【カップルえっち体験談告白】彼女の部屋で見つけた、浮気発覚のハメ撮りDVD

【寝取られ(NTR)の体験談】彼女の部屋で偶然見つけたはハメ撮りDVD。興奮してしまい、他にもあるというDVDを差し出せと話すが…
2年付き合っていた、彼女がいる投稿者。彼女の部屋で1人過ごしていると、1枚のDVDが姿を現した。家に持って帰ってみてみると、それは彼女のハメ撮り映像だった!しかも状況は最近のもののよう。怒りに震えながらも、他人に寝取られる彼女を見て興奮してしまい…
h_254spz00748jp-6

今日の昼、彼女の部屋に1人でマターリしてました。

暇なんで、彼女の少女漫画をぱらぱらと見てた所、パナソニックの小さいDVD−RWがポロリと出てきた。

『なんだこれ?』

と思い、DVDプレイヤーに入れてみると、再生ができない。

パソコンを彼女は持ってないので、速攻自分の家に帰りPCで再生してみると、彼女と知らない男の羽目鳥動画が30分入ってた。

内容は、まず彼女と知らない男がディープキスがいきなり写されており、髪型から最近のものと判明。

彼女はもうすでに真裸にされており、男も真裸。

そして撮影される彼女は嫌がりながらも、男は撮影を続けていた。

まず万個の度アップで、指を2本いれ激しく動かしている。

時折、その中に入れている指を大きく開き、中を映そうとしていた。

すると男は

「ちんぽ舐めて」

と彼女にいい、彼女はいつも俺にしてるように、ちんぽを舐め始めた。

男は

「今、誰のちんぽ舐めてますかぁ?」

とか

「おいしいですかぁ?」

とか質問し、彼女は舐めながら頷く。

彼女の名前は瑞貴。

男の名前は「たつや」と、彼女が呼んでいる。

ちなみに瑞貴は、年齢が20歳。

顔はかわいいほうだと思う。

販売系の仕事をしているのだが、

「よく携帯番号を聞かれ困る」

と言っているから・・。

瑞貴は顔をアップで映され、たつやのちんこを舐めながら、

「恥ずかしいから撮らないでよ」

と微笑みながら言っていた。

たつやはカメラを机に置き、

「69をしよう」

と言った。

瑞貴はカメラを意識してか、

「絶対いやだ!」

と言う。

しかし、たつやは無理やり足を持ち、69の体制へ・・。

瑞貴も抵抗していたが、まんこを舐め始められると抵抗を諦めたのか、たつやのちんこを舐め始めた。

たつやは言葉攻めが好きらしく

「今日はすごい濡れてるけど、なんで?」

とか言っている。

彼女もそれに対して何か言ってるみたいだが、聞き取れない。

たつやは体制を変え、瑞貴の足を掴み大きく広げさせ、机に置いてあるカメラに向かってまんこがよく見えるように撮っている。

俺は画面越しに、自分の彼女が他の男と映ってるのを、怒りと興奮が混ざりながら見ていた。

たつやは瑞貴に

「自分でまんこよく見えるように広げろよ」

と命令する。

瑞貴はためらいながらも、恥ずかしそうな顔をしながら、両手を使って広げて見せていた。

たつやはまた指マンをはじめ、潮を吹かせようと激しく動かし、瑞貴の喘ぎ声が段々聞こえるようになってきた。

2分弱位したころから、瑞貴のまんこからは大量の潮が噴出し、たつやはそれを見て

「すげーすげー」

と言いながら笑っている。

たつやはカメラを再度手に持ち

「入れてほしい?」

と聞き、瑞貴は頷いた。

初めはゆっくりとちんこを近づけつつ瑞貴のまんこに入れようとするが、わざと入れないで焦らしてる。

瑞貴に

「ちんこ入れてくださいって言ってよ」

とたつやが言うと、瑞貴はためらいもなく

「たつやの入れてください」

と言った・・。

たつやは

「よくできました」

と満足そうな声で言っていた。

入れた瞬間、大きな声が瑞貴から漏れ、手持っているカメラが大きく揺れている。

たつやは

「気持ちいい?」

と何回も聞き、激しく腰を動かしながら自分の指を瑞貴に舐めさせている。

その指舐めさせた指をクリトリスに持って行き、入れながら触っている様子。

(映像がずれており見にくい)

