【学生時代えっち体験談告白】隠れ巨乳の彼女に恋い焦がれた中学生時代

【同級生との体験談】身体測定で偶然見かけたクラスメイトのバストサイズ。普段は地味な女子が隠れ巨乳と気づいてから目で追うように。
思春期真っただ中だった、中学2年生の頃。同じクラスにいた女子K子が気になっていた。それは、彼女が隠れ巨乳だということ。身体測定で偶然見かけた胸囲サイズに驚き、必死にバストラインを隠す彼女の姿を追っていた。そのまま進級し、K子と会う機会を作るも…。
118yrh00137jp-2

中学2年のとき、ちょっと大人しめでそれほど目立たないK子という女の子がいた。

自分もそれほど気にかけていたわけではないが、自分が保健委員だったため、健康診断の書類の整理をしているときにK子が隠れ巨乳であることを発見してしまった。

ほとんどの女の子が胸囲70台であったにもかかわらず、K子の胸囲には88と記載されていた。

K子はかなり細いタイプで、セーラー服の上からは想像できない数字であったが、それ以降K、子が気になって気になってしかたなかった。

体育の授業は男女別々であったが、K子の体操着姿を遠くから目で追いかけていた。

体操着でもそれほど大きいとは思えなかったが、自分は胸囲88の幻影を追いかけつづけた。

K子は眼鏡をかけていたので気がつかなかったが、容姿も結構かわいいことに気がつき、K子は自分のアイドルとなった。

自分とK子の関係は特に発展することもなく中学3年になり、クラスは別々となったが、それからも合同朝礼など、ことあるごとにK子の姿を追いかけつづけた。

相変わらずK子はそれほど目立たない存在であったが、自分はK子が隠れ巨乳であることを疑うことなく、ガードの固い彼女から、その要素を1つでも発見しようと四苦八苦していた。

夏服でも彼女はセーラー服の下に少し厚手のキャミソールみたいなものを着ており、ブラジャーの線もほとんど見ることができなかった。

それでも約1年の間に数回は、背中越しに他の女子よりも太いブラ線を垣間見ることができた。

自分にとって、それだけでも密かな喜びだったと思う。

中学3年の夏、ついに恐れていた日が訪れた。

自分ひとりのアイドルであったK子の隠れ巨乳が、世の中にデビューする日が来てしまったのだ。

中学3年の夏、2年のクラスメイトで集まって遊ぼうと、自分が中心になって企画をした。

もちろん目的は、久しぶりにK子に会いたかったから。

企画の内容はクラスメイトの家に集まって、酒を飲もうというもの。

(中学生の飲酒は禁止ですが、ずいぶん前の話なので時効ということで・・・・・)

