【夫婦えっち体験談告白】自分を愛していた妻の変化(5)

【寝取らせ体験談】妻が職場の所長に誘われて、デートに出かけてしまう。寝取られることに興奮を覚えた夫は…
妻の寝取られる姿を想像するだけで、最高に興奮してしまう夫。そんな空想が現実になってしまった。所長とデートに出かけた妻。帰宅した妻は、お酒を飲みながらホテルの部屋に誘われたと、その時の状況を事細かに話し出す。興奮しながらも、そのまま話を聞いていき…
h_606ylw04245jp-16

「出すよっ!」

頷く妻の口にドクドクと射精すると、私の精液を飲み干しました。

妻が飲精してくれたのは、初めてです。

「え?飲んでくれたの?」

「うん…パパのを飲みたかったの…」

「所長のも飲んだの?」

「飲んでないよ…フェラはしたけどイカせてないの…。

フェラしてるときに指でされちゃったから、感じちゃってフェラできなくなっちゃったの。」

「もう一度、美穂のおまんこ見せて!」

「好きなだけ見て!」

「ここに所長のチンポが入っちゃったんだよな?」

「うん…入っちゃった!

いっぱいズンズンされて、いっぱいイカされちゃった!」

「美穂の中でイッたの?」

「うん…ビクンビクンするのがわかっちゃった!」

私は妻の秘部に、舌を差し込みました。

「所長のが入っちゃったのに、舐めてくれるの?」

「舐めずにいられないんだよ!」

「所長のおちんちんでかき回されちゃったおまんこを舐めちゃうなんて、パパって本当にMなんだね。」

「俺がMじゃ嫌?」

「嫌じゃないよ。もっと嫉妬で狂わせたくなっちゃう!」

「狂わせて!いじめて!」

「じゃあ、パパのおちんちん入れて!」

ゴムを着けようとすると

「そのまま来て!」

妻の秘部にペニスをあてがうと、するっと入ってしまいました。

いつもより広がってしまってるようです。

「美穂のおまんこ広がっちゃってるよ!

そんなに太かったの?」

「太かったみたい!

入ってくるとききつかったの!

奥をズンズンして!」

私は奥に届くように、根元まで挿入しました。

「もっと奥なの!奥をズンズンされたいの!

パパのじゃ当たらない!」

所長のペニスはそんなに良かったのかと、また激しく嫉妬しました。

「パパのより気持ちよかった!

何度もイカされて狂っちゃったもん!」

私のペニスでは気持ちよくなれないと言いながらも、妻の息は荒くなり、喘ぎ声も大きくなりました。

「美穂…もう出ちゃいそうだよ!」

「イッちゃイヤっ!

もっとかき回して!

所長みたいに気持ちよくして!」

「もう無理だよ!

興奮し過ぎてガマンできない!」

私が射精のためにペニスを抜こうとすると、妻は私の腰に脚を絡め、強く抱きついてきました。

「所長みたいに私の中でイッて!」

その言葉を聞き、私は妻の中に射精しました。

その瞬間に妻は体をガクガク震わせ、私をきつく抱きしめました。

少し落ち着いてから

「もしかして今、美穂もイッた?」

「バレちゃった?

イカないようにガマンしてたけど、パパが中でビクビクしたのを感じたらガマンできなくなっちゃった!」

いたずらっぽく笑いながら、妻はキスしてくれました。

「え?なんでガマンしてたの?」

「パパのじゃ気持ちよくなれないフリしたかったの(笑)

