【浮気えっち体験談告白】バンドマンの彼女に誘われ、彼氏がいるのにSEX

【友達との体験談】バンドでボーカルをしている友達。彼の部屋で遊んだ時、彼の彼女というストリッパーに…
バンドのボーカルをしているコースケとは、バイト先が一緒で仲良くなった。そんな友達の彼女でストリッパーのリカ。彼女とはコースのライブで知り合った。バンドのダンサーとして呼ばれたルイと4人で、コースケの家に行った時の出来事。眠れないリカと一緒になり…
118ult00053jp-2

リカ:俺がヤッちゃった彼女。

ストリッパーで巨乳。

コースケ:リカの彼氏で、俺の友達。

バンドでボーカルやってた。

ルイ:リカの先輩。

本職のダンサー。

シン:俺。

コースケは仙台からメンバー連れて出て来てて、以前バイトが一緒。

俺がアパレルで働いてたこともあって、衣装改造したりライブの手伝いで、雑用とかローディーみたいな事とかもしてた。

ルイはコースケの事務所の紹介で、デカいハコでやるのにダンサーを入れようって話になり、その時に知り合った。

その流れで、コースケがクリスマスにライブした時に、リカを連れて来たらしい。

リカはもともと外人ばっか来るようなクラブで、踊ってたみたい。

常にかなりのハジケっぷりが出てるコで、この話の前に4人でカラオケ行ったことがあったんだけど、そこでもメドレーで唄えなかった奴が罰ゲームで脱衣、と言い出したり、倖田來未(だっけ?キューティーハニーの人)を唄いながら脱いでって全裸になるとか、平気で出来るコだったw

で、年末にみんなで遊ぼうって話になって、コースケの部屋に集合。

コースケの部屋は結構広くて、寝室とは別に、ダイニングキッチンが付いてる。

キッチンと寝室の間には狭い廊下があり、それがトイレと風呂、玄関に繋がってて、キッチンからベランダに出られる変わった作りになってた。

壁も厚く、扉を閉めると、音はほとんど漏れてこない。

なんやかんやでワイワイやって、結局3時くらいには寝たのかな。

ベッドは当然1つしかないので、床にマットレスを敷き、コースケとルイがベッド、俺とリカが床で寝ることになった。

まぁ、この時点でコースケとリカが一緒じゃないのがおかしいんだが、その時はリカとコースケが付き合ってるのを、俺もルイも知らなかったんだ。

コースケは前々から、リカがいてもいなくても

「ルイかわいい、付き合いたい」

と言ってたので変に思わなかったし、ルイもまんざらでもない反応だった。

酒のせいかどうかはわからんが、暫く寝付けずにいたので、キッチンで残った酒を呑みながらタバコを吸ってると、リカが部屋から出て来て

「寝ちゃった?」

と聞いてきた。

「なんか寝れなくてさw」

「あたしもーwなんか落ち着かないんだよね」

しばらくはお互い黙ってタバコを吸ってたんだが、突然リカが切り出した。

「ねぇ、シンはどんなコが好きなの?」

そういえばリカとこーゆー話をするのは初めてだった。

いつもハジケてるから、なんか実感が湧かない。

「えー?リカみたいなコも好きだよw」

「ホントは?」

リカの瞳が潤んでるのを見て、思わず目を逸らした。

酒のせいだと思いたい…

「なんで急にんな事聞きたがるわけ?」

「いいじゃん、教えてよ。

なんなら知り合い紹介するよ?」

「知り合いじゃなくてリカがいい」

「えーwじゃあ、いつもは彼女とどんなことしてるの?」

「んー。後ろから抱っこかね」

「あたしもそれ好き?w

愛されてる感じするもん」

「だろ?だから好きなんだ」

「へー、意外だね。

もっと冷たい人かと思ってた」

「どんな先入観もってんだ、お前はw」

「えー、だって見た目だけで言ったら、タバコと酒で生きてそうなタイプだよw」

「はいはい。ヤクザかよw

ま、リカになら優しいと思うけど」

「出たお世辞wいいけどねっ」

そう言うと、リカは嬉しそうに寝室へと戻っていった。

しばらくすると、また扉が開いた。

誰かが便所でも行くのかと思って、そっちを向くと何故かリカが布団を抱えて立ってるのが見えた。

「コースケ達ぐっすり寝てるから、マットこっちに持って来ちゃったw」

「こっちの部屋寒くね?」

「いいってば。寒かったら抱っこしてw

あたしもヨシヨシしたげるからw」

「アホかw襲われても知らんよ?

