【目撃えっち体験談】妻が自分だと思っていた相手は、友人だった…(1)

【不倫の目撃体験談】妻と友人の3人で飲んでいた時。妻も自分も寝てしまい、気づくと寝室に友人と妻の姿があって…
妻と自分、そして友人の3人で宅飲みをしていた時の出来事がきっかけだった。久々に飲んだ妻は早々に潰れ、残った2人で飲むものの、気が付くと寝ていた。寝室に入ると、友人と妻の姿。よく見ると、服を着たままで側位の状態でつながっていて…後日、再び…
h_419cadj00101jp-16

先月、自宅で私(33)と妻(28)、親友のT(33)とお酒を飲んだ。

妻は普段余りお酒を飲まないので直ぐに酔い、見た事のない程、酔っていた。

呂律が回らなくなっていたので着替えもさせず、別室で妻を寝かせ、Tと昔話をしながら飲んでいた。

そして、いつの間にか私は寝ていたようだ。

辺りを見渡すと、Tの姿がない

私は不安が過り、妻が寝ている部屋へ向かった。

襖が少し開いていた。

恐る恐る、襖からそっと中を覗いた。

小さな光の中での出来事、不安は的中した。

妻は横向きで寝ていて、背中側からTが妻を包むように抱きしめていた。

その光景を見て、私は動けなかった。

しかし、妻はまだ脱がされていない。

今ならまだ間に合う、そう思った。

しかし、スカートが不自然な事に気づく。

Tの足が片方見えない。

お尻の方だけが捲れていて、Tの足が中に入っている感じだ。

その時、Tがスカートをゆっくり捲り上げる。

なんとTは何も脱がさず 下着の隙間から妻に入れていたのだ。

上着も捲り上げるだけで ブラの上から揉んでいた。

しかし、妻は私と勘違いしているようだ。

私の名前を呼びながら、腰を動かしていた。

私は酔って悪夢を見ていると自分に言い聞かせ、部屋に戻り、眠った。

そして翌朝、私は目を覚ました。

辺りを見渡すと、Tはいない。

妻に聞くと、Tは既に帰っていた。

妻はいつもと変わらない態度だ。

やはり夢だったのだと安心していた私に、妻が

「昨夜はすごかったね。

あんなS(私)初めてなんじゃない」

そう言われ、昨夜の事は事実?と頭の中であれこれ考えていると

「覚えてないの?

いつもと違うからおかしいとは思ったけど、飲みすぎたか?」

何も答えられずにいると

「どうしたの?二日酔い?」

今の私には考える気力もなく、二日酔いのせいにして、その場をやり過ごした

私は部屋に戻り、頭の中を整理した。

妻がやられた?しかも俺だと思っている。

夢だと思っていた、あの光景がよみがえる。

まさか自分の妻が・・・どんな事をされたんだ?

避妊は?

