【近親相姦えっち体験談告白】帰省した兄に絡んでしまい、強引に犯されてしまう!

【 妹との体験談】お盆休みを利用し、実家から帰省してきた兄。女子高生の妹に酔った勢いで挑発されて、性欲が爆発してしまう。
高校生の頃、20歳の兄が実家に帰省してきたときの話。父親は旅行に出かけ、母親は入院中。家には2人きりになってしまった。酔った勢いで兄に絡んだことがきっかけで、強引に抱かれてしまう羽目に。抵抗してもやめようとしない兄に、精神的に披露し、なすがままに。
118rtp00059jp-9

私が高校生だったのは、今からもう10年前。

あれは17歳の、夏休みの出来事。

東京の大学に行っていた兄が、お盆の帰省で下宿先から実家に帰ってきていました。

その時、父が三泊四日で旅行で出かけ、母は入院していて、兄と二人だけになりました。

まさかこんな事になるとは思わなかったです。

その夜は、兄と二人で食事をしながら酒やビールを飲んで、酔い過ぎたのですね。

飲んだ高校二年のわたしが、兄に絡んだのですよ。

着ていた服が薄着で、肌の露出が多めだったようです。

兄も20歳でやりたい盛りだし、東京の彼女とも会えないので、溜まっていたと思います。

しかも酔ってふらふらの兄に対して、ふざけて抱き抱きしてしまいました。

夜食後、兄が椅子に座ってエロDVD見ているところに、対面騎乗位座位で兄の股に座らされました。

そして兄に強引にキスされました。

すぐに寝室の布団に押し倒され、浴衣の上から胸を撫でられまくりました。

この時の兄の顔、本当に凄かったです。

今でも思い出すと、当気持ち悪いです。

「いや、やめてよ」

とわたしも顔や身体を叩いたり、足で押したりしたのですけど、もうどうにもこうにも獣のような感じの兄。

パニくりになって、重くて、離れるのは結構無理でした。

今考えれば、何で噛んだりしなかったのだろうか。

暫くはあちこちにキスをされ、そして 動けなくなり、パンティーの上から大事な所を触らました。

兄の指が強引にオマンコの間に差し込まれ、クリトリスを撫でられたときはビクンビクンと痙攣しました。

そのままオマンコを撫でられ続け、兄は両手でわたしの浴衣をめくりあげ、帯を外しました。

あたしは浴衣を押さえて、もがきました。

でも結局脱がされ、上半身は裸。

自慢のオッパイを揉まれ、舐められさわり放題でした。

下は残りはパンティ一枚だけ。

なぜか兄はパンティを脱がしません。

あたしの上に乗って、兄も上半身裸になりながら、おっぱいをジロジロ見ていました。

わたしのおっぱいに顔を埋め、乳首を吸ったり噛んだり舐めたりしました。

感じたくないのに女は感じるって、男の人には理解できないだろうね。

パンティごしのオマンコに、兄のキス攻め。

わたしの必死の抵抗でしたが、脱がされたらすぐに舐められそうで。必死で防戦しました。

パンティを脱がされながら

「もうやだやだ、いやだ、まじで本当にやめてよ」

とわたしが泣きました。

「わたし、処女だからやめてよ」

と言いましたが、兄は聞かずいう感じで、パンティは一気に下ろされました。

そしてアソコに頭を突っ込みました。

もうこれで抵抗することはできません。

で、兄はわたしの体のうえに乗りながら、自分のパンツ脱ぎました。

ちらっと見えたチンポは、赤黒くて大きく太かった気がします。

彼氏のピンク色と違い、一回り大きく逞しく思えました。

チンポを入れられるまでには、相当抵抗しました。

あそこに入ってこようとするので、両手をオマンコの前で組んで、足をバタつかせました。

兄は無理矢理ほどこうとしますけど、あたしが

「痛い!身体が壊れる!骨が折れる」

と言うと、さすがに弱め、加減してくれました。

でもその代わりに上に乗って、胸を触り、舐められまくられました。

この時が一番辛かったです。

長時間上に乗られて、息も苦しかったです。

そして自分なりに猛烈に抵抗してたんですが、それまでずっと下半身と胸だけに兄がキスしようとしました。

顔を押しのけようとして、手をオマンコから離してしまいました。

その隙に兄はわたしの白い太股を抱え、身体をこじ入れました。

まだチンポ入っていません。

チンポがわたしの下半身に押しつけられました。

大きいチンポで、とっても凶暴に獣に見えました。

これで抵抗するのを諦めました。

蛇に睨まれた小ウサギの心境です。

もう動けない。

精神的、気力的に。

兄は泣きじゃっくっているわたしの白い太股を抱き抱えて、グッと自分の方に引き固定して、ゆっくり味わうように 太くて赤黒いチンポ挿入しました。

兄はフフハハ言いながら、腰を使い動いていました。