突然の企画ながら、クラスメイトの1/2が集まった。

事前の出欠をとらなかったので、自分はK子が来てくれるかどうか、不安で不安で落ち着かなかった。

定刻となっても、K子は現われなかった。

落胆の色は隠せなかったが、主催者でもあったので、淡々と会の進行を始めた。

開始から15分くらい経ったとき、自分が待ちに待った瞬間が訪れた。

その瞬間は、K子が自分だけのアイドルで無くなった瞬間でもあったが...。

15分遅れで現われたK子は、学校でのK子ではなかった。

髪をポニーテールにし、眼鏡をコンタクトレンズにしたK子。

K子が現われた瞬間、一瞬、時間が止まった。

さらにK子の私服。

白いミニスカートにレースのカーデガンを羽織っているとはいえ、胸元の大きく開いたピンクのタンクトップ。

さらに、今まで制服に隠されてきたおっぱいはタンクトップを押し上げ、自己主張していた。

誰もが多分、目を疑ったと思う。

K子の変貌ぶりと、そのはっきりと自己主張したおっぱいに。

隠れ巨乳と信じてきた自分さえ、これほどのものとは思わなかった。

その日のK子は、いつもより明るかった。

男性陣も代わる代わるK子の隣にやってきては、会話をしながら上からおっぱいを覗き込んでいた。

究極はプレステーションのダンスダンスレボリューション。

やったことが無いと嫌がるK子を、男性陣が無理やりやらせた。

激しい動きに、K子のおっぱいが揺れる揺れる。

さらにタンクトップの肩ひもが落ちかけており、おっぱいがはみ出そうになる。

ステップに集中しており、K子はそれに気がつかない。

その場の男子のほとんどが、K子のおっぱいに注目していた。

クラスの中でも不良のRなんかは、後ろからK子のスカートの中を覗き込んでいた。

さすがに他の女子に注意されていたが。

ちなみに後からRから聞いたのだが、K子のパンティは薄いピンクだったらしい。

その日、集まった男子のほぼ全員が、K子のことを意識しだしていた。

自分もその場では、K子のおっぱいを目に焼き付けるので、必死だった。

男子がこぼしたお酒を拭くとき、屈んだ胸元から覗いたK子のおっぱいの深い谷間を正面から垣間見たときは、全身に電流が走るほど興奮した。

もちろんそれを見たのは自分だけではなく、その場の男子のほとんどがみていたが・・・・・。

そんな楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、夕方になると女の子たちは帰っていった。

もちろんK子も。

その後、男子6人くらいが残って、反省会をした。

反省会の話のほとんどが、K子の話題で持ちきりだった。

みんながK子のおっぱいに興奮していた。

特に不良のRは、K子のパンティを覗いたうえに、さらに人差し指でおっぱいをつついたと自慢していた。

自分は不機嫌だった。

その場にいる全員に嫉妬していた。

自分だけのアイドルだったK子。

隠れ巨乳だと信じて疑わなかったK子。

その時、初めて自分がK子のことを好きであったことを確信した。

その夜、K子のことを考えると眠れなかった。

自分はK子に告白することを決意した。

次の日、K子のクラスの前まで行ったものの、いざ告白するとなると勇気が出なかった。

それどころか、

「偶然会うことができたら、告白しよう。

神様がきっと告白するシチュエーションを作ってくれるだろう」

なんて、他力本願なことを考え始めた。

そんな神様は現われるはずもなく、一週間が過ぎた。

そして、自分にとって立ち直れることのできないくらいの衝撃のうわさを耳にした。

なんと、不良のRとK子が、付き合い始めたというのだ。

自分は、ただのうわさであることを願った。

それとは裏腹に、RがK子の大きなおっぱいを好き放題に触っている姿を想像し、少しだけ興奮した。

それから1ヶ月くらい経った後、当時、仲の良かったメンバー4人で集まって飲むこととなった。

そのメンバーにはRもいた。

ウイスキーコーク(当時はこれを飲むのがトレンディだった)を飲みながら、Rが自慢気に話始めた。

その内容は以下のような報告であった。

RはついにK子のおっぱいを生で見ることができたこと。

乳輪は大きめだが、ピンクだったこと。

K子のおっぱいのサイズはFであったこと。

SEXまで持ち込むつもりであったが、寸前で拒まれたこと。

おっぱいを揉みながら、ズボンの中で逝ってしまったことなどなど。

そんな話を聞きながら、情けないけど、興奮している自分がいた。

そしてその夜、未だ見ぬK子のおっぱいを想像しながら、自慰をしている自分がいた。

そんな自分が悲しかった。

そのうち、自分は高校受験のための勉強に本格的に打ち込むようになり、不良Rとも遊ぶことが無くなり、RからK子の話を聞くこともなくなった。

K子のこともたまにしか考えなくなったが、たまに廊下で見かけたりすると、胸が締めつけられる苦しみは何故か消すことができなかった。

そんな日は、K子のおっぱいを想像しながら抜いた。

1月くらいだったか、風のうわさでRとK子が別れたと聞いたが、当時成績も上がり、県下トップの進学校を目指していた自分は、今は勉強が1番大事なんだと自分に言い聞かせ、K子の思いを封印した。

2月半ば頃、同じ高校を受験するメンバーが集められて、その高校を見にいく行事があった。

そのメンバーを見たとき、自分の中に衝撃が走った。

集まったメンバーの中に、なんとK子がいたのだ。

確かに2年生の時のK子は成績は中の上だったが、この高校を受験するレベルではなかった。

しかも大事な時期に不良Rと付き合っていたのに・・・・・。

その時、今まで封印してきたK子への思いが溢れ出した。

一緒に高校に合格できたら、絶対K子に告白しよう!

そして一緒に、ばら色の高校生活をエンジョイしよう!

そして制服に隠された、あこがれのおっぱいを好きなだけ触りたい!

そしてさらに、その先まで・・・・・。

その日から、自分は受験勉強にさらに拍車をかけた。

目標は県下トップの進学校合格から、K子の隠れ巨乳に変わった。

K子のおっぱいを想像して抜くこともやめた。

合格するまで、オナニー禁止!

