【カップルえっち体験談告白】俺の彼女を会社の後輩に寝取らせる作戦

【寝取らせ体験談】以前より彼女に対して、寝取らせようと考えていた彼氏。会社の後輩をダシに使い、3人でのエロ行為に誘導!
彼女に対して寝取らせ願望を抱いていた男性。会社の後輩を呼んで、作戦を実行することに。後輩は巨乳好きだが、付き合っている彼女が貧乳。彼女の巨乳さを見せつけ、会話を下ネタに誘導。彼氏と後輩のアソコ比べと称して、彼女に後輩のアソコを握らせて…
snis00617jp-1

彼女に、自分以外の人のちんこ触らせてみた。

前から彼女が他人に触られるの想像して興奮してたし、Hする時もたまに彼女にそれをしてみたいと言いながらやっていた。

彼女は

「絶対だめ〜」

とか言うけど、ドMなのでめっちゃ濡れるから余計興奮して、腰ガンガンに突いてから口に発射!

これがやっぱ最高に気持ちいいので、いろいろ考えて実行する事に決めました。

彼女と二人で、仕事休みの日に俺の仕事の後輩を家に呼んで、軽く飲む約束をしました!

亜美は後輩に何回か合わせた事あるので、家に呼んでも問題無し!

作戦立てた時点で、興奮して勃起してましたw

自然なリアクションがいいので、二人には何も言ってません。

そして作戦当日、夕方になって、たつきから電話がきました。

「先輩、今近くまできたので、もうすぐつきます」

俺「酒買ってあるから早くこいよー」

と会話、もうドキドキでした。

亜美は久しぶりにたつきに会うのですが、変に気を使う相手じゃないのでラフな洋服で家にいます。

キャミに薄いカーディガンみたいなやつと、ジーンズだけ。

たつき「おじゃましまーす」

と玄関から入ってきました。

普通にTシャツに半パンの服。

んでさっそく飲み開始。

普通に会社での俺とたつきの愚痴やおもしろかった出来事、亜美の仕事の話などして2時間くらい過ぎて、いい感じに酔った頃、俺が下ネタも交えていきました。

「たつき彼女と週何回ヤるの?」

亜美「もう、そんなの聞かないでよ(笑)」

たつき「いいですよ別に(笑)

週4くらいっすね。」

俺「すげっ!若いなぁ」

とおっさんみたいなセリフ(笑)

たつき「まだ付き合ったばっかですからね」

とここまではいい感じ。

そして興奮してきた俺は、若干先走って

「ちんこでかそうだな」

と言ってみました。

そしたら意外と普通に

「そんなでかくないっす(笑)」

というので、俺が

「じゃあ、亜美はどう思う?」

って聞いてみたら

「知らないよ〜」

って赤くなってました。

かなり興奮した!

亜美はその頃暑くなってきたのか上はキャミだけになってて、一応胸はDあるので、谷間もチラチラと見えてました。

たつきはおっぱい星人ですが、彼女が貧乳なのを知っていたので

「亜美、意外と胸大きいだろ?」

っと聞いてみました。

たつきはもう結構酔ってるのか、亜美の胸をまじまじと見ながら

「本当羨ましいです」

って答えました!

亜美は

「ちょっと何言ってんの」

といいながら、まんざらでもない様子。

俺はもう興奮してるので

「ほら、たつきは巨乳好きだからサービスしてあげな」

っと言いながら、亜美の胸を後ろから手を伸ばして寄せてあげました。

たつきはビールをこぼしそうになってましたが(笑)

