【近親相姦えっち体験談告白】エロ情報のない昔、妹の夜這いを楽しみにしてました。

【妹との体験談】エロいことを覚え始めた小学生時代、好きな子にアプローチできない代わりに、妹の体を代償にしていた。
小学生くらいの頃、妹を悪戯することを生きがいにしていた兄。好きな子の妄想をしても、妹を触っているリアルな体験にすり替えられていく。夜這いといっても、することはキスと胸を確認し、乳首に吸いつくくらい。成長をしても夜這いは飽きることなく続けていて…
1mist00102jp-17

俺の場合、妹と他人の女の子は別腹って感じだった。

童貞の頃なんて、好きな子がいる時は授業中も家にいても、その子の事ばかり考えてたしエロい妄想もした。

でも夜寝る時間になる頃には、その子の事は頭から消えていて、頭には妹の事しかないわけで。

でもヘタレで好きな子に何もアクションを起こせず、その子に対する思いを妹で発散させてるように思えて、時々自己嫌悪してたなあ。

そういえば好きな女の子ができて普通真っ先に気にするのは、彼氏いないかな?って事だと思うんだが。

中学の時好きだった子に兄がいる事を知ってたから、真っ先に心配したのが

「悪戯されてないかな?」

だったw

自分が妹に欲情してるもんだから、その子の兄貴だってこんなかわいい子が隣で寝てたら、妹だろうと我慢できるはずがないとか思ってた。

小学生後半から高校時代の俺の妄想は凄まじかったが、今思えば寝てる妹への悪戯をずっと続けてたせいで、童貞なのに女の子の体の感触とかキスの感触やドキドキ感とかおっぱい吸ってる時の恍惚感とかを知ってるという、特殊すぎる環境だったのが影響してるなあ。

