【学生時代えっち体験談告白】AV出演を噂されていた同級生とアナルセックス

【 同級生との体験談】大学でAV出演疑惑のあった女生徒と、たまたまゼミで一緒に。彼女と2人きりで居酒屋で飲んでいると、事実が判明
大学生の時に、学内に「AV女優がいる」と話題になった。本人であるかを確かめようとするも確証が得られず、その噂も風化していった頃。「ゼミに新しい子が来る」と先輩に紹介されたのが、AV女優を噂された子だった。彼女も周辺を嗅ぎまわってた事を知っており…
miad00785jp-6

俺は都内の私大に通ってたんだけど、その当時商学部の「ある」女子生徒がAVに出てるという、まことしやかな情報が流れ始めた。

俺を含めた当時の同級生は、真偽を確かめたくて情報の出所を確認し、そのVideoを買ってきた。

(当時はまだレンタルは無かったので)

「似てる」

だの

「別人」

だの騒いで盛り上がっていたが、それとは別に中身は結構過激な物だった。

モザイクで細部は見えないものの、最後は顔射でフィニッシュとか口内とか。

結局、静止画にして背中や首にあるホクロなんかを頼りに判別していったところ、ある女子生徒の名前が浮かび上がった。

で、商学部に乗り込み「商法」の授業なんかを受けながら、その女子生徒「鈴木さん」を必死こいて探しまくった。

結構な人数だから最初は見つからなかったけど、結局、もともと情報を知ってた奴から聞いて「鈴木さん」を発見。

つまんねえ授業を前の方で受けている真面目な生徒ぽかった。

こっちは5人いたので1人づつ毎週側に座って、例のホクロを探すことになったが、季節も秋くらいで肌ける様子が無い。

そうなると後は顔と声などで判別するしかないのだが、どう見てもそんな事が出来るような顔をしてないし、清純そうでかわいい。

そんなことを繰り返しているうちに、噂は沈殿化してしまい、俺たちの熱も一時期よりは冷めて

「結局うわさだったのかな」

という事で落ち着いてしまった。

それが大学2年頃だったんだけど、3年からはキャンパスが移動になって、また新たな学生生活が始まった。

鈴木さんの事など忘れていた俺は、とある場所でバッタリ会うことになる。

それは大学のゼミでの飲み会で、違う学部ながら同じ小さなゼミに入ったことを知り、確かに先輩が

「すげーかわいい娘が入ってくるから、お前も●●ゼミにしな!」

と言っていた対象が、その鈴木さんだったのだ。

「はじめまして」

と言った瞬間から、どうもAVを思い出してしまい顔が赤かったらしく、先輩からは

「何、照れてんだよ!」

とか馬鹿にされつつ、でも鈴木さんは何か言いたそうなんだけど、先輩たちは全員鈴木さんと仲良くなろうと、講釈をたれまくってる。

3時間くらいの飲み会は一瞬で終わりに近づき、鈴木さんが話しかけてきたのは最後の最後、5分くらい。

「前にわざと隣に座ってきたよね?

●●キャンパスの頃?

噂も流してたでしょ?」

と。

俺は当然困った。

これからのゼミ生活もあるし、こんなかわいい娘に嫌われたくないし、って。

でも追求の手を緩めようとしないし、とても「知らない」では済まされる雰囲気でもなかったから正直に話した。

噂を聞いて、Video買って、ホクロの位置を・・なんて細かいことまでを数分で纏めて話した。

鈴木さんは顔色を変えることなく

「あとで解散したら東口に来て」

と。

ゼミのメンバーと南口付近で別れた後、俺はすげぇ怒られるのかな、と覚悟を決めて東口へ直行。

そこで暫く待って、鈴木さんが程なく階段を降りてきた。

俺が

「さっきの話なんだけど・・」

と先に謝ろうかな、と思ったら、

「とりあえずどっか入ろう」

と言われて居酒屋に入った。

入って暫く関係の無いゼミの話とか、自分の話とかして、少ししてから鈴木も少し酔ってきたみたいで

「首と背中みたい?」

と突然言ってきた。

ちょっと笑ってたから俺も、

(なんだ、結局違ってたのか・・)

と思って

「みたい、みたい!」

とノリで答えた。

彼女は俺の首を背中の方に持ってきて、自分でブラウスの隙間を広げて・・・。

そこには紛れも無く、何回も静止画で確認したホクロがあった。

本当にあったので、死ぬほどびっくりした。。

「どう思う?

