【目撃えっち体験談】33歳妻の不倫現場を偶然抑えてしまった夫の修羅場(2)

【不倫の目撃体験談】奥さんの不倫現場を偶然見かけた男性。不倫現場にけしかけるも、社長を名乗る相手は…
偶然妻の車を見かけ、追いかけると不倫現場を発見してしまった、38歳の男性。カメラで証拠を押さえ、現場に乗り込むと、相手は余裕の表情。社長を名乗る男性と3人でラブホに行くも、妻は彼とSEXするまで帰らないと言う。そして目の前で不倫が始まる…。
venu00643jp-18

とにかくむかつく野郎です。

俺の質問に狼狽もせず、淡々と答える。

俺の方が蛇に睨まれた蛙です。あ〜情けない。

俺「とにかく俺は気が済まない。

おまえ、指輪しているから既婚者だろ。

あんたの奥さんに知らせてもらう。

名前、なって言うんだ。」

”この決め台詞を言えば、流れは俺にもの”と思いましたが…いがな言葉が男の口から…。

男は

「私はこういう者です」

とスーツの内ポケットから名刺入れを取り出し一枚、俺に名刺を渡しました。

なんと俺らが住んでいる地域の、大手地方企業の代表取締役!

俺とは核も、雲泥の差!

俺「企業のトップが、人の奥さんに手を出していいと思ってんの?

やはり、けじめを付けさせてもらういいよね」

と凄みましたが…。

男「それは、ごもっとものことです。

ただ、私たちの話も聞いてもらいたい」

私たちの話????

男「私の妻は、A子との交際は承諾済みです。

というよりも、私の妻の希望でもあります」

俺「???そんなバカな話はないよ〜」

男「馬鹿げた話ですが、妻は病弱で、私の相手も満足にできないのです。

妻から、いい人がいれば交際してもらいたい、と希望がありました。

そんな時、A子と出会いました。

若いころから色々な女性とお付き合いをしてきましたが、ようやく私と妻が理想とする女性と出会えました。

それがA子です。

信じられないのなら私の妻と直接、話してください」

俺「そんなエロ小説やドラマみたいなことありえない」

男「今から妻に電話を掛けますので、直接話してください」

男は携帯を取り出し、何処かに電話を掛け出しました。

男が携帯で何やら話しています。

そうすると携帯を私に向けました。

男「妻です、お話してください」

俺「まさか〜」

俺は男の携帯を取ると、耳に当てました。

俺「あーもしも」

男妻「はじめまして、男妻です。

この度はご主人さまに申し訳ありませんでした。

詳しい事は主人からお聞きと思いますが、是非ともご理解していただければ…。

こちらとしては、誠心誠意の対応をさせていただきたいと思います。

ご主人さまのお気持ちを察すると大変つらいと思いますが、哀れな熟年夫婦を助けると思って…」

一方的に喋られ、俺は完全聞き手です…。

男に携帯を返すと、俺は目の前にいる二人になんと言えばいいか、わからずじまいでした。

男「妻にはA子をあわせています」

妻「実はそうなの…奥様と直に話させてもらって…。

お話をしていると、同じ同性として何となく理解しちゃって…」

俺「A子、俺を…その愛情は無くなったのか?

昨晩のHも演技か?えっ、どうなんだ?」

妻「あなたを愛しているのは今も変わりないわ。

ただ彼には、あなたと違う感情があるのよ…わかってください。

俺「わかってくださいって言われても…そんなの『はいそうですか』と言われるわけないじゃないの。

おまえバカか!」

妻「バカな女と言われても、しょうがありません。

ただ自分の気持ちに、正直に生きたいの…。

今ここに入り、自分はあなたの妻ではなく、男さんの彼女なの…。

ごめんなさい」

俺は一気に凹んでしまいました…。

凹んだ俺が、ホテルの一室にいます。

俺が被害者なんだけど…7割方、俺が不利、いやそれ以上かも…。

俺「とりあえず帰る!」

俺は立ち上がり妻の腕をとり立たせようとしましたが…妻が動かない!?