体制を変え、瑞貴は四つんばいにさせられ、バックに切り変わる。

瑞貴はバックに弱く、更に声が大きく漏れる。

たつやは右手にカメラ・左手は瑞貴のお尻を叩きながら、突き上げていた所でビデオが終わりました。

明日、瑞貴と話し合いをします。

別れようと思いますが、恥ずかしながらそのビデオがかなり興奮してしまい、何回も抜いてしまいました。

彼女の部屋で話し合う事になり話をしました。

彼女には話す内容は言ってなかったのですが、DVDが見つかった事は推測できたらしく。

部屋に行ったときには、あからさまにおとなしい表情で待っていました。

まずDVDを机に置き、

「どういうこと?」

と聞くと、瑞貴は無言のまま、言葉をしゃべりません。

何分たっても無言のままなので、こっちから更に切り出し、

「いつからとなんだ?」

と聞くと、4ヶ月前くらいから体の関係があった、との事でした。

どうやって知り合ったかを聞くと、よく来る店のお客で、

「飲みに行こう」

と誘われ、瑞貴の友達と4人で飲みに行ったのが始まりとの事でした。

カメラに撮られたのは、3回あるとの事で。

DVDをもっている理由は、撮らせるかわりに瑞貴が保管して、たつやには持たせないのを約束したかららしいです。

俺は瑞貴がやられているDVDを見てからは、それを見てオナニーばっかりしており、俺は残り2枚が正直な所見たくて仕方ありませんでした。

「その残りのDVDを出せ」

と言いましたが、瑞貴は応じません。

何回かそのやり取りをしたのですが瑞貴は応じず、仕方なく話を変えました。

「今までしてきた事を全部話せ」

と言うと、瑞貴は

「話せば別れないの?」

と聞いてきたので、

「わかんないけど、正直に話さないと今ここで別れよう」

と言いました。

瑞貴は、本当のところはわかりませんが、

「別れたくない」

と言います。

もう連絡を絶対とらないので許してほしい、たつやの携帯のアドレスも番号も消したとの事。

(あっちから連絡あれば、意味ないじゃんと心で思いつつ)

僕は

「もう無理だから、別れよう」

と言いました。

同じような経験をされた人はわかってもらえると思いますが、自分の彼女が他の男に弄ばれている動画を目の当たりにすると、憎悪と同じくらい興奮と彼女に対する気持ちが大きくなります。

むかついて仕方ないのですが、情けない事に見る前より瑞貴の事ばかり考えていました。

そしてその動画を見てしまうと、他のDVDが見たくて仕方なくなるのです。

俺は怒鳴り続け、瑞貴に文句を言い続け、瑞貴は黙ったまま泣いてました。

瑞貴が言う言葉と言えば、

「連絡を絶対取らない」

「もう会わない」

瑞貴は何が何でも、3人での話し合いを避けたいように見えました。

実際、俺も3人で話し合いなんかしたくありませんでした。

しかし俺は瑞貴に、

「お前の言う事は信用できないし、どんなことされて来たかもわからないので、DVDを出すかたつやを呼べ」

と言いました。

瑞貴は泣きながら

「考えさせて」

と言ったので、いったん帰りました。

玄関で靴を履くときに、机に置いたDVDを持ち帰るのを忘れたのですが。

今更取りにいけるわけもなく失敗したと思いつつ、トボトボ帰ってきました。

瑞貴は朝に

「おはよう、起きてる?」

といつもの目覚ましメールと、寝るときに

「おやすみなさい」

と言うメールの2通だけは、連絡して来てました。

俺は、もちろん返信はしません。

そして昨日、

「部屋に来て」

という連絡がありました。

『たつやが部屋に居たらどうしよう』

と心臓がドクドクしながら部屋を開けると、瑞貴が一人正座して座ってました。

内心ホッとしながら、瑞貴に話しかけました。

「どうするか考えたのか」

と聞くと、

「考えたけど、たつやと3人で話したくない。

もう絶対会わないから、そしてDVDは見てほしくない」

と言ってきました。

そんな瑞貴の都合のいい事ばかり聞けるか、と当然俺は怒り、本気で別れ話をしました。

あまりの瑞貴の身勝手さに本当にどうでもよくなり、話していると瑞貴にもそれが伝わったのか、

「DVDを出す」

と小さな声で言いました。

棚の上から持ってきたのは、2枚のDVD−RW。

それを見た俺は、心の中でテンションがあがり、正直早く帰って見たくなりました。

しかしすぐ帰るわけにも行かないので、たつやとどんな事をしてたかを瑞貴の口から聞きたくて、質問攻めばかりしてました。

俺はその2枚が見てないDVDだと勝手に勘違いしてたのですが、瑞貴から話を聞いてると、どうも俺が見つけたDVDと新しいDVDの2枚が目の前にある様子。

「あと一枚はどうした?」

と聞くと

「なくした」

と小さな声で言う。

2年半も付き合っているので、瑞貴が嘘を言ってるのはすぐにわかりました。

(浮気を全く見抜けなかった俺が言うのもなんですが)