つか、おまえは無防備すぎだよ」

「いいの。シンも抱っこ好きって言ってたじゃん。

あたしもされるの好きだよw」

「それに…」

リカがくちごもる。

「なに?」

「もっと話したいから」

正直リカはかなり好みだ。

友達なら誰にでも抱きつく挨拶で、大きく柔らかいおっぱいの感触を背中や腕で感じてたし、腰も折れそうなほど細い。

フィギュア選手みたいに必要なだけの筋肉が付いてるのは、普段の動きで見えてたんだけど、見た目はかなり華奢な感じ。

「先入ってよ。あーゆー話の後だと、なんか気恥ずかしいわ…」

「シンも緊張する事あるんだ。らしくないよw」

リカがまたイタズラっぽく笑う。

この顔で笑われると、何でも許せる気がする。

もちろん手を出すつもりはなかったが、リカの濡れた瞳を見たからかなのか、やけに心臓がバクバクいってるのがわかる。

背中を向けて布団に入ると、リカがくっついてきた。

「やっぱ寒いw」

「だから言ったでしょうがw」

「えへへ。でもシンあったかいよ」

「そーですか、良かったね」

「こっち向いてよ。抱っこしてw」

「無茶言うな。チンコ突っ込むぞ」

「ヤダ…抱っこ…」

子供のような声で、リカが涙ぐむ。

理性はもう崩壊寸前だったが、静かに泣き出すリカをそのままには出来なかった。

向き直り、リカの頭の下に腕を回す。

暗闇で良かった。

明るかったら顔が赤くなってるのが見えてたはずだ。

「これでいい?」

「シン優しーんだねぇw

ワガママ言っても怒らないし」

「お前がコドモ過ぎるんだよ」

笑いながら、ひそひそたわいもない話が続く。

束の間の静寂のあと、沈黙を破ったのはリカだった。

「あたしコースケと付き合ってるの」

一瞬何を言ってるのか、理解出来なかった。

「へ?マジで?」

「なのに一緒に寝てくれないし、いつもルイにくっついてるし」

「まぁ…わからんでもないけどな。男としてはw」

確かにルイはかなり綺麗だし、それなりにモテて、彼氏も複数いたんだがw

リカには言ってないが、正直な話、コースケはファンの女を喰いまくってた。

なんだかんだで、部屋に連れて来た女は30人を下らない。

彼女がいない時なら、特に言うこともない。

グルーピーなんてそんなもんだしね。

だが、この場合は話が違う。

リカはファンではないし、そもそもルイとはビジネスの付き合いだ。

コースケのメジャーデビューしたいという熱意を見て、手伝ってきた俺からすれば十分馬鹿げてるし、馬鹿にされてるとも思った。

自ら事務所とギクシャクする必要なんか、どこにもない。

「ちょっと話してくるわ」

と言って、席を立とうとしたがリカに止められた。

「しょうがないよ。コースケもてるもんw」

といってもコースケのグルーピーなんぞ、たかが知れてる。

恋愛と音楽の区別もつかないガキばかりだ。

「おまえはそれでいいのかよ」

「いいんだ、別に。慣れてるから」

そう言いながらも、リカの瞳は潤んでくる。

「まぁ…リカがいいなら、何も言わないよ」

「シンなら…浮気しないよね」

肩のあたりに、リカの頭がある。

それまで俺の胸に顔を埋めていたリカが、パッと上を向いた。

瞳が相変わらず濡れているのが、光の反射でわかった。

近過ぎだろ…。

心臓がバクバク言い出した。

「シン」

急に放たれた一言で、さらに心臓は早くなる。

「なに」

鼓動は相変わらず落ち着かない。

部屋中に響いてるように聞こえた。

「心臓…すごいね」

「こんだけ近けりゃ…緊張するわ」

「さっきの話ホント?」

「さっきって?」

「とぼけないでよ…」

「さぁね」

「シンなら癒してくれると思ったのに」

そういうと、リカはプイッと背中を向けた。

なんだ?コレ。

誘われてんのか?