妻「ごめんなさい、あなた一人で帰って。

お願い…今晩、お話しましょう…。

あなたから離婚を言われても、しょうがないと思います…」

男「…」

妻はもはや、男夫婦から洗脳されたようです。

どうしよう…俺。

男「けじめをつけて、慰謝料など請求して下さい。

私たちは、あなたの要求はのみます。」

完全に見くびられている…俺。

俺「とにかく帰るぞ」

再び妻に告げますが、微動だしません。

妻「私、この空間にいる時は彼の女なの…わかって…」

俺「バカなこと言うな!」

妻「バカなことかもしれませんが、彼に抱かれるまで今日は帰れません」

男「今日はいいんだ。

A子、ご主人と帰りなさい」

男が妻に告げると…。

妻「貴方、ごめんなさい。

彼の車で一時間だけ待って…」

俺「待ってどうすんだ!

待っている間、SEXでもするのか?

やれるもんなら、俺の前でやってみろ!」

妻「貴方の前でするなんて…本当にいいの?」

まさか俺の前でSEXをするとは思いませんでしたが…その時、男が妻に告げました。

男「A子、君の気持ちは変わらないようだね…支度をしなさい」

まさかの展開で混乱する俺…。

男に促され、妻はバスルームに向かいます。

バスルームの入り口で妻が振り向き、ポツリと。

妻「貴方、来ないの?」

俺「えっ、俺?」

妻「ごめんなさいB雄さん(俺)じゃなく彼…」

今の言葉、凹みました…。

男「ん?A子が先に入りなさい」

妻「うん、わかった…」

まるで夫婦のような会話…A子の旦那は俺なんだけど…。

妻がバスルームに消えます。

ソファーに座り、考え込む俺…。

俺はバスルームに行きました。

ドアをいきなり開け

「A子!」

と叫びながら入りました。

妻はすでに服を脱ぎ、下着姿でした。

ちょうどブラのホックをはずし、ブラを取ろうとする場面でした。

妻は反射的にか、取りかけたブラをもとに戻し、腕で胸を隠しました。

俺「なんで隠すの?」

妻「ごめんなさい、びっくりして…」

”びっくりしたのはこっちの方だ。

俺が見てなんで隠すんだ”と思いました。
正直、妻の距離が遠くなったことを感じさせられました。

妻「あなた、部屋から出てお願い」

とつぶやきます。

その時、ちょうど男が入ってきました。

男「A子を一人にさせてください」

と俺に言います。

俺は入り口で男に肩をぶつけながら、バスルームを出て行きました。

バスルームという密室に、男と妻が二人っきりでいます。

俺はその空間を覗くことができないというか、その勇気がない…。

20分位してからでしょうか、二人がバスルームから出てきます。

男はタオルを腰に巻き、妻は胸からバスタオルを巻いています。

まるで俺の存在などが無いように、二人は振舞います。

ソファーに座るかなと思いましたが、そのままベットの淵に二人で座ります。

ここで俺が強引に間に入って割り込めば、事は未遂に終わるはずです。

しかし俺はできなかった。

まるで金縛りにあったようで動けなかった…。

男「ご主人、本当にいいんですね」

俺「…」

俺が返事ができずにいると、男が徐に妻のバスタオルをはぎ取ります。

妻のFカップの乳房が露わにされています。

男は大胆に右手で左の乳房をつかみます。

俺は今行われている行為に実感がわかない…まるで3DのAVを見ている感覚でした…。

男は妻の左の乳房を弄ぶと、今度は右の乳房をもみ始めました。

しばらく左右交互に乳房をもむと、いきなり左の乳首をひねり始めました。

妻は

「ウッ」

と一声あげます。

だんだんとつまむ力を強くしているようです。

妻は声にならないような声をあげます。身体を仰け反る様に…。

男を妻を十分感じさせたようで、今度は口で乳首を責めはじめます。

甘噛みしたり強く噛んだりと、交互に刺激を与えます。

男が妻の閉じている膝を開くように手で促すと、大きく脚を開きました。

