【学校えっち体験談告白】サッカー部マネージャーにアソコの自己紹介

【同級生との体験談】高1の時、サッカー部マネージャーをしていた女子に対し、男子の自己紹介が行われた。しかもアソコまでを露出して…
高校生になり、サッカー部のマネージャーになりたての1年生のころの話。ミーティングルームに呼ばれた私たち。そこには1年生男子部員と先輩数名の姿。どうやら1年生は恒例となっている自己紹介をするらしい。といっても普通のものではなく、男子のアソコを見せられて…
118abp00472jp-4

高校生1年生の時にサッカー部のマネージャーをしていました。

夏の合宿の時のことです。夕食の後に先輩のマネージャーに呼ばれ、合宿所のミーティングルームと呼ばれていた狭い部屋に、私たち1年生マネージャー3人が入って行きました。

部屋の中には2,3年生と1年生の男子部員と、二年の先輩女子マネが全員いました。

私たちは何をするのかわからずに呼ばれていたので

「明日からの練習内容のミーティングかな?」

と思っていました。

すると2年の男子の先輩が一歩前に出て、大きな声で

「それでは、毎年恒例の1年生の自己紹介タ〜イム!」

と叫びました。

自分の名前と趣味・・・などそこまでは良かったのですが、それから好きな女子の名前。

いない人は、気になってる学校にいる女子の名前を言うこと。

さらに自分のちんちんは剥けてるか、まだ被っているか。

と、そこまでをちゃんと言うとのことでした。

私たちは突然のことに耳を疑い

「えっ、ちょっと何?」

ってお互いの顔見ながら、顔を赤くしました。

1年生男子も全く聞いていなかったみたいでみんな驚きや戸惑いの症状をしていましたが、先輩男子部員が嫌と言わせない威圧的な態度をとっていたので、そのまま下を向いて直立不動の状態で立っていました。

すると2年の男子部員の一人が

「じゃ〜一人目、孝男やれ!」

と言い、孝男君は一瞬固まりましたが、先輩が怖いのか

「ハイ」

っと大きな声で返事をして、一歩前に出て自己紹介を始めました。

名前と趣味を言い、次に好きな女子の名前のところで一瞬はずかしそうにしましたが、すぐに

「ナミが気になっています。」

となんと私の名前を言ったんですよ〜。

私はびっくりして孝男君の顔を思わず見たら、はずかしそうにしてる孝男君と思いっきり目が合いました。

孝男君は背も高くかっこいいし話も面白いので、普段からよく話してたのですが、彼が私に興味をもっていてくれてることには全く気がつきませんでした。

すると先輩は、

「じゃ〜次、お前のチンコは剥けチンか、包茎か?」

・・・私は恥ずかしくて下を向いてしまいました。

すると彼は小声で

「剥けチンです・・・」

とボソっと言いました。

先輩がすかさず

「聞こえない!

もっと大きな声で言え!」

とニヤニヤ私の顔をちらちら見ながら、孝男君に言いました。

孝男君は今度は少し大きな声で

「剥けチンです」

と言いました。

私達1年生女子は、みんなはずかしそうにしていました。

すると2年の女子マネの先輩が、

「本当に剥けてるかどうかナミ、検査してみな。

孝男、ジャージとパンツそこで脱いで見せてみな」

と言いました。

私は思いっきり声を出して

「エッ」

って叫んでしまいました。

孝男君は恥ずかしそうに顔を真っ赤にして、モジモジとその場にただ立っていました。

私はちょっとドキドキしながら、

「もしかして、本当に脱ぐの?

孝男君のおちんちん見れちゃうのかな?」

と心の中では少し期待しながら、ただ孝男君の方を見ていました。

すると二年の男子の先輩が、

「孝男!早く脱げや!

