【学生時代えっち体験談告白】えっちが快感に変わった瞬間!

【同級生との体験談】初えっちは、ただ痛いだけのものだった。だが彼との夏休み旅行で、快感を引き出されてしまう。それからは止まらなくなり…。
高2の頃、彼氏との初えっちを経験した。だけど、私のせいか彼のせいか、痛さだけが残り、気持ちよさは感じなかった。それから、彼が求めてくるたびにあまり乗り気ではなかった。それが変わったのは、夏休み旅行でのこと。夜、彼に誘われてすると快感が襲ってきて…!
1dvdes00818jp-15

私が高校二年の時に彼氏に告白されて、三ヶ月たった夏ぐらいにはじめてのHをしたけど。

彼が下手なのか、私も初めてだったので「痛い」という思いしかなかった。

彼は「ゴメン」と謝ってくれたし、友達曰く「最初は仕方ない」という話も聞いていたので。

あんまり彼には、落ち込んで欲しくないなぁと思って、こっちはこっちで気を使った。

それからしばらくして、彼はまたHしたいそぶり(というか、彼の部屋に行った地点で思ったけど)を見せたので、彼との2回目のHをしたけど。

最初ほどでは無いにしろ、痛いし、あまり良いものではなかった。

何回かすれば…とは聞いていたが、私はちょっと気が重くなっていた。

それからしばらくして、彼は

「またしたい」

と言ってきたけど、もうすぐ生理だったし、Hするのが嫌だったので、

「生理だから…」

と言って、その時は断った。

そして、高2の夏休み。

親に

「女友達と旅行」

とウソをついて(彼・彼の友達・私・彼の友達の彼女)、隣の県に海に行き。

帰りは、旅館にそれぞれカップルで部屋に泊まった。

部屋で2人切りになると、それと無しに彼の方からよ寄ってきて。

キスをしたり、私の服の上から胸を揉んだり、足と足の間に彼が足を入れてきたりした。

私もHは嫌だったが、その前までは恥ずかしいながら感じていたので、私は彼のなすがままになっていた。

彼が私の上から唾液をたらすと、私は彼に言われることなく、それを口に開けておいしそうに飲み込んだ。

そうすると、彼は再びキスをしてきたのだが。

いつもと違って、かなり奥まで舌を入れて、私の口の中も舌で舐め回し続けた。

それがとても気持ちよく、彼がディープキスを辞めると今度は、私が彼の顔や顎にネコが甘えるように、頬擦りをした。

それから、彼が私の服を脱がしながらブラの上から再び胸を揉んだり、パンツの中に手を入れて私のクリトリスを刺激してきた。

私は、少し気持ちよさそうな声を上げてしまい、それに気づいた彼が。

もっと私を気持ちよくするように右のおっぱいを口で挟んだり嘗め回し、左の胸は今まで無いほど強く揉むというより、掴んでいた。

最初は痛いというか、なんか変な感じがして。

気持ち良いけど、変だからやめて欲しいという感じだったが、しだいに慣れてきて。

それが右・左交互になったり、私を布団の上で半立の状態にして、後ろから胸を揉みほぐしていた。

私はその無理な体勢から振り返って彼を見て、再びディープキスをした。

そして、2人で布団の上で、お互いの体を舐めあったりしていた。

私はHにはあんまり積極的ではなかったけど、旅行というムードと今までと違う感じがして。

自分から彼の上に無理、胸を彼の体に押し付けて、パイズリを始めた。

彼は気持ちよさそうで、気持ち良いのを我慢しているような顔をしていた。

そんな顔を見た私は興奮したのか、どんどん下半身の方に移動して、右手で彼のおちんちんをしごき始めた。

彼は我慢が出来ないくらい良かったのか、我慢はしていたが、声が漏れるようになっていた。

私はそんな彼を見て、更に下半身のおちんちんに目をやり、ゴムの上からフェラチオを始めた。

歯が当たってしまったみたいで、彼は痛いと声を上げた。

私はできるだけ、彼に痛いと言われないように、フェラを続けた。

しばらくするとゴムの匂いが苦いので、私は一旦口を離して右手で彼のゴムを取り、再びフェラを始めた。

ゴム無しの方が気持ちいいみたいで、彼のおちんちんが私の口の中でぴくぴく動いていて、がまん汁などが私の口の中に出てきた。

[shortcode]

彼は、フェラを続ける私を見て、体を起こした。

そして、その体勢から私を押し倒して、私のアソコに手を入れて、乱暴にかき回した。

私は我慢できずに、声を上げてしまった。

彼はそんな私を見ても、更に乱暴にアソコの中に手を入れ続けて来た。

そして、彼は私を押さえつけて、私を見下ろした。

彼はおちんちんを、私のアソコに入れようとしていた。

私はまた痛いのだろうと思ったのだが、数回であっさりと挿入できた。

彼のおちんちんが入った瞬間に、私はなんともいえない気持ち良さになった。

単純な挿入の繰り返し(だったと思う)なのに、私は我慢できずに、大きなあえぎ声を出してしまっていた。

隣の部屋に聞こえると思っていたけど、その時はそんな事を考えるより、彼とのHの気持ち良さが優先していた。

そして、ものの数分で、私たちはいってしまった。
一回終わってからも余韻が冷めないうちに、私はもう一度彼のおちんちんをフェラをして。

彼がバックを要求して、これまでなら絶対に嫌なのだが今日は私はもうどうにでもなれという状態だったので、それを喜んで受け入れた。

二連戦が終り、汗だくというかお互いにぐちょぐちょだったので、もう一度、旅館の温泉(もちろん別)に入った。

結局、部屋に戻ってからすぐに寝てしまい、朝になった。

朝起きて彼の顔を見て、ぽっぺにキスをすると、彼は起きた。

朝、起きてからでも彼はまた私とHとするような雰囲気だったので、昨日の夜ほどの興奮は無かったけどもう一回Hした。

それから、夏休みの間は、毎日Hをしていた。

生理が近くでも、私は彼にフェラをしたり、Bまでは毎日していた。

秋になっても、我慢できずに学校のトイレでしたり。

帰りの百貨店の階段(階の端の階段でほとんど人気ない)辺りでいちゃいちゃしたり、どんどんスリルのある方向に走っていった。

今、考えたら体育の授業でもヒマな時(バスケとかでグループ試合とか)は、友達と普通にHの話してた覚えがある。

友達みたいに、

「毎回、クンニさせてるの?」

みたいなセリフやセフレがどうとかって、まだHしてない子からしたら、ここは女子高か?って思われてた気がするなぁ…。

結局、その彼とは高2の冬で別れて、高3は3人と付き合って(最短一ヶ月)。

顔とHのうまさだけで、男選んでた軽い自分。

主(*´Д`)ハァハァ<エッチの気持ちよさにハマると大変ね…。

コメントを残す