【学生時代えっち体験談告白】Eカップの幼馴染と修学旅行の夜にパイズリされる!

【クラスメイトとの体験談】小~高までの幼なじみ♀との話。中学の修学旅行の夜、女子トイレでこっそり話しこんでいると…
小学校の頃からの幼馴染の「ミキ」という女性がいた。発育が良く、中学生の頃には巨乳が目立つように。こっそり見ながら勃起するようになっていた。修学旅行の夜、トイレでミキと鉢合わせ。先生にバレない様にと、女子トイレの個室で会話をしていたのだが…
jufd00314jp-7

小、中、高と同じクラスで、腐れ縁の幼なじみのミキは凄かった。

小学校5年くらいから明らかに他の女子より発育よく、おっぱいが膨らんでいるのがわかった。

俺は家が近かったのもあり、ミキと仲が良く、マラソンの時は一緒に走った。

横を見ると、体操服姿のミキがこの世の物とは思えないほどブルンブルン揺れている、ミキの巨乳おっぱい。

俺はずっと勃起しながらマラソンしてた。

でもこの時は、まだミキに対して恋愛感情とかは無く、ただデカパイの女友達と言う考えだった。

中学生になって、またミキと同じクラスになった。

ミキは成績や運動神経はいたって普通だが、とても優しく周りに気遣いができる女の子だった。

朝早くに起きて、ボランティアで駅の清掃をしていたのを見たことがある。

中学2年くらいから、一緒に登校するようになった。

この時はもうセーラー服の胸元の盛り上がり方が、ハンパじゃ無かった。

多分Eはあったと思う。

体育の時間、男子はみんなミキを見てた。

俺もこの時くらいから、ミキをオナネタにして抜くようになっていた。

会話したり一緒に帰ったりしてるときも、顔より胸に目が行くようになっていた。

別に顔が悪いワケじゃない、色白で相武紗季に似てて、とてもカワイイ。

身長は150cmくらい。

男子にはとても人気があって、俺はいつも一緒にいると言う理由で、先輩に呼び出されて脅されたり、靴を隠されたりしていた。

けど小学校のころから同じようなことをされていたので、もう慣れていた。

中学の修学旅行の班決めの時、俺はミキの他にあまり仲の良い友達がいなかったため、班決めであぶれた。

班決めが終わっていつものようにミキと帰っている時、ミキが

「女子と男子で組めれば良かったのに」

と言ってくれた。

気を使ってくれて、本当に優しいやつだなと思った。

そして修学旅行当日、俺は大した仲の良くないヤツらと無理矢理組まされていたので、全然面白く無かった。

早くミキと喋りたくてしょうが無かった。

夜、ホテルでもずっと一人で退屈だった。

一緒の部屋のヤツラは、騒ぎ疲れて寝ていた。

小便がしたくなってト、イレに行った

するとトイレの前で、ミキと鉢合わせになった。

ミキは俺の方を見て近づいてきて、

「楽しい?」

と言った。

俺は全然修学旅行が楽しく無かったので

「いゃ、全然楽しく無い、早く帰りてぇw」

と答えた。

するとミキは

「今日は全然○○(俺の名前)と喋って無い」

と言ってきた。

俺もミキと喋りたかったので、

「じゃあここで喋ろう」

と言ったが、ここでは先生に見つかる可能性が高いので、トイレの中で喋ることになった。

そして俺は女子トイレに入った。

女子トイレに入るのは初めてで、男子トイレとは全く違う雰囲気にドキドキした。

個室に二人で入って、いっぱい服を買っただの、金閣寺がとてもキレイだっただのと、今日のことをミキはいっぱい喋った。

ミキが喋っている時、俺の目はずっとミキのデカパイを見ていた。

女子トイレの個室は狭くて、ミキとの距離は凄い近い。

ジャージに首がクタクタのTシャツだったため、ミキがジェスチャーとか前屈みをする度に、大きな胸がブルンと揺れたり、胸の谷間が見えたりした。

よく見ると、乳首がTシャツから見えた

寝る前だから、ノーブラだったのかもしれない。

俺はますますミキの胸を凝視していた。

すると俺は、段々興奮して勃起してしまった。

