【学生時代えっち体験談告白】優等生の女子がいじめでアナル丸出しの刑!

【クラスメイトとの体験談】クラスでもまじめな女子がクラスの権力を握る女子にケンカを売られてしまい、皆の前で恥ずかしいところを露出!
高校生の時、クラスメイトで優等生の女子が、同じくクラスの不良女子に絡まれていた。クラスではそこそこ人気のあった彼女だが、不良女子の権威が高く、いじめられていく彼女を止めることができなかった。そして下半身を露出され、男子に尻を見せつけられることに…
post00391jp-4

俺が高校の時の話だけど、担任が休みで自習時間の事だった。

クラスの女の中で一番身体のデカイ青山ってのが、突然

「てめぇー調子に乗っているんじゃねぇ!」

って教室の後で叫んでいたんだ。

見ると青山とは正反対のクラスで一番ちっちゃい由香が、青山の仲間に髪の毛を引っ張られて教室の後のロッカーに引っ張られて、なんやかんや脅かされていた。

オレはタイプじゃなかったけど、由香は小柄で小動物系の真面目で大人しい感じの子だけどロリ顔の可愛い感じで、由香のこと好きだった男も結構いたんじゃないかな?

由香みたいなマジメ・優等生系が、なんで青山達に絡まれているのか理解に苦しんだが、オレも青山に関わるのが面倒だったり自分が絡まれたくなかったこともあり、比較的近くにいたが、ただ成り行きを見ていた。

クラスの他のやつらも、オレと同じ気持ちだったと思う。

だれも青山たちを、止めはしなかった。

誰にも止められない青山たちは、由香に

「ロッカーに手をついて、ケツを突き出せ!」

と更に脅かしをかけていた。

大人しい由香は渋々従い言われたとおり、頭は下に垂らし、ウマとびのウマのような姿勢を取っていた。

「なんだか変なかっこされるな…」

ってオレが思ったと同時ぐらいに、青山はそんな姿勢の由香のスカートを、背中までいきなり捲り上げた。

体育とかでいつも見ているとはいえ、スカートを捲くって見えたハフパン姿はケツを突き出しているためか、こんな状況であったのにもかかわらずドキッとさせた。

青山はさらに

「女の知らない奴!

いいもの見せてやるよ!」

と言い、危険な雰囲気を醸し出した。

クラスにはオレを含め、女子の約半分の10人ちょいの野郎がいたが、情けないことに女子の青山に逆らえずに、言われるがまま由香の周りに集まった。

オレは実は、クラスで女子の“いじられキャラ”といえばまだ聞こえがよいが、要はパシリ同然だった。

オレも青山のいいなりになっていることで、由香を助けてやれないことに屈辱を感じながらも、その反面では視線は由香の小さなケツに視線がいってしまっていた。

由香のケツは青山に言われたとおりに突き出しているために、パンツのラインもくっきりと見えた。

教室中が青山を称え、由香を苛めるような空気に周りもなってきた。

青山にはクラス中の奴は誰も逆らうことができないくせに、小柄な由香に対しては男の方も徐々に

「脱がせてみようぜ!」

と調子に乗って囃し立てはじめた。

オレも気持ちと反面、実は一緒になって囃し立てていた。

いくらなんでもそれ以上の行為はありえないと思っていたこともあったのだが…。

その言葉に反応したのだろうか、青山は両側に立っている仲間に目で合図をした。

阿吽の呼吸でm彼女達は由香のハフパンとパンツをいきなり膝上まで下ろした。

オレは正直驚いた。

ネットで女のマ○コは見たことがあったが、直に女のマ○コを見たのは実は初めてだった。

特に好きとかではないといえ、優等生の真面目なクラスの女のマ○コだ!

しかも、ここは学校の教室の中なのだ!

こういう状況下になってしまうのを期待していなかったといえばウソになるが、正直なところオレの想定外だった。

あらわになった由香のマ○コ…。

マ○コとその周りとその上にある肛門の周りには、柔らかそうな毛が数字の8の字みたいにビッシリ茂っていた。

マ○コと両膝で突っ張っている黄色とブルーのストライプのパンツ。

ガーゼのようなパンツのクロッチには、マン筋なのかウン筋なのか不明な線のような染みがあった。

その双方にしばらく見入ってしまったが、ふと我にかえると他の奴らは携帯のカメラを使って由香の下半身を撮りまくっている。

オレも

「こんなチャンスはない!」

とばかりに自分の携帯で、由香のありのままの下半身を何枚も撮った…。

露にされたばかりの由香のマ○コはピッタリと閉じていたのだが、時間が経つにつれて徐々に花が開花するというのか溶け始めたチョコというのか、グニャリという感じで崩れて開き始めた変化がオレでも分かった。

