【学生時代えっち体験談告白】クラスメイトの女子と何とか初体験!

【クラスメイトとの体験談】田舎の小学校から、そのまま中学生にあがった中2の時。クラスの女子に「Hしたい」と告白されて…。
田舎に住むため、小学校6年間同じクラスの女子がいた。中学生になり、そんな彼女から連絡先を聞かれる。メールの内容は、思春期特有のエロい話へと変わっていく。そして、彼女は「Hしたい」と衝撃的な告白をする。何回も行為を続けていくうちに、ついに童貞卒業!
h_172vgd00133jp-7

女をAとします。

Aとの出会いは小学校で、とくに変わった様子は見られず、普通の女の子でした。

住んでいるところは田舎で、通っていた小学校は小さく、6年間同じクラスで中学校にあがっても同じクラスです。

スペック

俺:男 15 体重50身長170? 顔は普通

A:女 15 体重? 身長俺より小さい

顔はかわいいっちゃかわいい

中学校生活を楽しく送っていた中2の終わりに、ある小さいようで大きな出来事が起こりました。

Aに

「メアドを教えて」

と言われたのです。

学校ではほとんど喋らなかったのでちょっと驚いて、心の中で

(こいつ俺に気あんのか〜?ww)

とか思ってました。

そのときは別に、やましい関係になるとは思ってもいませんでした。

メアドを教えたその日にメールがきて、学校のことなど友達のことなど、普通のメールのやりとりをしていました。

だんだんメールをしているうちに、えってぃな話が多くなりました。

「オ○ニーとかするの〜?」

とか

「セクロスしたことある?」

とか、その他もろもろ。

初めのうちは面白半分で返信してたのですが、ある日突然、俺にとっては衝撃的なメールを送ってきました。

「エッチがしたい」

と。

俺はなんて返信すればいいかわからず、適当に返しました。

すると、

「冗談じゃないからね、本気だから」

的なメールをしてきて、俺は

「いいね(笑」

と返信しちゃったんだよね。

そんなメールをやりあっているうちに、どちらもマジな感じになり、今度の休日の夜で会おうと約束しました。

学校では一切喋りません、とても気まずかったです。

そして土曜日になり、夜まで勃起させながら、夜を待ちました。

どこで会うとメールでやりとりをし、午後7時ごろ家を出ました。

寒く、夜空がきれいな冬でした。

10分当たり自転車をこいで、待ち合わせの場所に着きました。

ところが、Aはいなくてあせりましたが、5分ぐらいするとゆっくり歩いてきました。

オセーヨと心のなかで叫びました。

待ち合わせの場所であい、覚えてないけど少し会話をして、どこでヤろうか決めました。

近くに小学校があるので、小学校でヤることになりました。

夜の誰もいない学校に男女二人という、めっちゃありそうな感じで、すでに立ってました。

体育館の前にテラスがあったので、そこですることになりました。

最初は二人とも照れていて、なかなか今日の目的に話が進みませんでした。

Aは基本ギャルっぽくておしゃべりなので、ずーっと一人で喋っていました。

そして歩きながら約1時間、ついにAから

「ヤるん?」

と聞いてきました。

俺は恥ずかしかったので

「ん〜」

と照れ隠しをしてると、突然Aが抱きついてきました。

お母さんではない異性から抱きついてこられたのは初めてで、どう反応すればいいかわからず無言で立っていました。。

また1分ぐらいすると、Aが

「座ろう」

と言ってきて、座ったのはいいけれど、また話が進まない・・・。

そんで、またびっくらすることをしてくる。

珍個握られた。

マジびびった。

てか俺、チキンすぎwww

握られて、もうフルぼっき。

他人にちんを触られるなんて経験したことなかったから、流れでズボンとパンツを脱ぎ、手コキというか触る程度。

とても興味深そうにAはちんを見ていた。

突然Aは

「舐めたい」

と言い出した。

俺は横たわり、Aが俺の横に座り、舐める形になった。

Aはすこしためらったけど、舌でぺロッっと舐めた後、しゃぶりました。

俺はこれがフェ○かぁと思ってたら、鈍い痛みがちんに走ったのだ。

歯があたったみたいだった。

それから緊張と痛みで、ちんは立たなくなった・・・。

もう時間が10時を回っていたので、その日は帰ることになった。

即効家に帰って風呂にはいってちんを見たら、ちょっと出血していた。

Aからメールがきて

「いれなかったね」

ときた。

まぁ、仕方がなかったかなぁとか思ってた気がする。

そして数週間後、またAが

「やりたい」

とメールしてきた。

どうせ入れないんだろうなぁとか思ってた、案の定入れなかった。

手コキとフェラだけである。

それから数日後、帰りにAが

「話したいことがある」

と校門で待ち伏せされた。

仲のいい男子たちと帰るんだけど、そのときはRしかいなかった。

Aと俺は小さな土手へ行きRとAの友達Y、Oは体育館裏にいき、いちゃいちゃしてた。

Aはなにを話したいのか言ってくれず、20分くらいたったと思う。

ついにAは行動にでた。

俺のちんkをさすってきたのだ。

さすがにここではまずいと思って

俺「ここじゃまずいって!」

といったけどAが

A「大丈夫だって」

と言ってさするのをやめない。

さすがに俺も男なわけで勃起!