俺もジャージだったため、見れば一発で勃起してるのが分かるくらいジャージが盛り上がっていた。

急に今まで楽しそうに喋っていたミキが、俺の盛り上がってる部分を見て無口になった。

そして俺も勃起してるのがバレて気まずくなり、無口になった。

するとミキがいきなり真っ赤な顔をして

「触っていい??」

と言い出した。

俺はかなり困惑した様子を見せたが、実は嬉しかった。

ミキが恐る恐るジャージごしに俺のチンポを触っている。

ミキは

「凄い、こんな風になるんだ」

と驚いいていた。

ミキの手は段々エスカレートして最初は触るだけだったのが、今度はジャージごしに俺のチンコを上下にコスって手コキしてきた。

「こうやると男は気持ちいいって、マナ(ミキの友達)が言ってたから」

そう言ってどんどんコスる速度を早くしていった。

俺も我慢ができなくなり、

「胸触っていい?」

とミキに聞いたら、ミキはチンポをコスリながらコクリと頷いた。

俺はTシャツの中に手を入れて、ミキの胸を両手で鷲塚みにした。

ミキは服の上からだと思っていたらしく、驚いた声を上げていた。

ミキの胸はとても柔らかくて暖かくて、手からこぼれそうなくらい大きかった

乳首をつまむと

「あっ、んっ」

と小さく声を上げた。

するとミキは

「○○だけ直接はズルイよ!私も直接やる!」

と言って、俺のジャージとパンツを一気に脱がせた。

そしてまた俺のチンコをコスり始めた。

俺の胸を揉む力も強くなっていき、ミキの声も大きくなり始めた。

乳首をこねると、ミキは

「あっ、ああっ」

と、どんどん声が大きくなっていた。

ミキのいやらしい声で、俺は限界だった

そして俺は

「ミキ、もう出る」

と言ってミキの手に大量に出した。

そのあとに

「マンコも触らせて」

と言ったらさすがにそこはダメと断られた。

その後はまた20分くらい、胸を揉んだり乳首をイジったり舐めたりしてた。

ミキも、俺のチンポをコスったり、指で弾いたりして遊んでいた。

乳首を舐めていると、ミキがいきなり真っ赤な顔で

「ゴメン、ちょっと出て」

と俺に言った

俺は

「どうしたの??」

と聞くと、

「いいから!!」

と真っ赤な顔で言った。

ミキは足をもじもじさせていた。

それを見た俺は、ミキは小便がしたいんだと言うことがわかった

すぐ外に出てやろうと思ったが、オシッコするところを見ればミキのマンコが見れるかもしれないと思った。

それに俺はまだミキの胸をイジっていたかったので、とぼけたフリをした。

「え??なんかあったの??」

とか

「どこか痛いのか??」

とか言いながら、ずっと胸をイジっていた

するとミキはどんどん涙目になり、最後に

「もう無理!!」

と言って、いきなりジャージとパンツを降ろして便器に座り込んだ。

その直後、ジョボジョボジョボと言う音が聞こえた。

そしてミキは便器に座りながら泣き出してしまった。

俺はかなり焦って

「大丈夫、絶対誰にも言わないから!」

と意味不明なことを言っていた

ミキもかなり取り乱していて

「お願い、絶対言わないで!!」

と何故か俺に頼み込んでいた。

そして俺は目の前にパンツを降ろして座り込んでいるミキを見て、また興奮して勃起していた。

俺の勃起に気がついたのか、ミキがまたチンコをコスり始めた。

ミキは

「またしてあげるから、絶対みんなに言わないでね!!」

と言って俺のチンポをコスっている。

上下にコスるたびにブルンブルンと揺れるTシャツごしのミキの巨乳。

俺は直接揺れるのが見たくて、ミキに

「上、脱いで」

と言った。

するとミキは少し恥ずかしそうにしながらも、上を脱いでくれた。

改めて見ると本当にデかい。

乳輪も少し大きめだった。

俺が

「何カップ??」

と聞くと、ミキは俺のチンポを一生懸命コスりながら

「今はEカップだよ」

と答えた。

揺れ方がハンパじゃなかった。

ブルンブルン揺れまくってて、これなら余裕でパイズリできると思い

