【学生時代えっち体験談告】隣に住むおばちゃんのムチムチなお尻に挟まれて…

【友達の親との体験談】隣に住むおばちゃんは、友達の母親。ムチムチした体をおかずにしていたある日。雨宿りで彼女の家にお邪魔することになり…
高校2年生のころ。雨の中家へ帰ると鍵を家の中に忘れ、玄関で雨宿りをしていた。すると、隣から同級生の母親が、家へと入れてくれた。服をすべて脱ぎ、洗濯をしてくれていると、彼女の豊満な胸と尻に欲情してしまう。昔から彼女を抱きたいと思っていた夢がかなう!
h_086hthd00130jp-9

俺、ゆうすけ、高2!

隣に住んでる友達の母ちゃんは、デブってわけではないが大柄で、洋ピンに出て来るようなムチムチボディの爆乳で爆尻!

年は40代前半、いつもピタッと身体にフィットした、ジャージ姿でいる。

これより、友達の母ちゃんの事をオバちゃんと書くが、俺は、このオバちゃんとヤリたくてヤリたくて仕方ない!

俺が中学の時に、オバちゃん家族が隣に引っ越して来て、オバちゃんの身体に一目惚れ!

それ以来、毎日オバちゃんを想いながらオナニーしてた。

俺の部屋からは、オバちゃん夫婦の寝室が見えるんだけど。

夜はいつもカーテン閉まってて、一度もオバちゃん夫婦のセックスを見た事もない!

何度も覗きチャレンジしたけど、ダメだった…。

童貞だった俺は、初体験はオバちゃんと決めていた。

そんな時、ついにオバちゃんとセックスが出来ました!

その日の昼前から雨が降り出し、俺は学校から濡れながら、チャリンコで帰りました。

その日は学校は昼までだったんで家に帰り着き、家の鍵を探したら、鍵が無い事に気付いた。

いつも家の鍵は持ってたんだけど、どうやら鍵を自分の部屋に忘れたまま学校に行ったらしく。

一人っ子だった俺は、玄関で雨宿り状態に…。

しばらくしたら、隣のオバちゃんが出て来て、俺に気付いた。

オバちゃんは専業主婦で、雨の降り具合を見る為に外に出て来たとこ、家に入れないでいる俺に気付いたとの事。

オバちゃんは、俺をオバちゃん家に上げてくれた。

びしょ濡れの俺は、タオルを貸してもらい頭を拭いてると、

「ほら、ゆうちゃん全部脱ぎなさい。

風邪引くよ?」

と俺を脱がそうとする。

俺はゆうすけだから、オバちゃんは俺の事をゆうちゃんと呼んでるんですね。

恥ずかしかったんですが、オバちゃんは強引に雨で濡れた学生服を脱がし、オマケに俺のパンツまで脱がそうとした。

恥ずかしかったんで、パンツは拒否すると

「何恥ずかしがってるの!

早く脱ぎなさい!」

と恐いくらいです。

仕方なくパンツを脱ぐと、オバちゃんは俺のチンポをチラ見した後、俺の学生服やパンツを持って脱衣場の洗濯機の方へ。

オバちゃんの後ろ姿を見て、思わず勃起しちゃいました。

オバちゃんは相変わらずジャージ姿でしたが、大きいお尻がモコモコして美味しそうでした。

タオルで下半身隠してたら、オバちゃんはバスローブってのを持って来てくれて、俺はそれを着てオバちゃんが入れてくれた熱いココアを飲みました。

俺はココアを飲みながら、台所で何かしているオバちゃんの爆乳やお尻を見ていると、オバちゃんも俺の視線に気付いたようで

「何?ゆうちゃんどうしたの?」

と、俺は慌てて視線を外すと

「おかしな子ね〜」

とオバちゃんは言って、他の部屋に行っちゃいました。

俺は今すぐにでも、オナニーしたい位でした。

5分位すると、オバちゃんは出て来て

「ゆうちゃん、晩ご飯オバちゃんと一緒に食べようか?

ゆうちゃんのお父さんとお母さんは、いつも帰りが遅いでしょ。

オバちゃんの旦那さん、今日は出張だし。

息子はバスケの部活の後、彼女のとこ行くて言ってたから、息子が帰るまでオバちゃん一人なのよ」

オバちゃんの息子は俺と同じ一人っ子で、同級生なんですが、高校は別々の高校に行きました。

俺は喜んで、晩ご飯食べる事をOKしました。

少しでもオバちゃんと、一緒の時間を過ごしたかったからです。

バスローブだけでは何か違和感あったので、洗濯がまだ終わらないか脱衣場に行くと、

「まだよ、あと乾燥機で乾かすから。

あ〜、ゆうちゃんシャワー浴びたら?」

とオバちゃんも脱衣場に来て、言いました。

俺は遠慮なくシャワー浴びさせてもらいまたしたが、どうしてもオナニーしたくて、一発風呂場で発射!

オナニーしても勃起はおさまらず、風呂場から出てバスローブ着た時に、またオバちゃんが脱衣場に来ました。

洗濯が終わったんで、乾燥機に入れたりしてるオバちゃんの大きいお尻や爆乳を見ながら、俺は脱衣場から出ようとした時。

勃起したチンポの膨らみが、オバちゃんの大きいお尻に触れました!

脱衣場が狭かったんで、まあ触れたり当たったりしても不思議じゃないぐらいの狭さでした。

脱衣場から出てソファーに座ってたら、オバちゃんが来て、俺の股間を見てます。

俺は勃起がバレないようとして、モジモジしてたら

「ゆうちゃん…オチンチン起ってるの?

何か、ソワソワしてるから…」

俺は真っ赤になって、恥ずかしがってたら

「恥ずかしい事じゃないじゃない!