嫉妬するとパパ、すごいんだもん(笑)」

「もしかして所長にも中で出させちゃった?」

「させないよ。私が言わなくても着けてくれたから。」

「だって所長が美穂の中でイッたって…」

「私の中でイッたよ。

出したのはゴムの中だけど(笑)」

「中に出されちゃったのかと思った。」

「そう聞こえるような言い方したんだもん(笑)」

妻は急に真顔になり、言いました。

「所長とエッチさせるのは、これ一度だけにして。

今度しちゃったら、本当にパパのじゃイケなくなっちゃいそうだから…」

「そんなに気持ちよかったの?」

「うん…ごめんね…すごかった…」

「今度しちゃったら、夢中になりそう?」

「なっちゃうかも…あんなイキっぱなしになっちゃったの初めてだもん…」

妻の声が艶っぽくなってきました。

「思い出すだけで感じちゃいそう?」

「うん…だからもう所長とエッチさせないで…」

「わかったよ。

美穂は俺だけのものだよ!」

「うん!パパ、愛してる!」

「俺も愛してるよ!」

私と妻はしっかり抱き合って、キスをしながら眠りにつきました。

二人ともぐったりして眠りにつき、翌日私が目を覚ましたのは昼近くでした。

妻はまだ、眠っていました。

他人に抱かれて何度も絶頂に達した妻はいつもより綺麗に見え、私は妻がとても愛しくなり眠ってる妻に何度もキスを繰り返しました。

「ん…パパおはよ…」

「ごめん、起こしちゃった?」

私は妻の目を見つめました。

「恥ずかしいから、そんなに見ないで…」

「だって、すごく綺麗だから…」

「お化粧も落とさないで寝ちゃったから、ボロボロじゃない?」

「そんなことないよ。

シャワー浴びて、化粧落としてくる?」

「うん、そうする。

シャワーしたら子供達迎えに行くまで、もう少しパパとベッドでゴロゴロしたいから、シーツ替えといてもらっていい?」

「わかった。行っておいで。」

「じゃあ、待っててね。」

妻がシャワー浴びてる間に、昨夜のセックスで乱れたシーツを交換しました。

まだシャワーを浴びてない私が横になるとまた汚してしまいそうなので、パソコンデスクの椅子に座り妻を待ちました。

しばらくすると、バスタオルを巻いただけの妻が戻ってきました。

「お待たせ。

パパもシャワー浴びてきていいよ。」

「じゃあ浴びてくるよ。」

バスタオルを巻いただけの妻に合わせ、私もバスタオルを巻いただけで寝室に戻りました。

「パパ、新しいシーツ気持ちいいね。

早くおいで。」

私が布団をめくると、全裸の妻がいました。

バスタオルを巻いただけの姿を見るのも久しぶりでしたが、ベッドに入り全裸で私を待つ妻なんて、何年ぶりでしょう?

「恥ずかしいから、早くお布団かけて。」

私がベッドに入ると自然と抱き合い、軽いキスを繰り返しました。

「美穂が裸でベッドで待っててくれるなんて、何年ぶり?(笑)」

「パパがほっといたんでしょ?(笑)」

「でもクラス会の時から、妙に仲良くなっちゃったよな(笑)」

「私がパパをいじめる気持ちよさを覚えちゃって、パパが私にいじめられる気持ちよさを覚えちゃってからだよね(笑)」
「俺を嫉妬させていじめると、本当に興奮するの?」

「うん、すごいよ!

パパの切なそうな顔見ると、触らなくてもイッちゃいそうなぐらい感じるの!

パパは嫉妬し過ぎて怒りたくなったり、イヤな気持ちになったりしない?」

「それが全然ないんだよね。

嫉妬すればするほど興奮しちゃうんだ。」

「じゃあ、また嫉妬させちゃおうかな?

昨日のデートの話、最初からちゃんと聞きたくない?」

「聞きたい!

待ち合わせで合流したところからちゃんと話して!」

「じゃあ話してあげる。

でも途中で私の体に触ったりしちゃダメだよ!

所長とのエッチを思い出してる時に触られたら感じちゃって喋れなくなっちゃうから…」

「わかった。どうすればいい?」

「私を抱きしめながら聞いて。

キスもしちゃダメだからね!」

その言葉だけで、私は勃起してしまいました。

「パパ、もうおっきくなっちゃってる!