陰毛が絡み合う秘部がてかてかと光っています。

男は右手を妻の腹を撫でるように下げ、秘部に持っていきます。

クリトリスをはじめは優しく、だんだんと強く触っています。

妻はそれに合わせて歓喜の声をあげます。

妻の喘ぎ声、俺にとって拷問のようでした。

”俺とのSEXでは決してあげない”声でした。

男は舌を妻のおなかに這わせて下部に持っていきます。

クリトリスに達した時には、妻は絶叫のような叫び声をあげました。

男は10分ほど妻の秘部を舌で責めていました。

クンニを一通り終えると、男は妻の前に仁王立ちになり、怒り立ったモノを妻の目に突き出しました。

妻は阿吽の呼吸でフェラを始めました。

軽く亀頭にキスをし、男の物を大きく咥え込みました。

上下のストロークをジュボっと音を立てながらする妻…。

その時でした、妻は私をチラっと見ました。

一瞬でしたが目があった時、俺は全身の力が抜けてしまいました。

俺の表情を妻が察したらしく、男のモノを口から外すと、袋を丁寧に舐め始めました。

”俺にこんなことしたっけ”俺は思いました。

袋をなめ終わると、モノの竿を舌で上下に舐めあげています。

この時の妻の表情は、今も忘れられません。

長い妻の奉仕の時間でした…耳元に男が何かを話します。

妻はベットに上がり、四つん這いになりました。

男は十分にいきり立ったモノを手で添えるなく、妻の秘部めがけてつきあげました。

妻は

「あっ〜〜」

と言いながら体をのけぞります。

さすがの俺もいたたまれなくなり、トイレに逃げ込みました。

耳をふさいでも妻の喘ぎ声が聞こえる、拷問のような時間でした…。

それなのに何もできない俺、情けなかったです。

トイレに逃げ込んだ俺、ただ便座に座る事しかできなかったです。

20分いや30分位過ぎた頃でしたか、二人の声が聞こえなくなりました。

暫らくしてからでしょうか、洗面台の挟んで反対側にあるバスルームの扉が開く音がしました。

きっと二人で行為の後の始末にでも行ったんでしょう…。

それから再び、バスルームの扉が開く音がしました。

それからトイレのドアをノックする音と妻の声がします。

妻「あなた、ちょっといい?」

便座に座る俺は、ボーっと壁を見ていました。

妻が恐る恐るドアを開けます。

妻はバスタオル一枚を体に巻きつけているだけです。

妻「あなた、彼が話があるって…」

俺「どうせ、ごちそうさまでしたって言うのだろ」

俺は妻に嫌味を言ってしまいました。

妻「あなたの気持はわかる。

だけど真剣に話を聞いて、お願い」

俺「あなた?俺はB男さんだろ?」

妻「お願い、聞いて」

俺はしぶしぶトイレから出て、部屋に戻りました。

男は着替えの最中でした。

妻「とにかく彼の話を聞いて。

私、着替えてくるから…」

妻は俺にそう言い、バスルームに戻っていきます。

男「いやあ、お待たせしました。

ご主人がいなくなったので心配しましたよ」

”心配した?嘘つけ”と心で叫ぶ俺…。

男「A子との件ですが…単刀直入に言いますと、交際を認めてほしい。

ご主人が納得できない気持ちもわかりますが、それなりにこちらも考えています。

A子にはいらないと言われてますが、月20万ほどの援助をさせてください。」

俺「20万?ふざけないで下さいよ〜それじゃ援交じゃないですか!」

男「なんか住宅ローンとか物入りと話を聞いたもので、少しでも援助の気持ちです。」

俺「色々と聞いているんですね!

俺がフニャチンだとか言っていませんでしたか!」

男「真剣に聞いてください。」

そんなやり取りをしていると、妻がバスルームから戻ってきました。

妻「彼の話、きいいてくれた?

私はお金なんていらないって言っているのだけど…」

男「いや、これは大人のけじめだから…」

俺「今日は帰らせてください」

俺は頭にきて部屋から出ようとしたら、ドアが開かない???

