【近親相姦えっち体験談告白】12歳年上の叔母に恋した高校生男子の切ない恋模様

【甥との体験談】小5の時、母の弟のお嫁さんとして出会った、甥と叔母。高校生になり、初恋相手の叔母の元を訪ね、想いをぶつける。
高校生の時、週刊誌にあった投稿コーナーで見た、近親相姦の体験談。その投稿内容を見て、今までクラスの女子にも見向きしなかった自分が、12歳も離れた叔母に恋をしていることに気づいてしまった。その後、何も手につかずどうしようもなくなり、叔母の元に向かい…
jux00408jp-6

あれは私が高2の時でした。

私は田舎(富山県)のまあ一応進学校に通学する、真面目な一高校生でした。(多分ネ)

何時ものように勉強をして疲れたので休もうとすると、台所のテーブルの上に 週刊誌が放置されていました。

何気なくページを捲ると、そこには

「私が落ちた快感地獄」

という題で、読者の投稿記事が載っていました。

「よくこんな記事書くよな」

と思いそれでも何気なく読むと、私は一つの記事に 釘付けになってしまいました。

そこには若い甥に最初は犯され、しかしその若さに蹂躙され、遂にはそのセックス の虜になってしまった人妻の赤裸々な体験が書いてありました。

私は何度その記事を読んだか、そして読みながら一人の女性の事を心に描かずには いられませんでした。

そう、私の母の弟にあたる奥さんを記事を読みながら心に描いていたのです。

母の弟の奥さんですから、当然年上の人でした。

名前は玲子さんといって、私より12歳年上でした。

でも小学校5年の時叔父のところにきて初めて見た時、子供心にも

「なんて綺麗な人なんだろう」

と思った位な人でした。

同級生でも綺麗な子はいましたが驚くような人はなく、それは中学、高校と進んでも同じで した。

目は憂いを込めたように光っていて、それでいて知性を感じさせるようであり、鼻筋は通って、唇も形良い人でした。

女優さんで似ている人を敢えて探せば、 若い人は知らない人も多いと思いますが、原節子さんが一番近いと思いました。

そんな人が叔父の奥さんになり、その時(結婚の時)は叔父になついていた私は、嬉しい気持ちに包まれていました。

でも、そんな綺麗な人が親戚になったのです。

私は知らず知らずの内に叔父の家に行くと、私の目は叔母を自然に追うようになりました。

「俺は女の人を好きにならないんだな。」

高校に入った時に、私はそう思いました。

周りでは同級生が

「あのクラスの○○チャンはどうのこうの」

と言い合っていましたが、私はみんなが良いという子にもサッパリ興味が持てず、たまに

「なあ、お前 もそう思うだろう」

などと言われても、気のない返事をするだけでした。

「お前、体大丈夫か」

ともいわれ、

「あいつのような奴が、本当は何やってるか 解らんぞ」

とも言われましたが真実、同級生等に興味が持てませんでした。

可愛いとか綺麗だとか同級生は女性についての噂をしてましたが(女性もしてるでしょ)そうかな、などと思っていました。

しかし私はその記事を読んで、ハッキリ判りました。

私にも好きな女性はいたのです。

友達から聞かれても私は何時も叔母と比べ、そして判断していたのです。

叔母は私にとってダイナマイトでした。

叔母と比べれば年の近い周りの女性は、古い例えですが「月の近くにある星」でした。

月の強烈な光が、弱々しい星の光を消してしまうような、そんな存在でした。

でも、私は叔父の奥さんである叔母 を恋愛の対象ではない。

叔母さんなんだと納得、いや騙し続けていたのです。

しかし、その週刊誌の記事は私のそんな心の鎧を剥がし、私が心の奥深くで煮えたぎってい た思いに火を点けたのです。

週刊誌を読んだ前と後では、私は別人でした。

私は無性に叔母に会いたくなりました。

いけない事だと頭では判っていました。

でも、その夜は私は叔母を思い浮かべながら、何度もオナニーにふけりました。

そうすれば叔母を忘れる、と思いたかったのかも知れません。

でも、無理でした。

叔母に対する思いは強まれこそあれ、弱まることはありません でした。

