【 近親相姦えっち体験談告白】兄嫁のヒップラインに惹かれ、Tバックで朝から…

【義姉との体験談】兄が結婚し、嫁と同居することになった弟。段々仕事のせいか、帰らない彼女の寂しさにつけ込み…
兄が結婚し、兄嫁と同居することになった弟。家事もこなし、よくできる嫁だったが、仕事が忙しくなったために兄が帰ってこなくなることが多くなった。寂しそうな顔と、ノーブラに興奮してしまい、遂に一線を越えてしまう。それからこっそりと関係は続き…
118abp00383jp-3

兄が家に義姉を連れてきたのは、結婚する一年前。

初めて会ったときは、今より少し細めで清楚な感じの女性に見えた。

その時は、あまり興味もなく普通に挨拶して少し話をしたぐらいで、今でも覚えてるけど、その時兄が

「正樹(俺:仮名)、俺の彼女にちょっかい出すなよ」

と言われたのが印象的で、まぁその時俺も学生で、遊びまくってると兄には思えたんだと思う。

それ以来、結婚式まで会うことはなく、新婚旅行から帰ってきて家に嫁いできて、一緒に住むようになった。

料理も上手で、学生の俺は昼まで寝ててもご飯作ってくれたりと気を使ってくれて、兄もいい奥さんもらったなと思うぐらいだった。

そんなある日、いつものように昼ごろゴソゴソ起きてリビングに行くと、義姉が朝食とも昼食とも思える食事を出してきてくれて、

「今日は彼女とデートしないの?」

と聞いてきて

「誰と?」

「もぉ、そんなに彼女いるの?」

「いや、そんなことないと思うよ」

「本当かなぁ、お兄さんが昔から言ってたわよ」

「えっ?なんて?」

「うちの弟は、手が早いって」

「ははは、そんなわけないじゃん、お義姉さんそう見える?」

「う~ん?」

「えっ?悩むかなぁ?」

「だって、今彼女何人いるの?」

「だから、彼女なんて何人もいないって」

「あっ怒っちゃった?」

「怒ってないけど、そう見られてたのかなぁと思って」

「ごめんなさい、だってお兄さんが相当言ってたから」

「本当に兄貴は」

食事を作る後ろ姿、プリプリしたお尻に釘付け。

いいお尻してるなぁと思いつつ、毎日見てた。

義姉も視線を感じたのか、

「何か付いてる?」

「いや、兄が羨ましいなぁと思って」

「何が?」

「いや、こんな美人で気立てのいい奥さんもらえて、と思って」

「もぉ、嬉しい」

「ありがとう、でもオカズしかでないわよ」

内心、夜のオカズになってくれるならいいんだけどと思ってたが、

「いいよ別に、そんなにお腹減ってないし、これで十分。

でも義姉さんは、結婚するまでに何人の男性と付き合ったの?」

「えっ~そんなこと聞くの?」

「だって人のこと、散々変態みたいに言ってたじゃん」

「変態だなんて言ってませんよ、ただお兄さんが手が早いって」

「一緒一緒、もぉ本当に人を見境ないエロ猿とでも思ってるのかなぁ?

もしかして、アニキが初めて?」

「もぉ、正樹さんは・・・」

「やっぱりそうなんだぁ、へぇ~、ふ~ん」

「違いますよ、私もちゃんと好きな人ぐらいいましたよ。

本当なんだから」

「ハイハイ、じゃぁアニキは二人目ってことなんだぁ。

経験は二人っと」

「もぉ、正樹さんたら」

「でも経験少ないよね、本当に感じたことあるの?」

「もぉ、そんな話ばっかりなんだから」

「やっぱり、逝ったことないんだぁ。

潮も噴いたことないんだよね」

「えっ?何?それ?」

その時、初めて義姉が興味をもったようだった。

義姉もまんざらエッチを嫌いじゃないことだけは、分かった気がした。

それから兄の仕事が忙しくなり、神戸に営業所の設立に奔走。

それが終わると高知に営業所の設立と、ほとんど家に居ない日が続いた。

兄も段々、帰ってくるのが面倒になったのか、休みの日も帰らない日が多くなった。

俺的には、神戸に女でもできたのか?

ぐらいにしか思ってなかった。

義姉は、いつも最後に風呂に入る。

その日も夜中のどが渇いて冷蔵庫に行くと、ちょうど義姉が風呂から出たところだった。

「義姉さんも何か飲む?」

濡れた髪をタオルで拭きながら

「じゃぁ、麦茶もらえる?」

パジャマに乳首の突起が・・・ノーブラ?

