【近親相姦えっち体験談告白】匂いフェチの妹は、兄のパンツでオナニー

【妹との体験談】3歳差の兄と妹。ある日兄が自分の使用済みの下着でオナニーしていることに気が付き…
父を幼くして亡くし、母子家庭で育った兄と妹。3歳年上の兄は親代わりに面倒を見てくれた。成長していくと、兄は自分を突き放すように。自分を女として意識し始めた兄は、隠れてこっそりと自分をオナニーのオカズにしていたのだ。自分もと、兄のパンツを持ち出し…
84okax00121jp-16

私は小3の時に父親を事故で亡くして、兄と私は母子家庭で育ちました。

父が亡くなって1年程すると、母が仕事を始めました。

父の生命保険金も受け取っていたので、お金には困っていないはずなんですが、働き出しました。

それも夜の水商売でした。

(スナックのホステス?)

今になって分かるのですが、母も人恋しくなって水商売を選んだんだと思います。

父を亡くして、アラフォーの熟女の身体を持て余していたのでしょう?

JSの頃に気付いたのですが、 実は、私は匂いフェチなんです。

異性(男)の匂いが好きで堪りません!

首筋や脇の下、お尻や足の匂い。

(ココは女性も同じように臭い)

特に私が好きなのは、オス臭を感じるオチンチンの匂いが大好きです!

何日も洗ってない臭いオチンチンの匂いを嗅いだけで、オナニーで絶頂を迎えてしまいます!

兄は3歳上です。

母が働き出したのは、兄が中学に入学した時からです。

その頃、私はまだ小6なので、母がいない夜は兄が親代わりに私の面倒を見てくれました。

食事の世話からお風呂も入れてくれて、一緒に布団で寝てくれました。

父を亡くして母がいない夜の寂しさを、兄が全て埋めてくれたので耐えられました。

当時の事は薄っすらと覚えていますが、印象的なのは兄のオチンチンが父と違う事、兄のオチンチンは、まだ子供で陰毛も生え掛けで皮被りのミノ虫チンチンでした。

私には無いオチンチンに興味が有って、お風呂で引っ張ったりして悪戯していました。

そんな日常は私が小6まで続きましたが、ある日、兄が

「お風呂は一人で入れるよね」

と私を突き放しました。

私は生理はまだでしたが、胸が膨らみ陰毛もウブ毛が生えてきました。

その頃は、お風呂で兄のオチンチンを悪戯すると、形が変わった時も有りました。(勃起?)

私の身体の成長と共に兄は気遣い、一緒にお風呂に入るのを拒んだんだと思います。

勃起とかそんな事など分からない私は、中○生になっても下着姿でウロウロしたり、お風呂上りもバスタオルを巻いただけの姿で、兄がいても居間でくつろいでいました。

私からすれば、兄は異性(男)ではなくて父親代わりのお兄ちゃんですが、高校生になった兄は私の事を異性(女)として意識していたのですね?

何時ものようにバスタオルを巻いて涼んでいると、兄が部活から帰ってきました。

「また、そんなカッコでいる」

と兄に怒られましたが、私も言い返して、兄とジャレ始めたらバスタオルが肌蹴てしまい、慌てた私がテーブルの脚につまずいて、兄と二人でソーファーに倒れ込んでしまいました。

(汗臭いお兄ちゃんの匂いがします)

素っ裸の私が兄に覆い被さる体勢です、私の手は兄の股間を押さえていました。

私の手に伝わる兄の股間は、昔のミノ虫チンチンではなくて膨らんでいます。

兄の両手も私を支える為に、脹らみかけた生オッパイを直に触っていました。

兄が勃起しています!

この頃には性教育で習っていたので、男性のメカニズムも少しは理解をしていましたが、

「お兄ちゃんが私の裸を見てm興奮して勃起してる?」

素っ裸の姿でオッパイを触られている事よりそっちの方が恥ずかしくなって、何とか起き上がって自分の部屋に逃げました。

(兄の顔は真っ赤でした)

パンツを履こうとしたら、アソコがなんか変?

