【学生時代えっち体験談告白】Fカップの同級生に「付き合ったらHしてあげる」と言われ…。

【同級生との体験談】小学生の時に出会った同級生。1度付き合うも、別れてしまう。中学に進学し、彼女には援交疑惑が立ち上がり…
小学校の時からの付き合いのある同級生の女の子。小学生の時に1回付き合うも、すぐに別れてしまった。中学に進学し、彼女の援交疑惑がきっかけでいじめられてしまう。1人になった同級生にまた付き合ってと言われ、迷っていると「えっちしてあげる」と言われ…
h_1133gdju00009jp-17

出会いは、まぁ小学校一緒だったから、そのときかな。

むこうが引っ越してきたしょうろくの時、そいつに屋上に呼ばれた。

行ったらクラスの女勢ぞろいで、オレくそびびった。

で、こくられた。

女十人以上の無言のプレッシャーにまけて、そのまま付き合うことになった。

ちなみにその時は、相手もでかぱいじゃない、めんどいから相手の名前エフにするわ。

で付き合ったんだけど、小学生だしエロいこととかもなくて、俺がめんどくさくなってすぐにわかれてってお願いした。

小学校の時はそれぐらいしかない。

で、当然のように同じ中学へ。

オレは小さいころからずっと剣道やってたんだが、エフも剣道部に入ってきやがった。

ちなみにオレは部活をなめきってて、週に一回練習でるくらい。

なんで俺のが強いのに、外周とかしなきゃならんのとか思ってた。

オレまじクズwwwww

それでそいつは中学入るころには、めちゃくちゃ胸がでかくなってた。

学年一のきょ乳だとおもう。

しかもエロかった。

夏ごろ、エフがえんこうしたって噂が立った。

それが原因で、エフは学年のボス的な美少女から嫌われて、かなり精神てきによわっていた。

一方オレは、当時付き合ってた彼女にスケベしようやぁと言ったら、振られてムラムラしていた。

同じ部活なのに全然話してなかったが、ある日偶然帰り道が一緒になり、そこからまた仲良くなった。

再び仲良くなる中で、オレはそいつのおっぱいがめちゃくちゃ気になりだした。

でも現実的にどうにかしたいという気持ちはなかった。

だが、ある日エフをリアルに欲望の対象として見ることになる事件が起こる。

いつものように帰っている時だった。

あれは確か、土曜日か何かで部活帰りだけど、まだ正午ぐらいだった。

いまでもその時の道路も、周りの蒸し暑い空気も鮮明に覚えている。

エフが追いかけてきて一緒に帰ることになったんだが、その道すがら唐突にこう聞かれた。

「オレくん…付き合ってほしいの。」

オレは迷った。

だってこいつ、いじめられてんじゃん。

オレ守る自信ないし、だから黙ってた。

そしたらエフがこういった。

「付き合ってくれたら、エッチしてもいいよ」

あ、ちなみにエフは結構可愛いよ。

女子からいじめられるぐらいだからな。

ボアを可愛くした感じだな。

オレはビビったよ、こいつ変態じゃんって。

でも、ぶっとんだ。

エフの部活帰りで汗ばんだうなじ、汗ですこし透けた半そでのシャツから透けてる、たわわなおぱい。

ブラジャーすけすけ、しかも部活帰りの女子って、いいにおいだよなwwww

「うん、付き合おう」

即答しました。

今思えば、最低だなwwwwww

めっちゃくちゃ喜んでたわ、なんか本当に学校で心細かったらしい。

「守ってね」

とか

「本当に大好きだったよ」

とか言われてたんだけど、オレの頭の中はエフの制服の下に眠る、ふたつのマスクメロンでいっぱいだった。

オレの家まで送らせたんだが、道中で初デートする日を決めた。

そしてその日、せくろすすることも。

その日が来た。

確か学校帰りだったか、制服だったのは覚えている。

中学生だからお出かけのつもりで、三つぐらい先の駅で降りた。

当時は電車に乗って違う駅に降りるだけで、立派なお出かけだった。

ちなみにその日が来るまでは、毎日バッキバキになってたわwwww

学校帰りだったけど、その日もまだ午後二時ぐらいだったかな?