でも、何で起っちゃったの?」

俺は正直に、オバちゃんに起った事を話しました。

[shortcode]

それを聞くと、オバちゃんは笑いながら

「ジャージの上からお乳やお尻見て起つなんて、本物見たらどうなるのかしら?アハハ」

俺は恥ずかしくて、顔から火が出そうでした。

笑ってたオバちゃんは、ソファーに座ってる俺の横に座ってくると、ジャージの上を脱ぎ、上はTシャツ一枚に!

黙って見てる俺の目の前で、オバちゃんはそのTシャツを胸まで捲り上げ、ボヨ〜ンとオバちゃんのデカい爆乳が姿を現しました!

俺が驚いて見つ続けてると、オバちゃんは

「いいのよ、触ったり舐めたりしても」

と言ってくれたので、俺は恐る恐る触った。

柔らかい感触、揉んで揉んで揉みまくった!

バスト102との事!

それから舐めた、舐めまくった!

そうしてるとオバちゃんの手が伸びてきて、バスローブの間に手を入れると俺のチンポを掴み、シゴいてくれた。

オバちゃんから手コキしてもらう気持ち良さに浸ってると

「オバちゃんが、気持ちよくしてあげるからね」

と言って、オバちゃんはバスローブを脱がし、俺のチンポをフェラしてくれました。

初めてのフェラ、数分も持たずに、オバちゃんの口の中に出てしまった!

オバちゃんは俺の精液を飲んでくれたようですが、

「出そうなら出そうって言わなきゃ、女の子に嫌われるぞぉ!」

と笑いながら言ってた。

風呂場で一回、フェラで一回射精したにも関わらず、俺はまだまだビンビンに反り返って勃起してたら、オバちゃんが

「まだまだ元気だし、ベッドに行こうか?

ベッドで続きしよ」

と、オバちゃんと手を繋いで、寝室に入りました。

オバちゃんは俺を仰向けにすると、全裸になり、大きいお尻を俺に見せてくれた。

オバちゃんのお尻を揉みまくってると、オバちゃんはまたフェラをしてくれて、フェラをしながら顔に跨がってきて69!

オバちゃんのマンコは黒ずんでてビラビラが凄かったけど、特に凄かったのがオバちゃんの特大クリトリス!

大人の親指ぐらいデカかった!

オバちゃんのデカクリを、摘んだり擦ったりしてると

「あおぉぉぉ〜!

ああ〜っ!

お〜お〜!」

と、とても女とは思えないような、喘ぎ声!

これまた、驚きでしたね。

驚きはまだあり、オバちゃんのマンコ舐めて指入れたら、すぐにビュッビューッ!と潮を吹き出しました。

何度やっても潮を吹いて、面白いように俺の顔にかかった。

そして、ついに挿入の時が来た!

ゴムはしないでいい、との事なので、生でハメる事に。

正常位で入れようとしたんですが、初めてなもんでなかなか入らないでいると、オバちゃんが手を伸ばしてきて、俺のチンポをマンコに入れてくれました。

マンコの中は熱く、ヌルヌルが絡みつく感じ!

「思いっきり突いて!

遠慮しないで、激しく突いて!」

オバちゃんがそう言ったので、俺は激しく突いた!

そうすると、またオバちゃんはビュッビューッ!と潮を吹き出し、

「あおぉぉぉ…!

あっ!あっあーっ!

おーっ!おーっ!」

まるでオバちゃんは、ケモノみたいだった…。

普通のだったら萎えるかもしれないけど、俺は逆に興奮した!

俺は激しく突きまくり、イキそうになったんで、オバちゃんのマンコから急いでチンポ抜いたら、チンポ抜いたと同時に発射!

精液は、オバちゃんのマン毛やマンコの表面に、噴射しちゃいました。

射精してたらオバちゃんの右手がスッと伸びてきて、俺のチンポを掴むと、オバちゃんは射精中のチンポを最後の一滴が出るまで、自分のデカクリに擦りつけて

「ゆうちゃん…おーっ…おーっ!ふぅ〜っ…」

と、デカクリに射精中のチンポを擦りつけて、オバちゃんはイッたようです…。

オバちゃんはイッてから、ビクン!ビクン!と身体が痙攣した感じになりながら、

「中に出してもよかったのに…」

と荒い呼吸で言いました。

痙攣した感じになってたオバちゃんを心配してたら、

「大丈夫よ、オバちゃんイッたらいつもこうなるから…。

心配してくれてありがとね!

でも、今度は中に出してね!」

俺は安心して休憩してたら、オバちゃんはまたフェラしてくれて、チンポがまたビンビンになると、オバちゃんは騎乗位で入れてきました。

騎乗位からバックへ、バックから正常位になると、俺もイキたくなり。

出そうになると

「いいわよ…中に出して!

いっぱい、中に出してね!」

とオバちゃんは言って、オバちゃんも下から腰を動かしてくれました。

オバちゃんの下からの腰の動きで、俺はたまらずドク!ドク!と、オバちゃんの中に発射!

「ゆうちゃん…ああーっ!

あうーっ…あーっ…はぁ〜…はぁ〜…」

とオバちゃんも、中出しでイッてくれたようです…。

それから、オバちゃんは少し休憩して、晩ご飯を作ってくれて一緒に食べた後、もう一回セックスして帰りました!

それからは時々、オバちゃんとセックスしてます!

なかなかチャンス無い時は、メール連絡後に外で待ち合わせして、ラブホテル行ったり。

いつまでも、オバちゃんとセックスしていたいです…。

主(*´Д`)ハァハァ<これで立派な熟女フェチだね!

コメントを残す