義姉の湯上りのいい匂い。

麦茶を飲み干す姿、喉元から胸元へと綺麗なライン。

しゃぶりつきたくなって、思わず

「綺麗」

「えっ?」

「あっ、いや、すごく綺麗でつい、ははは」

「もぉでもありがとう、あぁ今週も帰ってこないのよねぇ」

寂しげな横顔に、テントを張る股間。

義姉の横に座り太ももに手を置くと、その手に重ねるように義姉が手を重ねてきた。

ドキッ!としながらも、温かくやわらかい手の感触。

パジャマ一枚挟んだ向こうに義姉の肌があると思うと、一段と股間が大きくなるのを感じて、痛いぐらいだった。

自然と唇を重ねるのに、なんの抵抗もなかった。

柔らかい唇、舌を滑り込ませると、ビックリしたように体を震わせていた。

あまりディープキスの経験がないのか、兄はキスもしないでいきなりやってるのか?と思いながら、お構いなしに舌を絡ませた。

ゆっくりと、ソファに倒れ込む二人。

「ダメ」

「えっ?」

内心ここまで来て?

「ここじゃダメ、義母さん起きてきちゃう」

そういうことね、と納得して、手を取り促すように俺の部屋へと連れて入って、ベッドへ。

案の定、パジャマのボタンを外すと綺麗な形のいい胸が現れ、ノーブラ。

ズボンへと手が伸びると、俺の手をギュッと握ってきて

「ダメ」

ここにきて、もう途中でやめるなんてできないと思い、お構いなしにズボンを一気にずり下ろして脱がせると、両足を抱え股間へと顔を埋めた。

花柄の下着を脱がせると、石鹸のいい匂いのするマンコ。

陰毛ジャングルを舌で掻き分け、クリを舌で転がすと、小さな声で悶える義姉。

声出さないように我慢してるのか、布団被ってる。

鼻でクリ刺激しながら、マムコを舌で掻き回す。

マン汁が滴り流れる。

早く入れたい気持ちを抑えながら、胸へと手を伸ばし乳首を刺激しながらマムコを指マン。

我慢できなかったのか、ついに声を上げ感じ始めた義姉。

マンコは十分濡れ、チムポを迎え挿れる準備が出来ていた。

ゆっくりと温かい義姉の膣中へと吸い込まれ、絞めつけられるチンポ。

チンポが膣中で何度も絞め付けられ、中で蠢く何かが絡みつく感じがした。

情けないことに、あっという間に逝ってしまった俺。

「ゴメン、逝っちゃった」

「うんん、いいの」

義姉が逝ったチンポを触ると、一瞬で固くなって反り返るチンポ。

「すごい」

「義姉さんが綺麗だから、元気になっちゃった」

「もぉ、じゃぁ」

と言うや、固くなったチンポに顔を埋めたと思うと、チンポをしゃぶり始めしごき始めた。

これでまた逝ってしまったらダメだと思い、義姉の股間へ顔を埋め指マンとクリを甘噛み。

かき回すと、義姉も我慢できなかったのか

「ダメ、出ちゃう、なんか変なの、やめてお願い」

構わず一気に突き上げると、勢い良く潮を噴き上げた。

「あぁん、ごめんなさい。

だからダメだって言ったのに、おし○こでちゃった」

「大丈夫、大丈夫、おし○こじゃないから、

これが前言ってた、潮だから」

お尻をピクピクさせながら逝った義姉。

5時まで一緒にいて、義姉は自分の部屋に帰っていった。

それから兄の居ない日にやっていたが、中出しができないということで、兄に中出しされた時だけ中出ししてもいい日と決めて、セックスするようになった。

居ない日は、基本ゴムか外出し。

彼女と付き合いながらも、義姉のマンコに夢中の俺。

それから数日後、義姉が白いパンツを履いていた。

一度、兄が

「白いパンツは下着が透けるから、穿かないほうがいい」

と言っていて、外出の時は穿かないようになっていたのだが、義姉は気に入っていたので、たまに家では穿いていた。

朝起きて、台所で料理をする義姉の後ろ姿に目を奪われた。

義姉の好きな体の部分の一つが綺麗な丸みを帯びたお尻で、バックでお尻を叩きながら突き上げるたび、声を上げ感じる義姉が好きでたまらない。

しかしよく見ると、下着が透けて見えない。

あれ?と思いながらもよく見ると、腰あたりにレースの下着が透けて見え、Tバックを穿いているのが分かった。

どうりで下着のラインが見えないはずだった。

兄は仕事に出ていて、母も出かけていたので義姉の傍に行って、

「すごく綺麗なお尻、今日Tバック穿いてるんだ。

アニキに言われたの?」

「ううん、違う。

正樹に見せてあげたくて、朝穿きかえたんだよ。

前、買ってくれたでしょ」

先日、買ってあげたTバックだった。

台所で後ろから抱きついて、パンツのホックを外し脱がせると、綺麗なお尻に白いレースのTバック。

下着をずらしてバックから挿入、Tバックはこういう時すごく楽。

でも、後で下着がビチョビチョに濡れちゃって、結局洗う羽目になっちゃうんだけど。

チンポに当たる下着が妙に興奮しちゃって、タップリ尻出し。

義姉がそんな格好でいるから、朝から抜いてしまった。

翌週まで我慢できなかったのは、お互い様だったみたいで、母親が帰ってくるまで恋人気分で過ごしていた。

主(*´Д`)ハァハァ<いつばれてしまうかも、スリルになって興奮しちゃうね。

コメントを残す