おかげで好きな子のエロ妄想する時でも、リアルに妄想できたからね。

ただでさえ激しい中高生+童貞の妄想パワーに、実体験の記憶が加わるという・・・。

おっぱいを吸いながら目を上に向けて妹の寝顔を見るのが最高に興奮したから、好きな子の妄想でもそんなシチュエーションを思い浮かべたりしてた。

ただ、ヘタレな童貞がリアルに妄想できるというのは、諸刃の剣でもあった。

その子と仲のいい男がいたり、付き合ってるんじゃないかと疑ってしまうような男がいた時は、好きな子とその男のエッチを妄想してしまうんだよね。

気持ちよさと興奮を知ってる分、男への嫉妬が増すからすごい鬱になった。

悪戯を始めたきっかけは、多分当時読んでた漫画の影響がでかい。

少年漫画のソフトなエロ表現で興奮しまくってた小学生時代。

AVはもちろんエロ本とかも未知だったから、当時入ってくるエロ知識は少年漫画ぐらいのものだった。

性に興味が出始めた時期に読んでた漫画で興奮するようになって、同級生のかわいい女の子のおっぱい触ってみたいとかキスしてみたいとか考えては、勃起してた。

小4か小5ぐらいだったから、周りの女の子の中には膨らみがわかるぐらいになってる子もいたりして。

触りたい、触りたいと日に日に性欲が強くなっていった。

でも当時ピュアな小学生で、キスは愛し合う恋人同士がするもの、おっぱいに触るなんてすごい変態行為みたいな感覚を持ってた。

漫画ではいきなり揉むのはもちろん、不可抗力のおっぱいタッチでさえ、よくてビンタ。

下手したら殺されそうになってる男。

現実でもそういうもんなんだろう、そんな事したら軽蔑されて女の子に顔も合わせられなくなるかもと。

キスは将来大人になって、恋人ができたらそんな事ができる日も来るのかなあって感じだったけど。

おっぱい触るとか裸を見るとか、恋人同士でさえも特別なことという認識だったし、現実に自分が女の子のおっぱいに触るなんて、夢のまた夢だと思ってた。

でも漫画でそんなシーンを見るたびに羨ましいと思うし、学校で女の子の膨らみが視界に入るたびに触りたいなあという気持ちもどんどん強くなっていくわけで。

この頃からすでに妹さえもその対象に入ってて、一緒に風呂入ると裸を見て勃起したし、二人で遊んでる時に全く意識してないのを装って、肘を一瞬妹の胸に当てたりしてた。

妹は当時小3か4ぐらいで、風呂で裸を見ると男の俺よりちょっとふっくらしてるかな?って感じで。

服の上からだとほとんどわからないぐらいだったけど、肘や手の甲で一瞬触れるぐらいでも柔らかさを感じてすごい興奮した。

ある時ドラゴンボールの単行本を読み返してたら、ウーロンが寝てるブルマに触ろうとするシーンが目に留まった。

この頃はDBもエロくて、ブルマのシャワーシーンや、このシーンもたまにオカズにしてた。

オナニーなんて知らなかったけど、エロい事を考えたりしながらチンコ弄ると気持ちよくて、なんとなくやってた。

何も出なかったけど、イクとすごい気持ちよかった。

で、そのシーンを見て

「寝てる時ならバレずに触れるじゃないか」

と。

といっても女の子が側で寝ていてしかも他の誰にも見られない状況なんて、少なくとも小学生当時はほぼ絶対にありえない。

でも、俺にはいつも一緒に寝る妹がいる。

当時住んでたのは狭いマンションで、扉付きの俺と妹の部屋なんてのはなく、襖で仕切られたすぐ隣の部屋に親も寝てたが。

襖は完全に閉め切ってはいないものの、ちょっと顔をこちらに向けた程度では、親の枕の位置的に俺と妹はほぼ見えないので、不安感はあるものの実質二人きりも同然だった。

仕事が朝早い父はかなり早い時間から寝ていて、母は俺や妹とほぼ同時か、二人が寝たあとしばらく洗い物してから寝る感じだった。

どちらにしても寝床に入ってから、妹が寝付くぐらいの時間待つわけだが。

この十分に妹が寝付くまでの待ち時間。

遠足の前夜とか、楽しみにしてるゲームの発売日前夜なんて比べ物にならないぐらい、ものすごいワクワクして心臓バクバクいってた。

おかげで眠気なんて全く感じないから、自分が寝てしまうのを我慢する必要はなかったが。

代わりに、この体感時間の長いこと。

もう十分かな?と思って時計を見たら、まだ5分しか経ってないとかw

初めて悪戯するその日は、なおさら・・・。

いつもこの待ち時間の間は、これからする事を色々想像して、すでにイきそうなぐらい興奮してチンコギンギンだったが。

初日はどんな事までできるのかわからないし、そんな色々な行為には頭が回らなくて、とにかくキスする!ってことで頭が一杯だった。

たまに隣で仰向けに寝てる妹のほっぺたとか唇をチラチラ見て、心臓が破裂しそうだった。

おっぱいに触る事も一応頭にはあったし、少なくとも服の上から触るぐらいで、起きたりしないだろうというのも頭では理解してたんだが。

おっぱいに触るというのは最初に書いたような認識でいたから、俺が本当に堂々とおっぱいを触ったりできるんだろうか・・・?と、どうにも現実味がなくて。

漫画の影響受けすぎだったなw

何時間にも思えた待ち時間だが、とりあえず30分ぐらいのところで行動開始。

すでに息が荒いのでなんとか落ち着こうと深呼吸みたいな事をしつつ、布団をそっとまくって妹の二の腕あたりを突っついて起きないのを確認。

ほっぺたを軽く触ってみたり指で唇に触れたりして起きないのを確認。

妹が受ける刺激はキスと同じのはずだから、これで反応がなければキスしても大丈夫なはずという考え。

ここまで確認してもさっさとキスする事はできずに、ゆっくりと妹のほっぺたに顔を近づける。

これまでにも肘を胸に当てて興奮したりしてたから欲情はしてたはずなんだが、キスしようと思って顔を見るとすごい可愛く見えて、性欲って意味の欲情だけじゃなく、好きな女の子にドキドキしてるような感覚になってきた。