ちゃんとナミの方向いて、パンツ全部下ろせ!」

とちょっと怒った口調で、孝男君に命令しました。

そのころの体育会系の部活では、先輩の言うことは絶対で逆らうことなんてできません。

孝男君はゆっくり私の方を向き、一瞬目が合ったけどすぐにそらして、ゆっくりとジャージに手をかけ、少しずつ下ろしていきました。

孝男君のパンツは、ボクサータイプのグレーのブリーフでした。

結構ピタッとした感じのパンツで、パンツの上からおちんちんの形がかなりわかってしまうくらいでした。

パンツ越しに盛り上がったおちんちんは、なんだか逆にいやらしくて超興奮しました。

すると二年の女子マネの先輩が

「早くパンツも取れよ」

と笑いながら孝男君に言って、孝男君は覚悟を決めたようでパンツのゴムに手をかけて、ゆっくり下ろしました。

スルッと一気に足元までパンツが落ちました。

私の目の前に孝男君のおちんちんが・・・・・・しかも全然剥けチンじゃなくかわいいお子ちゃまおちんちん。

先輩は大爆笑して

「何が剥けチンだよ、完全に包茎じゃんか」

とか

「ボク〜まだお子ちゃまだね。」

とか散々からかっていました。

はずかしそうにしてる孝男君を見てたら、なんだかかわいくて私も孝男君を恥ずかしい気持ちにさせたいと思い孝男君に、

「孝男君のおちんちん見ちゃった!

まだ、被ってるじゃん。かわいいね」

[shortcode]

と孝男君の耳元でささやいちゃいました。

いつも一緒に学校にいる同級生の女の子に、強制的におちんちん見られちゃうなんて男の子ってかわいそうだなって思いました。

同じようにみんなパンツを脱いで、おちんちんを私達女子マネに晒していきました。

私達もだんだんなれてきて、少し余裕を持ってみんなの素っ裸を見れるようになりました。

同級生のいろいろなおちんちんが見れる機会なんか、めったにないですからね。

すると次に呼ばれたのが、いつも私達に一番偉そうに命令していた同じクラスの秀行君です。

普段は私達に

「おい、女子マネなんだからそのくらいしろよ!」

とかやたら偉そうな態度をとって、私達1年女子マネの間では嫌われていました。

その生意気な秀行君が今から私達の前でパンツを脱いで、おちんちんを私達に見せなくてはならないのです。

秀行君は悔しそうに顔を赤くして、唇をかみ締めています。

私達1年女子は普段の仕返しとばかりに

「秀行君はどんなおちんちんしてるのかな〜?」

「普段あんなに偉そうにしてるんだから、おちんちんも立派に決まってるじゃん」

とか、わざと秀行君に聞こえるように話していました。

秀行君はなかなかパンツを下ろせずに、固まっていました。

2年の先輩が

「女子マネ〜パンツ下ろすの手伝ってやれ〜」

って笑いながら言ってきたので、私達は笑いながら秀行君の前に行きました。

すると秀行君の後ろにその2年の先輩が回りこみ、両手をつかみ、

「はい、両手はばんざ〜い」

って両手を思いっきり上に上げさせました。

秀行君は先輩の命令で抵抗することもできず、両手をつかまれたまま万歳しています。

私達は左右から秀行君のパンツをつかみ、

「秀行君のおちんちんはどんなのかな〜?

おちんちん見せてもらうよ〜せ〜のっ」

って、一気にパンツを下ろしました。

すると今までの人の中で、一番小さいかわいいおちんちんが目の前に現れました。

「きゃ〜何これ、小ちゃ〜い。

まるっきり子供のおちんちんじゃん」

「こんな小さいおちんちんのくせに、いままであんなに偉そうに私達に命令していたの〜」

とか日ごろのうらみをこめて、さんざん馬鹿にしてやりました。

秀行君はちょっと目を潤ませながら

「うるせえ、あんまり見るなよ」

と泣きそうな声で言うのがやっとでした。

「今度私達に偉そうに命令したら、秀行君の先っぽまで皮が被ってる小さいおちんちんのこと、クラスの女子にもしゃべるからね〜」

そう言ったら、秀行君はしゅんとしていました。

同級生のおちんちんあんなにいっぱい見ることができて、サッカー部のマネージャーになって本当によかった。

主(*´Д`)ハァハァ<1年生にして、男子のアレを見放題なんて…

コメントを残す