「まじ最高です」

っと赤くなってました。

亜美は

「ちょっw何してんの」

っと恥ずかしそうに胸を抑えました。

俺はもうあんまり理性がきかなくて、さらにたつきに見せつける様に軽く揉んでしまいました。

そして亜美に

「ちょっと触らせてあげようぜ、彼女が貧乳だから可哀相なんだよ」

と言うと、亜美も興奮してきたのか少し息を荒くしながら

「本当ちょっとだけだよ」

とOK。

たつきは

「?!」

って感じでしたが、俺が

「ほら、たまには後輩にサービスしてやるよ。

軽くなら触っていいぜ」

と言うと、緊張したのかマジ顔で俺と亜美を見た後、ゆっくり亜美の胸に手を伸ばしてきました。

そして両手で亜美の胸を包み込むと、柔らかさと大きさを味わう様に、ゆっくりと揉んできました。

たつきは谷間を作るように持ち上げたり、全体を撫で回してきて、普段味わえない巨乳を堪能してるようでした。

亜美は恥ずかしくなってきたのか、

「結構立派でしょ、高いよ」

と笑っていました。

たつきは

「先輩が羨ましいです」

といいながら、亜美の顔をチラチラ見ながら触っていました。

俺はこの状況に興奮して、勃起してたので次の作戦に入りました。

「たつき興奮しすぎだろ!

勃起してんのバレバレ(笑)」

と言うと

「すいません、やっぱ最高です」

と股間を隠しました。

亜美は

「やだっ!」

と顔を背けて赤くなってました。

そこで俺も

「ちょい興奮しちゃったじゃん」

と勃起して膨らんだズボンを強調すると、亜美は

「馬鹿じゃないの二人とも」

っとビール飲んでごまかしてました。

ここで作戦発動。

たつきに

「ついでだ、どっちが大きいか勝負しようぜ」

たつき「えっ?マジで言ってます?恥ずかしいすよ」

ここで時間かけるとよけいやりにくいので、

「大丈夫!ノリだよノリ」

と強引に勝負する事に!

たつきと俺がベッドに並んで腰かけて、亜美が下で見る事に。

亜美は

「本当に〜」

っと渋ってますが、興味津々なのは気付いてました。

「じゃあいくぞ」

と俺はパンツごと一気に脱ぎました。

たつきも仕方なく全部脱いだのです。

亜美は酔ってるのもあって、恥ずかしそうに見ています。

俺は包茎で勃起してもかなり余ってるので、自分で剥きます。

しかし、たつきはズル剥けでした。

しかも緊張で治ったらしく、まだ勃起してない(笑)

仕方ない。

たつき「先輩包茎じゃないすか!」

でも自認してるので

「お前すごいな」

と言いました。

亜美は完全に沈黙して見てます。

でも大きさ勝負なので、

「緊張してんのか?」

と聞くと

「やっぱ亜美さんの前じゃ恥ずかしくて」

と言うので亜美にお願いして、キャミを脱いで貰う事にしました。

亜美はここまできたら仕方ないみたいに

「特別だからね」

と言い、脱ぎました。

ピンクのブラ一枚とジーンズの姿に。

するとたつきのちんこは、ぐんぐんと上に反り返りました。

予想外の大きさにww、俺と亜美は唖然としました。

「まだまだですよ」

と自慢げに言うので、亜美にジーンズも脱いでもらいました。

やはり恥ずかしさより見たい欲が勝ったみたいで、あっさり下着姿だけになりました。

それに反応して、さらにたつきのはギンギンにみなぎってます。

もはや勝負になってません(笑)

「でかっ!どれくらいあるんだよっ」

と言うと、たつきは

「前計ったら22はありました」

と自慢げ。

俺は包茎だけど17あるので、大丈夫だろと思ってたのに…しかしでかい。

亜美も下着姿なのを忘れて、見入ってます。

なので

「亜美どう思う?

たつきでかいなぁ」

と言うと、はっ!として

「そだねwなかなか」

と焦ってました。

俺はちんこ晒してる二人と下着姿の亜美に興奮してるので、

「勝負にならないから、次は硬さだな」

ともちかけました。

二人は驚いてますが、そこは迅速に亜美にジャッジを急かしました。

まだ正常な判断ができない様で、促されるまま握りました。

亜美の両手には、俺とたつきのちんこがしっかりと握られてます。

念願の光景に、これだけでイキそうになりました。

「亜美どっちが硬い?」

と聞くと

「わかんないよぉ」

と可愛い顔!

