【近親相姦えっち体験談告白】初恋相手の従姉妹はとんでもない変態女だった!

【親戚との体験談】偶然再会した、小さな頃の初恋相手の従姉妹。彼女はシングルマザーとなっており、会う回数を重ねるうちに…
初恋の相手だった従姉妹は、シングルマザー。ある日、彼女に誘われて飲みに行き、体を許してしまう。その後、彼女とセフレ状態が続き、プレイはどんどん過激なものへ。露出にアナル開発、スカトロ、放置と、SMプレイを喜んでしていく従姉妹の姿に…
143rod00002jp-4

初恋の相手である、広末似の従姉とHした体験です。

今は音信不通ですが、あの数ヶ月の関係は凄かった。

10年以上会っていなかったのに、ある事がキッカケでバッタリ会いました。

どうやら従姉は、子供がいながら旦那はいない生活をしていたみたいでした。

最初はメールのやり取りでだけで、そこから飲む約束を交わしての当日。

今考えたら、軽率な行動でした。

細かくは書けませんが、懐かしくて酒も進み、実は初恋という事をバカみたいにカミングアウトしたら、従姉も知っていたみたいで、まさかみたいなリアクションでした。

見かけは当時と変わらなくて、スレンダーで子供を産んでいるとは思えないぐらいに、幼く見えるような奴でした。

ここでスペックを。

従姉:156cm、Eカップ、45kg、広末涼子かPerfumeのっち似。

僕:165cm、55kg、笑うと高橋克典似と言われる。

酒が進んでくると、従姉から突然、ストーカーされているという相談をされました。

「服装とかを変えて、様子見たりすりゃ…」

とか話してたら、

「じゃーレクチャーして!」

なんて言われる。

渋々服をクローゼットから選んで振り返ったら、振り向きざまにキスされました。

「いやいや、ダメでしょ。そんな事」

「私久々に顔みたら一目惚れしちゃったんだ。

でも彼女居るって感じて、今日だけって・・・」

そう言いながら、脱いでました。

従姉がまたキスしてきて

「何で俺なんだよ。ダメじゃん。

従姉だし、第一好きだったの、従姉だって知らなかった時期だよ」

酔いが回りながらも、ダメだと必死になってた。

でも従姉はまたキスしてきて、僕のあそこをジーパン越しに触ってきて、ベルトも取らずに隙間から握ってくる。

理性が飛んだ瞬間舌を絡め、唾液を味わい、身体中を舌で感じてました。

服だけを脱がし、下着をずらして従姉の濡れている部分に、しゃぶりつきました。

クリトリスは小さくて、入り口は綺麗なピンク色でした。

クリを甘噛みし、わざと毛の生えている部分を舌で愛撫して足の付け根を舌でつーっとし、うつ伏せにさせ背中からお尻をまた舌で愛撫しました。

お尻の谷間も愛撫したら、気持ちいいのか痙攣してました。

初回でアナルはと思ったけど、今日だけと思い舐めまくってたら、

「口にちょーだい」

と従姉から言われるがまま、お口へ。

気持ちよすぎて、腰を振ってました。

いざ口を犯したら、ゴムを従姉に着けられ、正常位で1つになりました。

舐めた時に感じたまま従姉の中は狭く、

「おっきい、奥いっぱい突いて、奥までいっぱいにして」

と言うので、

「お願いしますだろ?」

なんてSっ気ある僕から言ったら

「奥に当ててください…あぁダメおっきすぎるよぉ」

入口付近を浅くピストンしたら

「何で・・・分かるの・・・それ・・・」

「イクならうつ伏せになれ。後ろから入れてやる。

奥か?また浅くか?」

荒々しくうつ伏せにし、後ろからぶち込んでやりました。

しばらくうつ伏せでピストンし、膝をつかせてまた激しくピストンしつつアナルに指を入れたら、ヨダレを垂らして

「イクッダメ、お尻はダメっイクッ」

と力が抜けて、潮吹いてました。

すかさず、仰向けにし足を担いでピストン開始。

ゴム着けてたんで、気にせず従姉の中で射精感を味わいました。

その1回で火がつき、数ヶ月セフレ状態。

今までで一番相性が良かったみたいで、1ヶ月ぐらい過ぎたくらいから指でアナルを慣らして、アナルセックスをするようになり、アナルは生で中出し。

指につけた精子とう◯こがまじったものを舐めさせたり、自らの排泄物が付いた僕のモノをお掃除し、2回戦。

3回戦はお風呂場で、水中セックス。

堪らず、セックス終わるや否や