オシ○コ漏らしたように濡れていました。

暫くすると

「食事の仕度が出来たぞ」

と、兄に声を掛けられて一緒に食事をしましたが、この日から「お兄ちゃん」ではなくて、異性(男)として意識するようになりました。

とは言っても下着姿でウロウロする事も、雷が鳴る夜などは兄の布団に潜り込みました。

男性の匂いに包まれていると、グッスリ眠れました!

(兄と変な事はしていません)

でも兄はしていたと思います?

横で寝ている兄の掛け布団がバサバサしていました。

一緒の布団で寝てる時に、夜中に眼が覚めると兄の鼻息がハァ~ハァ~荒くなってます。

薄眼を明けて確認すると、兄の股間の部分の掛け布団が動いていました。

その動きが激しくなってくると、私の股間に兄の手が伸びてきました!

兄がパジャマの上から私のオマンコを触っている!

『中に手を突っ込んでもイイのに・・・』

そんな事を考えたら、おまんこが濡れてくるのが分かり、気持良くなっていまいました。

私の腰が無意識に動き出したので、起きいてる事がバレると思い寝返り打ちます、

兄も手を引きましたが、掛け布団の動きは更に激しさを増してきました。

動きが止まって兄が起き上がりました。

(布団の中からモワっと変な匂いがしました)

兄のようすを見ると、ゴソゴソと股間を拭いて、パンツを履き替えていました。

布団の中でオナニーしてたんですね?

(その頃の私は、まだオナニーを知りませんでした)

私も中2になり、Netや同級生の情報でオナニーを知りました。

初めてのオナニーは兄がいない時に、兄の布団に入ってくるまりながらオナニーしました。

男性の匂いを感じ、パンツの上からオマンコを擦ると、あの時のように濡れてきました。

感じるとオマンコが濡れる事を知りました!

グチョグチョなオマンコを夢中で擦りました。

頭の中が真っ白になって、身体がフワっと浮いた感じがして、初めて絶頂を迎えました。

それからは、兄がいない隙に部屋に潜り込んで、布団の中で頻繁にオナニーしてましたが、

ある日、兄の布団の中に「ココに有ってはならない物」を発見してしまいました。

私のパンツです! それも未洗濯のです!

「兄が私のパンツでオナニーしている?」

嫌悪感は湧かずに兄に親しみを感じました。

(私も兄の布団でオナニーしてるから)

そう言えば、私が洗濯当番で干す時にパンツが無い事が何度か有りましたが、何日かして母が洗濯すると無くなっていた私のパンツが干して有りました。

私は洗濯機に入れ忘れたのだと思っていましたが、兄が持ち出していたんですね!

それからは、未洗濯のパンツを見られたり匂いを嗅がれるのがイヤではなかったのですが、恥ずかしいし臭いパンツで悪いな・・・と思い、お風呂で仮洗いして脱衣カゴに入れてましたが、私はヒラメキました!

「私も兄の未洗濯パンツでオナニーすればイイんだ!」

自分の部屋に兄の未洗濯パンツを持ち帰れば、怒られないで済む事を想い付きました。

そう思って自分の部屋でオナニーしたらよかったのに、兄の布団でオナニーして、逝きすぎて疲れて寝てしまいました。

兄が帰って来て見つかり、

「何でココで寝ているんだ? 自分の部屋で寝ろよ」

と、何度か注意され怒られたのを覚えています。

(その時は「私の部屋のエアコンが効かないから」と言い、誤魔化していました)

私が兄の布団の中でオナニーしてたのを気付いてたのかな?

兄の布団は私のオマンコの匂いが充満してたと思います?

(未洗濯パンツと同じメス臭)

中3になってからは、兄の未洗濯パンツの匂いを嗅いでするオナニーに没頭しました。

特に兄の部活が有った日のパンツの匂いは臭くて、痺れて何度も絶頂を迎えました!