それまで私は田舎ではありましたが、一応進学校ではトップクラスにいました。

東大、京大はヤヤ無理という程度でしたが、それ以外の文系には大丈夫だと周りも思ってい たでしょうし、私自身もそう思っていました。

でもそれから私は授業にまで身がはいらなくなりました。

心は何時も叔母のことでいっぱい になりました。

当然その後の中間の成績(2年2学期)は散々でした。

母は私のあまりの成績の急降下に、成績そのものより健康を心配しました。

そんな母を見て、私はなお一層辛くなりまし た。

まさか

「俺は、叔母が好きなんだ」

などと言える訳なかったからです。

でもそんな私の気持ちも、臨界点に来ていました。

そう、私はハッキリと叔母を親戚の一人と してではなく、一人の女性として意識し、そんな生易しい思いではなく、 叔母を抱きたいという気持ちになっていました。

もう叔母ではありませんでした。

一人の女性でした。

「玲子」という名前をもつ温かい肉体を持つ一人の女でした。

私は行動しました。

もしかしたら大きなリスクで、私の人生は破滅するかも知れないと思いま した。

でも、そのままでも同じだろうととも思われました。

秋のある日、私は何時ものように駅に向かう道を取らず、隣町に通じる道に入りました。

私の遥か向こうには立山連峰の神々しい山塊がみえてきました。

「あと3.4キロも進めば玲子さんの家だな。

俺がこの道を戻る時はどんな気持ちで帰るん だろう。」

と思いながらペダルを漕ぎました。

でも、とうとう玲子さんの家に着いてしまいました。

呼び鈴を押す時、手が震えました。

鳴らし たら最後

「俺はもう後戻りは出来ない」

という思いが一瞬よぎりました。

でも、結局玲子に対する思いが勝りました。

私の手はボタンを押し、意外なほど 軽い音が家の中でしました。

「ハイ」

心のなかで描いていたのと同じ声が私の耳を打ち、そして足音がして玄関に玲子が 近づいてくる気配がしました。

呆気ないほど玄関の引き戸が開けられました。

そこには私を1ヶ月近く苦しめる 人がいました。

「あれ、どうしたの隆君、学校は」

叔母として当然の問いかけでした。

「うん、ちょっと相談とお願いがあって」

私は用意した答えをやっと声に出した。

「どうしたの、ま、上がりなさい。」

甥という関係上、そして何より12歳も年上なので、 玲子は私の黒い情念を感知することなく迷わず家にあげてくれた。

雨が降ってきたので、私は通りから見えない影に自転車を入れたので、私が玲子の家に入った ことは外観からは判らないだろうと思った。

玲子は、サッサッと家に入ったので私は急いで玄関の鍵をおろし、和室に行くことが出来た 。

和室にはもうコタツがあった。

「もうコタツがしてあってびっくりした。

家の人、知ってると思うけど寒がりだから。」

玲子は一言そう言いながら、コーヒーとお菓子が入ったトレイを持って部屋に入ってきた。

「さ 、コタツ入って。まだ早いかな。

でも、コタツに入れば何となく言いやすくなるような気になるかもしれないしね。」

と言いながら玲子はコタツに入った。

家の親戚のなかでは、私は久々の優秀な若者と見られてきた。

今まで何一つ問題はなく、それに中学時代はあるスポーツ競技で県大会何度か3位以上に なり、自分で言うのもなんだが文武両道だった。

玲子もそう思っていただろう。

そんな私が自分(玲子)に対し邪な気持ちを持って来てるなどとは、想像の外だっただろう 。

第一高校生の私を、男とは始めから思っていなかったのかもしれなかった。

「うん、じつは今凄く悩んでる事あって勉強が手につかないです」

私は正直に玲子にそう言った。

「隆君、勉強の悩み、それとももっと違った事。

叔母さん力貸すこと出来ないと思う けど、誰かに言えば気が楽になるし、悩みって何?」

と玲子は聞いてきた。

「本当に気が楽になるかどうか判らないけど」

私は玲子の綺麗な顔を見ながらそう言った。

「案外そういうものよ。