「我慢出来ない・・・トイレ・・・」

と言うのを羽交い締めにし、その場で漏らしてましたが、白目向いてました。

「風邪引いた」

と呼ばれ、姪も心配になって行ったらまんまとハメられ、ムカついたのでお酒をたらふく飲み、今考えたら1番大胆なプレイをしてました。

普通に最初はセックスをし、2回目は寝てるとこをアナルで犯し、また普通にしてたらスイッチが入り、時計は夜中の2時過ぎ。

部屋の明かりを姪が起きない程度に戸を閉めて、明るくし

「俺のを元気にしろ」

と言ったら咥えてきた。

数分したら生で入れてビックリしてましたが、感じてました。

初めての生挿入。

四つん這いの立ちバックの状態から、2人羽織の体勢し、入れたままで玄関へ。

ドアを開け、四つん這いにし露出状態で、バックで犯しました。

「やだぁはずか・・・しい・・・やめっ・・・あっ・・・頭おかしくなっちゃう・・・」

本当は玄関前で正常位と、駐車場が歩いてすぐにあるためボンネットに手をつかせて全裸でしたかったんですが、やめてバックでひたすら犯しました。

もちろん、アナルへもぶち込んでやりました。

フィニッシュはベランダで正常位でした後、顔に出し、潮吹いてイッてたんで30分ぐらい放置しました。

興奮したらしく、部屋に入れるや否や

「もー死にたいぐらい恥ずかしかった!

でも興奮して欲しくなった!」

どこまでエロいんだと。

聞くと、大半は経験してるけどアナルは僕が初めてで、やりながら露出セックスとイッた後の野外放置も初だったから、やばい快感があったらしいです。

それを聞いたら咥えてきたんで、口は犯したけど喉まではと思い、いきなり25センチぐらいにMAX立ちするとあるモノを突っ込んだら

「今日怖いよぉ~おかされているみたいだもん」

と半べそかかれたんで普通にフェラしてもらい、顔にくれてやりました(笑)

そっから関係が続き、僕も従姉も忙しくなり自然になくなりましたが、また何かのきっかけで犯してやろうとおもいます。

今は彼女にアナルセックスを仕込もうと企み、調教癖がついてしまった僕でした。

まぁ、キッカケなんてないだろうな。

番号もなにもかも分からないまま、どっかに行ってしまったから。

でも相性は、2番目によかったかな。

ここだけの話、この従姉はめっちゃ変態だったのを報告しておきます。

調教されたのは、僕だったかもしれない・・・。

初めの頃はほぼ従姉の自宅でしたが、壁が薄いのか隣の音が聞こえるぐらいの薄さ。

そんな中で、従姉は声がでかい(笑)

まぁ、

「静かにしろ!!」

とか口の中に脱がした下着を入れたりしながら、プレイの一環みたいに若干気にしながらしていました。

正直、それも面倒で気分を変えようみたいになり、ラブホ、夜中の公園の車中とかでしていた。

中でも、ラブホは本当に何も気にせずだった。

初めて行った時だったかな?

従姉は行ったことが真面目に無かったらしく、少し躊躇っていた。

一応、お嬢様育ち?の部類になるのかな?

故に前の旦那さんともそんな場所にも行ったことは無いんだろうし、躊躇うというか恥じらいがあったみたい。

でも、裸になると豹変するのが不思議なとこで、着くや否や僕の着ているものをゆっくり脱がし始める(笑)

気づいたら、フェラが始まっている。

それがまた上手いのなんの。

当然瞬時にレッドゾーンに達し、上は着たまま下だけ脱がし、従姉が好きな立ちバックから一つになります。

従姉も咥えながら濡らすぐらいの、エッチなやつです。

普通の人もそうなんかな??ぐらいに洪水状態。

そりゃもう、焦らしながらゆっくり入れてあげるわけです。

窓があるんで入れたまま移動して、カーテン全開でしてみると、初めてのシチュエーションなのか感じているのに我慢していたり、いきなり中で動かさないでじっとしつつ、奥にジワジワ当てたりします。

入れたままベッドに移動して、立ちバックで痙攣するぐらい感じていたから、今度は正常位で最初は奥に徐々に入り口の上の方をカリのとこでこすりながら、ちょうど擦ってるあたりを手で圧迫してあげると、若干悲鳴に近いような声で喘ぎます(笑)

まぁラブホだから関係ないけど(笑)

して、僕からしたら

「待ってました!!」

のEカップが揺れる騎乗位!!