嗅ぐ場所によって匂いが違うんです。

洗剤の匂いやオシ○コ臭に肛門臭、そして精子臭?

パンツがパリパリで、漂白剤みたいな匂い?

(夢精したのかな?)

精子臭だと確信したのは、兄の部屋の片付けでゴミ箱の中のティッシュを見た時です。

丸まったティッシュを拡げるとパリパリしていて、黄色くなっていました。

匂い嗅ぐと漂白剤の匂いがしました。

オナニーの後に拭き取ったんでしょう?

兄の未洗濯パンツの他に、ゴミ箱漁りも頻繁にするようになりました。

一度だけ、オナニー射精したてのティッシュを見付けました。

手に取るとズッシリと重くて、拡げるとネバネバした液が付着していました。

鼻を咬んだティッシュでは有りません、匂いを嗅ぐと漂白剤の匂いがします。

舌を伸ばして舐めるとヌルッとしていて、チュウチュウ吸うと苦味が有りました。

私はオマンコを触ってないのに、その場に崩れ落ちて絶頂を迎えてしまいました。

その頃から自分でも、私って変だな・・・と思い始めていました。

兄のおかげで充実したオナニーライフを続けていましたが、兄が大学入学の為に上京。

私は高校生になって、より性欲が強い時期なのに兄がいなくなりオナネタが有りません。

自分で言うのもなんですが、私の容姿は悪く有りません。

(身長は158cmくらいで、胸はBカップと小さめですが、形はいいと周りの女子によく言われます)

学校でも「可愛い」じゃなくて「綺麗」だと言われ、男子から告白される事も度々有りましたが、兄の臭い以外は受け付けず兄のパンツの匂いで、オナニーするのがやめられなかったんです。

結果的には兄がいなくなって良かったかも?

あのままだと近親相姦していたかも?

ホントの事を告白すると、兄の勃起した臭いオチンチンを舐めた事が有ります!

兄が部活から帰って着て、短パンに履き替えてソファーで寝ていました。

兄を見ると股間が膨らんでいます。

(夕方なのに朝起ちと言うやつですか?)

声を掛けても返事が無いので、近寄って身体を揺さぶりましたが起きません。

短パンの太股の脇から覗くと、ハミチンしていたので私は指を伸ばして、オチンチンの先に触って、引っ張り出して眺めていましたが、それだけでは我慢出来ずに、鼻を近づけて匂いを嗅いでペロッと舐めてしまいました!

さすがに起きては困るので、咥え込む事はしませんでしたが写メは撮りました。

私もその場でオマンコを擦れないので、部屋に戻ってオチンチン写メを見ながら、さっきの舐めた感触や味、匂いを思い返してオナニーして絶頂を迎えました。

居間に戻るとまだ兄は寝ていましたが、朝起ちが納まってオチンチンが萎んだのか?短パンの中に隠れていました。

寝ている事を幸いに思って短パンに鼻を擦り付けて、臭い匂いを嗅いでいたら、また興奮してきた私は自分のパンツをズラして、兄の顔の前に腰を突き出して見せ付けました!

(ほんの数秒ですが長く感じました)

「私のエッチでいやらしいオマンコを見て!

パンツじゃなくて直接オマンコの臭い匂いを嗅いで!」

と心の中で叫んで淫汁を垂らしながら、寝ている兄の前で2回目の絶頂を迎えました!

幸い兄も起きずに寝ていましたが、その日はそれ以上の変態行為はしませんでした。

今でも主人に隠して、その時に兄(高3童貞?)が勃起してた臭いオチンチンの写メと、中3で処女なのに人生で初めて生で見て嗅いで舐めた、勃起したオチンチンに興奮してグチョグチョに濡れたオマンコの写メは一緒に保存してます。

主(*´Д`)ハァハァ<兄の下着でオナニーとは…

コメントを残す