年長者の言うことは信じなさい。

で、何?相談て」

「うん、実は俺生まれて初めて女の人が好きになったという事が判ったのだけど、 だから・・・」

そこまで言うと、玲子は

「え、初めて、それじゃ初恋」

玲子は私の顔を覗き込むようにしてびっくりした。

「今頃初恋じゃ、可笑しいかな」

私はそう言ったが、 自分の今の反応が私を傷付けたと思ったのか、玲子は殊更真面目な顔付きをして、

「そんなことないよ、人それぞれだし。

でも、隆君が今初恋なんて、少し意外だな。

隆君、隆君て勉強も 出来るし、スポーツもいいしね。

それに、性格もいいから家の人もよく羨ましいなと言って るよ」

と気楽に言った。

「何しろ初めてなので、僕どうすればいいのか」

「で、叔母さんに相談しに来たんだ?」

「そうです」

わたしは玲子の美しい容姿に苦しくなりながら、段々小さくなる 声でそう答えた。

「隆君、隆君て、結構もてる方だと思うよ。

勉強やスポーツ出来ても変に威張らないだろう し、優しそうだから、自信持ちなさいよ」

確かに私は中学時代も今もそんな事で威張ったことはなかった。

自分自身の事だと思ってい たから。

でも玲子が私に好感を持ってくれていたことは正直嬉しかった。

でも玲子に今望むことをすればどうなるだろう。

そんな私の気持ちも知らず、 玲子は

「いつ頃その娘と知り合ったの」

と聞いてきた。

「小5の時」

「へえ、長いんだ。

で、なんで今頃好きだと判ったの」

「ちょとしたきっかけで、ずっと好きだと判ったんだ」

「そういう事もあるかもね。

でもそう、7年も好きだったんだね。

ちょっとその娘が羨ましいね。

どんな子?」

「なんていうか、とても綺麗 な人でそれでいて明るくて、その人がいると自然に目で追ってる自分がいるんだ」

「おーお ー、妬けるわね。

どんな風に綺麗なの?」

「そう、まるで」

「まるで」

玲子が人の気も知らな いでそう聞いてきた。

私は思い切って、

「叔母さんみたいにとても綺麗な人なんだよ」

一瞬玲子は驚いた 顔をしたが、その後すぐ笑顔になり、

「ありがとう、気使ってくれて」

と言って、そして、

「勉強 が手につかないと、親も心配するよ。

思い切って言う?」

と聞いてきた。

「言っていいのかな」

「手に付かないならね。

それに、真剣な気持ちで言えば 相手にはその気持ちは、伝わるものよ。

それに少なくとも気は楽になるものよ」

と言った。

(俺が好きなのはそう言っている貴方なんです)

私は心の中で思ったが、玲子は あんなに美しいのに少しも自分の美貌に自覚がなく、1人の主婦として満足していた。

「僕を軽蔑しない?」

「軽蔑なんかしないわよ。

なんで私が軽蔑するの」

そう言ってから、暫く静かな時間が流れた。

「まさか」

私を直視しながら玲子が呟いた。

「叔母さん。

僕、叔母さんのことが 好きです。

ずっと好きでした・・・」

そう言いながら、私は玲子に近づこうとした。

「子供が大人をからかうものじゃありません。」

さっきまでの余裕を無くし、玲子はそう言った。

わたしの心の最後の糸が千切れた。

「からかってなんかいるものか。

本当に好きなんです。」

「私は貴方の叔母よ。

それに隆君とは10歳以上年上なのよ。

馬鹿なこと言わないで」

玲子はここから、いや私から離れなければと思ったのだろう。

しかし私が近づこうとするので、入り口からみて反対側にいくしかなかった。

2人はコタツを真中にして、2周グルグルまわった。

そして和室の近くで、玲子は隣の部屋に逃れようとした。

どうやって私が腕を掴んだか判らない。

気が付いた時には私は叔母を、いや玲子をコタツ布 団に倒していた。

「頭を冷やしなさい」

叔母はそう叫んでいるようだったが、そんな悲痛な叫びも その時の私には殆ど無意味だった。

本屋で密かに買って何回もかけ読んだセックスのハウツ ー本に書いてあったことも(どんな本より真剣に読んだ、そしてシュミレーションまでした )どこかに吹き飛んでしまった。