変態なんだから!

すぐ出さないでね(笑)」

「わかってる…」

「じゃあ話すね。」

妻は私の目を見ながら話し始めました。

「待ち合わせ場所に着いたら、もう所長はそこにいたの。

挨拶をして、パパが子供達とお留守番してくれてるからって言い訳して、パパに一回目のメールしてからご飯食べに向かったの。

和食のお店だったよ。」

妻の話を聞きながら、知らない男と妻が並んで歩いてる情景が目に浮かびました。

「お店に着いたら個室のお座敷だった。

脱ぐのが大変だから、ブーツじゃなくて良かったなんて考えながら、お座敷に上がってコートを脱いだの。」

コートを脱いだと聞いただけで、私はソワソワしてしまいました。

「まだコート脱いだだけなのに、どうしたの?(笑)」

「だってコートの下は、俺の好きなあのセーターとレザーのミニだろ?

それを見られちゃったと思うと…」

「うん、見られちゃったよ。

でもちょっと見ただけみたい。

『ミニスカート穿いてくれると思わなかったから座敷にしちゃって悪かったね』

って言われたけど、テーブルを挟んで向かい合って座ったから見えなくなったんだろうし、特別な視線は感じなかったよ。」

「胸元は?美穂が残してくれた写真だと、前屈みになると谷間やブラが見えてたけど。」

「何度かチラッと見られたけど、エッチな雰囲気には全然ならなかったの。

口説かれもしなかった。」

「メールの通りだね。」

「だから和食のお店を出たときは、本当にエッチなしで終わると思ってた。

タクシーに乗って行き先にホテルの名前を言ったときはドキッとしたけど、

『バーで飲むだけだから心配しなくていいよ』

って言われて、手も握らないから安心してたの。」

「ホテルに着いてフロントに寄らなかった?」

「寄ったら私も部屋を取ってるんだって気付いたんだけど、ロビーからエレベーターでバーのある最上階に直行だったの。」

「バーで飲み始めて、口説かれたの?」

「すぐには口説かれなかったよ。

カウンターに並んで座ったから、脚に視線は感じたけど…」

「ジーッと見られた?」

「たまにチラッと…でも全然口説かれる気配がなかったから、やっぱり今日はこのまま帰るんだなって思ってたの。

そしたら髪を撫でられたの。」

妻の目が潤んできました。

「髪を撫でながら

『制服の美穂君も綺麗だけど、今日は凄く色っぽいね』

って言われちゃった…。

口説かれないんだろうって油断してたから、ドキッとしちゃった。」

私はペニスが更に固くなるのを感じました。

「髪を撫でてる指が、耳に当たったの…。

それでビクッてしちゃって…」

妻の息が少しずつ荒くなってきました。

「美穂…思い出してるの?」

「うん…思い出してる…」

「それからどうなったの?」

「耳で感じちゃったのがバレちゃったみたいで、髪を撫でるふりしながら耳を触るの…。

声が出そうになっちゃって、ダメって目で訴えたの。」

「今みたいな潤んだ目で?」

「そうかもしれない。

そしたら耳元で

『感じやすいんだね』

って言いながら、耳を軽く噛まれちゃったの…。

すごく感じちゃって、一瞬

『あんっ』

って声が出ちゃったの…」

「俺も耳噛んでいい?」

「ダメっ!感じちゃって喋れなくなっちゃうからガマンして!」

「わかったよ…それで?」

「耳は止めてくれたんだけど、周りから見えないように指先で太ももをツツッてされたの。

私、所長の腕にギュッてつかまっちゃった!」

「濡れちゃった?」

「うん…溢れちゃった…」

「それで部屋に誘われたの?」

「うん。でもパパに確認したかったから、お店から出てメールしたの。

歩きながら太ももまで溢れちゃってるのがわかった…」

「したくなっちゃってたんだ。」

