【近親相姦の体験談告白】連れ子の女性用下着を穿く変態な義理の父がプチ女装でノーハンドの大量射精

【娘との体験談】連れ子の女性用下着装着が趣味なエッチなオジサンが女装露出行為
変態父さんは義理の娘さんの下着に発情してしまう。スケべそうなエロい身体をしている26歳の無駄にドエロい匂いを想像しつつ擦り上げる男性器って気持ちいいと思います。凄い量を射精してしまうお父さん。そのまま女装癖へと展開してしまう。外でもむすめをおもいつつ自慰する変態おやじ。
1nhdt00988jp-10

ついにプチ女装デビューしてしまった。

俺はかなり幼少の頃から女性の下着に興味を持ち、親戚のお姉さんや従姉妹の家に遊びに行った時など、ちょくちょくタンスを開けては下着を手にしていた。

また、たまにはパンティーなど自分で履いてみたり、ブラジャーを男の俺が着けてみたりとかなりマニアックな性癖が子供の頃からあった

とにかく女性の下着に物凄く興味があり興奮する質だった

小学生の頃は単純に身に付けるだけ事だったが、中学生になると身に付ける快感プラス「オナニー」の快感も覚えてしまい、あの履き心地の良い女性モノのパンティーを履きながら持ち主の女性の事を考えながらオナニーするのが楽しみになった。

俺には26歳の娘がいる。

と言っても血縁は無く、妻の連れ子で娘にとっては義理の父である。

結構綺麗な娘で、体つきもとてもエロくて、いつも胸やお尻、たまに見えるパンチラを見ては秘かに勃起させている。

そんな娘が先月二週間ほど我が家に泊まりにきていた。

それまで娘の下着はチラッ!

と見えるだけでその全容は分からないでいた。

しかし、泊まりに来てから三日目、仕事を終え帰宅し風呂に入り自分のパンツを取ろうと物干しを見ると

そこには普段見たことのないカラフル&セクシーな女性のセクシーランジェリー

まるでお花畑の様に咲き乱れていた。

初めて見る娘のパンティーに俺は超興奮してしまい、チンポは一気に勃起した。

「エロい身体してこんなエロい下着着けやがって!」

と思い、ちょうど目の前にぶら下がっていた黒いパンティーに手を伸ばし触ってみた途端、急に射精感がこみ上げてきて、

「ヤバい!こんなとこで!」

と、その時はすでにチンポから手を離していたのだが、もうチンポはビクンビクンしてきてどうにも射精感が治まらず手でしごいてもいないのにノーハンドでドピュドクンドクンと射精してしまったのである。

ドアの向こう側には妻と娘がいて、キッチンで晩ご飯の用意をしている。

もしこんな姿をみられたら

ティッシュなど近くに無く、とりあえずは手で精液を受け止めたが、こんな時に限って大量射精。

いつまでたってもチンポの脈動は止まらず、しかし、物凄い快感だった。

こんなに気持ちいい射精はしばらく無かったなぁ

なんて思っていたのだが我に返り、この精液をぶら下がっているタオルかハンカチで拭こうと手を伸ばした時、チンポがビクンとなって腰がよろけたハズミで目の前の黒いパンティーを掴んでしまった。

「しまった!」と思っても後の祭。

俺の手に溜まっていた大量の精液が連れ子のパンティーに付いてしまった。

しかしバタバタして躊躇している暇などない。

こんな格好を見られる訳にはいかない。

とにかくこの精液をなんとかしなくては!

手とチンポを綺麗に拭かなくてはとそのパンティーで手を拭き、一番汚れていなかった「クロッチ」でチンポを包み、拭き取ろうとした瞬間、脳が痺れる様な感じがしてまたまた興奮してきてしまい、

