【 学校えっち体験談告白】水泳の授業中、隠れて女子のパンツを漁っていたら…

【同級生との体験談】女子の脱ぎたてパンツに興奮していた小学生時代。水泳の授業中、トイレに抜け出した後…
小学生の頃、水泳の時間に着替える女子の姿に興奮を覚えていた。どうにか着替えを見えないかと画策するも、逆に脱いだパンツに興味が移っていた。ある日、便意を催した彼は保健室に行くことに。トイレだとバレて保健室を追い出された彼は、無人の教室へ…
504ibw00289jp-9

俺が小○校の時の話なんだけど、プールの時間は教室で着替えてからプールに行く事になってたんだよね。

記憶が曖昧だけど、更衣室がずっと工事中だったんだよ。

んで、夏なんて毎日プールの時間があって、俺は水泳なんて嫌いだったんだけど、着替える時間はもちろん大好きだったよ。

5年生位になると、それなりに発達してる娘もいたりしてさ。

もちろん女の子は絶対に見えないような、すごい難しそうな水着の脱ぎ方とか着方とかしててなかなか見えないんだけどね。

小○生ん時プールがあった人ならわかると思うけど、あの、マントみたいなタオルで隠れながら水着ぬいだり、パンツの上から水着着て、水着着た後にパンツを引き抜く?みたいな方法とかね。

だけどさ、俺の学校だけじゃないと思うけど、席順てのはだいたい男女が隣になるようになってるじゃない?

どんなに隠そうとしても、ずっと見てるとそのマントみたいなタオルの後ろから、ときどき、かわいいおしりが見えちゃうのよ。

もちろん、見てるのがばれると男女両方からすごい非難ごうごうだからじっくりとは見れないんだけどさ。

だけど、俺はもっと間近でエロを感じてみたかったんだ。

一瞬だけチラッと見えるだけじゃなくてさ、もっと体いっぱい味わいたかったんだよ、エロい気持ちってのを。

そこで、俺は考えた。

発想の転換だ。

「おっぱい」や「おしり」には手が届かないけど、エロいという点では負けてないもの=パンティー。

当時ドラゴンボールの影響でほかほかのパンティーというものに、ものすごい興奮していた俺は、なんとかパンティーを手に入れる手段を考えた。

近所に住んでる女の子の家から盗むとかも考えたが、下着泥ボーになるのは危険も多く、失敗したときのダメージがかなり大きい事から断念。

それから俺は、毎日毎日パンティーの事だけ考えながら学校にかよっていた。

そんなある日、その日も授業でプールがあったのだが、水泳をしてる途中ふいに俺は、ウンコがしたくなった。

もちろん、俺の学校でも小○生にとってウ○コは大罪であり、

「先生!ウ○コしたいです。」

などとは、口がさけても言えなかった。

そこで俺は

「おなかが痛いです。」

とまるで盲腸患者のように、先公に相談。

保険委員につきそわれながら、保健室へと運ばれていった。

保険室のおばちゃんは俺がウ○コしたいだけなのを一瞬で悟り、保険委員を追い返した後、

「トイレ行ってプールにもどりな」

と言ってくれた。

保健室のおばちゃんを適当にあしらった後、速攻でウ○コをひねりだしスッキリした所で、俺は限界まで我慢したウ○コした後、すごい事に気付いた。

「このまま、プールに戻らなかったらどうだろう?」

と。

体育の先生は、俺が保健室にいると思ってる。

クラスのみんなもそうだ。

保健室のおばちゃんは、俺がプールに戻ったと思ってる。

つまり俺は、透明人間。

なにをやっても完全犯罪、そんな感じだ。

俺は、走った。

教室には、クラスの女子全員のパンティーがある!

もちろん誰もいない。

体育が終わる時間は、残り30分もある!

「よし!隣のクラスの分もまわる時間は、十分にある!」

俺は走った。

ガタン!!と扉を開けたい所だが、そこは慎重な俺。

静かに扉を開け、進入。

だいたいの席順はわかっていたが、とりあえず出席簿を手にして、かわいい女の子から順番に攻める事にする。

どこだパンティーはどこだ!?

目当ての女の子の席にきた時、そう思った。

周りを見回し、俺は理解した。

女の子はパンツを見えないように、服の一番下、あるいは、水泳バッグの中に隠しているのだと。

そんな女の子のもっとも恥ずかしい下着を俺は、俺は今かぶってる。

なぜそうしたのかはわからない。

だけど、俺は、真っ先に頭からかぶった。

今でもそうするだろう。

最初の一枚、俺がすごい好きだった、クラスで一番可愛かった娘のパンツをかぶった瞬間、俺は

「ちょっとオシ○コくさいな^^;」

と冷静に思った、がしかし、俺はすでに激しく勃起していた!

(俺の記憶で勃起状態の息子が出てくる最古の記憶は、この時である。)

俺はそのパンティー、もとあったように1mmの誤差もないようにもとに戻した。

が、すばやくまた手にとり、一応大切な部分の所を舐めておいてからもとに戻した。

それからの時間は、まさに酒池肉林。

俺はすげーブス、ブス、普通、可愛いすげー可愛いの5段階の女の子(2クラス分の女子で40人くらい)の内、すげーブス以外の女の子のパンツをかぶった。

口に含んで、よだれだらけにした。

履いた。

ちんちんにこすりつけた。

もーすごい気持ち良かった。

神に誓ってあの日が俺の人生で一番幸せだった。

ところが、である、、、。

俺がデザートにとっておいた、残り三人。

すげー可愛いというワケではないが、彼女達は身長が高くて、とにかくスタイルがいい。

当然ブラジャーの可能性がある!

俺のエロ友達の情報にも何度かその話題が挙がった事もあり、信憑性が高い。

今や教室の王である俺様が、チェックしてやろうとガサガサと調べだした。

ちなみにそのとき俺は、下半身裸だった。

もちろん勃起している。

頭には、パンツをかぶっていた。

幸せだった。

一人目の女はブラを持ってなかった。

厳密には、結構ブラをもっていた奴はいたが、ほとんどがスポーツブラで、そんな知識が無かった俺はただのシャツぐらいに考えていた。

一応舐めといたが。

二人目もなし。

この娘のパンツには生理用品がついていたのだが、当時の俺のはなんだかわからなかった。

そして、三人目のパンツをちんこにまいている時悲劇は起こったTT

「@@@@!!」

もの凄い勢いで、俺の名前を呼ぶおっさんの声。

担任のおっさんだった。

俺の心臓は止まってしまった。

「まだ後5分あったはず・・・」

あうー。

女の子二人が、おっさんの後ろにいた。

すごい可愛い娘で、俺が一番最初にかぶった女の子だった。

好きだった。

女の子達の目は、俺の頭のパンツと、いまだいきりたつ息子にそそがれていた。

平手打ちを食らった後、ズボンをはかされ、俺は職員室に連れて行かれた。

(中略。ボコボコにされて親呼ばれて、、、、)

担任のおっさんはできた奴で、俺がいじめられるといけないからと、二人の女の子に口止めしてくれた。

女の子二人もだまっててくれた。泣いて土下座した。

嘘泣きだったし、別に悪いとも思ってなかった。

(中略いろいろあった。)

昨日、その俺が好きだった女の子の結婚式で、その事をばらされました。

主(*´Д`)ハァハァ<ちゃんと最後にオチがあって素晴らしい!

コメントを残す