【目撃えっち体験談】自分しか知らない妻と英語教師マイケルの熱い夜(1)

【不倫の目撃体験談】自分が初めての恋人で、男性経験も自分という31歳の妻。娘の英語講師マイケルと帰国前のデートに誘われ…
33歳のサラリーマンの男性の妻は、黒髪で和美人な31歳の専業主婦。彼女にとって、初めてお付き合いした人であり、唯一の行為の相手だという。ある日、娘の英語講師であるマイケルの送別会で、妻がデートしてほしいと頼まれたことを明かす。強がりで妻を送り出すが…。
1mist00020jp-15

私は33歳(サラリーマン)、妻31歳(専業主婦)、娘4歳の3人家族です。

私と妻の出会いは大学のサークルの先輩後輩で、妻によれば初めて付き合った男性。

そして、初めてセックスした男性も私とのことです。

つまり、妻の言っていることが正しければ、妻のこれまでの男性経験は私のみとなります

妻は身長は155cmくらい。

スレンダーで、バストはBかCcup。

肩にかかるくらいの黒髪で、和風顔のルックスです。

贔屓目かもしれませんが、まずまずの美人だと思います。

昨年8月の、ある金曜の話。

娘が通学している英会話教室による、生徒の保護者と講師及び、日本人社員の懇親会がありました。

定期的に開かれている懇親会で、今回は特に娘のクラスを担当していた講師が帰国するとのことで、私たち夫妻も出席するつもりでした。

金曜に隣の市に在住する父母に娘を預け、懇親会出席後の土曜か日曜に、私たちも父母の所に里帰りする予定でした。

しかし、私は残業のため懇親会に急きょ出席できなくなり、妻のみ出席となってしまったのです。

来週の月曜火曜は有休を取っているため気合を入れて仕事をしていましたが、仕事が終わり帰宅途中に、ふと妄想が浮かびました。

大学受験以来英語を真剣に勉強していない、そして海外旅行にも行ったことがない妻が、酒もある席で外国人講師と何を話しているのだろうか…。

少しの興奮と、心配が入り混じった感情を持った為なのか。

ここ半年くらいセックスしておらず、娘が生まれてからは年に2回くらいしかセックスしていない妻を、今夜は抱こうとウキウキした気持ちで帰宅しました。

23:00頃に帰宅した時、妻はすでに懇親会から帰っていました。

私はお酒を軽く飲み、妻と話しながらテレビのスポーツニュースを観ていたのですが、その時、妻の携帯にメールの着信音が流れました。

こんな遅い時間に…。とは思いましたが、妻が席を外すのも気にも留めず、テレビを観ていました。

「ちょっと見て。」

戻ってきた妻は、テレビを観ていた私の前に来て、携帯を私に差し出しました。

メールは、娘のクラスを担当していた英会話講師のマイケルからでした。

内容は、酔っていたとはいえゆかり(妻)のほほにキスをした非礼を詫び、しかし以前からゆかり(妻)に一目惚れしていたこと、できれば明日1度で良いからデートして欲しいとのことでした。

私は妻がアドレス交換していること、何よりキスをされたことについて、妻に問いただしたのです。

妻によれば、マイケルは懇親会で妻だけでなく他の保護者ともアドレス交換をしていたこと、ほっぺたにキスをされて以降、妻は席をはずれ一言も話さなかったとのことでした。

マイケルは独身28歳の、アメリカ在住のカナダ人(白人)。

高校、大学とアメフトをしており、180cm台後半はあるであろうガッチリした体格です。

私も会ったことがあるのですが、人懐っこい好青年でした。

私は妻に動揺しているのがばれないように、あえてゆっくり言いました。

私「マイケルに好意をもっているの?」

妻「…良い人だとは思う。」

私「本気なのかい?」

妻「そんなわけない。

愛しているのはパパだけ。」

この時は、妻は私の目をはっきりみて言いました。

私は内心ホッとして、

私「オレもお前を愛してる。

いいじゃん。もうすぐアメリカに帰国するんだし、デートしてあげたら。

ただ、もしセックスする時は、ラブホではなくここ(自宅)でしろよ。」

私の言葉に、ビックリした表情で妻は私を見ました。

妻「本気で言ってるの?」

私は妻から目をそらし

「あくまでも、もしもの話だよ。」

としか返答できませんでした。

私自身、なぜこのようなことを言ってしまったのか、分からなかったのです。

帰宅途中の妄想が影響したのか。

マイケル、そして妻を信用してセックスなどするはずは無いと思い言ってしまったのか。

それとも、私にそのような性癖があったからなのか…。

その後、妻はマイケルにデートOKの返信メールをしました。

今夜、妻をセックスに誘うつもりだったのに、当然そんな雰囲気にもなれず、お互い無言のまま眠りにつきました。

昨日(昨年8月のある金曜)、私はデートを了承したのですが、妻に次の条件をつけました。

今回のデートだけは特別に許すけれど、デート中はどこに居るのかをメールで私に報告すること。

もし、セックスすることになった場合は…。

前回も記載したように、私たちの自宅マンションで行うこと。

寝室の部屋のカーテンは開けておくこと。

寝室にビデオカメラを設置すること。

日曜朝には、私が出張先から帰宅するとのウソの名目をつくり、土曜の23:00くらいにはマイケルに帰ってもらうこと。

(一晩中妻を独占されること、妻とマイケルが一緒に睡眠することに我慢できなかったのです。)