しかも巨乳のスレンダー美人に?

時間にしたら1?2秒だったが、俺の頭の中は現状を整理しようと高速回転して…壊れた。

俺はリカの肩に手をかけ、こちらへ振り向かせるといきなり唇を奪った。

抵抗されてもいい。

そう思ったのに、リカは背中に手を回すと、舌を入れて来た。

暗闇の中にくちゅくちゅと、舌のもつれる音が響く。

「ふッ…ふッ…」

あえぎながら必死で舌を絡めてくるリカは、これまで見たどんなリカよりも愛おしかった。

瞳を濡らし、小刻みに震えながら唾液をすするリカ。

「…ぷはッ…はっ…」

唇を放すと、リカは大きく肩で息をした。

会話もなく、リカが服を脱ぐ。

お互いが裸になり、お互いを強く抱くと、あとはもう無我夢中だった。

下にリカを寝かせ、上から覆い被さるとキスを繰り返し、首筋や鎖骨、耳を甘咬みし、リカの軟骨をコリコリと歯でいじる。

「コレ…コレ欲しいよぉ…」

リカが俺のアレを掴む。

自分のも触って欲しかったんだと思う。

腰が浮くのがわかったんだけど、少し焦らしたかった。

あのリカが俺を求めるなんて、信じられない。

「まだダメだよ」

そう言って、リカのおっぱいに手を添えた。

十分な重さを感じながら、水風船のように柔らかいおっぱいを弄ぶ。

リカのおっぱいはフルフルと震え、沈み込んだ指に吸い付く肌の感触。

乳首に指が触れる度に、ビクッと痙攣する。

「ふッ…んあッ…あっ……ひ…ん…ふッ……!」

声を殺して、リカは喘ぎ続ける。

「おっぱい…吸って…」

包み込む様に胸を寄せ、肘で腰を挟んで固定してから、乳首の周りだけに舌を這わせる。

すでにプックリと膨らんだ乳首の側面に舌が触れるだけで、腰をひねり、浮かせ、内股を俺の足にこすり付けるように、腰が上下にもぞもぞと動く。

「キモチぃぃの…ガマン出来ないよぅ…」

その間も俺はおっぱいや首筋を攻め続け、俺の足はリカの愛液でヌルヌルになった。

リカは荒い息使いで耐えていたが、もう限界だったようだ。

「イッちゃうよぉ…イク…イッてぃぃ…?」

この言葉を合図におっぱいから手を離し、リカが足に擦り付ける股に左手を差し込み、クリトリスをつまんで、右手でマンコの中を激しく掻き回した。

「あッ…!」

「イっていいよ、好きなだけ」

「あぁぁああッ…ひぅ……イ…く…!」

リカがそう言い終わると同時に全身がガクガクと震え出し、リカの顔が真っ赤に紅潮した。

ひとしきり痙攣が終わると、リカが抱きついてきた。

「すご…こんな…初めて…」

息を荒げてリカがキスしてきた。

廊下越しで熟睡中だが、隣には彼氏がいる。

その状況が、リカをここまで興奮させたんだろう。

すっかり体があったまったらしく、全身が熱くなってる。

リカはおもむろに布団の下へ潜ると、チンコをしゃぶり始めた。

「リカ、おしりこっちに向けて」

「おしゃぶり出来なくなっちゃうよぉ…」

体の上下を入れ替え、俺の顔の目の前にマンコがパックリと口を開く。

ストリップをするからだろうか、陰毛はほとんど処理され、ほぼパイパンだった。

熱くなったリカの舌と、すごい量のヨダレがアレを包む。