たまたまだと思う?」

とか聞いてくるから「いや、、」

と俺は口ごもった。

彼女はちょっとニヤリとした表情を見せてから、

「出てたわよ、今も、たまに仕事してるよ」

「・・・・」

あまりにもあっけらかんと言ったので、俺は驚いて口から日本酒を噴き出しそうになったが、同時に鈴木さんのVideoを思い出して勃起してしまった。

目の前の唇が男根を咥えて、その口からは唾液をだらだらこぼしてたのか・・・と思ったらやっぱり興奮してしまう。

鈴木さんは少し酔っ払ってる。

俺も少し酔ってる。

当然、男が考える事は同じただ。

(黙ってる代わりにやらせてもらえないかな?)

「やらしいこと考えてるでしょ?」

と鈴木さん。

「そりゃそうだろ」

と答えるしかない俺。

「やらしい女だと思ってるでしょ?」

「うん、少しはそう思う」

「で、どうするの?」

「いや、、」

どうするって言われてもなあ。

ちょっと気まずいというかドキドキする時間が流れた後、彼女が、

「エッチが好きで、それで稼いで悪い?」

と真顔で話しかけてきた。

「悪くないよ、俺もセックス大好きだよ」

見当違いな返しだったかな・・・。

でも、なんか妖しい展開。

「じゃー、ああいう私も認める?」

「当たり前だよ、認めまくるよ俺」

と即答。

少しづつ顔がほころんできた鈴木さん。

「今も美加(下の名前)のいやらしいこと考えて興奮してる?」

「おう。してるよ」

とか大人ぶった感じで対応する俺。

きっとAV業界だから周りは大人の男性ばかりなんだろうな、と思って。

そのとき、鈴木さんが下の方でゴソゴソし始めた。

(えっ・・・)

掘りごたつの中から彼女のつま先が俺の内股に入ってきて、股間を触れようとしてくる。

起ってた俺は恥ずかしかったから後ろに引こうと思いつつも、隣との境界壁でいきどまり、鈴木さんのつま先が、硬直してる俺の股間を下から上に擦ってきた。

鈴木さんは

「嬉しいよ。」

と笑ってる。

「恥ずかしいだろ」

って強がってみる俺に対して

「恥かしくないよ。私も濡れてるよ。」

と鈴木さん。

「美加としたい?」

と間髪置かずに尋ねられて、

「当たり前だろ」

と俺はやっと本心を吐き出すことができた。

でも、

「だめ。」

という鈴木。

何で? 何で? 何で?

「真剣じゃないから」

と鈴木さん。

えーっ。

「し、真剣にセックスしたい」

とまたもや見当違いな返答をする俺に、

「美加のカラダと美加自身、どっちに興味があるかわかりやすいもん」

と鈴木さん。

「愛してる」

と安直な俺に対して

「だから嫌」

と鈴木さん。

「我慢弱い人は嫌い」

って言われて、興奮して混乱してる俺は早漏の事も含めて言われているのかと勘ぐって、

「根性あるし、我慢強いよ!

絶対我慢!」

ともう滅茶苦茶な返答ばっかり。

鈴木はその間も股間を触ってきてて、トローンとした表情をたまに見せる。

弄ばれ続けてきた俺はちょっとキレて、

「じゃー、そうやって誘ったりすんなよ。」

と足をどけさせた。

鈴木さんは

「ふーん、じゃいいんだ。」

と平気な表情。

「だってさ、、」

と言おうと思った瞬間、

「ねぇ、いまここでイカせてくれたらいいよ」

「・・?」

「下に入って出来るでしょ?」

「でも店員さんが・・」

「見えないよ、嫌ならいいよ。」

という流れで、生まれてはじめて魚民の掘りごたつの中に体を沈める事に。

俺が下に入ると、鈴木さんはわざと腰を前に押し出してきた。

右手では卓上の食事を食べたり飲んだりしてる振りをして、左手で自分のパンティを横にずらしてる。

俺はあの鈴木さんの局部が目の前にあるだけで興奮して、左手で自分のをしごきながら右手で、ずれたパンティから見える鈴木の局部をいじり出した。

既に濡れまくってる鈴木さんのアソコはピンクというより充血して真っ赤に見える。

(少し暗いのではっきりとは見えないけど)

