【浮気えっち体験談告白】お前の彼女のフェラテクが上手になった理由

【寝取りの体験談】大学で知り合った友人の、後輩にあたる1つ下の彼女。実は知らない内に浮気関係になっていて…
大学の友人と1つ下の後輩である彼女。表向きは友人の彼女として付き合いながらも、実は裏では浮気関係。以前、自分の彼女をふざけてセクハラしたことを、友人の彼女に告げたことが始まりで関係がスタート。友人が知らないのをいいことに、大胆な行動を繰り返す。
422kagh00071jp-15

大学の友人のJと、彼女の話をする。

Jの彼女は、1年後輩のIだった。

同じ学科に所属していて地味だが割に巨乳で、オレの評価は高い。

Jが言うには、フェラをだんだんと仕込んできていて、最近ものすごく上手くなってきたという。

一番最初は、ペニスに触るのも嫌がっていたのを、少しずつ慣らして、咥えさせ、ついで舐め上げ、舐め回し、音を立てさせるというぐあいに調教が進んできたという。

さらに先日は、部屋に来たIにいきなりベッドに座らされて、ついにIのフェラで逝くことができたと喜んで話してくれた。

実は...ごめん、J。

1ヶ月ほど前から、オレもIにフェラを教えてる。

もとはといえば、お前が悪い。

コンパの王様ゲームで、オレの彼女のおっぱいを揉んだだろ。

そして乳首をキズがつくほど、つまんだだろ。

そしてあろうことか、Jお前のペニスを握らせただろ、ジーンズの上からだけど。

だから復讐したのさ、最初はね。

でもIのフェラが下手すぎて、こんなのではお嫁に出せないと修行させることにしたんだ。

お前のためでもあるんだぞ。

一番最初は、素直に話したんだよ。

お前がオレの彼女のおっぱい揉んだことを、Iに。

するとIは怒ってたよ。

非常に。

そして次に、オレが悔しくて仕方ないと話すと、Iも

「同じ気持ちだ」

といってた。

だからJ、お前が悪い。

それでオレは、Iのおっぱいを揉ませてもらった。

5回ほど揉んでやめようと思ったんだが、手が離れないのよ。

オレの手が。

Iも嫌がらすに、揉まれている。

魔が差したんだろうな、つい乳首に親指と人差し指が伸びてしまいました。

ごめん、J。

乳首を回し始めると、Iはうっとりした声を出し始めた。

あとは、最後までノンストップだった。

途中でオレが

「やめようか?」

と聞くと、Iは

「もういいよ、最後までしよ」

だった。

その日は、Iにフェラをしてもらうことはなかったんだけど、朝まで3回しました。

次の日から、お前の目を盗んで、ちょくちょくやったんだ。

フェラも少しずつ教えたよ。

しってるだろ、オレの前の彼女Sさん、大学院のお姉さん。

あの人に経験させてもらったワザを、少しずつIに伝えてるよ。

今は、ディープスロートの練習中だよ。

オレのは、今3分の2くらい入った。

たぶんオレのよりお前のは細いから、すぐに全部咥えることができるようになるはずだと、Iも言ってた。

そういえば12月4日の土曜日に、お前のアパートにIが泊まる予定で行ったよな。

たしか午後10時過ぎに、Iが来ただろ。

でもその少し前から、実はお前の部屋のドアの前で、Iにフェラさせたんだ。

Iもオレも、お互いにスゲ-興奮した。

お前がコント番組を見て馬鹿笑いしている声が聞こえているのを意識しながら、Iの乳房を厚手のロングコートの上から優しく回してやると、Iの目が潤んできた。

そのまましゃがませて、ズボンのジッパーを下げて、ペニスを出して咥えさせたんだ。

5分ほど咥えさせてから、

「続きはJにしてもらえ」

と言って、ドアをノックさせんだ。

でも

「玄関脇の台所の窓を少し開けとくように」

とも言った。

そうしてオレは、階段脇に隠れていたんだ。

Iが部屋に入ると、お前のうれしそうな声が聞こえたよ。

すぐに台所の窓が少しあいて、オレもそこから中の様子を覗かせてもらったよ。

奥の部屋が見えて、お前がベッドに腰掛けてIに咥えられ、あえいでいるのを見たよ。

Iも咥えながら、服を脱いでいやらしく乳房を揉んでただろ。

あれ、オレが教えたの。

オトコは興奮するって。

ホントにごめん。

その後、3分もしないうちに逝ったよな。

そのままIに咥えられて、腰をピクピクさせながらあえぐお前の姿に、オレ笑いそうになったよ。

2回目は少し長持ちして、5分ぐらい粘ったかな。

フェラしながらIがお前を見てたけど、その視線の先に、オレの目が有ったことには気づかなかっただろ。

でもIは、オレを見てたよ。

お前が

「初めてフェラで逝った。

もうくたくただよ。

僕、君を離せないよ」

と言ったのも、聞かせてもらった。

でも情けないことに、すぐ寝ただろ、お前。

お前が寝たんで、オレがIを手招きしたんだ。

すると、Iはお前に

「コンビニ行って、ビール買ってくる」

って言ったよな。お前が寝ぼけた声で

「早く帰ってきてね」

といったよな。

その後、Iは裸にコートを羽織って、外に出てきたよ。

ドアの外で、Iとオレは、すぐにねっとりしたキスをした。

そしてアパートのプロパンガス置き場の陰に行き、Iのコートの前を開けて、Iの乳房に吸い付いたよ。

いつみても、きれいな乳房だな。

お前だけのものにしておくのは惜しいよ。

乳首を甘噛みするとIは手袋を噛みながら、必死に声を抑えてた。

股間に手を伸ばすともうぐっしょり濡れていたので、コートの裾をまくり上げて、後ろから挿入してやった。

10回も突く前に、Iは逝ったよ。

そしてオレのまえに跪くと、気が触れたのかと思うぐらい、ねっとりしたフェラしてきたよ。

それを見ていて、オレもすぐに逝った。

30分近く前から我慢していた射精を、Iの喉奥に。

その後、二人で近くのラブホテルへ行って、夜中の4時までくんずれほんずれで楽しんだんだ。

そして朝一で、お前のアパートに戻った。

でも寝てたよね。

このホテルでの一夜、ほんとに興奮した。

Iって床上手だな。

この夜はお前がまだ経験していない、Iの中だしとアナル処女、おれがいただきました。

たぶんお前もそのうち、させてもらえると思うよ。

またその話、聞かせてな。

J、でもほんとにごめんな。

主(*´Д`)ハァハァ<彼女の技術が急に上がったら、要注意ってことね!

コメントを残す