「ミキ、パイズリやってみて」

と頼んでみた。

するとミキは

「パイズリってどうやんの??」

と答えた。

ミキは今まで男と付き合ったことは無くて、エロの知識が少し疎かった。

俺は

「胸の間に挟んでコスって」

と簡単に説明すると、ミキはまた顔を真っ赤にした。

それでもしつこく頼んだらやってくれることになった。

俺はチンポを出して便器に座った。

するとミキが正面で立ち膝になり、俺のチンポを胸で挟んだ。

正直、挟まれただけで出そうになった。

ミキの胸は温かくて柔らかくてとても気持ちよかった。

1~2分くらいやって、ミキが

「やっぱりこれ大変だからやめていい??」

と言ってきた

俺は残念だったが仕方が無いので、

「いいよ」

と答えた。

そしてミキは、また俺のチンコを上下にコスり始めた。

しかも慣れてきたのか、さっきよりも速度が早くなっていた。

俺はまだ出したくなかった。

まだミキの手の感触を味わっていたかった。

だが、目の前でブルンブルン揺れる巨乳と一生懸命なミキのカワイイ顔を見て、俺は限界が近づいていた。

まだ出したくない。

そう思った俺は、いきなりミキのパンツの中に手を入れた。

するとミキは

「いやっ!ちょっと!それはダメだよ」

と言ってチンポをコスっていた手を止めた。

だが俺はそんなのお構いなしにミキのおまんこを触り続けた。

ミキは

「痛い」

「やめて」

と、かなり嫌がっていた。

けど俺はある突起を触るとミキがピクッと反応することに気付いて、その突起をつついたり、撫でたり、摘んだりして、その突起を重点的に責めまくった。

すると次第にミキが

「あっ、んんっ!!」

と甘い声を上げるようになり、気のせいか、マンコがどんどん濡れてきてる気がした。

5分くらい続けると、濡れ方が凄くなりパンツまでグチョグチョになっていた。

女の子とこういうことをすれのは初めてだったので、俺はとても驚いた。

そして俺はミキのクリをイジりながら

「女ってみんなこんなにグチョグチョになんの??」

と聞いてみた。

するとミキは

「あっ、んっ、そんなのわかんないよ」

と甘い声を出しながら答えた。

この声を聞いて俺は、ミキも気持ち良くなっていることを確信した。

そして俺はミキのクリをイジる速度を早めた。

するとミキは声を大きくした。

だが、トイレなので余り大きな声を出すとバレるかもしれない。

ミキはそれをわかっていて我慢しようとしているのだが、その我慢してる時の顔や仕草がとてもカワイくて更に興奮した。

そろそろ俺のチンポもイジってほしくなり、ミキに

「またチンコ触って」

と言うと、ミキは感じながら俺のチンコをコスリ初めた。

二人でイジりあいが始まった。

「あっ、んんっ、ああっ!!」

と感じながら俺のチンポをコスるミキ。

しばらくイジり合っていると、ミキが急に腰をクネクネし始めた。

俺は痛いのかと思って、ミキのクリから手を離した。

するとミキは俺の手を掴んで、自分のクリに当てて自分から腰を動かし始めた。

そして

「やめないで…もう少しだから」

と俺に言った。

その姿を見た俺は、一気にクリをイジるスピードを上げた。

するとミキも凄い速度で、俺のチンポをコスり始めた。

そしてミキは

「んーっ!!んんっ!!」

と声にならない声を上げ始め、俺がクリを摘み上げた瞬間、

「あぁぁっ!!」

と短く声を上げて俺のチンポをコスるのをやめて、その場にペタりと座り込んだ

俺が

「今、イった??」

と聞くと、ミキは顔を真っ赤にして頷いた。

だが俺はまだ出してないためギンギンだった。

まだ元気な俺のチンポを見て、ミキは魂の抜けたような表情をしながら

「先にイってごめんね…」

と言ってまたコスり始めた。

だが、さっきよりもコスる速度は遅くて、ずっとボ~っとしていてまどろっこしい感じだったので、俺はミキに

「もういいよ、疲れたろ??」

と言った。