細いのに胸はかなりあるから、上下に揺れる胸を拝める視覚でも楽しめる瞬間。

グリグリからの、くちゃくちゃ音出しながらの上下運動。

たまに背中向かせてお尻を触れてるか触れてないかぐらいの感じで触ると、身震いさせてよりグリグリに力が入るわけです(笑)

そっからの正常位は焦らします。

「あっあんあっキャー」

みたいな浅く深く浅くからのペチペチお互いの体を鳴らしながら果てるわけで、汗だくのなかで普段こんな口調で話しませんが

「まだ挿れて欲しい?なら綺麗にしろ!

口だけ使え。手なんか使ったら次は無し」

とか言うと。

「はっ・・・はいっ・・・(クッポッ)

早く挿れてくだはいケホッ・・・」

と喉鳴らしながら、気持ち良くしてくれます。

従姉のコイツは・・・な瞬間は、前に投稿したアナルに目覚めたことからの、ラブホの風呂場でアナル中出しのシャワー責め。

従姉がまず、自らアナルを迎え入れる準備をします。

何故か、Sな僕はこういいます。

「もし挿れてる途中で出そうものなら、出したものをきれいにしなさい。

そしたら、きれいにしたとこにまず挿れてやる。

その後に、気持ちよくなる場所を塞いでやる。」

と。

まぁたいてい無理なんですがね(笑)

たまに一日中下着なしで行動させて、ワザと濡れたらわかるような格好をさせます。

例えば、キャミのブラなしに、とりあえずシャツとかネルシャツに、色が薄いデニムのホットパンツかスキニージーンズ(笑)をわざわざ履かせます。

シミがわかったら、

「暑いなら脱げよ。預かるから」

とイジメます。

遠隔ローターなんか要らないですからね。

そしたら、乳首はビンビンキャミから浮き上がり次第、

「はい罰ゲーム」

下半身裸で車を運転しながら、ノースイッチでバイブ挿入。

事故られたらたまらんし、スイッチは死んでも入れません。

そのままで家まで歩かせ、玄関で咥えさせてからスイッチ入れてのイマラチオ。

軽くです(笑)

でも、そっからの従姉はまた凄くって思い出すとジワジワ興奮します。

何回かそのシチュエーションになり、その日は激しくなります。

笑顔で

「待ってて!」

と玄関で待たされ、流石に萎えかけるとこですが、ツボつきます。

普段派手な下着しかしないのに、その時だけ何故か白いレースのブラにサテン生地の下着を身につけて、トイレに導きます。

なんとね、下着のままで咥えて、便座に腰掛けオ○○コし始めるんです。

さすがにどーゆー事やと思うぐらいになりますが、咥えられてるなかで

「プシュー」

と。

「シャー」

が混ざったような、なんとも言えない音とともに。

「喉に出すぞ」

と告げると、涙目で頷き喉鳴らしながらゴックンします。

日も落ちてる時間なんで、またS心に火がついて。

元々人っ気があんまりない場所に家があるので、20時過ぎると本当に街灯がポツポツとあるぐらいの薄暗い感じ。

僕は服を着たままに近いので御構い無しに、ハァハァ言ってる従姉を立たせ、外に連れ出します。

「えっ?ハァハァ・・・うそっ・・・」

下着だけの、側からしたら漏らした状態に見えるであろうショーツのままで、歩かせます。

もちろん、周りに人が居ないのをある程度見ながら。

そして、契約駐車場のど真ん中でこう言ったっけ。

「今から20分で子供がお○っこするように俺が抱えるから、履いたままでまたしてみようか。

出来たら続きをしよう。

出来なかったらブラを取って、出るまで永遠にこの場所にいてもらうね。

して続き無しで、帰ろうかな?」

なんて言ったかな(笑)

従姉は背がそこそこ高く、細いから抱えるなんてお手の物。

なおかつ前にも書いたが、細いくせにEカップなんてある。

ドMだからできるよなぁ~なんて探り探りのプレイ(笑)したら

「そんな時間制限まで?!その間はなんもしない??」

「いやどうかな?お前次第でなんかしらするかもね」

っていいながら

「よーいスタート!」

「えっ?アンっやだよー恥ずかしいよー・・・」

「トイレで咥えながらできたんだからできるよな?