電子ロックが掛っているので、部屋代を払わないと出られない事を忘れた俺…。

男「ご主人、支払いが終わらないと出られなせんよ」

男の眼差しが心なしか笑っているような…。

男と妻は玄関にやってきました。

支払はカード…最後まで格の差を見せつけられました…情けない。

ホテルの駐車場には忌々しいLサスが停めてある。

思わず蹴飛ばしてやろかなと思いました。

しかし、物が物だけに修理代を請求されるのが嫌で、思いとどまりました。

超チキンな俺がそこにいました。

帰りのLサスの中、革張りシートの内装…普段なら快適な乗り心地なんだろうが最悪な気分。

いっそう、ゲロでもしたやりたい気分でした。

ショッピングセンターの駐車場につくなり、すぐ降りる俺…妻は男と話をして降りてこない。

イラついて助手席の窓を叩く俺…妻は何かが吹っ切れた様子で余裕で降りてくる。

男のお見送りのおまけつき…。

帰りは妻に運転させます。

今の精神状態じゃ、心中してもおかしくない状態。

帰りの車中で俺は黙ったまま…住んでいる町まで30分くらいの所まで来ると、妻から話しかけてきます。

妻「あなた…辛い思いさせてごめんなさい。

もっと早く話すべきだったわ。

今でも愛しているのはあなただけだよ。

これだけは信じて」

俺「あん?何いってんの。

俺はお前の”あなた”なっかじゃない!

B雄さんだろ!!!」

妻「今の時間はあなただけの時間…彼は関係ないわ」

俺「お前、頭おかしくなったんじゃないの?

くるっているよ!!」

妻「くるっているかも…でもね、彼の話聞くと凄く魅かれる物があるの」

俺「絶対に許せない!」

妻「そうだよね…許せないよね…」

俺「…」

妻「これから子供を実家まで迎いに行くの…一緒に言ってくれる?」

俺「あんたバカ?

こんなぶっちょ面、子供に見せられるわけないだろ」

妻「そっか…せっかくだから三人でファミレスにでもと思ったんだけど…」

妻の気の変り様には俺は驚かせられました。

その後俺は家に戻り、妻は実家に子供を迎えに行きました。

自宅に帰り、俺は自分の書斎にこもりました。

心の整理がつかない…これからどう妻と向きあっていいのかを…。

そんなことが頭の中を巡りまわりました。

俺が家に到着してからら1時間後に、妻が子供を連れ帰ってきました。

買い物をしてきたようで、夕食の支度をはじめます。

台所にいる妻はいつもの妻です…しかし先ほどまで俺とは違う男に抱かれていた…。

俺は混乱が収まりません。

今日は焼肉のようです…気のせいかいつもより上等な感じで…。

俺はふと気がつきました。

ここ数カ月、夕飯が豪勢になることがある時が…。

”そういえば先々週は寿司だった”

それは妻の気分が良いためか???

俺は、あんな状態なのに、不思議と食欲は無くなりませんでした。

リビングでボーっとしていると、妻が近づきます…。

妻「あなた、今夜は子供を早く寝かすから。話があるの…」

俺「俺はない!」

妻「お願い聞いて…」

”お願い聞いて”今日、この台詞を何回聞いたでしょう…

夜の9時半を過ぎた頃でしょうか、リビングにいる俺のところに妻がやってきました…。

妻「今日の事は本当にごめんなさい…でもね私自分に嘘がつけなくて…」

俺「嘘?どうゆうこと?」

妻「つまり、彼から女としての悦びを感じる事を教えてもらったの…。

感じ始めてから貴方とのSEXも感じ方が違ったの…」

俺「俺は役不足ってことか?悪かったな」

俺、ちょっとイラッとした…。

妻「違うの…貴方を凄く感じやすくなったの。

私が彼のペニスをフェラしている時に貴方を見たでしょ、私。

その時にジュンとあそこが濡れるのが感じたの」

俺は妻からどのように思われているかは、判断つきませんでした。

主(*´Д`)ハァハァ<不倫現場を生で見せつけられるとはね…。

コメントを残す