ヤバい最高。

と思いながらも、まだまだこれから。

「じゃあ最後は、イッタ方の負けって事で」

驚く二人。

しかし、それもスルーして、さらに

「亜美手コキして」

と言うと、あきらめたのか

「もう知らないっ」

と、ゆっくりシコりだした。

気持ちいい〜と感激しながらたつきを見ると、下着姿の亜美とその手が握るちんこを眺めていた。

俺が

「どうだ、これには勝てないだろ」

と言うと

「すいません、自信ないです」

と快楽に酔ってる様子。

そこで

「お前が勝てたら、さらにサービスしてやるよ」

と言いました。

たつきは

「マジすかw絶対勝ちます!」

と豪語。

亜美は不満顔でしたが、両手のちんこに忙しい。

さらに

「亜美が疲れるから、短縮の為に片手は胸を触ろう」

と。

もはや俺主導の流れなので、無言で進みます。

俺は左手、たつきは右手で亜美の胸を掴みます。

亜美は黙ってますが、目が潤んできてます。

俺がブラの中に手を入れたので、たつきも。

二本のちんこシコりながら二人に胸を愛撫され、亜美は悶えながら必死です。

この気持ちよさに、俺とたつきは我慢汁出しまくりで、ぬちゃぬちゃと部屋に響いてました。

亜美の手が疲れたので、少し休憩しました。

両手はヌルヌルです。

そして

「擦れるから」

と、ブラを取りました。

たつきは綺麗なお椀型の亜美の胸に見入ってます。

亜美は気付いたのか、少し照れながらまたちんこに手を伸ばします。

俺達は胸を揉みながら、乳首も責めました。

亜美は唇を噛みながら、声を我慢してます。

しばらくして、たつきが限界にきたようで

「やっぱダメです」

と言いました。

しかしイッタら部屋に飛び散るし、両手は塞がってます。

俺はこの状況をみるのも作戦でした。

たつきが

「亜美さん出ますっ」

と言った瞬間、亜美は口でくわえ込みました。

たつきは驚いてましたが、腰を突き出して何度もびくっとなり。

出し終わるとベッドに倒れました。

亜美は口からティッシに精子を吐き出し

「多すぎ」

とむせてました。

たつきは

「亜美さんの口に出せたら負けてもいいです」

と笑ってた。

俺は

「お口OKしてないぞ」

と言いながら立ち上がって

「勝ったからいいだろ」

と亜美をたつきがいるベッドに手をつかせた後、パンツをづらして生で突っ込みました。

亜美は

「くっwやだぁ」

と言うも、オマンコはぐちょくちょです。

あまりの気持ちよさに、腰が止まりません。

たつきは亜美がこっちを向いて突かれているので興奮したのか、またビンビンになっています。

そこで俺がベッドの方に亜美を押すと、たつきの下半身に倒れ込んで、でかいちんこを胸で挟む態勢になりました。

「たつきパイズリされるの夢なんだろ、感謝しろよ」

と言うと、また突きまくりました。

亜美も必死に挟んでいます。

たつきは

「亜美さんのに挟んでもらうの想像してたから」

と亜美は

「今日だけはいいよ、たつきの大きいから気持ちいい」

と言ってました。

俺は興奮と嫉妬でさらに突きまくり、その振動でたつきはパイズリされる状況です。

たつきがすぐ逝きそうになったので、亜美は谷間からスライドしてくるちんこをくわえ込みました。

「亜美さんまた出ますっ」

と聞いて俺も我慢できなくなり、ほぼ同時に亜美の口とマンコに発射しました。

痺れるくらい、気持ち良い射精でした。

そのあとはみんな全裸でビールを飲みながら、感想を話しました。

また話しながら二人とも勃起したので、亜美になでさせながら話しました。

たつきはそれでもすぐ逝きそうになったので、亜美の胸に手コキとフェラで発射しました。

俺は座位で亜美にいれながら、たつきと話しをしました。

めっちゃ気持ち良く、亜美もたつきに胸をいじられながら逝きました。

最後に中だしして、終了です。

たつきには、次は彼女を連れていくる約束をして、帰しました。

亜美に

「またしようか?」

と言うと

「馬鹿っ」

と怒られました。

顔は笑ってましたが。

また機会があれば報告しますノシ

主(*´Д`)ハァハァ<寝取らせ願望が叶ってよかったね!

コメントを残す