でも焦りは禁物、若いとすぐに入れたがるがそれはジッと我慢して、まずほぐしなさいというフレーズだけは何故か忘れなかった。

私は叔母を押し倒すと手の動きを両手で封じ、首筋に舌を這わした。

「止めて」

叔母がそう叫んだが、私も必死だった。

左手を離すと叔母の頭を抱かえ 初めてのキスをした。

叔母は何とか逃げようとしているみたいだったが、叔母の右手は私の体の下にあり、左手は私の手で動きを封じられていた。

「止めて、やめて 自分が今何してるか解っているの?」

(勿論知っている)おばのそんな声を無視し、今度は私 は左手で叔母の肩を抑え、右手服の上から叔母の乳を揉んだ。

女性の乳というのが、こんなにも弾力があって柔らかというのを私は初めてしった。

叔母は自由になったてで私を叩いてきたが、私は乳を揉むのを止めなかった。

そして叔母のズボンのホックを外した。

抵抗は凄く、執拗だったが体力は私が 勿論あり、それに突然のことで心の準備をしていた私の必死さに叔母の抵抗も 少しだけ弱くなった。

しかしここまで来たんだ。

私は慣れないながらも叔母のズボンを脱がし、ストッキングの中に手をいれた。

手がクリトリスを探り当てた。

私は叩かれるのも構わず クリトリスを刺激し(シュミレーションが役に立ったと思う)そして首筋といわず、耳とい わず勿論唇にもその舌を這わした。

「玲子さん、好きだ」

まだ未熟な私は舌を這わしながらも、一つ覚えのように この言葉を言っていた。

そして、私のてが玲子のオマンコを探り当てた。

私は私の右手の中指(だったかな)をその中に挿入した。

温かい感覚が指に感じられた。

「アーン」

指を差し込んだ時、叔母ははっきりした声をだした。

私はその指を夢中で動かした。

「お願いします。

好きです。好きです」

私はそう言いながら、叔母の辛そうな顔をみた。

ストッキングが邪魔になったのでパンティと一緒に脱がしたので、叔母の下半身は一糸纏わず、私の目に晒された。

初めて見る女性の下半身だった。

私も片手と体を使って叔母を何とか抑えながら、ズボンとパンツを脱ぎ捨てた。

そして足を抑えながら叔母のオマンコを舐めた。

クンニだったが一所懸命なめた。

「ウーン、ウ、ウ、ウ、ウ、ハア、ハ、ハア」

叔母が今までとは違う声を上げ始めた。

抵抗 は少なくなり私は叔母の上半身の服を上にあげ、ブラジャーも上げた。

服が邪魔していたが叔母の体が殆ど晒された。

「綺麗だ。

玲子さんは顔も綺麗だが、体も綺麗だ」

私は心から感動した。

私は右手をオマンコの中に再び差込み、そしてもう片方の手で肩を抑え乳房にキスをした。

「アーン、アウ、イヤ、イヤ、イヤ」

玲子は私の手の動きに合わせるように、声を上げ続けた。

くちゃ、くちゃという音がオマンコから聞こえてきた。

そして明らかに手の感じが違ってきたのが解った。

「あ、これが濡れるという事かな。」

何度も本を読み返して殆ど暗記していたので、何となく 玲子の体の変化が感じ取れた。

もちろんその時は、かなり自分自身が舞い上がってしまってい たのでそんなに冷静ではなかったが、ここ1ヶ月近く夢想し、 本を読み、そして一人でシュミレーションをしたのでこれが役に立った。

体が独りでに動き、私はチンポをギンギンにして狙いをつけた。

玲子はまだ抵抗をして

「アーン、ダメ、」

と言っていた。

でも、もう私は最後の体勢にはいった。

チンポが少しオマンコに入った。

それを感じたのか、玲子は私を睨みそして

「こんなこと、なんで」

と今自分に起こっている出来事が、信じられないみたいだった。

私も信じられなかった。

玲子のオマンコがこんなにも気持ちいいという事が。

「あー、あ」

私は思わず声が出てしまった。

少しでも動かせば、きっとすぐに出てしまうだろ うと思った。

でも、それでもいいと思った。

私はさらに奥に進んだ。

叔母の、いや玲子のオマンコが私のチンポをチンポ全部を柔らかく甘く包んだ。

それでいて強烈ないままで感じたことがない快感が玲子のオマンコから私の背中から脳髄にかけて立ち上ってきた。

理屈じゃなかった。

私は玲子のオマンコの半分しか入らないところで射精した。

締め付けるオマンコに逆らうように、私の チンポが大きくなったように感じた。

そして人が味わう最高の快感がやってきた。

私のチン ポは何度も何度も叔母の体の芯の中で大きくなりそして小さくもなりながら、ザーメンを出し続けた。

私は叔母の体の右側に崩れ落ちた。

「なんてことするの」

叔母は詰ったが、そして

「こんな事して」

とも言ったが私には少しの後悔もわかなかった。

「好きなんだ、 初めて見てからいままでこうなる事望んでいたんだ」

と言った。

「馬鹿」

叔母はそういって

「中に出すなんて」

とも言った。

「今日は安全日だけど、子供出来たらどうするの」

とも言った。

「叔母さん、いやもう単なる叔母さんじゃないよ。

僕のなかでは。

玲子さんは僕の初恋の人で、そして初めての人だよ。」

と言った。

「子供が」

と言ったが私はかまわず、

「好きだった。

後悔はしていない。

これからもずっと好 きだ」

と言った。

私の手はまた乳房をまさぐり、そして叔母にディープ・ キスをした。

落ち着いてそして近くから見ても、叔母はやはりとても美しかった。

あれから大分経ってしまったが、今でも叔母とのことを思い出すと、切なさと懐かしさの気持ちが湧いてくる。

主(*´Д`)ハァハァ<報われない初恋は切ないね~…。

コメントを残す