するとミキはハッと我に返り、

「いゃ!!○○もイって!!」

と言ってくれた。

それを聞いて俺は、

「じゃあそこに立ちひざになって」

と言ってミキを立ちひざにさせた。

そして

「ミキはなんもしなくていいから」

と言った。

ミキはかなり戸惑っていたが、言われる通り立ちひざのまま何もしなかった。

そして俺はミキの胸にチンポを押しつけたり離したりした。

ミキの柔らかい胸の感触がかなり気持ちよかった。

チンポで乳首を突くとミキは

「あっ」

と少しだけ甘い声を出した

5分くらいそれを続けて、俺はミキの胸に射精した。

そしてトイレットペーパーでキレイに拭き取り、二人で外に出た

そんなエロい思い出しか無い修学旅行も終わって、俺は中学校を卒業した。

修学旅行のあとも俺はミキと普通の友達として接し、あれからエロいこともやってない。

修学旅行の時の話は、お互いにしないことにしてた

そして高校に進学して、俺はまたミキと同じ学校だった。

1年の時はクラスが違ったので学校で話す機会はあまりなかったが、通学路で会ったりしたら一緒に学校に行ったり一緒に帰ったりはしてた。

2年になって、また同じクラスになった。

出席番号の関係で、席は隣。

ミキはとても喜んだ様子で

「また同じだね!!」

とか

「小学校からだからもう何年だろう??」

とか言って盛り上がっていた。

俺は冷めた感じでその様子を見ていたが、実は俺もかなり嬉しかった。

高2の夏休み、ミキが俺家に来た。

小学校の時以来だったから、とても驚いた。

そして俺は、ミキに告白された。

小学校の時から好きだったと聞いた。

それより一番驚いたのが、告白されてOKの返事をした後に、中学校の修学旅行のあとから毎日俺のことを想像しながらオナニーしていたと聞いた時。

自分で言って、顔を真っ赤にしているミキ。

それを見て俺は我慢できなくなり、ミキの胸を揉んだ。

セーラー服から高校に入りブレザーになっていたが、ブレザーごしにもミキの胸の大きさがわかった。

俺は

「胸見たい」

と言うとミキは

「いいよ」

と言って脱ぎ始めた。

上を全て脱いだミキを見て俺は思った。

「ミキ、また胸大きくなってない??」

するとミキは

「うん、今はFカップだよw」

と答えた。

俺は乳首を吸ったりこねたり摘んだりして、ミキの胸で遊びまくった。

するとミキはどんどん息が荒くなり、俺の制服のチャックを開けてチンポを出してコスり始めた。

俺も中学の修学旅行の時みたいにまたクリをイジろうと、手を入れた。

すると既にミキのマンコは濡れ濡れで、パンツ履いてる意味無いんじゃないか??ってくらいグチョグチョだった。

俺は我慢できなくなり

「入れていい??」

と聞くと、ミキは少し間があったが

「いいよ」

と言ってくれた。

そして俺はミキのマンコに初挿入した。

ミキはかなり痛かったらしく、目に涙を浮かべていた。

申し訳ない気持ちだったが、ミキの中は気持ち良すぎて止まれなかった。

そんな感じで俺達の初Hは終わり、それから俺はミキの彼氏になり、ミキとやりまくった。

高校卒業後、俺は地元を離れて大学へ進学した。

ミキは昔から子供が好きだと言っていたので、保育の専門学校へ進学した。

その後、遠距離恋愛でメールしたり、電話したりして関係は続いていた。

しかし、俺が大学2年の時にミキから

「遠距離は辛い」

と言われ、別れることになった。

今では、友達としてたまに電話したり、メールしたりする関係です。

この前は仕事の話をしました。

「大変だけど、楽しい」

とか

「○○も早く卒業して、就職しなさい」

とか

「どうせ単位足りなくてヤバいんでしょ?」

とか普通に友達としての会話。

でもまたミキとは付き合いそうな気がする。

いつかこの腐れ縁の幼なじみと結婚するんだろうなーって、漠然とした予感がある。

主(*´Д`)ハァハァ<運命?と感じちゃうエロ体験だね。

コメントを残す