【不倫えっち体験談告白】人妻生保レディは契約相手の社長と不倫

【職場不倫体験談】大型契約をしてくれた小さな会社の社長。付き合いで食事をしたら、流れでえっちをさせられてしまい…
29歳で2人の子供をもつ主婦ながら、生保レディをしている女性。ある方の知り合いで、会社社長を紹介してもらえることになった。大型契約を取りつけてくれ、40代の彼と食事へ。気分よくお酒を飲むとつい眠気に襲われて、気が付くとベッドで全裸にされ…
snis00162jp-9

初めまして。

私は、生保レディをしています。

今年で29歳になります。

結婚7年目。

子供も2人います。

今、お客さんの男性と不倫中です。

関係が始まって、もう半年になります。

きっかけは、某商社の男性に契約をしてもらった事が始まりです。

ハンコを押してもらった日、

「よければ、友人を紹介してあげようか?」

と言ってくれたのです。

その方は契約して頂いた男性の会社の先輩で、今は独立して会社を立ち上げたところだと言う事でした。

私は、その好意に甘える事にしました。

その2日後に、その方の事務所を訪ねていきました。

会って驚きました。

当年44歳と聞いていたのですが、そんな歳には全然見えなかったからです。

若々しくて、背か高くて優しそうな方でした。

ボウッとして、仕事の事を忘れそうになってしまいました。

「あいつの紹介なら、間違いないんだろう。

いいですよ。

この会社の全員の保険をお任せします。」

全部で14人いらっしゃる、社員全員の保険・・・セールスレディーとしては夢のようなお話しでした。

契約条件と次に来るまでに作る契約書の内容がまとまった時、もう夕方の5時を回っていました。

「これから、飯に付き合ってくれませんか?

勿論、私のおごりで。」

と社長さんに誘われました。

今の仕事を始めて3年。

今まで色々なお誘いを受けました。

お茶に始まり、契約の代償として体を要求してくる方もありましたが、すべて断ってきました。

でも、その時は大口の仕事を逃したくないという気持ちの他に、偶然が3つ重なっていました。

一つは、夫が出張中だった事。

二つ目は、その機会を利用して、子供達が夫の実家に泊まりに行っていた事。

三つ目は、仕事を含め、後の予定がなかった事。

私は、食事だけの条件でお誘いをお受けしました。

食事は、都心からだいぶ離れたところにあるお店の、会席料理でした。

高そうな料理でしたが、美味でした。

社長さんに勧められるまま、普段はあまり飲まないお酒も、その時はかなり飲んでしまいました。

店を出て、タクシーに乗りました。

でも、直ぐに寝てしまい、気が付いたら知らないホテルの部屋でした。

体中に広がる異様な感覚で、目が覚めたのです。

その時、既に着ている物は全て取られ、全裸にされていました。

「気が付いたかい。」

そう言って、社長さんは私の唇を奪いました。

直ぐに舌が入ってきました。

社長さんも、全裸でした。

その右手の指が、既に私の秘芯に差し込まれ、激しくピストンされていました。

クチャクチャという湿った音が、部屋全体に響き渡っていました。

私の目を覚まさせた異様な感覚の正体が、その愛撫による激しい快感である事に、その時やっと気付きました。

振りほどこうとしても既に力が入らないほどに、私の体は高まっていました。

耐えようとしましたが、それから直ぐにイッてしまいました。

社長さんは、直ぐに私の中へ入ってきました。

足を抱えられ、随分長い時間、正常位で突かれました。

夫の何倍もあるモノでした。

圧迫感で、私の膣は一杯になっていました。

それが物凄い勢いで動き回る時、一回一回の突きの度に、体がバラバラになりそうなほどの快感が体中に広がります。

目がチカチカして、息も満足にできなくなっていました。

社長さんの体に、思わずしがみついていました。

津波のような強烈な快感でした。

私は何度も何度も、数え切れないほどイキました。

対面座位で抱かれている時、私は社長からセフレになるように求められました。

[shortcode]

絶頂の手前で散々焦らされて・・・拷問のような仕打ちの後、私はそれに同意してしまいました。

それからも、散々攻められました。

あらゆる体位で、社長さんのモノを受け入れました。

特に、バックからは長い長い時間攻められました。

後で聞いた話ですが、社長さんは私のお尻の形が特に好きなんだそうです。

そのお尻を無茶苦茶に犯したくなった、という事でした。

どのくらい突かれたでしょう。

やっと社長は、私の中でイキました。

私の最深部に熱い固まりを放っていました。

私も、その日で最も激しい絶頂感に、気を失ってしまいました。

気が付いた時、私はまた快感の中にいました。

社長さんのモノは直ぐに復活して、再び私を攻め立てていたのです。

直ぐに圧倒的な物凄い快感が襲いかかってきました。

私は、何度も何度もイキました。

このセックスがいつ終わるのか、想像もつきませんでした。

セックスが終わって家に帰ったのは、夜中の2時でした。

社長さんは3回、私の中に熱い精を放ちました。

そして帰りの車の中で、私は改めてセフレになる事を誓わされました。

社長さんの都合に合わせて、週に2回以上抱かれる事も、約束させられました。

それからは、約束通りに週2,3回のペースで呼び出されるようになりました。

その度に、数時間に及ぶ攻めを受けます。

ホテルや彼の部屋で抱かれます。

時々、みんなが帰った後の彼の事務所で抱かれる事もあります。

彼は私にピルを渡し、飲むように強制しています。

自分が、私の子宮の中に射精したいからです。

私も子供ができたら困るので、今も渡されたピルを飲むようにして、関係を続けています。

主(*´Д`)ハァハァ<完全に社長の罠にはまってしまったね!

コメントを残す