【 学生時代えっち体験談告白】最強ヤンキーの女とバレたらヤバい筆おろし体験!

【後輩との体験談】高校時代、ケンカの仲裁をしてくれたのが最強ヤンキーの友達。彼がバイクを乗っている間、その彼女と…
ヤンチャだった高校時代。友達のケンカの仲裁を頼んだのは、最強と呼ばれるヤンキーだった。そのヤンキーとは仲が良くなり、自分のバイクに乗せてほしいと頼まれた。ヤンキーの部屋に、ヤンキーの彼女と2人きり。童貞だということを告げると、彼女は…
57eiki00009jp-14

高校時代のエロバナ。

仲間内の一人が、マンモスヤンキー校として悪名高い、M工の奴ともめた。

仲裁を頼んで紹介されたのが、最強ヤンキーの呼び声高い、S君。

別に番とかそういうのないけど、S君には多分誰も逆らえないってんで。

それでS君ちに行ったときに、彼の彼女もいたわけ。

まだjc3だけど、アイドルみたいにかわいいし、ヤンキー、不良少女特有の色っぽさ?

さすがに最強ヤンキー、彼女も違うぜ…と思った。

それが、俺の筆卸しの相手だった。

会ってみるとS君はとってもいい奴で、仲裁をこころよく引き受けてくれて、仲良くなった。

んで俺が乗ってきたバイク(兄貴のだけど)をすごく気に入って、乗せてくれっていうんで、OKした。

「1時間くらい乗せてな」

といわれ、びびりも入ってた俺は

「いいよ、待ってるから」

とS君の部屋で、彼女と二人で待つはめになった。

さすがに最初気まずかったが、彼女の方から話しかけてきた。

名前はRちゃん。

「T高なん?頭いいんやね…。」

「いや、すでに落ちこぼれやし…。」

「彼女とかおるん?」

「おらん。恥ずかしいけど、女と付き合ったことない」

「うそお?カッコいいのに…。じゃ童貞なん?」

いきなり。

さすがヤンキー。

「どころか、キスもしたことないわ」

「ええ~?本当に~?あははは」

こんなにかわいい美少女jcに笑われて、よけい凹む。

顔を離すと俺の胸にしなだれて、笑った。

「ねえ…。ちょっとだけ触ってもええよ。胸。」

俺は答えられなかったが、おそるおそる胸に手を伸ばした。

もう言われるがままだった。

小さな体の割りに決して巨乳じゃないけど、しっかりとしたふくらみにTシャツの上から掌をかぶせていった。

感触を楽しむとか言う余裕はなく、どう触ったらいいのかとかRを怒らせたくないとか、そんなことばっかり考えてた。

Rはうつむき気味に、まだ俺によりかかったままで、されるがままになってた。

声とかは出さないけど、息遣いのリズムが俺の手にあわせて、時折乱れた。

「立っちゃった?」

すっと顔を上げて聞いたRの手が、俺の股間に伸びていた。

「あ~立ってるやん…」

「そら、こんなことしてたら立つわ。」

「ねえ…。出させてあげよっか」

「え…?」

「セックスはダメやけど。私が裸になってしたげるよ」

えーーーー!