「うん…ごめんね…」

「怒らないから、心配しなくていいよ。

それでバーに戻って、もう一度所長の隣に座ったの。」

「すぐ部屋に行かなかったんだ?」

「スカートが心配だから座りたくなかったんだけど、所長がまだ座ってたから…。

『家は大丈夫?』

って聞かれたから、大丈夫ですって答えたの。

そしたら

『じゃあ、話の続きは部屋で』

って言って立ち上がったの。

私は力が抜けちゃって、もう歩くのが辛かった…」

「それで部屋へ?」

「エレベーターに乗って、すぐ抱きしめられてキスされた…。

部屋のあるフロアに着くまで、舌を吸われちゃった!」

「キスで感じちゃった?」

「うん…声が出ちゃった…。

どんどん溢れてきちゃうのが自分でわかっちゃったの。」

「エレベーター降りて、普通に歩けた?」

「頑張って歩いたけど、脚がガクガクだった…。

部屋に入ってドアをロックしたら、すぐにまた抱きしめられて長いキスされたの。

立ってるのが辛くなってしがみついちゃった…。

そしたらスカートに手が入ってきたの。

いっぱい溢れちゃってるのが恥ずかしくて、シャワー浴びさせてって言ったのにストッキングの上から触られちゃったの。

『すごくなっちゃってるよ。

濡れやすいんだね。』

って言われて、指でグリグリされてイッちゃったの…」

「俺とのエッチじゃ、そんなに簡単にイカないのにな…」

「デート前は何日もパパとエッチしてなかったし、パパが嫉妬してるところも想像しちゃったし、今まで職場でのクールな所長しか知らなかったからすごく感じちゃって…。

ごめんねパパ…」

「謝らなくていいよ。

俺も美穂がくれた部屋に行くってメールを読んだだけで、触らないのに出ちゃったんだから。」

「そんなに興奮してたの?」

「してたよ!

これから美穂の中に所長のチンポが入っちゃうんだと思ったら、たまらなかった!」

「今も興奮してる?」

「してるよ!チンポ触りたくてたまらなくなってる!

美穂の話聞きながら、自分でしていい?」

「ダメっ!ガマンして!

パパが自分でしてるの見たら、私もガマンできなくなっちゃうもん!」

「じゃあガマンするよ…続き聞かせて!」

「イッちゃってその場に座り込んじゃったら、お姫様だっこされてベッドに連れて行かれたの。

シャワー浴びたいんだけど力が入らなくて…。

そしたら

『先にシャワー浴びてくるから、少し休んでていいよ』

って。

所長がシャワーから出てくるまで、ベッドでぐったりしてたの。」

「指だけでそんなに深くイッちゃったの?」

「うん…すごく興奮してたからかも…。

横になってたら少し落ち着いてきたんだけど、このベッドで所長に抱かれちゃうんだと思ったら、またドキドキしてきちゃった。」

「所長のあとにシャワー浴びたの?」

「浴びさせてもらえなかった…。

シャワーから出た時に私は体を起こしたんだけど、所長は隣に座って、すぐキスされちゃったの。

キスされながらセーター上からおっぱい触られて、背中に手が入ってきてブラのホック外されちゃった。

『スカートがシワになっちゃうから、脱いだ方がいいよ』

って言いながら、スカート脱がされたの。

『伝線させちゃうといけないから、ストッキングは自分で脱いで』

って言われて、所長がスカートを椅子にかけてくれてる間にストッキング脱いだの。

それからセーターとキャミの中に手が入ってきて、ブラをずらされて直におっぱい触られちゃったの…。

私はシャワー浴びるのも忘れて、もうされるがままになっちゃった…。

パパ…思い出したらたまらなくなってきちゃった!

指で一度イッていい?」

主(*´Д`)ハァハァ<具体的に話されて、興奮もMAXだね!

コメントを残す