カリを軽く唇で擦られると、カウパーがドクッと溢れた。

あまりの量だったので、イッたのかと勘違いしたくらいだ。

たっぷり湿った舌先が根元の方から裏筋を伝い、カリと竿のつなぎ目の部分でカリ周りに移る。

「あふぁ…おいち…」

舌先、奥の柔らかい部分、舌全部を巧みに使い分けながら、リカは存分にアレを味わっている。

こちらに向けたおしり…わずかに残った陰毛の隙間から、リカがボタボタとヨダレを垂らしているのが見える。

「やらしいね…リカ…おまんこ丸見えだよ?」

「いやぁ…恥ずかしいよぉ…」

そう言いながらも、リカは嬉しそうにアレをしゃぶり続ける。

口を開けたマンコの奥には、小さくすぼまったヒダがヒクヒクしている。

ひとさし指とくすり指で広げると、一筋の愛液が流れ出す。

それを舌ですくうと、リカのおしりがビクッと震える。

「あ…ん…」

しゃぶりながら、くぐもった声が漏れた。

中指でクリを刺激すると、リカが途端に喘ぎ出す。

「あ…はぁッ…ん」

「ほら、垂れてるぞ、力入れて締めろよ」

「いゃぁ…ん…」

リカの腰が、生き物のようにくねり出す。

「ナメてよぉ…もっと感じさせてぇ…」

「おしりが遠いよ?舌が届かない」

リカが腰を落とすと、つぼみのようなヒダがひらき、ありえない量の愛液が溢れ出した。

ヒダはじゅうぶん過ぎるほどびちゃびちゃに濡れ、泡立っていた。

じゅるじゅると、音をたてながら愛液をすする。

リカは狂ったように、チンポをしゃぶり続ける。

ヒダの中に舌を入れたり、クリを舌先で転がしたりするたびに、おもちゃのように痙攣する。

その反応が楽しくなり、10分も続けるとリカが足に抱きついてきた。

「やだぁ…イッちゃう…こんな…」

「なに?やらしいのはリカだよ?」

「違うよぉ…こんな…ウソでしょ…」

「キモチいいんだろ?

彼氏の部屋で、彼氏の友達にクリトリスいじられて」

「いや…あぁ…ん」

リカは泣き出しているようだった。

「ほら、何して欲しいんだ?

はっきり言えよ」

「……イ…イかせて………」

「どうやって?」

「クリ…いじって…」

「指でいいの?」

「もうムリだよぉ…そんな事言えないよ…」

「じゃあ出来ない」

その間も休む事なく、クリ付近や入り口を触れない様にナメ回した。

「……イキたい…です…クリを…舌で…ナメ…て…下さい…」

震える声で哀願するリカは、自分で言った台詞にすら恥ずかしさを覚え、その恥ずかしさがさらにリカを興奮させてるように見えた。

クリに吸い付き、甘咬みする。

「なに…コレぇ…ん…いや…いやぁぁぁ…んふぁ…っ!!」

それだけで、リカは全身を震えさせてイッてしまった。

「はッ……ぁあ…」

リカはうつぶせで、大きく息をしながらこちらを見ている。

「なぁに?」

「…いじわる…」

「じゃあ…本番だねw」

「ちょっと…休ませて…」

「ダメだね。股開きな」

冷たく言い放つと必死で上半身を起こし、こちらを向いた。

「なんで泣いてるのかな?」

「キモチぃぃの…声出ちゃう…」

「もっと欲しいんだろ?」

「軽蔑した?