ゴムは必ず着用させること。

これだけ細かく条件を付けたのは、私が知らないところで妻にセックスをしてほしくなかったからなのです。

寝室の横の部屋は私の書斎のような小部屋で、ベランダも寝室とつながっています。

もしもの時は、(妻には言いませんでしたが)私は書斎の部屋にいるつもりでした。

セックスなんてするわけが無いと思っているにしては、矛盾するほどの準備でした。

まさか、娘の幼稚園のお遊戯会を撮影するために購入したビデオカメラを、こんなことの為にも使うはめになる可能性があるとは…。

土曜の朝、昨日の微妙な雰囲気とは打って変わって、妻は普段と変わりない感じで、私に接してきました。

基本は癒し系の妻ですが、子供を産んで強くなったのかなと、妙な感心をしてしまうくらいです。

父母には私たちの里帰りは日曜夜になること、その間、娘の面倒をよろしくと電話で伝えました。

母は快く受け入れてくれましたが、土曜は夫婦でどこかに行くのかと聞かれた時は、どう反応していいのか迷ってしまいました。

私たちは軽い昼食を済ませ、妻がデートの準備をしているのを、私はぼんやりと眺めていました。

妻が最近買ったばかりの下着を身に付けた時はムッとしましたが、化粧も服装も、いつも遠出をする時と特別変わりはありませんでした。

出発する時になって、妻は緊張してきたみたいです。

妻「行ってくるね。」

緊張した表情の妻がいとおしく、私は

「行ってらっしゃい」

と言い、妻を抱きしめました。

「行くな。」

と口にしそうになりましたが、デートを了承した手前カッコ悪くて言えません。

むしろ、妻に行きたくないと言って欲しいという、ズルイ思いは持っていましたが。

後日談ですが、この時私が止めたら、デートには行かなかったと妻は言ってました…。

そして、妻はデートに出かけました。

異性とはデートすら、私以外としたことがない妻。

もうすぐ帰国する外国人とはいえ、何故私はデートを了承したのか…。

メールがなかなかこないので、様々な思いが交錯します。

もちろん、メールだけでは何をしているのか本当のことは分かりません。

しかし、私は妻を信用したのです。

メールがきました…。

○○(神社仏閣)を拝観してます。

との簡単な文章に、神社仏閣を前にマイケルと楽しそうな表情の妻の写メが、添付してあります。

そういえば娘が生まれてからは子供中心になり、デートらしいデートもしていないなぁと思いながら、いても立ってもいられず、携帯と以前からの読みかけの本を持ち、近所のファミレスに行きました。

フリードリンクを注文し、本を読もうとしますが、思わず携帯に目がいき、本の内容が全く頭に入りません。

その後、妻から簡単な文章のみのメールが数件送られてきました。

ショッピングに行ったこと。

少し早い夕食をしたこと。

(高級イタリア料理店で、とても美味しかったと、後日、妻は言っていました。)

そして…。

「今から帰ります。」

との妻からのメールを受け取った時は、私はファミレスで夕食をすませ、自宅マンションの書斎に居る時でした。

1人なのか、マイケルとなのか。

動揺と興奮が入り混じった気持ちで、私は妻の帰宅を待ちわびました。

私は妻は一人で帰ってくると信じ、そして早く妻を抱きたくて仕方なかったのです。

長い時間待ったような気がします。

玄関のカギを開ける音と、電気のスイッチを入れる音が聞こえました。

その時、外国訛りだが流暢な日本語を話す男性、マイケルの声が聞こえたのです。

私はまさかと思い、書斎のドアをそっと開けました。

玄関先に見えたのは、後ろから妻を抱きしめて、楽しそうに話すマイケル。

「もう。」

と言いながら、マイケルの手を振りほどこうとしているが、嬉しそうな表情の妻。

私はドアをそっと閉めました。

妻が選択するはずがないと思っていたことが現実になったショックと、それと同じくらい今後起こるであろうことの期待と興奮状態にあった私は、何度も深呼吸をして落ち着こうとしていました。

リビングから、楽しませようとしているのか単に高揚しているのかマイケルの大きな声が聞こえ、そして、その言葉に妻が笑う声が微かに聞こえます。

コーヒーでも飲んでいるのでしょう…。

声が聞こえなくなり、私は不安になりましたが、15分くらい経った頃、寝室のドアが開く音がしました。

私はすぐに書斎の部屋からベランダに出て、カーテンが開いているため、丸見えの寝室を誰にも見つからないように見ました。

部屋には、ボクサーパンツのみのマイケルが、ダフルベッドの上に腰をかけていました。

彼の体は引き締まっていて、おそらく今もジムで鍛えているのでしょう。

今、妻はシャワーを浴びているのでしょうか…。

そして、次に寝室のドアが開いた音がしたときも、急いでベランダにでて寝室を見ました。

主(*´Д`)ハァハァ<男の強がりが、大きな過ちを引き起こすことになるとはね!

コメントを残す