【近親相姦えっち体験談告白】妹が寝ている隙にこっそり触る行為からエスカレートし…

【妹との体験談】3歳下の妹、仲良しだったため、妹も兄に対して無防備だった。ある日寝ている妹の姿にドキドキしてしまい…
仲良しの兄と妹は、兄の行為によって近親相姦関係に。眠る妹に触るという行為がどんどんエスカレートしていき、服を脱がして、直接触るようになってゆく。そして妹は中学卒業、兄は高校卒業の頃、遂に兄は童貞を妹で卒業することに。それからというものの…
61mdtm00226jp-20

やってた?期間は俺15〜18歳、妹12〜15歳の間。

高一の5月の土曜に帰ってきたら、居間で妹が制服のまま片足立てて足開いて寝てた。

パンツ丸見えだったけど

「しょーがねーなーガキは」

くらいしか思わなかった。

足下ろして閉じてやったんだが、制服のブラウスのボタンがいくつか外れてて、ブラの肩紐が見えたときにいきなりグッときた。

それで息を殺しながら、服の上から胸さすったのが始まり。

妹がブラ付け始めてたなんて、気づいてなかった。

それで女なんだなぁって思ってしまったのかもしれない。

それからしばらくは、妹が寝るのをまってから、ひたすらキスしたり服の上から胸触るだけ。

だんだん欲がでてきて、直接ブラの上から触るようになった。

俺の妹は寝るときはTシャツか前ボタンのパジャマか気分で決めてたから、パジャマだった日は楽にブラ見れて楽だったなぁ。

Tシャツだと、起こさないようにゆっくりと捲り上げるのに時間と神経つかって、汗だくになったりなw

それでさらに欲が出てブラをずらして直接触るようになったんだが、ブラずらす時も毎回起きるんじゃないかってドキドキしてたね。

締め付けてる物動かせば普通気づくだろうし、直接胸を見るようになってからは好奇心が刺激された。

乳首をずっと観察したり、なめたり指でひたすら転がしたりつまんだり。

いろんな触り方をやって、乳首が立つところみて、スゲーとかw

とにかくセックスしたいとかいうのより、妹にこっそり触ってるとか、乳首がどんな触り方試してどれくらいの速さで立つようになるかとか、そんなことばっかやってた。

ここから先はとにかく時間をかけたんで、かかった時間の割りに特別書くことは多くはない。

今まで唇にキスと胸揉んだりなめたりばかりだったけど、手を胸からさげてお腹を撫でるようにして、すこしずつ下着に手を近づけるようにした。
触る箇所も上半身全体にして、髪撫でたり上半身全体を撫でたりキスしたり。

たしかに変化は少ないけど、とにかく興奮してたんで不満はなかった。

胸の大きさも最初は見下ろしたときには「確かにある・・かな?」程度だったし。

揉もうとしてもあまり肉なかったけど、長い時間でみるとすこしずつ膨らんでくるのわかった。

まぁ寝転んでる状態しか見てないし、起きた状態でみたらもう少しあるように見えたかもしれない。

あとは高二になって暖かくなってきたら、今まで服を捲り上げてブラずらすだけだったのを上の服を脱がしてブラも外してから触るようにした。

いつも寝てるときホットパンツ履いてたから脱がされるの慣れさせておいた方がいいかなぁ、と起きてて全部知ってるってわかってたからこそ、逆にしっかり脱がせるようになれた。

それで高二の夏休みになって、時間ができた(遅くまで起きてて朝遅くなっても不審に思われない)ので、下も触ってみようとしたけどココからも時間がかかった。

臍のちょい下辺りまでとか太ももまで触っても何もなかったけど、ホットパンツに手がかかるとすぐに寝返りをうって逃げてしまう。

どうしようか考えてから、妹の頭を抱くように手を回して髪を撫でて、それからキスして少し舌入れながらお腹や太もも撫でるときにホットパンツもすこし触れるようにしてみたら、今度は寝返りしなかったんでそれを繰り返して。

