【不倫えっち体験談告白】親友の旦那に、お尻の穴を弄られてイッちゃう!

【友達との体験談】親友の麻紀とは、中学生の頃からレズ行為をする仲。潔癖症の私は、彼氏の浮気を許せず、彼女の元に行くはずが…
自他ともに認める、潔癖症の私。親友の麻紀とは、昔から何かあると、体の関係を続けてきた。最初は舐めるのも許しがたい行為だったのに、今ではへっちゃら。でも、彼氏の浮気だけは許せなかった。麻紀に慰めてもらおうとしたら、旦那さんに体で慰められてしまって…。
juy00152jp-2

晶子と申します。

私は自他共に認める潔癖症で、同級生で小学・中学が同じ親友の麻紀ちゃんからも、その旦那さん武男君(同じ小学・中学でした)からも、よく言われてました。

うん、確かに「不潔っ」ってよく言うなぁ、私。

麻紀ちゃんは中学くらいから少しレズっ気があって、二人で胸を触りあったり、アソコを触ったり・・・。

潔癖症の私は、中学のときは麻紀ちゃんの女性器を舐めることはできませんでしたが、麻紀ちゃんは平気で私のを舐めたりしてきたっけ。

大学・社会人になってからもお互い彼氏に振られたりすると、そういう関係になっちゃうことも・・・。

麻紀ちゃんの部屋で、夜、お酒を飲んでキス・・・。

脱がされて、クリトリスを舌だけでイカされて・・・。

大学くらいになると、麻紀ちゃんに

「・・・してぇ」

と懇願されると、私も平気で麻紀ちゃんのシャワーで洗っていないアソコを、舐められるようになっちゃいましたが・・・。

ローターとかペニスの形をしたバンド、その他のオモチャを麻紀ちゃんと共同でネットにて購入して、私の部屋のクローゼットの中に隠してあり、それを使ってHしたりします。

直に舐めるのも、さすがにお尻の穴はムリでした。

だって肛門って、排泄物を出すための穴でしょう。

麻紀ちゃんは、私のお尻の穴を舐めてきたニオイに興奮したり、指を奥まで入れてきたりするんですよね。

結構感じるんですけど、麻紀ちゃんにしてあげるのは、女同士でもちょっと無理。

潔癖症ってつらいんですよね、清潔が好きでもトイレ(大・小)は人間ですから、出てきてしまいますし。

なぜこんな臭くて汚いものが、カラダから出てくるだろうと、思春期は悩んじゃうこともありました。

付き合っていた彼氏が浮気をして、男女関係にも潔癖症の私は、ホントに許せず。

誰かに相談したいと思い、麻紀ちゃんへ。

しかし、麻紀ちゃんは、ディズニーランドへ夜行バスで友達と遊びに行くということで。

結局、家に残された武男君に、相談。

よく三人で昔から遊びに行ったりしていて、武男君は気軽に相談できる存在なんです。

もう彼氏に浮気されたのが悔しくて、自暴自棄になっていました。

昼にゴハンを一緒に食べてから、相談スタート。

二人っきりで話しているうちに、

「私って魅力ないんだよね。

幼児体型で、お尻も胸も小さいし。」

「晶子ちゃん、そんなことないよ。

昔から、お寺のお嬢様で通っていたじゃん。

かわいいよ。潔癖症すぎなのが、たまにキズだけど・・」

「麻紀ちゃんがうらやましい。

やさしい旦那さんがいて」

「そんなことないさ。」

武男君はやさしくキスしてきましたが、私はビックリ!!