理由は多分、絶対見られたくない内容が入っており、隠そうとした事。

俺はこの期に及んで、まだ嘘つくのか!と怒り、

「さよなら」

と言い、玄関に向かうと、瑞貴は

「待って!」

といい、

「DVDを見る前に別れるか別れないかを教えてほしい、そしたらもう一枚出す」

との事。

「どうせ別れるなら、見せたくない」

と言う瑞貴に腹が立ちつつも、瑞貴がこの状況になってるにもかかわらず隠したがる、もう一枚のDVDが見たくて仕方ないんですが。

それを見てしまってから、普通に瑞貴と付き合っていく自信もない。

しかし瑞貴の気持ちは大きい。

一瞬で色々考えましたが

『あっちが悪いんだから、見てから付き合えそうになかったら別れよう』

と思い、別れない約束をしました。

俺も最低だとわかってます。

そして3枚のDVDを俺は持って帰りました。

車を飛ばし自宅に帰るとすぐにPCを起動し、楽しみは後からと思い、最後まで抵抗したDVDではなく、まず瑞貴が初めに出したDVDを再生しました。

内容はラブホのソファに座ってる瑞貴がまず映され、撮られるのを

「やっぱりやだぁ」

とじゃれ合っている2人。

2ヶ月前に瑞貴は髪をショートにしており、髪が長かったので2ヶ月以上前と判明。

話の内容から、おそらくこれが羽目鳥デビューだと思います。

たつやが瑞貴の服を脱がせようとしているが、カメラは手に持っており、映像が定まらない。

瑞貴のパンツを速攻おろし、まんこどアップを撮ろうとしている。

瑞貴は抵抗し、なかなか足を開かない。

たつやはカメラを持っているので両手を使えず、足を開けさせないというダラダラな内容が約15分間続く。

ようやくそのやりとりが終わり、瑞貴とのキスが始まるがこれも焦点が定まってなく、ディープキスの音だけが聞こえる。

おっぱいをどアップにし1分間・・。

こいつは何がしたいのかと、たつやに腹が立ちつつも我慢してみてると、ようやくカメラを机に置きクンニをし始めた。

少し興奮度が上がったが、瑞貴は枕で顔を隠している。

何回かたつやが枕を取ろうとしているが、瑞貴抵抗・・。

俺が見つけたDVDの方がよかったので、興奮度もかなり少ない。

そのあと瑞貴がフェラを始めるが、机に置いているため瑞貴の二の腕が邪魔になり、ちょうど口元が隠れており。

たつやがニヤニヤ顔でカメラをちらちら見ている、そんなとこで1枚目が終わりました・・。

なんだこれとがっかりしたのと、たつやのニヤニヤ顔だけが印象に残った、1枚目のDVDでした。

この内容だったら、瑞貴が素直に差し出したのもうなずけた。

期待はずれのDVDだったが、瑞貴が最後まで隠したDVDがあったので、ぜんぜん平気だった。

再生してみると、ショートの瑞貴が映っていた。

瑞貴はブラジャーとパンツ姿、たつやもパンツ一枚から始まった。

始まりはお決まりの瑞貴が恥ずかしがる姿をたつやがなだめてる。

ただ、会話が明らかに先ほど見たDVDより、ずっと親密になってるのはすぐにわかった。

たつやはカメラを置き、瑞貴とキスを始めた。

お互いに手を握り、瑞貴はたつやの首筋も舐めていた

たつやはブラジャーを片手で外し、おっぱいを舐めている。

瑞貴は胸は性感帯ではないので無反応。

徐々に顔をパンツまで持って行き、パンツの上からクンニを始めた。

パンツを脱がせクロッチ?の部分をたつやが見ようとする。

瑞貴は慌ててパンツを奪い返そうとするが、たつやがおさえる。

たつやは聞き取れないが、シミを見て笑いながら、瑞貴に何か言っている。

たつやはベットの下においてある自分のバッグを取り出し、ローター(普通の物より小さいやつ)を出してきた。

電源を入れると、すごいモーター音が聞こえる。

たつやは

「これ威力強すぎよねぇ」

と瑞貴と話している。

ローターをひとまず置き、生クンニを始め、瑞貴は声が少し漏れる。

指を中にいれ動かしながらクンニをしており、瑞貴の声が段々大きくなる。

ローターを手に取り、右の指は瑞貴のまんこに、左手でクリトリスにロータを当てた瞬間。

瑞貴が悶え苦しむように、大きな声を出してきた。

30秒もしないうちに、瑞貴から

「逝く!」

と大きな声で言った。

瑞貴は腰を上げそりながら、ビクンビクンとなっている。

それでもたつやはローターを当て続ける。

瑞貴は足だけをブリッジのようにし、

「あぁまた逝く」

といって2回目昇天。

たつやは瑞貴を四つんばいにさせ、更にロータあて瑞貴のお尻の穴を舐めようとしてるみたいだが、瑞貴がローターで悶えてるの舐められないっぽい感じ。