オレは駅に降りるなりすぐに、エフにセクロスしようと提案した。

エフは黙ってうなづいた。

レ「場所どうすんの?」

エフ「…あたしは…どこでもいいよ…///」

オレ「どこでもいいじゃねぇよ。

オレわかんないんだから、お前決めろよ」

エフ「…はい…」

ってな感じで、俺たちは手をつないで知らない街を歩きだした。

エフはオレの手を引いて、一生懸命人がいなそうな場所を探してくれた。

俺は股間をふくらませて、だまって手をひかれて歩いた。

夏の午後二時、いわゆる2PMだ、くそあつい。

俺はダンダンイライラしてきた。

「もうどこでもいいから、はやくしようや」

っていった。

エフは焦った。

で、もうほんとに目の前にあった結構ぼろいマンションに入った。

ごく一般的な団地ッて感じね。

で、いろいろ探したのよ。

そしたら最上階と屋上の間の階段があったんだ。

全然人が来そうな感じ。

だからエフはビビってた。

でも、俺はもう歩きたくなかったし、ここにしようって決めた。

ちなみにそのころには、えんこうをした話を本人から聞いた。

一万でおっさんに処女うったらしい。

ばかwwww

そんなわけで向こうが先輩なので、俺はエフに

「お前がちゃんとリードしろよ」

って命令した。

さて、いよいよだ。

ポジション的には、エフが少し上の段に立ってた。

んで、俺はその少し下の段で座ってた

まずエフは、パンツを脱ぎだした。

いきなりだよ?キスもしないでだ。

それで、その時ものすごく覚えていることがあるんだよね。

ほんとに鮮明に、今でも完全に写真のように頭に残っている。

それはなにかというとだな、オレがエフのスカートをめくりあげたら、白く濁ったえきがおまんまんからモモのあたりまでたれてきてたんだ。

あとにもさきにも、触れもしないであんなに濡れてる女見たのは初めてだ。

なんかその時本能的にめちゃくちゃ興奮して、俺はものすごく記憶に残ってる。

んで、まずはよくまんまんを観察することにした。

ちなみにエフはその時制服で、パンツだけ脱いだ状態。

エフを少し上の段に立たせて、自分のスカートのすそをもたせて、めくり上げるように言った。

で、たたせたまま、まんまんを観察した。

すごく恥ずかしそうに、スカートをまくりあげるエフがえろかった。

指がふれるだけで、ため息ついてたな。

俺は指でおもいきし広げたりして、観察してた。

初めてみるまんまんはすごく赤く充血してて、ひくひくしててかいみたいだと思ったっけ。

全然きれいなピンクじゃねぇジャンって思った。

俺が指で広げてまざまざと見てたらエフが恥ずかしいとか言うんだ。

エフの方見たらかおまっか。

なんかそれがえろくて、俺はエフをたたせたまま、くんにした。

くりちゃんが気持ちいいって知らなくて、とにかくしたを穴に突っ込もうとしてた。

汗のしょっぱさと磯の香りがしたのを覚えている。

そんなだったけど、エフはものすごい感じてた。

膝ががくがくして立てなくなった。

エフを支えるために立ち上がった。

そしたらエフがぎゅってだきついてきたんだ

で、乱れる息で

「こんなにうれしいものなんて知らなかった…。

聞いて?あたし初めての時よりも今ものすごく心臓バクバクしてる」

って耳元でいって、体を離して手をとって胸元にあててきたんだ。

ふくのうえからね、もうオレばっきっばきwwww

はやくやらせろっつったんだ。

したらさ、俺のベルトとか全部取って制服脱がしてくれた。

エフの顔が俺の股間のあたりに来るだけで、大興奮だよね。

しゃがみこんだエフのはだけた胸元とか、みえるだけで出そうになる。

んで、俺持参してたゴムつけたんだ。

それがじぶんでつけたんだけど、つけ方知らなかったんだよね。

最初にゴム全部延ばしてからつけようとしたら、空気でゴムが膨らんでつけられなくなった。

「生でいい?」

「いいよ・・・///」

エフはちゃんとリードしてくれた。

まず俺を座らせた。

んで、俺の膝の上に座ってきた。

だが、俺には夢があった。

バックでやりたかったんだ。

これは初めてみたAVが、終始バックだったせいだ。

それを頭の中でなんどもリプレイしてたおれは、セクロス=バックの方程式をかんせいさせていた。

