【学校えっち体験談告白】オナニーに目覚めたJCが、学校でこっそり…

【後輩との体験談】友達にオナニーを教えてもらってからというもの、オナニーにかけ暮れていた頃。ある場面を見てしまい…
オナニーを覚え始めた中学の頃、毎晩処女膜に気を付けながらも、オナニーの気持ちよさにハマっていった。すると、学校にいるときでも女子の胸が気になったり、男子の股間が目に入ってしまうように。ある日、水着姿でクラスメイトがレズごっこを見た瞬間…
h_227jump04009jp-1

私がオナニーを覚えたのは、中学校に入ってからでした。

確か体育大会の騎馬戦で、騎馬の子の腕に跨って練習したときに、激しく揺れ動くとブルマ越しにアソコがジンジン来てたのを覚えています。

最初は何か変な感覚でしかなかったけど、いつしかアソコを触るようになり、その行為がオナニーであると知ったのは、友達が教えてくれたからでした。

性への意識が高まるようになると、私の視線は度々男子の股間に向くようになり、特に体育の授業などで男子が短パンになったりしていると、どうしても意識しているようになっていました。

次第に私の性欲はエスカレートしていき、処女膜は傷つけないよう注意していましたが、夜、布団の中でアソコをこすっては止めてを繰り返し、パンツをベタベタにしてしまうことも多かったです。

そのうち友達も同じようにオナニーしてるのかな、という好奇心に駆られていました。

部活のときは(テニス部でした)友達と柔軟体操するときでも相手のブルマ越しにアソコを見たり、胸の膨らみに目がいったり・・・毎日モヤモヤしていました。

一度、水泳の授業が終わってみんなで更衣室で着替えていると、女子の数人が端っこでレズごっこをしていました。

1人の子が集団で体を触りまくられて、

「キャア、イヤン、アッ・・・」

なんてふざけてじゃれあっていたのですが、水着を脱がされると女子のほとんどが回りに集まって、オッパイやマンコを見ていました。

私もイタズラのフリをしてその中に入り込み(内心はドキドキでした)、彼女のマンコを集中的に触りだしたのですが。

次第に彼女が本気で抵抗し始めて私に反撃をしてきましたが、やっぱりスクール水着の上から触られただけでも感じてしまいました。

その日の放課後でした。

女子同士のイタズラで性欲も高まっていたのだと思いますが、部活に出ると練習の前に部員が、スコートをめくって相手のブルマ下ろしをしていました。

盛り上がっていましたが、それを見ていた隣の男子テニス部の子に女子が気づいて、その子のジャージを脱がし・・・・。

それどころか勢い余ったのか、短パンとパンツも足元まで下ろされてしまい、うっすらと毛が生えているチンチンが、私にもハッキリと見えました。

その男子は明らかに下級生で、エスカレートした女子はその子がジャージを穿き直すよりも早く、チンチンをいじり始めしごき始めて、あっという間に大きくなっていました。

私はじっと真剣な目つきで息を呑んで見ていましたが、女子たちの手にさらにスピードが加わり、男の子は

「わーーん」

と泣き出すと、白い液を強烈に放ち上げました。

・・・もう私も限界でした。

速攻でトイレに行き、ブルマの上からマンコをさすり始め・・・驚きました。

いつも以上のヌルヌル液がどんどん垂れてきてしまい、オッパイも軽く乳首を触るだけで、体がビクンと震えました。

私はスコートをまくり、ブルマとパンツを足元まで下げてマンコを撫で始め、ヌルヌルがあふれ出すとクリにこすりつけて、一気に猛スピードで指を動かしました。

男の子のさっきのチンポや、ブルマ女子のしごき上げを思い出して・・・体が自由に動かなくなり、頭の中がサアッとぼやけて、真っ白になったとでもいうのでしょうか。

全身に強烈な波が駆け巡るような感じで、電流が走ったようにビクンッ!!!と震えて、急に体から力が抜けていきました。

しばらくは体がガクガクとして動けずに、軽くマンコをさわって、ボーッとしていました。

あれが始めてイッた経験でしたが、しばらくすると私は何度もトイレでオナニーを繰り返し。

回数を重ねるごとに時間がかかるようになっていましたが、部活をサボって何度もイクまでオナニーを続けていました。

その後、3年生になった私は下級生の女子を捕まえては、相手のセーラー服のスカートを捲ってはブルマの上からこすり上げ、何人かの後輩をイカせました。

というより、1年生のウブな子にオナニーを教えていました。

最初はみんな抵抗するけど、気持ちよくなって最後イッてしまうと、後輩はおとなしくなる子が多く。

中にはイク時に、私にギュッとしがみつく子もいたぐらいでした。

今でも中学時代を思い出しては、オナニーをする毎日です。

主(*´Д`)ハァハァ<多感な時期は、変態的な行為にも目覚めやすいのかな?

コメントを残す