【学校・学生時代の体験談告白】爆乳の教育実習生と放課後の教室で秘密の行為を楽しむ…

【先生・教育実習生との体験談】部活が終わると毎回放課後に勉強を教えてくれていた爆乳の教育実習生。先生にマッサージをしていると…
部活が終わった後の教室で、教育実習生に宿題を教えてもらっていた男子学生。宿題が終わると、いつもの爆乳を見ながらおしゃべりタイム。先生のマッサージをする機会をもらえた彼は、ついつい先生の胸へ手を伸ばしてしまい、先生を怒らせてしまったはずが…
shkd00541jp-2

夏のある日、教育実習で来ていた21歳のまゆみ先生(結婚して今は一緒に暮らしてます)とのエッチをしたときのことです。

まゆみ先生(以下、まゆみ)は、国公立大の出身で顔は桐谷美玲にそっくりで、なんといって1番は爆乳です。

放課後になると俺はいつも部活動を終えてからは、教室で少しだけ宿題をやってから、家でゆっくりしたいから終わらせていた。

まゆみは、いつも俺が部活が終わった頃に教室に来てくれる予定だった。

まゆみ「◯◯くん、遅くなってごめんね」

まゆみは、いつも俺に数学と理科を教えてくれる。

理系の学部の出身だけあって、さっさと終わって、いつもいつもまゆみのおっぱいばかりを俺は見ていた。

俺「あれ、まゆみ先生今日はスーツじゃなくてジャージなんだ~」

まゆみ「だって、今日は女子バレー部の見学に行ってきたからね」

俺「まゆみ先生、バレー部だったんですか?!」

バレーボールが2つくらいの大きさのおっぱいだったから、俺はいつも見ていた。

まゆみ「◯◯くんも、バレー部だもんね♡」

俺「同じですね~!」

まゆみはいつも、何があっても笑ってくれてすごく俺は幸せだった。

よし、今日こそは!!このおっぱいを俺のものに!!

俺「まゆみ先生、マッサージしてあげましょうか?!」

まゆみ「え?いいよ、いいよ、大丈夫大丈夫!」

俺「肩とか凝ってるでしょ、いつもいつもパソコンとかしてたら」

まゆみ「そうだけど~それじゃしてもらうかな」

きたーーーーー!

俺「まゆみ先生、いつもどっちの肩が凝りますか?!」

まゆみ「左の方かな♡」

肩を揉みつつ、ついに!俺は手が伸びてしまい…

まゆみ「ひゃっ!ちょ、◯◯くんなにしてるの~」

俺「ご、ごめんなさい、まゆみ先生…」

まゆみ「もう~それが目的だったの?!」

俺「ち、ちがいますよ!ただ、俺いつも気になってて…」

まゆみ「◯◯くん、私のこと考えてしてるんでしょ??」

俺「そ、そんなことないです、でも…たまには…」

まゆみ「じゃ、今日私の家においでよ」

俺は思わず、最高に嬉しくなってしまい、わしづかみしてしまった。

まゆみ「もう~◯◯くん、教室でするのは…ね」

俺「もう我慢できないよ、まゆみ先生お願いします」

まゆみは教室の外をキョロキョロして、それから俺のところに来て、ズボンを下ろしてフェラとパイズリをしてくれた。

ちなみに、まゆみのおっぱいはHカップで、俺は独り占めできる最高の気分だった。

まゆみ「◯◯くん、先に校門にいて、私すぐ行くから」

しばらくして、遠くから

ゆさゆさ爆乳を揺らしてくるまゆみ先生を思わず抱きしめた。

まゆみ「だめだよ、◯◯くん焦らないの!」

俺「いいじゃん、校門を出ればカップルみたいになろうよ!」

まゆみ「◯◯くん、本当にエッチなんだね」

俺「だって、まゆみ先生のおっぱい大きいから」

まゆみ「しっ!声でかい…笑」

そして駅まで行き、電車を待っていた…

まゆみ「そういえば、◯◯くんって家どこなの?」

俺「◯◯駅ですよ」

まゆみ「うそ~私もだよ!」

まゆみと俺は、この日が初めて帰るのが一緒だったので、すごく嬉しかった。

俺「家近いんですかね?」

まゆみ「◯◯に住んでるよ」

俺「俺その隣ですよ」

まゆみ「家まで近いね…笑」

地元駅に着いて、まゆみと思わず手をつないで帰った。

まゆみ「ここが、私の住んでるアパートだよ」

俺「まゆみ先生、ここに住んでるんだ~」

まゆみ「もしかして…部屋入ったらすぐしたい?!」

俺「まゆみ先生が、いいんだったら」

まゆみ「仕方ないな~◯◯くん先に私のベッドにいて」

そう言われ、まゆみの部屋に入って先にベッドにいた

俺「まゆみ先生のこれ、下着かな…笑」

俺は下着をとるなり、思わず持ち帰りたいって思った

俺「そうだ、まゆみ先生来ないし脱いで待ってようかな」

全裸になり、まゆみを待っていた。

まゆみ「ごめ~ん、◯◯くん待った!?ってやだ!!笑」

俺「暑くて脱いじゃいました、まゆみ先生もなんで着てないの?!」

まゆみ「だって、すぐしたいって言うから」

俺はまゆみを抱きしめた

まゆみ「◯◯くん、チュウしたい」

まゆみは、Mだった。

俺「まゆみ先生、エッチなおっぱいだな~俺の好きなようにしていい?!」

まゆみ「うん、◯◯くんの好きなようにして」

そう言われ、まゆみのおっぱいを揉みながら乳首をつまんだりした。

まゆみ「だ、だめ、もう私入れてほしいの」

俺「ちゃんと、ほら、何がどこに欲しいのか言って」

まゆみ「だから…笑 まゆみのオマンコに◯◯くんのおちんちん欲しいの~」

俺「じゃ、バックで入れてあげるよ」

そしてまゆみとその後2回戦をして、俺は帰宅した。

夜寝る前にテレエッチをして、翌日からもまゆみとエッチをした。

2週間しかまゆみはいなかったが、俺は高校卒業後まゆみのいた大学へ行き、まゆみと一緒に同棲をして、去年結婚をして、今は子供も2人でき、幸せな毎日を送ってます。

そして、年明けにはまた子供も1人増える予定です。

まゆみに出会えてよかった。

主(*´Д`)ハァハァ<教育実習生と学生の恋から夫婦になるなんてロマンチック♪

コメントを残す