わたしは気持ちが良かった訳ではないけど、たぶん

「アンアン、ひぃひぃ」

と言っていたと思います。

はっきりと言って、突かれるとあえぎ声は出ます。

しばらくは諦めて、兄に

「アヒィヒィ」

と言わされました。

彼とは毎日のようにSEXをしていたので、小陰芯は少し黒く、愛液も沢山でます。

当時のわたしはフェラも上手で、舐めたり吸ったり首を振ったりもします。

手コキも上手です。

70歳男と援交して、5年振りにフェラ抜きして、謝礼を10万円もらった事もあります。

でも兄には内緒です。

「やばいナマ出しだ! 」

「赤ちゃんできたらどうするのよ」

と思った瞬間から、また抵抗する気持ちが出てきました。

背中や腹に思いっきり歯で噛み、目一杯に爪を立ててひっかいて、ついでに顔もひっかきました。

そして

「妊娠して赤ちゃんどうするの??」

それを五回位、言ったかな。

兄は無視しました。

「う、あ・・あぁ・・」

とか派手なキモい声出してて

「やばい!!中出される!」

って思ったけど、変な声だしたその瞬間、すぐにオマンコから抜いてあたしの太股に押しつけてました。

そしたら、お腹の付近にヌルヌルっと暖かい精液をかけられました。

精液の飛び散る感覚があって、兄の行動がようやく止まりました。

この時は、膣の中に精液は出されずに済みました。

一度目のSEXの後、ぐったりしている兄をのけてみると、お腹から白い太股に精液がたっぷりかかっていて強烈な栗の花の香りがしています。

「うっ」

と思いつつ、ティッシュで拭きました。

布団や浴衣の上にもこぼれてて、どうするのっていう感じでした。

すぐに拭き終わってお風呂にと思い、シャワー行こうとすると兄が急に起き、わたしを追いかけて来ました。

一回出しただけでは、収まる訳がないのでしょう。

兄に足首を捕まれても、わたしはなぜか冷静でした。

腕を振り廻して

「馬鹿!離して」

とは言いましたけど、どうせ離しはしないと思いながらも、そう言っていました。

全裸の状態だとまったく気が弱くなります。

そのうち、立ったまま兄はわたしを抱きしめて、キスしました。

もう精神的にふらふらだったので、諦めモードとなっていました。

わたしがすぐに抵抗しないので、お兄ちゃんは

「うん?」

と言うような顔していたけど、わたしの腰に手を添えて抱えるように、客間に連れていかれました。

兄が押入から布団を出そうとするので、わたしが

「そ、それはまずいよ。お客様用でしょう」

と言うと

「え、それじゃあ・・・、俺の部屋へ行こう」

と言い、二階の兄の部屋へ素直に従いいきました。

やっぱり、わたしもSEXしたかったのだろうか?

ベッドの前で、兄に肩と頭を押されて、横にならされました。

兄に抱きしめられて、わたしは目を閉じました。

しばらくはオマンコやクリトリスや尻の穴や色々と触られ、全身リップされました。

胸は当然、首筋や耳も舐められました。

一番感じたのは、クリトリスの皮を剥かれて息を吹きかけられたのです。

この辺弱いのです。

オマンコはグショグショに濡れて、気持ちが悪いほど太股を伝わって流れていました。

兄がわたしの太股に、ギンギンに固くなったチンポをぐねぐね押しつけてきます。

いよいよオマンコに入れるぞって感じで、脚をM字開脚に拡げられました。

この時に、兄チンポにはさっきの精液がまだ残っているだろうし、このままオマンコ入れられたらまずいと思って

「ゴムを付けて!コンドームを!!さっき精液を出したばっかりでしょ?」

って怒りながら言いました。

兄はとりあえず従ってくれました。

この時兄が付けないとか言い出したら、わたしはもの凄く抵抗していたと思います。

兄が付けたのは正解ですね。

言わなくても、コンドームは付けて欲しいです。

「コンドームを付けてくれたら、兄さん妹のわたしとオマンコしてもいいよ」

という意味になる訳だし。

コンドームを付けた後は、もうすぐにやられました。

一度目と違い、時間が長かったです。

正常位、バック、騎乗位、寝バック、松葉崩し、駅弁など、色んな体位でかなり激しく抱かれちゃいました。

恥ずかしいけど、かなり激しく悶え鳴きしていたんでしょうね。

たぶん。

二度目が終わり、寝て、気が付けば三度目を入れられて、兄が腰を激しく振っていました。

はっと驚いて

「コンドームは付けた?」

って聞くと

「ば~か」

と言って、激しくピストンしてくる鬼畜で最低な兄。

実際はゴムをつけてくれてたんですけど、兄は私を不安にさせる為、わざとつけてないフリしていたんです。

主(*´Д`)ハァハァ<確かに誘っちゃったのは悪いね。

コメントを残す