これまた少しずつ、股間全体に手を乗せる様にした。

何日かするとホットパンツの腰のとこのボタンが外れてたときがあったんで、いけるかもしれんと手を入れてこのとき初めて妹の下の方の下着に直接さわったよ。

下着の上の方を撫でながらジッパー下ろしても、すぐにアソコにはいかずに腰の左右にてを動かして、とにかくホットパンツ脱がすことに専念したんだ。

さすがにすぐは無理なんで、何日かかけて太ももの中ほどまで下ろせるようになった。

ここまでやっておいてなんだが直接アソコに触るのはやっぱ怖かったんで、ほとんどアソコ以外のとこばっか触ってたよ。

ホットパンツおろすとこあたりからは、以前書いたようにずっとキスして髪なでてたし、お腹さわって太もも触ってを繰り返して、手を移動するときにようやく少し触るようにしてた程度。

それでも最初のうちは、少しアソコに触るだけで妹の体がビクッてなるんでね。

下着の上からアソコ触るようになってからも、ゆっくりと短時間だけ。

それでも、とにかく柔らかいなーって触りたくて仕方なかった。

下着の中に指入れるのも上のほうから少し指入れて出してーって感じ。

そしてまた左右に手を動かしてちょっとずつ脱がしていって。半分脱がしたあたりでようやくアソコに触れた。

下着の上から触ったときと暖かさは同じなんだけど、なんていうかしっとりしてるというか、肉体に触ってるって感覚がすごくて。

しかも相手は妹だって思うと、背徳感とかやってはいけないことやってるって感じが、たまらなかった。

どっちかというとその『やってはいけないことやってる』っていう方で興奮した。

こうやって書いてみたら、すぐだし進行遅えよっていわれそうだけど、下着も全部脱がす頃にはもう俺高三で妹中三の春になってる。

たしかに俺だってホットパンツおろしたあたりからは、もう今すぐにでも襲い掛かりたくてどうしようもないくらいだった。

でも一度

「何?」

って言われた時の怖さが忘れられなくて、それでもやめられなくて、でもやっぱり怖いってそんな状況だったんで勘弁して欲しい。

そして着てる物全部脱がせるようになったわけだけど、俺も妹も受験生なわけで。

二人とも、若しくはどちらかがおそくまで勉強でしてたりしたんで、自然と寝てるとこ触ったりしなくなった。

まぁ一番の原因は、親が勉強やってるか様子見に来るようになったこと。

もっとも親は共働きだったんで、早く寝てしまうのが分かってたらこっそり触りにいってたけど。

夏休みまでそんな状況で、夏休みも特別授業でほとんど学校だけど、やっぱり平日に休みになる日もあるわけで。

昼間に妹が自分の部屋で寝てるの見つけた時は、すぐに触りに行った。

(うちは部屋に鍵が付いてるのがトイレくらいだった)

