【学生時代えっち体験談告白】塾講師の大学生が生徒のJCとヤッちゃいました。

【先生との体験談】塾講師のバイトをしている男性の、生徒である女子中学生。彼女から突然お願いをされ、流れでHしてしまう。
塾講師として働いている男子大学生。担任制であるので、生徒とはもちろん仲良くなる。その中で、茶髪でギャルチックな女子中学生がいた。授業ではなかったが、偶然彼女と2人きりのチャンスがあった。勉強をしていると、彼女は自分のアソコが見たいと言い出す。
h_254spz00166jp-3

今から話す話は最近俺に起こった紛れもない事実です。

今19才の大学2年です。

18の頃から、とある個別の塾で講師としてバイトをしています。

その塾は担任制といって、ある子の担任になると毎回授業に入ったりと、特別に面倒を見る仕組みです。

僕の担任の子は中3の子2人なんですが、その一人のあかりという子について話します。

毎回授業に入っていると、やはりかなり仲良くなります。

勉強以外にも学校のことや友達関係など、いろいろなことです。

ちなみにあかりは最近は多く見かけますが、中学生のくせに化粧をし、軽く茶髪で服装は完全に裏原系で、どっから見ても高校生です。

顔は可愛いというか、美人なかんじです。

入塾当初は頭が悪くひどいもんでしたが、今はテストで80平均はとるようになりました。

そしてこないだの土曜日教室は、授業はなかったのですが作業があったため、行っていました。

教室には、おれと室長の2人。

そこへあかりが自習したいといって、教室へやってきました。

しばらくフツーに勉強を教えたりしていると、教室の電話が鳴りました。

他の教室からで至急室長に来てほしいとのことで、おれにあかりと留守頼むと言って出ていきました。

あかりと2人。

特に意識はしてませんでした。

またフツーに勉強をしていると

『あのさ〜聞きたいことあんだけど…。

先生ってヤッたことあんの?』

…突然、あかりはそう言いました。

あまりにも唐突だったため、おれは少し動揺して(ここからは会話式で)

『はっ?何言ってんだよ?』

『いいじゃんおしえてよ』

『じゃああかりはあんのかよ』

『……ないよ。』

『まぁ中学生だしなぁ〜あたりまえじゃん?』

『んでどっちなの?』

『そりゃああるよ』

『やっぱそっか…いつだった?』

『高2だよ!ってもうやめようぜ!

あかり自習しにきたんだろ!?

漢検近いんだから、ちゃんとやれよ!』

と言って席を立ち、作業に戻りました。

そして5分くらいしてから…。

『せんせ〜ちょっとわかんないから来て〜』

『あ〜?どこだよ?』

と言いながら近づく。

『あっ?さっきから1門しかやってないじゃん!

なにやってんだよ』

『先生。1つだけお願いしていい?』

『ん?なに?』

『…先生のちんちん見してくんない?』

『はっ!?意味わかんねーこと言ってないで、集中してやれ!』

『このままじゃ、全然集中できないんだよ!

見せてくれたら超集中するから!

だって、うちらが2人きりになるなんてもうないだろうし…今日しかないから!』

『………』

『お願い!』

『…見せるだけだからな!ちゃんと勉強しろよ?』

と言い、ベルトを外しズボンとトランクスを同時におろす。

ビンビンになっているおれの息子を見て、

『うわっ!変な形!キモッ!』

『きもいとか言うなよ!

じゃあもういだろ?』

と言いながらズボンを上げようとすると、

『待って!触らして?』

と言うと同時に、握ってきやがった。

思わず

『ぅっ!』

と声が出てしまい

『あっ先生、気持ちいんでしょ?

っつか堅っ!』

と言いながら、強く握ったり弱くしたりして、楽しんでいた。

どうやら、しごくのはしないらしい。

ここまできたらどーでもよくなって

『違うよ。こうすんだよ』

といいながら、あかりにしごき方を教えると…。

『先生エロいな〜』

と言いながら、しごき始めました。

おれは我慢できなくなり、立ったままあかりにキスをしながら胸を揉み、服の下に手を入れていました。

『あんっ、先生何すんだよ』

『おまえが悪い』

右手を下に持っていき、スカートに手を入れると

『イヤッ…』

と言うが、抵抗はゼロ。

パンツのなかに入ると、なんとそこはぐちゃぐちゃ。

あかりの息が荒くなっている。

『すごいことになってんぞ』

『人に触られるの初めてだから…あっ…いつもは自分で…あっん。』

『気持ちいんだ?』

『はぁ〜やばいよ…あっ…んっうっん…。

気持ちすぎるよんっ…ぁ〜これがんっ…欲しくなってきちゃったはぁはぁ…。

あっ…はぁ…入れて?お願い』

『…』

教室にはクチュクチュという音が溢れる。

おれあえて無視していると、

『はぁ〜無視すんなぁ〜早く入れろよぉ。

あ〜ん早くしろ〜おかしくなるだろ』

『えっ?なにをどこに入れてほしいの?』

『そっ…そんなの言わなくてもわらかるだろぉ』

『ごめん、全然わかんないわ』

指の動きを速める。

『うわんっ…やぁんやん……。

あっんあっ…ひぃんひぃひぃひゅっ…うっうざいんだけどっ…。

あかりのまんこにせんせいのちんこ入れてっはやくぅ…』

『あかりはエロイなぁ…机に手着いてうしろ向いてみ?』

『えっ、こう?』

次の瞬間…ズニュウとバックから生の挿入。

『あぁん!入ってくる。

太いよ。あ〜ん…』

『痛くないの?』

『全然痛くないよっ!早く動いてよっ』

『ほんとエロイ奴だなぁ〜ほらっ』

ガンガン付いてやる。

『やぁっ…あんあんんっんっ…んっんっん…』

さすがに締まりがよすぎてすぐイキそうになるので、いったん抜いてあかりをじゅうたんの敷いてある床に寝かせ、正常位で挿入。

『は〜ん…きもちぃ〜セックスっていい〜』

などと言いながら、動きに合わせて喘いでいた。

絶頂も近くなってきたので

『あかりイクぞ!』

と言い、ラストスパート。

『いいよ!先生中でイッテ!

あんあんあんっ…あっあ〜あ〜んいくっいくっはやくぅ。

あっあっんあっん〜』

さすがに中学生の教え子に中出しはまずいと思い、あと処理を考え、椅子に発射。

『なんでぇ〜』

と言っていた気がした。

乱れた服を整えながら

『先生ありがと。

気持ちかった!またしよっ』

と言いながらキスしてきた。

『次は受験終わったらな』

と言って、最後にディープキス。

それからあかりは勉強に戻り、30分くらいしてから室長が帰ってきました。

あかりには2人だけの秘密と言うことにしましたが…ばれたらクビどころではないのです。

バイトの面接の時に言ってました。

そうゆう関係を持ったら訴えると。

少し後悔もあります。

主(*´Д`)ハァハァ<塾講師ってそんなおこぼれあるのかな!

コメントを残す