あと数十センチで妹のほっぺたに唇が当たるというのに本当にいいのかな?とか思って、罪悪感とかじゃなくキスにも現実味がなくなってきた。

妹の顔をこんなに間近でマジマジと見るのは初めてで、それだけでも興奮するし、息が顔に当たると頭が真っ白になりそうで。

キスする時って目を瞑るのかなとか思ったが、妹の顔を凝視しながらゆっくり顔を近づけてキスした。

ほっぺたの柔らかい感触とひんやりとしつつも体温を感じて、ますますドキドキした。

すぐに唇を離して改めて顔を眺め、またキスっていうのを繰り返した。

そしてまた唇に指を当てて、確認してから唇にキス。

こっちが本番って感じだったので、なんともいえない感動。

離して眺めてキスをまた繰り返して、キスしたまま数十秒そのままでいたり。

キスそのものの感触も想像以上に気持ちよかったけど、その感触と同時に妹の顔が目の前にあるという事にすごいドキドキした。

もうずっと目は開けたままw

キスしまくってから、おっぱいを触ろうとしてまた確認。

いつ起きても変に思われないように、寝転がったまま手をお腹あたりに乗せたりした。

で、シャツの上から恐る恐るおっぱいに手を置く。

ランニングシャツだからほんの僅か膨らんでるのは見た目でもわかったが、手を置くと仰向けでも想像以上に柔らかかった。

感触よりも何よりも、女の子のおっぱいを触ってるという事実に興奮した。

起きそうにないので、いよいよランニングシャツの脇のところから手を入れてみることに。

おっぱいのあたりへ手を入れるまでは肌に触れないように気を遣いつつ、ゆっくり手を忍ばせる。

そして、いよいよ触る生おっぱい。

服の上からでさえ当時の俺にとっては夢のまた夢みたいな非現実な行為だったから、生で触った時は意識が飛びそうなぐらいだった。

おっぱいの柔らかい感触と体温、手のひらに感じる乳首の感触を感じたまま、しばらく放心状態でぽーっとしてたw

そのまま改めて妹の胸を見ると、自分の手が妹のシャツの中に入ってて、おっぱいのところが俺の手で盛り上がってる光景があって。

妹のおっぱいを触ってるんだというのを視覚的にも実感して、ますます興奮。

その日は確か、その後おっぱい触ったまま妹の顔を眺めたりキスしたりして、終わった。

チンコをちょっと弄ったら、あっという間にイッたw

この頃はまだ射精はなかったから汚れる心配はなく、パンツの中に手を入れて弄ってた。

こんなのをほとんど毎日やってたが、いつでも妹が仰向けで寝てくれているわけでもなく、横向いてる時はおっぱいは服の上から指で触るぐらいしかできないし、キスも唇はなかなか難しかった。

