【目撃えっち体験談】彼女が幼なじみのアレを受け入れるのを見てしまいました。

【浮気の目撃体験談】処女を奪った、憧れの彼女。サプライズで部屋に行こうとすると、彼女は幼なじみの男と一緒にいて…。
憧れの彼女と付き合うことができた。しかも、彼女の処女を奪うこともできた。その日は彼女の家に行くことを告げず、サプライズで訪問することに。そこには彼女の幼馴染という男の姿が。彼女に迫る男。彼女も気迫に襲われてしまい、渋々男を受け入れるように…
h_254dgr00002jp-4

俺は顔は良い方だと思うが、憧れの子と付き合うことが出来たのは、奇跡だと思う。

告ったら、あっちも気になっていたようで、即OK。

俺からしたらその子は人生2人目の彼女、その子は俺が初めての彼。

一週間ほどして、彼女の部屋でヤル雰囲気に。

食べたらもちろん、処女でした。

ある日、彼女の家に急に行くドッキリをしようと行くと、玄関に同い年くらいの男がいた。

仲の良い幼なじみの男がいることは、彼女の口から聞いていたので、影から様子見した。

彼女が扉を開け、男が入って行った。

彼女の部屋は一階で、明るい内は窓を開けることを知っていたので、窓の下で聞き耳をたてた。

男は少しイライラした様子で、彼女になぜ付き合ってくれないのか、責め立てた。

彼女は冷静に

「そんな目で見れない、対象じゃない」

と言ったが、男は怒っていた。

覗くと、彼女が用事ないなら帰るよう言い、男は彼女をベッドに押し倒した。

彼女は

「離さないと声を出す」

と男を諭すが、男は

「それでも良い」

と言い、彼女の首を吸った。

彼女は慌てて抵抗するが、男は上から抑えつけていて、退かない。

彼女は諦めたのか、

「手でしてあげるから、セックスは嫌」

と涙声で呟いた。

男は少し怯んだようで上から降り、哀しそうな声で

「昔から好きだった、結婚したい」

みんなが祝福してくれる」

と説得みたいなことを言ったが、彼女は

「手ならしてあげるけど、我慢できないなら出て行って」

と言った。

沈黙が数秒あり、覗こうか迷っていたら。

彼女が窓を閉め、ブラインドを降ろした。

気づかれなかった。

窓は鍵はしていなかったので、ゆっくり少し開けた。

覗くと男が全裸になろうとしていて、彼女は下着になり、髪を結んでいた。

男がベッドに座り、彼女が男の股間を触っているのが見える。

男が

「もう彼氏としたのか」

と聞き、彼女は

「まぁ」

と答え、手コキしていた。

男が残念そうにすると、彼女は

「こんな関係は、絶対最初で最後にして。

今まで通り、幼なじみでいて」

と強く言い、男が何か小さい声で言ったが、よく聞こえなかった。

彼女が

「ありがとう」

と言ったので、たぶんわかった等と言ったのだろう。

1分程すると、男が勃起してきて、彼女の動きがとまった。

男が

「恥ずかしいからあんまり見るな」

と言うと、彼女は

「思ったより大きくて」

と笑った。

男が

「昔と比べるな」

と言うと、

「彼氏と比べたんだよ」

と彼女が意地悪に笑った。

男は

「彼氏より大きいか」

と聞いた。

見た限りだと、ほとんど同じサイズのように見える。

彼女は手で比べるように触り、

「同じくらいだけど、彼氏かな」

と笑った。

男は

「全部敗けて、清々する」

と負け惜しみを吐いた。

彼女が

「チンチン大きいか小さいかなんか、比べても意味ない」

と慰めると、男が再び押し倒した。

彼女は

「そんなにしたいならしてもいいけど、これでさよならだね」

と言った。

俺は彼女に電話かけながら玄関に急ぎ、ボタンを押し鳴らした。

少し待ったが、人は出てこないし、電話にも出ない。

ドアに触ると、開いていた。

[shortcode]

家の中からは、何も音がしない。

勝手に入り、彼女の部屋を開けると、彼女はベッドに1人で寝ていた。

たぶん、幼なじみのことは、クローゼットに隠している。

下着姿の彼女の両頬を引っ張ってみたが、狸寝入りしてる。

首を擽ると、本当に起きたように起き、居ることに驚いている。

抱きつきキスして舌を絡ませ、パンツの中に手をいれると、しっかり濡れてた。

濡れてることを言うと、

「エッチな夢見てたから」

と言った。

下着を脱がし、全裸にして俺も脱ぎ、全裸になった。

フェラを頼むとしっかりしゃぶってくれ、勃つと彼女は比べるように触った。

さっきまで触っていた、幼なじみと確実に比べている。

「おっきぃのいれて欲しい」

と言われたが、無視で手マン。

すぐに逝った。

可愛くて、幼なじみがクローゼットにいることを忘れて、思いっきりセックスし。

お腹に外出しでイクと、着替えてケータイを出し、ちょっと急用できたといい、挨拶して家を出た。

窓の下で聞き耳たてると、クローゼットから幼なじみを出している。

幼なじみがしたがると、彼女は

「彼氏のおっきいチンチン、さっきはいったのにしたいの?」

と聞いた。

「男はサイズじゃない」

といいながら挿入し、彼女が

「興奮してきた」

と色っぽく言った。

俺はまた玄関に急ぎ、

「お邪魔しまーす」

とうるさく上がり、彼女の部屋に向かった。

扉を開けると、彼女はまた1人でベッドで寝たふり。

またクローゼットに隠したようだ。

彼女の頬を叩くが、寝たふり。

おでこに強めに頭突きをすると、彼女は頭を押さえて、

「痛い痛い」

と起きた。

すぐに服を脱ぎ、

「今からしよう」

といい、挿入した。

彼女は

「やっぱりおっきい」

と言った。

「誰と比べてる?」

と聞くと、

「比べてない」

と言ったが、絶対幼なじみだろう。
またお腹に出した。

少しして、メールがはいったふりして、

「帰る」

といい、出た。

窓の下に行くと、聞き耳たてる前に、男は挿入したようだ。

彼女がイク前に、幼なじみは逝ってしまい、お腹に出した。

彼女は、

「彼氏よりチンチン大きくないし、早かった」

と笑った。

幼なじみは言い訳しようとするが、彼女に着させられ、帰らされた。

彼女とは、今もまだ付き合ってます。

主(*´Д`)ハァハァ<幼馴染が、ちょっと不憫に思えちゃうね…。

コメントを残す