【浮気えっち体験談告白】初めてを奪った彼女に飽きず、妹までにも手を出す男

【彼女の妹との体験談】年下の彼女と付き合い、処女を奪った彼氏。その後彼女の家にお邪魔すると、JSの妹とも…
友達の紹介で付き合い始めた、年下の彼女。初めてを頂き、母親が不在の彼女の家で遊ぶことも多くなった。当時JSの妹には特別な感情は抱かなかったが、妹の「キス」の話題で関係は大きく変わってしまう。教えた勉強で成績を残した彼女の妹へのご褒美のキスから…
504ibw00548zjp-20

俺が、厨房女と付き合い始めたのは、友達の彼女の紹介。

俺が航1で、彼女が注1。

まぁ最初は遊園地や街デートしてたけど、注2の夏休みに泊りがけで出かけて、お初を頂いた。

張りのいい胸と、固く閉ざされた蕾。

今まで何も入り込む事の無かった、初々しい蕾を引き裂き押し広げながら入っていく肉棒。

苦痛で歪む可愛い顔が、余計興奮する。

一気に突き刺すときつく絞め付けるマンコからは、生温かいマン汁と鮮血が交じり合いながら、チンポに絡みこびり付いていた。

彼女の家は、母子家庭で母親36歳、妹11歳の三人暮らしだった。

たまに家にお邪魔して彼女の部屋で、時間過ごしたりしてたので、妹とも仲良くなった。

母親は働いていたのでほとんど家には居らず、よく家にあがりこんでは、彼女の部屋で時間を過ごしてた。

妹に始めてあった時は幼く感じて恋愛対象にも思わず、ふざけ合ったりして愛称で呼ばれるぐらい仲が良かった。

妹が賞6にあがったときに、

「どうせ家に来てるなら、勉強を教えてあげて」

と彼女から言われ、妹と時間を過ごす事が多くなった。

勉強を教えながら、たまに学校の話や友達の話をしてきて、色々相談にも乗ってあげるようになった。

そんなある日、妹から

「おねぇちゃんともうしたの?」

と聞かれ、一瞬ドキッ!として

「何を?」

と言うと

「キス」

内心ホッとして、

「あぁキスね、うん!したよ」

「私の友達もしたって言ってた。

みんなすごいな〜」

「まみちゃんは、まだしたことないんだぁ」

「うん、卒業するまでには済ませたいなぁ」

「えっ?そんなもんなの?

済ませるとか、怖いなぁ。

キスとかもっと大切にしなきゃぁ、そんな簡単にしちゃダメだよ」

「えっ〜!だって、じゃぁ卒業までに出来そうになかったらしてくれる?」

「だから、そんな好きでもない人とかと簡単にしちゃダメだって」

「簡単じゃないもん、だって好きなんだもん」

急に告白されて、心臓が高鳴った。

焦りながらも

「またまた、鹹かったりしたらダメだって」

「ほんとだもん、おねぇちゃんにしたことしてほしいもん」

えっ?本番?

いやいやキスってことねと思いつつ。

「はいはい、じゃぁこの問題全部解けたらね」

「えっ〜絶対無理だよ、ケチ〜!

よ〜し、じゃぁ全問解いちゃうからね!」

30分後、まみちゃんの唇と俺の唇が重なり合ってた。

一問ぐらいは、間違えると思っていたのに・・・見事に正解。

大喜びのまみちゃん。

「やった〜!全問正解!

はい!約束通りキスして」

と目を閉じ、唇を突き出すまみちゃん。

しょうがないなぁと思いつつも、驚かしてやれと思い、舌入れたらビックリするだろうなぁと唇をゆっくり重ね、

「軽く口開けて」

「えっ?」

「ほらキスは、唇重ねるだけじゃないんだよ」

恐る恐る、唇を開けるゆみちゃん。

開いたと同時に舌を滑り込ませると、ビックリしたように

「えっ?!何?」

「えっ〜知らなかったの?