たつやは何か言ってるのだが、ローターのモーター音がうるさくて、あまり聞こえない。

多分

「動かないでよ」

と言っていると思う。

その間に、瑞貴は合計4〜5回昇天してる。

確かに瑞貴はクリトリスがかなり弱く、指を入れながら触るとすぐ逝くのは知っていたが、こんな短時間に何回も逝ったのを見た事ないので、嫉妬した。

机においてあったカメラをたつやが取りに来て、たつやのちんこがもろアップで映ったのでげんなり。

たつやはカメラを手に持ち、黙ってベットに仰向けに寝た。

瑞貴は達也の顔に自分の顔を近づけ、自分からキスをしてる。

それからたつやの乳首を舐め始め、たつやの鼻息が聞こえる。

明らかに瑞貴の顔がエロくなっているの映像でわかる。

瑞貴がちんこの方に降りていき、ちんこを舐めようとしたときに、たつやはすかさず

「チンコ舐めたいの?」

と聞く。

瑞貴は少し笑いながら、黙ってまずキンタマから舐め始めた。

たまを舐め始め30秒くらいすると、たつやは少し腰を上げ、瑞貴はたつやの尻のほうに向かっている。

たつやはカメラを手に持っているのではっきりは映ってないが、間違いなく黄門舐めをしている。

たつやは少しビクンと動いている。

おれは頭が真っ白になった・・俺はされた事ないし・・。

たつやは

「もういいよ」

と言うと、瑞貴は顔をひょっこり出し、チンコを舐め始める。

たつやは瑞貴に

「うわぁエロねぇ」

といい、目をつぶって舐めていた瑞貴に

「目を開けてこっちを見て」

と言う・

瑞貴はたつやの目をみながら、しゃぶりはじめる。

瑞貴は時折カメラを意識し、少し笑いながら顔を顔を隠そうとするが、たつやに

「こっちを見ろ」

と言われ、またたつやの顔を見ながらフェラ。

たつやが入れようと、瑞貴を仰向けにさせる。

瑞貴に足を広げさせ、まんこを指で広げ撮っている。

そしてローターをまた持ち出し、

「2回逝ったら入れよう」

といい、たつやはクリトリスにローターを当てる。

瑞貴は当てた瞬間、10秒で

「逝く」

といって一回目。

その後、30秒足らずで大声を上げ、二回目昇天。

そして前のDVDでも見た、

「ちんこ入れてくださいを言え」

と命令し、瑞貴は素直に従い言う。

たつやは

「よくできました」

と言う。

(多分恒例行事になってる)

たつやがちんこを入れた瞬間、瑞貴は大きな声を出す。

結合部分を撮ろうとしてるが、光が足りなく真っ暗。

「もっと激しく動いてほしい?」

とたつやが聞くと、瑞貴は縦に頷くが、たつやはわざとゆっくり動かしている。

3分位したとき、瑞貴が悩ましそうな顔で

「もっと・・」

と小さな声で言う。

たつやは激しく腰を動かすが、それと比例して映像も大地震並みに揺れる。

瑞貴は

「逝く」

といって昇天したが、ローターとはまた違った顔で逝っていた。

バックに切り替え、また恒例行事と思われる突きながらたつやは瑞貴のお尻を叩いて、喜んでいる。

バックで撮っているので瑞貴のアナル丸見え。

たまにたつやの薄ら笑いが音声に入ってくるのが、かなり腹が立つ。

そして、たつやはバックで突きながら

「好きか?」

と瑞貴に聞く。

瑞貴はバックをされながら

「たつや大好き!」

を連呼している。

「世界で一番?」

と聞くと

「一番!」

と瑞貴は返事をし、そのすぐ後瑞貴はまた逝った。

かなりショックだった・・多分瑞貴はこれを俺に見せたくなかったんだろう。

正上位に戻り、たつやは

「あれしていい?」

と瑞貴に問いかけてる。

瑞貴は頷いた。

初め俺にはわからなかったが、すぐに謎は解ける。

たつやは最後のスパートで激しく腰を動かし、瑞貴に口を開ける様に言っている。

激しく動いているのでかなり映像はぶれているが、瑞貴は口を開けて待っている。

たつやはカメラを手から外し、映像は乱れ、ガタガタと音だけが聞こえる。

30秒後にたつやがカメラを持ち瑞貴を映すと、瑞貴の口に精子が入ってた。

そこで映像終わりです。

みんなが言うように、別れるのが一番だとわかってるんだけど。

瑞貴のあの姿を見て、怒り5割興奮5割の俺は・・。

瑞貴をめちゃめちゃにしたいようであり、別れたいようでありと、何がなんだかわからなくなってしまってる。

瑞貴とは、まだ連絡とっていません。

連絡取ったら、また報告しますね。

主(*´Д`)ハァハァ<もう、いっそのこと、たつやと3Pして別れればいいんじゃ…?

コメントを残す