「ここに娘のマンコがぁー」

と想像した瞬間またチンポが勃起してきて、そのクロッチの柔らかさが快感となり一気に射精感が押し寄せてきてもう止める事が出来なくなっていた。

と言うか、さっきの快感をまた味わいたくて、気持ちいい射精だけを望んでいた。

「ああっ!もう出るっ娘のマンコが触れてる場所に俺のチンポが触れて今射精するんだ」

手は動かさなくてもまたノーハンドでチンポは勝手に痙攣を始め、精液を吐き出そうとしてくる。

ああっ!早く出したい

いや!もう少しこの快感のままでいたい

この時にはもう妻や娘に見つかってもいいや!!という気にさえなっていた。

「エロい体してるから悪いんだぞ!」

そう勝手な理由をつけて娘の体を想像した途端、更に射精感が高まってきて最高に気持ち良く射精した。

ほんの2~30秒前にもあれだけ大量の射精をしたのに、この時も大量に出た。

娘のパンティーのクロッチだけでは受け止め切れず、床にこぼしてしまった。

その精液もパンティーで拭き取り、洗濯機の一番底に押し込んでおいた。

そのパンティーは次の日また物干しにぶら下がっていた。

「その」パンティーとは、黒でオーソドックスな形だが、薄くてツルツルしていて全体的に透けている。フロントには柔らかいレースが飾られていて、非常にセクシーなパンティーだ。

娘が帰った後、風呂場の脱衣かごの中でタオルの下になっていたのを偶然見つけてしまった。

一週間ほど前に。

俺は迷わず黄ばんだクロッチの匂いを嗅ぎ、娘のエロい体を想像した。もちろんチンポはフル勃起状態! しかし、以前の様に直ぐ様チンポを擦りつけてオナニーはしない。

今回はこのパンティーを履いてみる事にした。

こっそりと脱衣かごの一番下に隠しておき、妻が出掛けた時にサッとシャワーを浴び身を清めて、いよいよ念願のパンティー着用だ!

柔らかく全体が気持ちいい。

クロッチは玉袋が当たるので直接的な快感は無いが、優しく包み込まれるのがとても気持ちいい。

そしてヒップに手をやり、娘の尻をなで回すかの様に触ってみる。

何て触り心地がいいんだ!自分の尻とは思えない。

そしてフロントの柔らかいレース部分。

これは下腹部が優しくサポートされている感があって、なんとも言えない履き心地だ。

ちょうどチンポが上向きに収まる場所でもある。

軽く手を添えられたかの様な感じでとても気持ち良くサポートされている。

娘の体に触れている事を想像してしまう程の気持ちよさだ。

そしてこのパンティーは上に「ゴム」があって締め付けているのではなく、この薄い生地自体が緩めに体にフィットしてくる。

男物のパンツにはこんな感じの物は無いと思う。

ちょうどチンポの亀頭の裏側あたりにこの部分があたり、適度に圧迫がありとても気持ちいい。

このパンティーを履くと下腹部がとても気持ちよくてヤミつきになりそうだ。

脱いだ後も感触が残っていて、またすぐに履きたくなる。

さて、このパンティーを自分で履いて会社に行き、1日中身につけ仕事した。

以前から女性用下着を身につけるのは好きだと先に書いたが、そのまま外出したり職場に行ったりした事は無かった。

今日が初めてだ。という事で「デビュー」となった。

朝、妻にバレない様にパンティーを履き、普段通りに仕事着を着て出勤。

興奮する! 1日中チンポがムズムズしていた。

また、もし同僚にバレたらどうしようとか、しゃがんだ時に「パンティーライン」が出てたらどうしようとか、物凄い興奮でした。

仕事中もチンポに走る快感と圧迫感で何度も勃起し、我慢汁が出てこの黒いパンティーに「染み」を付けているのもわかって、余計興奮した。

この文章を書いている「今」は、会社からの帰り道で、車を人気の少ない場所に停め、ズボンを脱いでパンティー姿になり、もう射精したくてしたくてパンパンになっているチンポを、時折擦りながら文章を書いている。

本当に気持ちいいパンティーだ!

このままこの文章作りながら射精したくなってきた!

あの時の射精感が込み上げてきそうだ!

我慢汁がいっぱい出てる!

もう我慢できなくなってきたから後ろのシートに移ってオナニーさせてもらう事にする

 

主(*´Д`)ハァハァ<こういう変態な父さんって事実としていそうだから困ります。

コメントを残す