みんなしてるんだよ。

舌を入れてお互い絡ませるのがキスなんだから」

椅子に座ったまま唇を開け、体を硬直させていた。

舌を入れると、体をビクッと震わせた。

「ほら舌出してごらん」

ゆみちゃんの華奢な体を強く抱きしめ、ゆっくりと出てきた舌を吸いながら、舌を絡ませると。

また体をビクッビクッと何度も震わせると、感じたように声を漏らし始めた。

ゆっくり唇を離しお互い見つめあうと、唾液でベットリと濡れた唇を見て、お互い笑い始め、お互いの唇を拭きあった。

それ以来、勉強を教えるたびキスをするようになった。

強く抱きしめるたび、盛り上がり始めた胸を触ると、最初はくすぐったいのか身を捩っていたが。

数日後には、胸を揉んでもキスをして、塞がった口から声を漏らし始めていた。

いつもキスの後、恥ずかしそうに下を向く姿が愛しく、終わったあとも、強く抱きしめていた。

そんな時に限って、急に彼女が部屋に入ってきたりするので、マジ焦ってた。

そんなある日、彼女は修学旅行で留守の時、妹を抱ける唯一の日。

早めに家に行き、彼女も母親もいない家に、二人だけの空間。

母親が帰ってくるのは、仕事が7時に終わって、家には8時半。

夕方、家に着き、ゆみちゃんの部屋へ。

ベッドに並んで座り、しばらくいろいろな話をした後、おもむろに華奢な肩を抱き寄せ、ゆっくりと唇を重ねた。

舌をゆみちゃんの中に滑り込ませ、舌に絡ませる。

強く抱きしめながら、重なり合うようにゆっくりとゆみちゃんの上に覆いかぶさり、唇を重ねたまま両手でブラウスのボタンを外し、両手を胸に・・・。

両手にはスポブラと、膨らみ始めた張りのある乳房の感触。

ゆっくり下からブラを釣り上げると、小さなピンク色の乳首が目の前に。

重ねた唇から、乳首へと移動舌で転がすと、小さな乳首が段々硬くなり、コリコリに。

恥ずかしそうに両手で顔を隠すゆみちゃん。

我慢できずに、荒い息を出し声を漏らす。

左手で乳房を揉みながら、右手を股間へと・・・。

スカートを捲りあげ、下着の中に手を入れると両足を絡め、嫌がりながらも蕾からは、蜜が指に絡み付いてベットリ。

「ゆみちゃんすごいよ、ほらこんなに感じてる」

「エッチ、感じてないもん」

「でもほら」

べっとり濡れた指を見せると

「だって、なんか変な気持ちになっちゃって、胸がドキドキしちゃって、どうしようもないんだもん」

胸に耳を当て、心臓の音を聞きながら右胸を揉む。

「本当だ、ドキドキ言ってる」

「もぉダメ、すごく気持ちいい、体が熱いよぉ」

「ほら、心配しなくても、僕のも熱くなってるよ」

と硬くなったチンポを握らせると、

「本当だ、熱い」

「これが、ゆみちゃんの中に入るんだ、すごいでしょ」

「えっ〜!無理だよ、こんなの絶対入らないよぉ」

「大丈夫、痛くないから」

下着を脱がし、両足を広げると、小さなピンク色の蕾から透明の汁が滴り流れていた。

舌でそれを舐め取ると、声を上げ感じるゆみちゃん。

まだ剥けてないクリを舌で転がし甘噛みすると、一気に感じたのか蜜が一気に吹き上がり、

「出ちゃう、なんかオシッコ出ちゃいそう、待って」

「大丈夫だって、オシッコじゃないから大丈夫、ほら力抜いて」

両手で顔を隠しベッドに横たわっている、ゆみちゃんの足を広げ、チンポを蕾に押し当てる。

ゆっくりと突っ込むと徐々に開花するように蕾を広げながら、チンポが奥へ奥へと入っていく。

足に力が入り、伸びきる華奢な足。

チンポを押し出すように、蕾に力が入りチンポを絞め付け押し出そうとする。

押し返されないように、強引に奥まで突っ込むと声を上げ

「いっ!痛い!痛いよぉ!」

「大丈夫、力抜いて、力入れるともっと痛くなるよ」

目を瞑ったまま、必死で痛さを我慢しているゆみちゃんを見てると、可哀想に思えながらも、早く一緒に逝きたいという気持ちが混ざり合い、一気にピストン運動。

一度抜けると、二度と入りそうに無いぐらいの締め付け。

抜かずにそのままピストンを続けると、声を上げたと思うとゆみちゃんは、逝ったのか気を失ったようにグッタリと横たわった。

しばらく、そっとベッドに寝かせていると、目を覚まし同時に抱きついてきて、涙を流した。

その涙を見て、罪悪感にとらわれていると、ゆみちゃんが

「うれしい、でも勝手に涙が出ちゃう」

言葉の後、抱き寄せ、また唇を重ねた。

主(*´Д`)ハァハァ<このまま姉妹丼とは、ならないか!

コメントを残す