そんな事を考えていると、知らず知らずのうちに自分の物が、痛い位に大きくなっていた

そして、私は決心した。

妻は俺だと思っている。

だったら酔って覚えてない事にして、どんな事をしたのか聞いてみようと。

そしてその日の夜、私はいつもより多めに晩酌の酒を飲んだ。

妻が寝室に行ったのはわかっていたが、なかなか実行に移せない。

日本酒に切り替え、酔いが回るまで飲んだ。

妻が寝室に行ってから、1時間位は経った。

やっと酔いが回ってきたので、寝室へと向かった。

妻の隣に潜り込んだが、既に寝ていた。

自分の妻なのに、心臓が激しく鼓動している。

幸せそうに寝ている妻を見て、昨日の出来事が頭を過る。

自分の見た事は事実なのか・・・。

あれこれ考えながら、妻の身体をさわっていた。

暫くすると、妻が目を覚ました。

私は妻に昨日の出来事を聞いた。

しかし

「恥ずかしくて言えない」

と言う妻。

なんとか説得して内容を聞いた。

妻「最初は、気持ちの良い夢を見ている気分だったの。

だけど、それがあそこをさわられてるって、理解はできたんだけど。

酔って気持ち悪いし、眠いし、勝手にしてろって思ってた。

そしたらあなた、下着も履いたままなのに、無理やり入れてきて」

私「どうやって入れたの?」

妻「股の生地を横にずらして 入れてきた」

私「それで?」

妻「えっ?って思ったんだけど、あなたは後ろから押さえてるし。

なんかいつもより大きく感じたし、それに・・・」

私「それに?なに?」

妻「なんか無理やりされているみたいで、ちょっと興奮だった」

私「なんだそれ?」

妻「だから、いつもと違ったって言ったじゃん」

私「あっあ〜、言ってたな」

妻「私も酔っていたから、T君いるの忘れて感じちゃった」

私「それで?」

妻「ゴム付けてないから『中に出したら出来ちゃうよ』って言ったら」

私「うん」

妻「私のことギュって強く抱きしめ、そのまま中に出しちゃったの」

私「えっ?」

妻「離れようとしたんだけど抱きしめているし。

『出来ても良いの?』って聞いたらあなた、『良いよ』って言って。

私もそれ聞いて一緒にいっちゃったの。覚えてる?」

私「・・・」

何も言えずにいると

妻「本当に覚えてないんだ、色々言っていたのに」

私「なんて?」

妻「え〜、『最高だ』とか『しまりが良い』とか。

普段あなたそう言う事全然言ってくれないから、嬉しくて」

私「ごめん・・・」

妻「良いよ!珍しく2回目もしてくれたし」

私「え?」

妻「ティッシュ取ろうとしたらそのまま、またゆっくり動き出して。

『出てきちゃうよ』って言ったら、『良いよ』って言って続けたの」

私「・・・」

妻「結局二回目も中に出して、暫くそのまま抱きしめてくれていたんだけど。

私も激しくいっちゃったし、酔いと眠気もあったんでそのまま・・・」

私「入れたまま寝たの?」

妻「違うよ、あなた『パンツこのまま履いて寝ろ』って言うし。

朝起きてから、大変だったんだから」

私「なにが?」

妻「下着、スカート、シーツ、あなたの液でぐちゃぐちゃだったんだから。

しまいには『もう少し飲んでから寝る』って言ったのに、口に入れるし。

私も途中で寝ちゃったから、その後は知らないけど」

そんな話を聞いて、私は下半身を大きく膨らませていた。

我慢できず、妻を脱がせた。

妻も興奮していたのか、既に濡れていた。

私はTに汚された妻のあそこに、ためらいもなく入れた。

愕然とした、たった一晩で妻のしまりが多少緩んでいた。

妻も違う事に気づいたようだ。

しかし、私はそのまま妻を抱いた。

何事もなかったかのように・・・。

そして、今月になってから妻は真実を知った。

私は、あの日の出来事を妻には言ってない。

妻も酔って、記憶違いかなと思っているようだ。

いつもと変わらない日々が過ぎて行く・・・そんな妻が、あの日の夜の出来事を知った。

今月に入ってから、妻の様子が変わった。

私は、気になった日を手帳に記していた。

記した日と、妻の怪しい行動が重なった。

私は妻に、恐る恐る聞いた。

妻が順を追って話してくれた。

(私の手帳記録)と(後に聞いた妻の証言)を組み合わせて、話していきたいと思います。

5月4日(水)(私の手帳記録)
この日、私はゴールデンウィークの休みなのに朝から会社に呼び出され、渋々家を出た。

連休前に、部下が発注ミスをしていた。

私は、妻に

「帰りは遅くなる」

と連絡を入れた。

所が、思ったよりも早く仕事が片付いたので、妻には連絡もしないで自宅へと向かった。

この時、PM2:00位だった。

自宅の前に見覚えのある車が停まっていた。

そう、Tの車だ。

この時、私は自宅に帰らずそのまま通り過ぎ、自宅が見える場所に車を停めて、様子を窺っていた。

この時、PM2:30位。

私は手帳に時刻を記した。

自宅に帰る勇気も無く、ただ時が過ぎるのを待っていた。

その間、私は色々と勝手な想像をしていた。

PM5:00。

私は耐え切れなくなり、自宅に連絡をした。
「自宅に向かっていて15分位で着くから」と、この時の妻の声は普段通りに聞こえた。

そして、家の様子を窺っていた。

PM5:10。

家からTが出てきた、妻の姿はない。

Tは辺りを気にしながら、車に乗り走り去っていった。

私はTの車が見えなくなったので、自宅に帰った。

妻は普段通りに、私を出迎えた。

特に変わった様子は見られない。

そこで私は妻に

私「そこでTの車とすれ違ったけど、家に来たのか」

すると、妻の顔色が変わった。

私は正直に話すと思っていたが、妻は予想外の事を言った。

妻「あ〜、さっきT君が来て、この前上着忘れて帰ったらしいの。

それで探したんだけど、わからなくて」

俺「そうなんだ、それだけだったの?」

妻「え?あっ、うん。2〜30分位で帰ったよ」

私は辻褄が合わないと思いながらも

俺「俺が電話した時はいたの?