意地でもキスしてたけど。

横向きでも顔の角度によっては妹の枕に顔を乗せて、多少苦しいが寝転がったままキスできたりして、十分以上そのままでいられるとすごい幸せな気分だった。

腕突っつくだけで寝返り打って、いくら待っても何もできない時もあったけど。

やってるうちにどんどん欲求が出てきて、ちゃんと生でおっぱいを見ながら、触りたいと思うようになった。

妹がパジャマで寝てる時に、怖かったが思い切ってボタンを上から3つぐらい外した。

怖いというのは、ボタンを外してると起きそうになった時に、さっと離れて寝た振りするというのが通じないから。

パジャマを開いて左胸を出した瞬間、理性が効かなくなって、思いっきり揉んで吸い付いた。

そーっと慎重にやるとか考えられなくなってた。

さすがに刺激が強かったのか、妹が目を開けたので飛びのいた。

でも妹はそのまままた寝始めた。

しばらくガクブルしてたが、時間置いてからボタンを止めた。

何年間も悪戯続けてたが、寝返りは数あれど目を開けたのはこのときぐらいだった。

すぐ寝たし、次の日からも妹の様子に変わったところはなかったから、覚えてない事を祈る。

そんな事があったから不安になって、しばらくはおっぱいを直に見るのは諦め、服の上から触るのが続いたが。

それでも欲求は抑えられなくて妹が小5ぐらいになった頃、今度こそいくら興奮してもがっつかずに落ち着いて触ろうと、また挑戦した。

シャツで寝てたから前回のように簡単にはいかず、少しずつまくり上げることにしたが、ちゃんと寝付いていれば案外上手くいくようだった。

ただまくり上げるだけだと、乳首を出せてもシャツから手を離すと少しずり落ちてまた隠れてしまうので、背中側からもシャツを少し上に引っ張った。

必死で理性を保って、マジマジとおっぱいを見る。

以前よりも膨らんでる気がした。

そして手のひらでそっと触る。

やっぱり以前よりも、他の場所より明らかに柔らかかった。

前回はがっつきすぎて堪能できなかったから、夢のまた夢だったおっぱいを触る行為を生で視覚的に実感できて、本当に夢のようだった。

たまに妹の顔をチラチラ見つつ、揉むというより胸に手のひらを被せたまま指を優しく動かす感じで、ぷにぷにした感触を堪能した。

おっぱいを揉むというか触るのをじっくり見ながら堪能したあと、初めてキスした時みたいに恐る恐るゆっくりと顔を近づけて乳首を咥えた。

元々服の上からおっぱいに触ることさえ夢だった当時の俺にとって、乳首を口で咥えるとか、どんだけすごいことだったかw

乳首を咥えたまま舌でゆっくり舐めてると恍惚としてきて、何もしなくてもイキそうなぐらいだった。

ずっとこうしていたいと思ったから、強く吸ったりはしなかった。

長時間咥えたまま舐めたり軽く吸ったりしつつ、もう片方のおっぱいに手を置いてぷにぷにしたり。

かなりの長時間、多分10分以上は咥えっぱなしだったと思う。

それからもう片方の乳首も咥えて舐めたり、おっぱいに自分のほっぺたを置いて幸せな気分に浸ったり。

キスも欠かさずしてた。

上にも書いたが、乳首を咥えながら上目遣いで妹の顔を眺めるのが最高だった。

本当にかわいくて。

この妹の乳首を咥えてるんだという実感が沸くから、ますます興奮したのかな。

何年も悪戯してたけど、いつも最初はキスから始めてた。

終わる時も妹が寝返り打ったりして、終わる時以外はキスで。

もっと後になってからエロ本とかAV見るようになって、色んな女の子のおっぱい見たり女の子と付き合うようになったりしてわかったんだけど、妹のおっぱいは本当に綺麗。

妹自慢になってしまうが乳輪と乳首も程よいサイズで色も綺麗だし、おっぱい自体のサイズや形も美乳といっていいと思う。

悪戯してたのは妹が高1ぐらいまでで、最後に見たのは数年前なんだけど、その時も綺麗だった。

今でも妹のが理想のおっぱいだw

恋愛感情は、今思えばあったのかなと思う。

上にも書いたけど本当にかわいいと思ってたし、キスする時のドキドキ感も、おっぱい咥えながら顔を見たくなるのも、単なる性欲だけじゃなかったと思う。

他にちゃんと好きな子もできてたし、当時はそんな感情を自分の中で必死で否定してたけどね。

好きな子がいる時期でも夜になると妹の事以外何も考えられなくなってたし、悪戯できなくなったあとも妹に抱き付きたい気持ちで一杯だったw

当時セックスという言葉を授業で知ったばかりで、精子が女に入って卵子と交わるとか聞いても具体的にどうするかって事は習わなかったから、精子?卵子?何それ?って感じで、それが実体のある物なのかどうかさえわからない状態。

漫画やドラマで見た事から男女が裸で抱き合って色々エロい事をするという漠然とした認識だった。

今みたいにネットもないしエロ本も読んでないし、外部から性知識なんてあんまり入ってこなかったからね。

チンコをマンコに挿入するなんて具体的な発想自体なかったから

「俺が妹としてる事はセックスなのかな?

俺は服着てるし、妹も完全に裸ではないから、違うのかな?」

みたいな感じだったw

だから小学生の頃は先へ進むも何も、俺の中ではほとんど極限までしてるつもりだった。

これ以上となると妹が起きてる時に合意でお互い完全に裸になるというのが違うぐらいで、実際する事は悪戯と同じ事しか考えられなかったと思う。

中学の頃にはさすがに知識は付いてたと思うけど、それでもセックスどころかキスや胸へのタッチも恋人同士じゃなきゃ(相手に)許されない事みたいに思ってて。

だからこそ余計にキスやおっぱい弄る事にドキドキしてたわけだが、挿入なんてバレずに出来るわけないし。

実の妹にそんな事言い出したりしたら、どれほど軽蔑されるかというのが怖かった。

好きな子にさえ恥ずかしくてアクション起こせないヘタレが、他の女の子とは比べ物にならないぐらいリスクの高い妹相手に、アクション起こせるはずもなくw

ただ、挿入とか具体的な行為関係なしに、思いっきり抱きついて激しくめちゃくちゃしたいとか、もうどうなってもいいって感じになる事は小学生の時から悪戯中よくあった。

それは自分でもよく我慢できたと思う・・・。

特にずっとキスしたり乳首くわえたりしてて、ふと上半身ほとんど裸の妹を改めて見たりすると、どうなってもいいから思いっきり襲いかかりたいみたいな堪らん気持ちになった。

今思えばひょっとして?というだけで当時はもちろん性欲が先行してたけどね。

まあ顔を見てかわいいと見とれたりしてたのは確かだし、今でもかわいいとは思う。

それに悪戯する時に見るのは寝顔だから余計かわいく見えるしね。

なんせ小中学生だから、恋愛感情じゃなくても顔がかわいいって時点でドキドキするし。

その顔に目の前まで接近してキスしたり身体に触ったり、あれほどの「女を感じる行為」は全てが初めての経験だから、恋愛感情と区別がつかないほどドキドキするのは当然だったとも思える。

ちなみに今現在は、妹に対して恋愛感情は多分ないと思うが、断言はできない感じ。

昔から仲はいいが、色っぽい話はお互い全然しないし、妹と恋愛ってのがどうも想像できないw

ただ今でも欲情はするし、妹とエッチするのを妄想もする。

彼氏ができた時は、嫉妬もした。

まあ恋愛感情については昔も今もどっち付かずな感じだなー、自分でもわからん。

主(*´Д`)ハァハァ<昔は情報少なかったからこそ、ウブでいられたのかもね。

コメントを残す