「バックでやらせろ」

俺は言った。

エフは珍しく反抗した。

「お願い。最初だけでもこうさせて。

私、俺くんの顔を見ていたいの」

なんかかわいかったので、了承した。

あらためてしきりなおしだ。

エフは俺の上にまたがって、俺のロンギヌスのやりに手を添えた。

はじめてにぎられたんだ。

それだけでなんて気持ちいんだと思ったね。

女の手ってすげぇと思った。

恥ずかしそうにオレのかおをみつめながら、エフが囁いた。

エフ「オレくん…いれるよ」

オレ「はよ」

中腰のエフが少しづつ腰を下ろしていく。

エフのまんまんが俺のマグナムの先端に触れる。

すごく…熱くて…湿っている。

少しづつすこしづつエフは腰を下ろしていく。

それに従ってマイサンも少しずつエフのなかに入っていく。

印象的だったのはエフの表情。

恥じらいと気持ちよさと、いろんな感情のいりまじった顔だった。

よく覚えている。

マイサンが初めて女の中に入った。

熱くてぬめぬめしてて腰が勝手に浮いた。

膣壁がリズミカルにしめつけてきたのをおぼえてる。

エフ「…ッ!」

エフがぎゅって力強く抱きついてきた。

それと連動するように中がすごくしまった。

だけど、マイサンが早く動きたいと堪能させろとオレにせがむんだ。

俺は腕をふりほどいてこういった。

オレ「ピストン、はよ」

エフが動く。

もう愛液ドロドロ。

こいつ本当に変態だと思ったね。

左手を口に当てて、右手を俺のかたにおいておもいきりつかんで、エフは腰を上下に動かし始めた。

「ん…ん…ぁ…ッ!」

声を抑えていえる様子がエロすぎた。

その間もエフは愛液だらだら、俺の太ももベトベト。

だんだんエフの声も漏れてくる。

ほんとに感じているのが分かる。

右肩を抑える手にも、すごく力がはいっていた。

エフのしめつけもすごくて、途中で止まっても中が動いてる。

それだけでめちゃくちゃ気持ちよかった。

マイサンの限界が近づいていた。

オレはもっとこの時間を楽しんでいたかったんだけど、マイサンがもう終わらせてくれとオレに告げていた。

オレ「finish、はよ」

一段と動きが速くなる。

もう我慢できないっ!!!

腰のあたりがしびれるような感覚が襲い、なんか自分のなかからものすごい快感のなみがおしよせてきた。

人生で経験したことない快感だった。

びゅるびゅるびゅる!

オレ「でる…!!というか、でた。」

エフ「えっ」

ちなみに、これガチで実話です。

「はよ」は言ってないけどwwww

でも、オレがっついててせかしたのは事実wwww

エフが腰を上げると、おまんまんから滴った。

コンクリートでできた階段に愛液がたまっていた。

ティッシュがなかったから、そこにあった植物の葉でまんまんをふかせた。

エフは中に出したことに触れなかった。

あの時何を考えてたんだろう?

そのあともいつも通り優しくて、あまえたがりなエフだった。

おれたちはすぐに着替えて、マンションから脱出した。

ちなみに俺はきょ乳にひかれたのに、きょにゅうたんのうしてないからね。

まんまんしかあたまになくなってたwwww

マンションの入り口をでたところで、エフが俺の袖をひいて立ち止った。

んで、恥ずかしそうにこういった。

「キスしたい」

そういや、こいつとキスしてないんだなって思った。

エフはものすごい緊張してた。

エッチのときよりもね。

なにこいつとか思いなが、ら眼をつぶらせてキスをした。

そしたら今までで一番うれしそうな顔するの。

「エッチよりもえんこうよりも一番緊張した」

って、後で言われた。

それが最初で最後のキスだった。

そのあと俺の親友を含めて、3pさせてっていったんだ。

そしたら最初やだっていわれて、じゃあ別れようっていったら、それなら3pでいいって泣きながらいわれたのね。

それでめんどくさくなって別れたんだ。

オレ、畜生だな…ワロえない。

その後、エフは部活をやめた。

高校入ってから疎遠になり、駅で見かける程度。

そしてエフは、今超絶イケメンとつきあってるよ。

主(*´Д`)ハァハァ<青臭い思い出になったね。

コメントを残す