ムラムラして、こいつを今襲ってやろうかと思ったけど、勇気がでなかた。

Rたちには、俺とAの背中で見えなかったと思う。

その日もやることになった。

その日はどちらともえってぃな気持ちがいっぱいだったと思います。

すぐ脱いで、手コキをしてもらいました。

フェ○もしてくれました。

3回目となると、ちょっと上手くなってた感じがしました。

舌をつかって亀頭を刺激しながら、丁寧にしてくれました。

その日初めて、フェ○でイきました。

出すときに

「口に出してもいい?」

と聞いて、

「いいよ」

と言ってくれたときは、ちょっとうれしかったです。

飲んだらちょっといやな顔してたと思います。

なぜかその日は、賢者タイムというものがなく、まだ立ったままというww

結局、その日はAに3回ほどフェ○で抜いてもらいました。

4回目はあまり照れくささなどは感じなくなり、Aのテクニックは上がってきて、フェ○がちょー気持ちよかったきがします。

しゃぶることばっかりだったけど

「舐めて」

っていうと、飴を舐めてるように裏筋あたりを舐めて気持ちよかったです。

5回目のえってぃことは、またまた変わらず手コキとフェラだけ。

でもその日、初めてまんまんとおぱいを触りました。

性欲ガンガンの中学生ですから、おぱいやらまんまんには興味がありますよね?

だから勇気を振り絞って言ってやったんです。

俺「触っていい?w」

A「ん〜」

照れくさそうにしてました。

最初はおぱいを触りました。

とてもやわらかく、服の上からもやわらかさが伝わってきました。

乳首は暗くて見えませんでしたが、硬く勃っていました。

乳首をこりこりしていると、Aは

「声がでちゃう・・・」

と言ってきましたが、それが逆に性欲を掻き立たせ無視して触り続けてたら、無理やり手を離されました・・・残念!

次にまんまんですが、パンツのしたに手を入れるととても恥ずかしそうにしてましたが、かまわず手を進めるんだけど、どこにあるのかが分らなくてあせったけど適当にまさぐってたら指が中に入っていくのがわかって、これがまんまんかぁと思ってました。

慰めかたなんてしらないので、指を出し入れしてたらAが

「ん、、ん・・・」

と耳元で聞こえて、とても興奮したのを覚えてる。

結局その日は、フェ○でちんをぬるぬるにした後の、高速手コキでフィニッシュして終わった。

6回目は入れようと決心してました。

最初はフェ○でぬるぬるにして入れようと思ったけど、穴が小さすぎて入りませんでした。

なのでまたフェ○と手コキでフィニッシュと思いきや、イラマチオしました。

Aが動いていいというので、立ってAの頭を持って、腰を振りました。

あまり激しくやるとAがかわいそうなので、優しくやりましたが、気持ちよかったです。

Aは普段フェ○をやるとき恥ずかしいので音は出さないでやっていましたが、イラマのときは音がじゅぼじゅぼいっていやらしかったです。

でもイラマではいけず、Aのフェ○で口内射精で終わりました。

つい最近のことです。

Aから珍しくメールがきてなんだろうと思って、開いたらやはり

「やろう」

という内容でした。

やっぱりかぁと思い、いつもの集合場所にいるんだけどこない!

20分以上まってやっときた、なんか親がいたから外に出られなかったそうな。

まぁいいかと思いながら、学校に向かうけど、先生がいる!

緊急事態や!

でも、Aはかまわず

「いいじゃん!やろうよ!」

とやたらテラスでやりたがる。

しかたがないと思って、裏道を通ってテラスまでいった。

座ってから慣れたように、Aが

「脱いでよ」

と言いだす。

俺もいつものことだから当たり前のように脱ぐ。

ハン勃起状態のあれを、見るやいなやしごきだすA。

気持ちいなぁと思う俺。

そうしてAは言う

「舐める?」

俺は手コキよりフェ○のほうが好きなので、すぐ

「うん」

と言った。

俺は寝そべり、Aはまず亀頭を舐める。

それからだんだん深く加える。

最初のころに比べたら、はるかに気持ちい。

いつもだとそれでフィニッシュするんだけど、その日は違った。

Aが

「入れる?」

と聞いてきた。

俺は元から入れるつもりできたから

「うん」

と即答した。

もちろん尼で買ったコンドームを装着した。

前に入れようとしたけどミスったのは、すべりが悪かったせいだと思う。

うすぴたはゴムにぬるぬるしたなにかが事前に塗ってあるので、入ったのだ!

なかは暖かくきつかったと思う。

無我夢中で腰を振り続けた。

寒かったのに腰を振ってたら暑くなっていた。

Aは入れるとき、

「痛い痛い!」

と言っていたけれど、かまわず突いた。

腰を振っているときも

「痛い」

しかいっていなかった。
5分くらい出し入れを繰り返しそろそろいきそうになったので、Aに

「出していい?」

と聞くとAは

「中に出してね」

と言ってきた。

ゴムをしていたけれど、心配だった。

でも中で出した。

中で出したと言えるのかな?

主(*´Д`)ハァハァ<ゴムで出したなら中出しにはならなかったね~。

コメントを残す