青山の仲間も由香の変化に気づいたようで

「何、濡れているんだよ!」

と指摘した。

図星だったのだろうか、どうなのだろうか、由香は半ベソながらも小さな尻を振って体をもがきながら

「もうやめて…」

と小さな声で泣いていた。

そんな由香などお構いなく、青山は

「おい!ドロンパ!」

オレは突然、青山に“あだ名”を呼ばれ、焦った。

“いじられキャラ”だったオレに、何かをさせようとしたがっているのは、すぐに察した。

青山は普通にオレに言った。

「由香のマ○汁舐めろよ!」

オレはみんなの見ている前では、そんな事はしたくないという気持ちが半分。

“いじられキャラ”のおかげで(?)、ロリ顔で頭脳は学年でトップクラスの由香のマ○コを舐められる嬉しさみたいな(?)複雑な心境だった。

ともあれ、情けないとは言え青山の言いなりになり、しゃがんで顔を由香の突き出した。

ケツの位置に合わせ、膝まで下りていたハフパンとパンツを右足から抜いた。

華奢な由香の尻は小さい尻だと思ったが、両腿を付けて尻を突き出しているためなのか、あるいは骨盤が横に広がっているためなのだろうか、華奢な由香だったがその時は由香のケツが意外とデカいと思った。

動きが止まっているオレに

「(女のマ○コ)舐めたことないのか?」

[shortcode]

図星だったが、青山に唆された。

オレは我にかえり、由香の尻の肉を左右に割り開いた。

女のケツに触ったのも勿論初めてで、その柔らかさにまずは感動した。

割り開いて茂った陰毛に、隠れていたマ○コを舐めてみた。

AVのように由香は、色っぽい声を出すことはなく泣き声が聞こえた。

よほどの屈辱なのだろう。

マ○コを舐めながら、鼻の位置に丁度由香の肛門が当たる。

正直臭かった。

おそらく朝に用を足したのだろう。

オレは心の中で

「優等生の由香でもウ○コは臭いんだな…」

と変に納得しつつ、ロリ顔の小動物系の由香の顔からはとても想像もできない、ウ○コの臭いに萌えてしまった。

それでも、マ○コを舐めているオレ…。

マン毛かケツ毛か分からないが、陰毛が数本舌に絡み、口の中に入る。

にがくて非常に不快な感じだった。

そのうちに舌で自分の唾液とは明らかに違う、すべすべした液体がマ○コからジワリと湧き出したのが分かった。

これもオレには初めての事で

「これがマ○汁か!?」

酸味のあるような味だった。

表現しがたい匂いもした。

初めてのクンニの経験だった事で当然まだまだ由香の匂いを満喫したのだが反面だったのだか、由香の尻に顔をうずめているのが息苦しくなってしまい。

一旦、尻から顔を離す。

青山が

「他に舐めたいやつはいるか!」

と言ったため、本当はまだ由香の尻に顔をうずめていたかったのだが、体裁も悪くオレは由香から離れた。

その後、由香は青山の仲間たちにサインペンをマ○コや肛門に入れられて、尻踊りを踊らされたりしていた。

教室でクラスの奴らの前でそんなことをされたことは、おそらく彼女の人生の中で最大の屈辱だろう…。

由香は青山たちに解放された後は、早退した。

その後、一週間ぐらい学校を休んだ。

「あれだけの事をされてしまえば、多分自主退学するかな?」

とオレは思っていたが、その後、何事もなかったように卒業まで登校していた。

成績も変わらず、上位をキープしていた。

卒業後、現役で大学に進学した気がする…。

これだけの事件だったが、不思議とこの件は学校側も特に何も問題とはならなかった。

あの日、由香がなんであんな理不尽な目にあったのが不思議だったのだが、後々の噂によるとどうやら青山の好きな奴が由香に告ったらしく、由香は受験優先でそいつと付き合ったりはしなかったようだが、青山はその腹いせで由香に屈辱を浴びせたようだ。

由香にとっては、災難だよな…。

まぁオレはそれなりに美味しかったけど。

あの時に口に入った由香の股間の陰毛と、その時に撮った携帯は、今でもオレの宝物でしっかりと保管している。

主(*´Д`)ハァハァ<おこぼれをもらえて、ラッキーだったかな?

コメントを残す