こんなことまで自分の中で決意し、神様に祈った。

受験当日。

久しぶりに会ったK子はかわいかった。

一瞬、厚手の冬服のセーラー服越しにK子のおっぱいを想像したが、邪念を振り払い、試験に集中した。

試験はまずまずのできだったと思う。

試験終了後、教室の外に出てK子の姿をさがしたが、見つけることができなかった。

K子と話がしたかった。

受験が終わった開放感も手伝って、その時だったら、勇気を出して告白できたかもしれない。

次の日、久しぶりに不良Rたちと集まって飲んだ。

結構飲んで、みんないい感じに出来上がってきたとき、それとなくRにK子の話題を振ってみた。

Rは結構饒舌に、K子のことを話し始めた。

付き合っていたときは、週に2〜3回はRの部屋にK子を呼んでいたらしい。

その度にK子とキスし、服の上からおっぱいを触りまくった。

1ヶ月くらいはその繰り返しだったが、どうしても我慢できなくなって服を脱がそうとすると、最初は結構抵抗されたとのこと。

特にブラを外そうとすると、めちゃくちゃ嫌がった。

おっぱいは絶対見せたくなかったらしい。

K子にとって大きなおっぱいはコンプレックスだったのか。

初めてのおっぱいは両手を押さえ、ほとんど無理やりブラを上にずらして見た。

ブラの下から、ぷるんとでっかいおっぱいが出た瞬間、Rはパンツの中で逝ってしまったらしい。

そこにいた全員が童貞であったため、皆、Rの話に食い入るように聞いていた。

そして興奮していた。

自分も嫉妬よりもRを通して、K子を脱がしている気になり、興奮していた。

さらにRは、皆の反応を楽しむように話を続けた。

RはいやいやするK子のおっぱいを口に含み、大きめの乳輪を下でころがしてみる。

その瞬間、あきらめたのかK子の抵抗が弱まった。

Rは無抵抗のK子のおっぱいを満喫すると、続いてスカートを捲り、パンティの中に手を入れようとする。

このとき既に、Rはパンツの中で2度目の絶頂を迎えていたらしい。

パンティを必死に押さえて、再び抵抗するK子。

Rは強引に手をこじ入れようとしたが、K子に本気で泣かれたため、そこでやめたらしい。

ある意味、Rにとって見たくてたまらなかったK子の生パイを見て、達成感は十分あったらしいが。

その後も何度もチャレンジしたが、その度に強い抵抗にあい、結局これ以上の関係はなく、別れてしまったとのこと。

自分はRの話を聞いて、ほっと胸をなでおろすと同時に、K子とのばら色の高校生活に対し、決意を新たにした。

合格発表までの2週間、K子とは偶然あうこともなかった。

自分はRの話を思い出し、1ヶ月後にはK子のおっぱいを貪っている自分を想像し、毎晩自慰に耽った。

いよいよ、合格発表の当日。

発表10分前に高校についた自分は、K子の姿を探した。

K子は、一緒に受験した女友達たちの塊の中にいた。

その中でも一際輝いているK子。

少なくとも自分にはそう見えた。

K子の胸はいつもより膨らんでいて、セーラー服を若干押し上げていた。

そんなK子に見とれている自分。

その時、K子がこっちを見て一瞬目が合った。

微笑むK子。

「大丈夫」

自分は聞こえない声でそう言うと、軽くうなずいた。

K子もそれに応えるようにうなずいてくれた。

いよいよ合格発表の時間がきて、壁のボードに掛けられていた白い幕が外された。

必死に自分の4桁の番号を探す。

見当違いの番号のところを見ていたため、なかなか見つけられない。

「あった!」

ようやく自分の番号を見つける。

喜びというより、安堵の気持ちの方が大きかった。

次の瞬間、K子のことが頭をよぎる。

K子は?

人ごみの中、K子の姿を探す。

見つからない。

人ごみから離れたところで、さっきK子と一緒にいた女の子を見つけた。

ほとんど面識は無い子だったが、迷わず話し掛けた。

「K子は?K子はどうだったの?」

K子は、もう既に高校にはいなかった。

女友達の中で自分だけが不合格だったので、気をきかせて一人立ち去ったとのこと

中学に戻り、先生へ一通りの報告を済ませるとK子の教室に向かった。

教室の前まで行ったものの、K子になんて声を掛けていいのか分からなかった。

K子と一緒の高校にいけない。

これも神様の仕業なのか。

K子に声をかけることができない自分を、そうやって納得させた。

もうあの夢にまで見た、K子のおおきなおっぱいに触れることはできない。

その日からK子のおっぱいを想像して、自慰することをやめた。

それから卒業式まで、K子と会うことはなかった。

卒業式の日、K子を体育館で見かけたが、声は掛けなかった。

K子の胸のふくらみも敢えて見ないようにした。

それが自分が見た、K子の最後の姿となった。

高校に入学してからも、たまにK子のこと(本当はK子のおっぱいのこと)を思い出した。

偶然遭えたりしないかと、学校帰りに自転車でK子の家付近をうろうろしてみたりもしたが、遭うことはなかった。

それから半年後、風のうわさにK子が東京の高校に編入したことを聞いた。

時と共にK子のことを思い出す回数も減り、次第にK子の思い出も遠い過去のものとなっていった。

その後、自分も東京の大学に入学し、東京で就職した。

先日、東京に出てきている中学の同級生数人と飲む機会があり、そこに来ていた女の子がK子のことを知っていた。

もう結婚していて、東京に住んでいるとのこと。

連絡先を教えようかと言われたが、聞かなかった。

でも久しぶりにK子のことを思い出し、胸が少しだけキューんとなった。

主(*´Д`)ハァハァ<手に入らないからこそ、記憶に残るものだよね。

コメントを残す