「ん、んん〜、だ、だめっ。

私そういうつもりで来たんじゃ。武男君、不潔!!」

「出た〜!!晶子ちゃんの不潔って言葉。」

「だって、麻紀ちゃんがいるでしょ。

こういうことって不潔じゃん。」

「晶子ちゃんの彼氏だって、晶子ちゃんがいるのに浮気してたんだよね。

おそらく、セックスもしてるでしょ。

彼氏は、この今も他の女と浮気セックスしてるかも・・・」

そう言われると、すごく落ち込んで(男女の交際についても)。

潔癖症の私でも・・・

「・・・もう私、訳わかんない。

武男君の好きにしてほしい・・・」

「お寺のお嬢さんとできるなんて、幸せだな。オレ。

麻紀には内緒な。」

「う・・・うん・・・」

武男君は背後からガバッと抱きしめてきて白い服を脱がし、キャミソール姿になった私の胸を、触ってきました。

「胸、小さいから恥ずかしい・・・。

麻紀ちゃん、大きいもんね。」

「たまには、こういう胸もいい。

麻紀とは違う揉み心地だ。

前から、晶子ちゃんのおっぱい見たかったんだよなー、こっそり。

乳首の色は、麻紀より茶色いね。」

「やだ、こんなときに比較するなんて、ヒドイ。」

キャミソールの肩ヒモをスルッと下ろし、パットが私の小さな胸から離れて、あらわに・・・。

それを胸を揉みながら、私の肩ごしに後ろから覗き込む武男君。

不安で私も同じ視点・同じ角度から、武男君の愛撫を二人で一緒に見守る。

私の小さな胸がわしづかみにされ、乳首をコリコリ。

自分が見えてる胸が、武男君も同じ角度から見ているから、見え方は同じはず。

揉まれることによって私の小さな胸が醜くひしゃけたり、乳首が立ってきたりするのも、二人で一緒に見ているから余計恥ずかしい。

それが、余計感じる原因かも。

親友の旦那さんの、後ろからの胸への愛撫に、感じてしまう私。

アソコが濡れてきて、

「いけない」

と分かっていても、私の体は武男君のペニスの挿入に対して、着々と準備がなされていくのを感じました。

オンナってすごいと思う。

魅力的な男性と、こういう仲になると

「いけない」

と分かっていても、男性の精子を受け入れる準備をしてしまう。

親友の旦那さんの精子は、麻紀ちゃんのものなのに・・・。

勝手に私が受け入れる準備をして、こんなに濡れてきてるなんて。

こんな不潔な男女関係は私は普段、絶対望まないけど自暴自棄になっている今は、特別。

何か欲求不満みたいのが溜まっていて、たとえ武男君の性欲処理の道具に使われてもいいや、という感覚。

逆に、メチャメチャにされたい気持ちでした。

パンティーに手をかけられて、慌てる私。

「こんな明るいところじゃ、イヤ!!」

武男君は強引に私を押し倒し、赤ちゃんのオムツを替えるような体勢から、さらに私の両足を持ち上げて、体育の「うしろ回り」が失敗したような体勢に。

ハッキリ言って、全部丸見えです。

潔癖症の私が、親友の旦那さんにアソコも、なんと言ってもお尻の穴まで見せちゃうなんて、人生最大の屈辱。

でも、今日はなんだか自分が初めて、マゾかも・・・と思えます。

お尻の穴とか、陰毛とか、ワレメとか見られるのが・・・感じてしまいました。

「うわぁ、晶子ちゃん丸見えだよ。

お尻の穴まで・・・ヒクヒクしてるし。

舐めちゃお。」

「イヤ!!ヤダ!!変態!!

彼氏にも、明るいとこで見せたことないのに!!

[shortcode]
あっ、そんな汚いとこ舐めないで!!

もう、責任とってよっ」

「潔癖症な晶子ちゃんでも、ウンコもオシッコも人間だからするよね。クッサイわ。」

と次の瞬間、お尻に熱いものと灼熱感が。

「すっごい、肛門の奥まで指入っちゃったよ〜」

「イヤッ、不潔っ、お尻に変なことしないでぇ!!

サイテー!!」

「お寺のお嬢様の、お尻から出てくるもの興味あるなぁ。

掻き出しちゃうぞ。」

もう片方の手の指で、アソコの方を激しく突かれ、お尻のほうもさらに激しく・・・。

「あっ、あんっ、両方とも壊れちゃう・・・」

痛みや灼熱感が麻痺してきて、

「気持ちいい」

という感覚にすり替わってきて。

どうやら、奥のものを掻き出されているようですが、お尻の穴の方まで快感になってきて。

そんなことも気にせずに快、楽に身をまかせて、すぐにイキそうになってくる私。

「あっ、すごいっ、お尻の奥まで来てるっ!!

