い続ける同僚。

「ああ、顔赤くなっちゃったよ。

マッズイな〜」

「え!赤くなっちゃったの?

どれ!」

「見るなバカ!」

起きてアカラサマニ振り向くバカに、思わず頭をビシャッ!

「イッテー!

叩かなくてもいいだろ、イッテーな〜」

また振り向いてこちらを見た同僚らしき女性が、何かを言って笑いをこらえていて、彼女はグラタンにフォークを立ててクルクル指で回して、見るからにいたたまれない様子。

以来、彼女は顔を見せなくなり、約一ヶ月も過ぎた頃、たまたまその時の話をしていた時、

「彼女、かわいかったな〜」

「あれ?おまえ、綺麗だって言ってたじゃん」

「ん、あの後さ、恥ずかしそうにしてさ」

フォークを立ててまねしていた時。

コツ、コツ、コツ

「アッ!オイ、来たよ、来た来た!」

見るとあの二人が入ってきて、遠くに座ろうとした彼女だったが、同僚が指差して前と同じような所に。

何か、困りながらついていく風。

私はドキドキして、意識過剰の状態。

「オマエど〜したの?

さっきからすましちゃってさー。

そうだねとかそれはさとか、何気取ってるの?

・・・アッ、おまえ、好きになっちゃったの?」

「あ、あ〜、なった。

胸がドキドキしてる」

ガクッと顔をテーブルに伏せ、笑い出した同僚。

「オッマエサ〜、一目ぼれって言うんだろうけどサー。

あれ、相当ガード固いよ?

今までの彼女達と違うよ?」

「わかってるさ!

だからドキドキするんじゃないか!

ボケ!」

「あのさ〜、美女と野獣とは言わないけどさ〜。

何って言うか・・清純とドスケベ?」

「ド、ドスケベ〜!

ドスケベはないだろードスケベは!

・・アッ!」

又もトーンの調整の失敗!

同僚は又テーブルに顔を伏せ、笑い出し・・。

「オ、オイ、彼女どうしてる?

こっち見てるか?」

「ん?あ、あ〜、」

彼女は両手を口に当ててこらえるように笑っていて、

「笑ってるよ」

「何?笑ってる?」

顔を上げた同僚が

「ホントか?」

今度は振り向かず。

同僚は真顔になり、

「マー、チャンスあるかも知れないぞ?

声かけてみれば?」

「ん!こんなドキドキしててか?

だいたい何もキッカケないじゃないか、まるでナンパじゃね〜か!」

「だってさ、今までだって大したキッカケなかったじゃないか!

いつものオマエらしくも無い」

「いつものって、それがまずいって今言ったじゃないか。

かなり真面目そうだし」

「声かけるのは一緒だろ?

いいから当たって砕けろだ。

砕けたら俺が直してやるから、ナ!」

彼女達が会計を済ますのを待ち、ドアを開けるのを見て急ぎ追いかけ、道路を歩き出した二人に声をかけ、

「あの〜、スミマセン!」

(何か用意して落ちてましたとか言えば良かったとかが、脳裏を横切りすぐ振り向いたのは同僚の方。)

すぐ相手を察して、

「綾、何か用事があるって!」

「エ?」

明らかに狼狽の様子。

「あ、あの〜、今度、ちょっとお茶でも・・だめですか?」

「エッ 私ですか?・・・」

(私、お付き合いしている人が・・の恐怖!)

「・・ダメですか・・」

(シマッタ!

オネガイシマス!がよかったか?)

すると同僚が、ニッコリして

「私も一緒でいいですか?

綾、臆病でダメなんです、こういうの」

「サヤカ・・」

困ったように同僚の腕をつかみ、

「勿論、私も連れてきましょうか?

あっ、アイツでよかったら・・」

店の方を指し、するとクスッと笑った二人。

「楽しそうでいいですね。

お願いします。」

明るく勝手に決めてくれた同僚のサヤカさん。
ダッシュで戻りデートの予定をキャンセルさせ、ついにその日を迎え、牧場までドライブし下りて歩くうち、

「あや〜!

手ぐらい握りなさいよ〜、ほら、見て?」

ナヌ!

もう手を握ってる!

握られてる同僚は、照れながらもピースサイン。

「あ、あ〜、俺たち。

心で手を握ってるから」

緊張で、冗談も言えない。

主(*´Д`)ハァハァ<妻とのなれそめから、現在の痴態がさらに浮き彫りに!

コメントを残す