指を入り口に這わせると、彼女は器用にもパンティをどけてる左手の指で自分のクリを摘んだり、こすったりし始めた。

それを目の当たりにして俺は、一回出してしまった。

鈴木さんも興奮し始めたのか、次第にクリだけで無くて周辺部分まで擦りだして、目の前でベチャベチャ音をさせてこすっている。

俺も当然彼女のクリと指を一緒に舐めようとするんだが、頭に机の下部分が当たって、ガタガタ音がしてしまうので、鈴木さんのアソコに指を入れる事に専念した。

中指と人差し指を第二間接から折り曲げ、グッチョングッチョン音を立てながら出入りさせていると、鈴木さんは

「うぅうう・・」

とうめき声をもらし始めた。

彼女は空いている俺の左手を引っ張った。

胸を揉めばいいのかな、と思って外に出そうとすると、胸ではなくお尻の穴付近に誘導された。

右手は二本の指が鈴木の局部をかき混ぜて、左手は中指が鈴木のアナルをさすってる状態だった。

が、鈴木さんがアナルをさする手を掴んで引っ張る。

どうも指を入れてほしいみたいだ。

ちょっとためらったが、俺は鈴木さんのアナルにズブリと指を突き刺した。

その直後、ガタン!と音がした。

伸び上がって顔を出してみると、鈴木さんは呆然とした顔で、しかもはぁはぁしながら小刻みに肩を震わせている。

俺は擦れて痛いひざを摩りながら、怪訝な顔をしている店員と顔を合わせない様にするのが精一杯だった。

「気持ちよかったよ・・私どうすればいい?」

と鈴木さんがトロンとした顔で聞いてきた。

「今からちゃんとしたとこ行かない?」

と強気なおれ。

「お金かかるから、うち来ない・・?」

「そうしようっか」

と答える俺。

もうあの鈴木の濡れた局部を見たら、入れたくて入れたくて仕方無かったし、ひょっとして鈴木さんはアナルにも興味があるのかな?なんて想像してドキドキしていた。

お店を出て、すぐにタクシーに乗って彼女のマンションへ。

小奇麗な9階建の最上階にある彼女の部屋は、やはり普通の学生が住む感じよりもハイレベルなものだった。

タクシーの中からお互いでいじくりあってたので、部屋に入ったらすぐに服を脱ぎ始めた俺と鈴木さん。

掘りごたつの下で制限されていた俺の体は自由を得て、思いっきり鈴木さんをいじくりまわした。

ゼミで大人気の鈴木さんが俺の前でハダカで、ケツの穴まで触らせている。

そう考えるだけで勃起が止まらず、先から我慢汁が流れてきた。

それを察したのかたまたまか、鈴木さんが、

「すっごい気持ちよくさせてあげる。

しゃぶってあげる。

すごいいっぱいしゃぶってあげる」

と言いながら俺の上に乗ってきた。

鈴木さんはまず、先の方を触るか触らないかのタッチで摩り始めて、俺に見せるように上からタラーっと唾を垂らした。

唾を広げてまぶすように両手でチンポを撫で回して、全部分を濡れた状態にした。

その上で上から咥えこんできた。根元までしゃぶったと思うと、それを自分の内ほほで擦って、更に俺のアナルに指を伸ばす。

玉袋も同時に触られてた俺は必死で我慢を続けたが、アナルの中に彼女の指が入ってきた時に、生まれて始めての絶大な快感が全身を駆け巡り、すごい声をあげて鈴木さんの口の中に出してしまった。