だってお前変態だろ?ほら時間なくなっぞ?」

なんて言いながら、従姉は

「んっ・・・無理だよさっき出したから・・・んっ」

しばらくこんな感じでいたら、残り5分。

僕は行動します。

すかさず、弱い耳を甘噛みしたり舐めたりします。

したら

「あっ・・・それダメ・・・」

「早くしなきゃ放置するからねー」

あっけなくタイムアウト。

「はい残念」

無言で荒々しくブラを取り上げます。

さらに腕を後ろにして、持ってたタオルで手を縛ります。

「10分そのままね。ベランダから見てるからーちゃんと出してねー」

極度の緊張からか、羞恥心からか、こえがちいさくなってた。

「ヤダ・・・でも・・・」

聞く前に放置してみた(笑)

そっから5分後、ベランダから監視するのを止めました(笑)

して10分後見に行ったら、ビックリ奇跡的に誰にも襲われることなく、その場で恐怖からか漏らしていた痕が。

更に、お腹を冷やしたのか、別の方からも少しだけでてました。

んーやり過ぎたかなと思いきや、

「開放感から出てしまった」

と言われたσ(^_^;)

仕方がないのであんまり興味はないけど、そのまま腕は縛ったままで、タオルをかぶせ家に戻りました。

さらに従姉を虐めるべく、お風呂場に連れて行き、言葉責め。

「なんで関係ない方まで漏らした?だらし無い」

「だって裸だったし、少しさむかったんだもん。

我慢したけど無理だった」

「我慢出来ないなら、ココで綺麗にしようか?」

といい、汚れた下着を取り、それで拭き取り僕も裸になります。

シャワーで流して、綺麗にし少し刺激します。

「あっ・・・ダメだよー出ちゃう・・・」

構わず、シャワーと指でアナルを刺激。

時々、クリを突きながら(笑)したら

「もうダメ~」

の瞬間、潮吹きながら勢いよく出るわ出るわ。

でも不思議と匂いはあんまりキツくなくて、従姉もスッキリした様子。

片付けは、腕を解き自分でやらせましたけどね。

僕は刺激しながら風呂に浸かっていたので、片付け終わるまで居間のソファで寝てました(笑)

したら今までの鬱憤晴らすように寝ている僕のモノにしゃぶりつき、自らアナル騎乗位で腰を振ってました。

多分刺激されて、ずっと入れたかったんでしょう。

従姉は裸、僕は大事なとこだけを露わにされてて

「いきなりアナル?!そんなに刺激されて欲しくなった??」

「今日の感じはこっちじゃなきゃ収まらない!

あっあっ・・・大丈夫、さっき念入りに中まで洗ってきたからぁっん・・・あっ」

じゃー遠慮なくと、立ちバック、正常位、背面座位とかで応戦。

やっぱり膣より締まりはあんまりよくないのか、なかなかイケなくて、かなり長いこと突いていた。

射精感が高まってきて、中で出す前に抜き、顔に思いっきり出しました。

よほど気持ちよかったのか、また潮を吹きながら

「ハァハァ・・・きれい・・・にしゅる」

と痙攣しながらお掃除フェラ(笑)

なぜかまた射精感が襲い、またS心に火がついて口からぬき、アナルの入り口に。

「クチュッドクッドクッ」

と放出。

出し終わると、だらしなくボタボタと精子が垂れていました。

しばらく寝かせて、また朝に寝てるとこを犯しました(笑)

まだまだネタはありますが、今回はこれで終わり。

気が向いたらまた書きます。

主(*´Д`)ハァハァ<初恋相手の従姉妹がとんだ変態だったなんて、ショックじゃない?

コメントを残す