ゆっくりしていけば良かったのに」

妻「帰った直ぐ後に、あなたから電話が来たの」

俺「そうなんだ」

妻「うん、あなたもいつ帰るかわからなかったし」

俺「そうだな」

この時、私は妻を問い詰める事も出来ずにいた。

(後に聞いた妻の証言)

この日 Tが昼過ぎに自宅に来た。

私が急遽、仕事に出掛けた事を告げると、

『話したい事があったんだけど仕方ない』

と言ったが、少し考えた後に

『Mちゃん(妻)でもいいや』

と言われた。

妻は、Tを家の中に入れた。

妻「話ってなあに?」

T「うん すごく言いにくい事なんだけど」

妻「なに?なに?」

T「実は・・・」

妻「なによ〜、早く話してよ」

T「この前、ここで飲んだよね」

妻「うん」

T「あの日、俺、Mちゃんと・・・」

妻「私と?」

T「うん」

妻「なあに?」

T「やっちゃたんだ」

妻「は?なにを?」

T「・・・えっちを・・・」

妻「・・・うそでしょ」

T「本当」

この時妻は、あの次の日の違和感を思い出した。

私だと思っていた相手が、Tだった。

妻は混乱した頭を、必死に落ち着かせようとした。

暫く沈黙が続いた後に

妻「絶対T君の勘違いだよ」

T「俺もそう思いたいんだけど」

妻「だって、絶対ありえない事だよ」

T「うん だけど・・・」

妻「あっ!私とSのしている所を見て勘違いしてるんだよ、そうだよ」

T「Mちゃん、聞いて」

妻「・・・なあに?」

T「俺、前からMちゃんの事、気になっていたんだ」

妻「えっ?」

T「それであの日、Sも酔って寝ちゃったし、俺も酔っていたから。

最初はそんなつもりじゃなかったんだけど、Mちゃんの寝顔見ていたら、我慢出来なくなって」

妻「ひどい・・・」

T「ごめん」

妻「私、Sとしていると思って、Sに言っちゃったよ」

T「え〜っ、それでSは?」

妻「覚えていないって」

T「だろうな」

妻「だろうなって、そんな人事みたいに」

T「ごめん・・・」

妻「どうしよう」

T「それで俺、Sに話そうと思って」

妻「だめっ、言わないで」

二人は、言う言わないで、暫く話し合っていた。

妻は俺に知られたくない、Tは俺に全てを打ち明けたい。

話し合いの中で、妻はある事を思い出した。

妻「そう言えば、あの時避妊してないよね」

T「うん してないよ」

妻「あ〜どうしよう」

T「あの時、出来ちゃうって言ってたね」

妻「どうしよ、どうしよ」

T「だからSにみんな話して」

妻「私の身にもなってよ」

T「そうだね。だったらどうするの」

妻「幸いSはなにも覚えてないから、このまま黙っていれば・・・」

T「それは、まずいだろう」

妻「だって他にないよ、私達が黙っていれば」

T「絶対ばれるって」

妻「T君、血液型は?」

T「Aだけど」

妻「Sと同じだから大丈夫。

背格好も似ているし」

再び、二人は言い合っていた。

俺に知られたくない妻は、断固としてTの意見を聞き入れなかった。

そこで、Tが

T「Mちゃんには悪いけど、Sに直接話すよ」

妻「だめっ、お願い。ねっ」

T「だったら、俺ともう一度だけしてよ」

妻「えっ?そんな事、出来ないよ」

T「だったら、Sに話す」

妻は暫く考えて、決断を下した。

妻「わかった。その代わり、一度だけだよ」

T「うん、約束する」

そうして、妻は身体を許す事に。

Tは妻を抱きしめ、キスをした。

妻は驚いて、Tを突き放し

妻「今するの?」

T「うん、Mちゃんの気が変わらないうちに」

妻「心の準備がまだ・・・ん〜っ」

言い終わらないうちに、再びTは妻にキスを。

妻はされるがままになっていた。

しかも日中から、自宅で旦那の友達と関係を持つ。

経験の無い出来事が、妻を快楽の世界へと変えていく。

Tが妻を脱がせようとした時

妻「ここではだめ、外から見られても困る」

そう言って、妻は2階の寝室へとTを連れていった。

寝室に入ると、Tは

T「この前の出来事思い出すよ」

妻「私、途中からしか記憶にない」

T「だったら同じにする?」

妻「うん」

T「だったら、あの日と同じ服に着替えてよ」

妻「うん、わかった」

妻は同じ服を探して、部屋から出て着替えた。

部屋に戻るとTは

T「それじゃ、ベッドに寝て」

妻は布団の中へと入った

T「同じにするから」

そう言うと、Tは妻の側に近寄った。

この時、妻は怖さと恥ずかしさで、目を閉じたままだった。

寝ている妻の顔に、そっと手が触れる。

T「こうやって起きないのを確認してたんだ」

そう言うと、今度は指先が唇をなぞる。

時折、口の中に指が入ってくる。

指が離れると、ちゅぱっと音がした。

どうやらTが、指を舐めているようだ。

暫く、その行為が繰り返される。

主(*´Д`)ハァハァ<友達に2度も寝取られちゃうとはね~…。

コメントを残す