彼女は

「おいしい」

といって飲み込んだけど、そのままアナルに入れた手は抜いてくれない。

さらに、そのままもう一度今度は人の顔を下から見ながら舐め始める。

恐ろしくかわいい顔をした鈴木さんが目をぱっちり開けて、俺のチンポを咥えてる。

その景色だけでイキそうなのに、アナルの中では彼女の指がうごめいていて、もう俺はその後も我慢できず、鈴木さんの中で発射をしてしまう。

2回果てたところでやっとアナルから指を抜いてくれ、チンポを綺麗に舐めあげる鈴木さんに、俺ははまりまくった。

「すごいね・・」

と言うのがやっとだったけど、鈴木さんは

「もう立たない?」

って笑ってる。

「まだ大丈夫だよ。」

と強がる俺に

「じゃ、触らないで起たせてあげる」

と言い始め、俺をベッドに残して、一度居間に消えた鈴木さん。

戻ってくると、彼女は素っ裸で椅子に座って股を大きく開いた。

彼女は左手で局部のビラビラを広げて、自ら右手でクリトリスを擦りだして声をあげる。

顔を真っ赤に紅潮させて、居酒屋では我慢してた声を上げてズリュズリュッと擦る。

彼女の触り方は、一般的な優しいオナニーでは無くて、激しく荒っぽい触り方をする。

「ねえ、私やらしい?

やらしいよね?」

と聞いてくる鈴木さんに対して、

「すごいやらしいよ。」

と当然俺は答える。

鈴木さんはクリに自分の指を押し付けてグリグリ回しながら、片方では自分の中に指を折り曲げて入れだし、

「ほしーよ。。ほしいよ!」

と大声を上げる。

言われた通り、俺のチンポは、居酒屋を含めると4回目の勃起。

もう滅茶苦茶にしてやろうかと思うほど興奮してはまった。

椅子から持ち上げて、逆に自分が椅子にすわり、鈴木さんを上に乗せてズブズブと挿入。

中の吸盤が吸い付きつつ、鈴木さんもわざと締め付けてきているので気持ちよすぎる。

鈴木さんは奥まで入った事を確認して、椅子の背もたれをつかみながら、上下では無くて前後に激しく腰を動かす。

部屋にはギュシュギュシュッとした音と鈴木さんの喘ぎ声が響きわたり、

「いくの。いくの、いっていいの?」

と半分泣いてるような声で叫び、答える前に鈴木さんはガクガクさせて俺の上で果てた。

鈴木さんの中から俺のドロドロした液体がこぼれてくるのがわかった。

その日はそのまま朝まで二人で裸で寝て、次の日は学校を休んで昼からまたやりはじめた。

エスカレートしてきた俺は、その日の夕方3回目くらいの時に、鈴木さんにベッドの縁に手をつかせて四つん這いにし、チンポは局部の入り口を摩りながらも、指を1本アナルに入れてかき回してみた。

思った通り彼女は声にもならないうめき声をあげながらアソコを濡らし、もう1本加えて2本入れた時には悶絶しはじめた。

俺は局部にあてがっていたチンポをお尻の穴に移動させて、鈴木さんの反応を確かめた。

抵抗する感じは無く、むしろお尻をこちらに突き出してきたのを確認して、俺は一気に差し込んだ。

初めてのアナルは想像よりもきつくて驚いた。

根元がグゥっと締まり、奥は思ったより空洞といった感じ。

入り口近くで出し入れを繰り返すと、アソコとは違ったきつい感じがだんだんと良くなってくる。

鈴木さんもさすがに新鮮な物らしく、最初は悶絶しているだけだったがだんだんと興奮してきて、

「アソコにも手を突っ込んで!」

といい始め、チンポをアナルに入れながら、右手の指を3本、鈴木さんの局部に入れる体位になり、二人とも2回大声を上げてイッた。
部屋には嫌らしい匂いが充満してた。

その後、鈴木さんとは4日間連続で同じような事を繰り返した。

当然恋仲になった俺と鈴木さんだったが色々あって2年後には別れてしまった。

あれほどのセックスは26となった今でも経験出来ないし、忘れられず、ゼミ仲間を通じて連絡先を聞き4年振りに手紙を出してみた。

手紙に書いておいた携帯電話に連絡が来たのはその2週間後で、鈴木さんは結婚していた。

それなりのショックを受けながらも、再開を望んだが彼女にとっては良い思い出らしく、

「あの時が最高のセックスだった」

と言ってくれたが、結局会ってはくれなかった。

まあ、俺も今ではいい思い出です。

主(*´Д`)ハァハァ<同級生にAV女優がいて、しかもHできるなんて、貴重な体験!

コメントを残す