「で…。でもS君に悪いわ」

「だからセックスはせんよ。私、Yの友達にもしてあげたことあるよ。

セックスまでせんから、浮気じゃないもん」

どんな理屈や。

思いながらも、俺はその気になりかけていた。

「けどS君帰ってくるんやない…?」

「1時間っていったやろ。2時間は帰ってこんよ。いっつもそうやから」

「そうなん?」

RはもうTシャツを脱ぎ始めた。

そして立ち上がると、デニムのスカートも足元に落とす。

あっけにとられて見とれている俺に

「なに~。O君(俺の名前)も脱いでよ…。」

と笑いながら言う。

お互いマッパになると

「じゃあ、えっと、O君寝てくれる?」

と言う。

俺が横になると、添い寝するようにしてキスしてきた。

Rの裸はなんつーか、とにかく白かった。

小柄で華奢なんだけど、胸だけはエロく隆起してた。

キスしながら俺のちんこに手を伸ばし、さおをしごきだした。

熱くなった俺のさおに、Rの小さな手がやけに冷たく感じた。

「気持ちいい?私のも触ってええよ」

俺は白い胸に手を伸ばし、今度はしっかりと感触を楽しみながら、もてあそんだ。

「下も触りたい…?」

「う…。うん」

俺に沿うように横向きに寝ていたRが、上側になっている足のひざを曲げて股を開いた。

薄い…。

柔らかそうな陰毛だ。

体勢が悪いせいか手が中々届かないが、必死に手をのばし、その部分にタッチする。

「ん…。やさしく…。な」

その時は童貞なのでわからなかったが、今思えば濡れてはなかったと思う。

指先で割れ目を感じ取る。

割れ目に沿って、ただ指を上下させた。

「ふ…、ん…。ゆっくり」

Rは俺のさおを、相変わらずゆっくりしごいていた。

そのリズムに合わせるように中指を動かすと、段々指先に熱さを感じ、それが愛液だということに気づいた。

「ん…。ねえ、フェラチオしたげる。あんまり上手くないけどな」

俺はRの小さな顔が、俺のさおに近づいていくのを、じっと見つめていた。

小さな口に、俺のものが飲み込まれた。

茶髪のすきまから覗く、シャープで小造りなあごのラインが異様に美しく思えた。

無言で、ゆっくりと上下に、顔を振り始めた。

俺のさおが一振りごとに、Rの唾液にまみれていくのが見えた。

こんなかわいくて小さな子に、俺のグロテスクなものが飲み込まれている光景に、異常に興奮した。

刺激よりも視覚で、俺のものはたぎりまくっていた。

「…な、シックスナインしてみる?」

と言うと、Rは向きをかえ俺の顔をまたいだ。

俺の目の前に、初めて見る女のまんこがぱっくりと口を開いた。

「O君もして…。な」

と、また俺のさおを小さな口に収めていく。

俺は小ぶりなRのヒップを両手で抱えると、下から口をそこへ近づけていく。

瞬間ふわっと、かすかな甘いにおいが漂ったような気がした。

「ふ…。ん…、ん…。」

りゅっりゅっりゅっ

ぴちゃっぴちゃっ

S君の部屋に俺とRのくぐもった息遣いと、お互いのものを舐める唾液の音だけが響いていた。

(この子はあんまり声を出さないな。こんなもんなのかな?)

と思って、はっと気が付いた。

ここはS君の家なのだ。

すぐ2階に上げられたからわからなかったが、もしかしたら1階には家族がいるのかも知れない。

そんな状況で、こんなことしてることに俺はひときわ興奮して、更に激しくヒップを引き寄せくちびるを強く押し付けていった。

「ふわ…。あ、ああぁ。激しい」

一度口を離して、Rは言った。

そして手コキしながら、

「どう…。?いけそうなん?」

正直なところ、痛いほど勃起して興奮はMAXだったが、いける感じではなかった。

「無理かもしれん…。なあRちゃん…。俺」

「したいの…?セックス」

「う、うん…。」

「ゴム、もっとる…?」

もってるわけない

「あ、いや…」

「ないん?……いっか、はじめてやモンね」

「え…?じゃあ」

「ええよ。入れても。

…どうしたい?私が下になろうか?」

「あ…。うん」

ついに念願の初体験である。

何が何でこうなったのか自分でもよくわからんが、もう止まれなかった。

クッションを枕にして、Rが横たわる。

そして足を開くと

「はい。ええよ」

と目を閉じた。

俺はさおを握り、Rの股間めがけて近づいていく。

亀裂に亀頭をあてがい、いまやすっかり濡れているそこを何度か上下させると、すっと抵抗の弱まるところがあった。

「あ…。そこ…。そのままきて…。」

膝をつき股を開くようにして高さをあわせると、そのままゆっくり腰を突き出していった。

「ん…。」

瞬間、亀頭を締め出すような抵抗があり、それを過ぎると暖かくなめらかなものに包まれ、今度は吸い込まれるようにRの中へ進入していく。

「んん~」

眉根を少し寄せながら、Rが俺の侵入に反応する。

「うわ…。あったかいな」

「やっぱおっきい…、やさしく…。な?」

薄く目を開け、下から俺を見上げながらそういった。

初挿入の緊張をとかれると、俺に組み敷かれた格好になっている裸のRの姿を、あらためて見る余裕ができた。

やっぱり、めちゃめちゃかわいい。

細く小柄で白い体に、そこだけ不釣合いな形のいいバスト。

小さな顔は童顔なのに、どこかすごく色っぽい。

(俺、こんな子と今セックスしてるんだ…。)