もっと!もっとしてぇ!私の・・・お尻・・・かき回して!!

・・・もう今日は、壊しちゃってぇ!!」

「すごい締め付けてくるよ、晶子ちゃん。

特に、お尻のほう。」

「あっ、はっ、はっ、イッ、イクイクイクっ・・・」

頭の中が真っ白になって、「でんぐり返し」のような体勢のまま。

生まれて初めてお尻の穴メインで、イッてしまいました。

ぐったりしてると、

「オレも気持ちよくなりたい。」

と正常位で挿入してくる、武男君。

「・・・今日は、晶子のカラダが欲しい。」

「今日は・・・??」

ふと私は冷静になり、昨日は麻紀ちゃんを抱いたのかな?

麻紀ちゃんは以前から「子供早く欲しい」って言ってるし。

昨夜とか、麻紀ちゃんの中に出したりしたの?

昨日は麻紀ちゃんで、今日は私?

麻紀ちゃんの代用品・・・日替わりメニューみたい・・・複雑。

麻紀ちゃんと、妊娠するようなセックスしてるのかな?

お互い快感を求め合い、エクスタシーを一緒に感じながら、麻紀ちゃん夫婦が裸で激しいセックスをしているのを、想像してしまう私。

麻紀ちゃんも、武男君の顔も、私は両方知ってるから、想像で二人が快楽の表情。

いろんな体位で性器同士でつながり合い、最後は麻紀ちゃんの膣の中で果てる武男君の表情。

その精子を受け入れる、麻紀ちゃんの幸せそうな表情まで。

ハッキリ想像できてしまう私。

親友なのに、麻紀ちゃんに対して、嫉妬みたいなものまで感じてきました。

彼氏に浮気されて、他の女とセックスしてると思うと、くやしくて。

「私だって!!」

という気分の私には、男女関係にも潔癖症の私も、つい受け入れちゃって・・・。

武男君のカラダ(ペニス)を、そのまま受け入れて、腕を武男君の背中にギュッと回して、体と体が離れないように密着。

「武男君の好きにしてっ!!

今日、・・・大丈夫だから。」

私も、想像の中の麻紀ちゃんに負けないくらいの、快楽の表情を見せる。

今、親友の旦那さんを寝取っている、という満足感。

親友の旦那さんの赤ちゃんを身ごもるかも、という興奮があるのです。

麻紀ちゃんの許可なしに、ナマで武男君のオチンチンを受け入れて、お互い気持ちよくなっちゃってる。

「私、今日は彼氏を裏切ってるから・・・。

麻紀ちゃんの次でいいから・・・。

武男君のならいいよ、デキちゃっても・・・。

もう彼のこと忘れさせてっ!!

彼のなんかいらない、武男君のが欲しいの・・・。

麻紀ちゃんごめんね・・・いっぱい・・・いっぱい出してぇ!!」

「オレも晶子の中に出したい!!

晶子っ!!晶子ぉっ!!」

次の瞬間、妊娠しちゃうと思うくらい、私の中に熱いものが広がってきました。

武男君はすべて出し切ったかのように、徐々に腰の動きがゆっくりとなって、私に体重をかけてきました。

快感が、ゆるいカーブを描いて下降してきたときに初めて、

「取り返しのつかないことをしてしまった」

と思いました。

でも、膣の中の武男君の精液はとても愛おしくて、オンナとしての満足感だけは、残りました。

後日、麻紀ちゃんからメールがあり、

「旦那が浮気してるかも・・・女の勘で。

旦那の様子がおかしいから、相談に乗って。」

と。

今度、私の部屋で飲みたいって言ってきたので、カラダで慰めてほしいパターンなんですよね。

いつものパターンだと。

私が原因なのに、その麻紀ちゃんをカラダで慰めることになっちゃうなんて、複雑・・・。

では、麻紀ちゃんのところへ行ってきま〜す。

主(*´Д`)ハァハァ<親友だけでなく、旦那まで自分の物にしちゃうの~!

コメントを残す