…あたしこんなの初めてだ…ホントだよ…」

「いやらしいマンコだな。

パックリ開いて言う台詞じゃねぇだろ」

「シンが…したのに…ひどいよぉ…」

リカは明らかにマゾ気質だった。

冷たい責め句を浴びせるだけで、おおきなおっぱいがプルプル震える。

「なにか言うことがあるんじゃないのか?」

「あたしの…いやらしいおまんこに……おちんちん…入れて下さい……」

「よく言えたね…ご褒美♪」

もう慣らす必要もないくらい濡れてるのは、触ってわかってた。

カウパーでダクダクに濡れたチンポを、ぐちょぐちょになったマンコに沈めた。

「ぁ…ああ…おっきいぃ…」

「ほら、キモチいいか?」

「はぃ…ぃいです…もっと…もっと下さいィ…」

泣きながら哀願するリカの顔は、褒美をねだる奴隷そのものだ。

あれだけイキながら、リカのマンコはまだかなりの締まりがある。

入り口が締まり、奥が締まり、出し入れするチンコにヒダが絡み付く。

カリで入り口を数回擦り、一気に奥まで突っ込む。

入り口で9回、奥へ1回。

入り口で7回、奥へ1回。

5回、1回。

3回、1回。

そして奥を連続で突く。

規則正しく動きながら、リカの子宮口のコリコリした感触がチンポに伝わる。

「ふッ…ふぅ…んッ…!」

「ぃう…んはァッ……あっ、あっ、あっ……!!」

リカが声を上げる度に、マンコもキュッキュッとリズム良く締まる。

「…イクッ…イく…イクッイく…イっちゃうよぉ!!!」

挿入してから、もう2回目。

こいつホントにセックス好きだな…。

顔に飛び散った俺の汗をリカが拭き、その指を舌が拭う。

「お願い…助けて…頭がおかしくなりそぉだよぉ…」

しばらく同じ様に規則正しく動いていると、動きに慣れたリカが器用に腰を振り、俺の動きに合わせるようになった。

その余裕にカチンと来た。

俺もじゅうぶんサド気質だなw

余裕の出たリカのいやらしい顔は、ますます俺を興奮させた。

今度は奥で前後にはあまり動かさず、左右の膣壁をこする。

リカの中で円を描くように。

いきなり変わった動きに驚いたのか、リカが背中にしがみついた。

「あッ、アッ、んはッ、ひぁッ!」

リカは枕を掴み、毛布をくわえ、必死で声を殺している。

「…イかせ…て…下さい…」

リカが耳元で呟く。

再びリカの目が、奴隷の目になったことに満足した。

まるでリカの全てを握ってるみたいな、妙な興奮。

リカがおねだりする通りに動いた。

なんであんなに持ったのか、今でも不思議だw

余裕ぶってはいるんだけど、マジでここまで締まるマンコは、こっちこそ初めてだった。

「一緒に…イキたい…」

もうそろそろ俺もヤバかったので、内心助かったと思った。

「おなかでいい?」

「ピル飲んでるから…中に出して…いいよ」

リカを抱えると、座り直してあぐらをかいた上にリカを乗せた。

両手でおしりを支え、広がったマンコの奥までチンポが当たるのが分かる。

「そろそろ…イキそうだよ…」

「きて…奥に出して…!」

「いくよ…!」

「熱いの……オマンコに…出して…!!」

「あ…出る…!」

「あっ!ああぁっ!!」

ビュルビュルッ!と吹き出した精子を、リカのヒダが美味そうに飲み込み、残った精子を舌なめずりするように動く。

そして中に残った精子も、手の様に動く膣壁が絞りだす。

時計を見ると、もう6時を回っていた。

「すごく良かった…こんなにイけたの初めて…」

「状況次第だなw」

「…もぉムード台無しじゃんw

でも頭真っ白になれた…」

その後は布団の中でキスを続け、もう1回愛し合って、昼まで眠りこけた。

その後は2ヶ月くらいリカと猿のようにセックスしてたんだけど、仕事が忙しくなって合う回数も減り、そのうちお互い連絡しなくなって終わり。

リカはリカで、コースケから10万くらい金を貸りたまま、海外旅行に。

未だに連絡はついていない。

バンドメンバーから聞いた話だけど。

まだヤリ足りないのは、事実w

でもコースケとも切れたし、連絡取りようがないからねw

主(*´Д`)ハァハァ<音楽関係の人たちってなんか性に緩いイメージあるよね。

コメントを残す