気が付くと、無意識のうちに腰を前後に振り出していた。

「ぅん…。ぅんふ…。ふぅ」

俺の動きに合わせ、Rのあえぎとも息遣いともとれる声がもれる。

やはり、声をおさえているようだ

「O君。ぅふっ…。気持ち…。いい?」

「うん、すっげえ…、気持ちいい」

「ふふ~」

下から華奢な両腕を伸ばし、俺の肩を引き寄せる。

ぬちゃっぬちゃっ

お互い声を殺しているため、俺のちんこがRの愛液にまみれる音がいやらしく響く。

「んふぅ…。んふ」

Rに抱きよせられ、顔を交差させた俺の耳元で、押し殺した声が聞こえる。

頬をすりつけるように首をひねると、キスしてきた。

「ん…。ん~・・ん」

まんこを貫かれながら、必死に小さな舌をからませてくる。

俺は少し腰の動きを小さくしながら、Rの舌を吸い取った。

密着した上半身には、Rの固くとがった乳首の感触が上下していた。

快感とあまりの刺激に逝きそうになる。

「ん…。今度は後ろからがいい」

口を離すとそういって、上にずりがって結合をとき、四つんばいの格好になった。

「はい…。きて」

腰からヒップのラインがとても美しい。

俺は両手でRの腰をつかむと、膝立ちで再び進入した。

濡れ濡れになったRのまんこは、手をそえなくても、すんなり俺のものを飲み込んでいった。

「ん…。あ、いい…。バック好きなの」

その言葉に、俺は狂ったように腰を打ちつけていった。

ぱんぱんぱんという、肉と肉の打撃音が響く。

「あん、だめ、ちょ…。激しいよ」

かまわずに突きまくった。

「あ…。ああ!…。声、でちゃう。」

Rはクッションに顔をうずめ手を口に当てて、声を押し殺した。

でも、ヒップは余計に無防備に突き出された格好になり、心持ち俺のほうへ押し付けてきている。

「ん~ん~ん~!…。ん!」

はじかれるようにRが倒れこみ、ちんこがまんこから放り出される。

「もう、激しいってば。聞こえるやん…。」

くるりと体を上向きにして言う。

「もう一回前からきて」

両手を差出し、挿入をねだる。

そしてもう一度Rを犯すと、今度はゆっくりと腰を動かしていった。

「聞こえる…」

それはやばい。

殺される。

「あ…。ん…。んふっ…。」

控えめなあえぎをもらしながら、気持ちよさそうに目をとじている。

ゆっくりと抜き差しすると、Rのまんこの感触がリアルに俺のちんこに伝わってきた。

「Rちゃん…。いきそう」

「出そう?…。ええよ、出して」

信じられないかも知れんが、その時俺の中に「外だし」という概念はなかった。

昔のことで、AVとかも擬似が多く、外だしを見たことない。

ゴムなしなら、中だしと思っていた。

Rもたぶん、そうだったんだろう。

俺「出る…。!出すよ…。」

思いっきりRの中にぶちまけた。

射精の痙攣が3度にわけて襲ってきたので、相当大量に出たにちがいない。

はあっはあっはあっ…。

お互いの荒い息を聞きながら、しばらくそのまま重なっていた。

R「さっ…。服着よ?…。帰ってくる前に…。」

突然、目を開けそういったRは、俺の下からするりと抜け出すと、さっさと下着を着け始めた。

さっきまでの余韻がうそのように。

(この子にとっては、大したことじゃなかったのかな…?)

服を着てしばらく話をしていると、バイクの音が聞こえてきた。

どやどやと階段をあがる音がして、部屋にS君とツレ2人が入ってきた。

ヤンキー仲間らしい。

紹介されて少し話をしたが、状況が状況だけに居心地悪い。

においとか残っててばれないかな…とか考えてた。

「ほな…。俺帰るわ…。ありがとうな」

話の切れ間を待って、そういった。

「ほうか。あいつらには言うとくけえ、またな。バイヨ…。」

立ち上がった俺を上目遣いに見ながら、悪戯っぽく微笑んだRが膝の上の手を2回にぎにぎした。

しかし俺は、その下のふとももの白さにまた目を奪われた。

バイクを走らせながら思った。

「Yの友達にもしてあげたことある」

もしかして、さっきの2人のうちどっちかだろうか。

そしたら、全部そいつにはばれてるのかもしれない。

主(*´Д`)ハァハァ<彼女に何人の男が筆おろされたんだろうね!

コメントを残す