しっかりと明かりのついた状態で、妹の裸を見たのはこれが初めてだった。

胸は一年だった時と違って、寝ててもしっかり丸く膨らんでたし腰もくびれてたし、正直に綺麗だなぁって思えた。

脇に毛がないのは剃ってるからなのかとか、下には最初の方は生えてなかったぽいけど今もないのは剃ってるからだろうかとか、変なことも考えてたけどね。

とにかく親も家にいないし、明るくてよく見えるしで、もう遠慮がなかったと思う。

音たてるくらいになめたり吸ったりしてた。

自分が触ってるとこよく見えるし、胸揉んだときに形が変わるのがしっかり見えるのがすごかった。

アソコ触った時にぬめってるの感じた時は、もう舐めてから最後までする気だったけど、俺が体を下のほうに動かすと妹が

「うー」

とかいって寝返りうったんで、すごくびびった。

下着全部脱がすようになってから寝返りうたれたこと無かったんで、なんかすごくやばい気がして。

結局それ以上動かなかったんで、仰向けの状態にもどしてまたゆっくりさわったけど。

俺が下のほうに動こうとするとまた寝返りうつんで、アソコ近くで見られたくないんだろうってわかった。

近くでみて舐めてみたかったけど、また起きられたら怖かったんで、またいつもよりちょいと激しく触ってた。

そしたら妹が

「うーん」

とか言いながら手を万歳するみたいに挙げて、それから目の前で腕を交差させて止まってた。

明るいとこで顔を見られたくなかったのかと、今になったら想像できるけど。

その時はすごく拒否されてるってひたすらびびってしまって、軽く触ってからすぐに退散した。

まぁそれでも、寝てるとこ触るのやめたわけじゃなかったけど。

ここから冬までは春−夏と同じようにたまにさわりにいってただけで、特別変化はなかった。

まぁ全部脱がしちゃってるし、寝てるとはいえ親がいる状況でこれ以上出来るはずもなし。

冬休みも受験で頭が一杯だし、親戚泊まりに来るしで何もなかった。

新しいことがあったのは、センター試験終わってから。

俺の得点が学力よりかなり上だったし、センター良ければそれだけで入れる程度のとこにしてたんで、俺の受験はそこでおわり(マークシート方式って簡単に奇跡が起きていいよね)。

妹も2月に入って、すぐに第一志望終わって、結構余裕だった。

それで昼間に家にいることがあったんだけど、俺は大抵の場合さわりに行ってた。

そして我慢できなくなって、結局最後までやってしまった。

夏休みの時と同じように、やっぱりアソコに顔を近づけさせてはくれなかったけど。

顔隠すのは見られたくないだけってもう思ってたから、遠慮せずにさわって舐めてたけど。

ぬめってるアソコさわりながらキスしてたら、どうしても我慢できなくなって体起こしてズボンとトランクス脱いだ。

そしたら妹は寝返りうって体横向きにして、それが拒否だってわかってたけど、そのまま覆いかぶさって何度も妹の名前呼びながらキスして体を仰向けにもどして。

その時に足の間に自分の体割り込ませて、挿入してしまおうとした。

すると今まで寝返りと顔隠すしか動いてなかった妹が、顔隠したまま足と腰動かしてずり上がろうとしたんで、肩を抱くような感じで捕まえて。

何度も妹の名前呼びながら、またキスしてそのまま挿入した。

ゆっくりだけど腰動かしてたし、俺も童貞だったしなかなか入らなかったけど。

一度アソコの窪んだとこに先っぽがはまったら腰を左右に動かす動きじゃなくて、まっすぐに腰を引いて逃げようとする動きに変わって、でも肩を俺が抑えてたからすぐに動かなくなったんでそのまま挿入した。

最初に入れた時は、本当に頭の中真っ白ってかんじだった。

覚えてるとこはとにかくきついなってのと、前に書いたけど『やってはいけないことやってる』ていう興奮がすごかったって事。

情けない話だが、そのまま動く事なくすぐに射精。

おもいっきり妹抱きしめて、かなりの時間出てたような気がする。

そのまま惚けてたんだが、妹が泣き出したんで正気にもどった。

泣くといっても大声だして暴れるとかじゃなく、目の前に腕を交差して目を隠したまま、涙ながして小声で

「ぅー。ぅ〜」

って感じ。

俺はまだ勃起した状態だったんで、それに興奮してキスしまくりながらゆっくり腰動かして。

今度はキスして、右手は胸掴んで左手は腰を引き寄せて根元まで挿入っていう状態を作って、またすぐに射精した。

この射精の仕方は、自慰行為してた時にもし妹とやったらこうしたいって思ってたもの(最低かもしれん)。

2回だしたらさすがに後悔が出はじめて、泣いてる妹抱きしめて

「ごめん」

って言いながら、ずっと髪撫でてた。

泣きつかれて眠るまでこうしてたけど、やってしまってからごめんはないだろうとかすごい後悔した。

中だしだったのも、かなり怖かった。

仲良しが信じられんってのはわかる。

もともと仲良くて、暇なときはどっちかの部屋で二人で話してたし、本読むときは肩寄せ合って肩に頭乗せながら読んでたりした。

俺が妹の体を好き放題さわる様になってからも、ずっと変わらなかった。

もちろん、内心はどうだったか知らないけどね。

コタツのある部屋で漫画読んで寝てしまって、夜中に起きたら妹が同じコタツで寝てたのも、理解出来んかった。

寝てるとはいえ、自分の体さわってる相手がいる部屋に来て寝てるってのがね。

妹は処女だったと今まで思ってたけど、はっきり確認したわけじゃないから実際はわからない。

挿入する時は、とにかくきつい、入らんって思ってただけだし。

終わった後は妹が寝て、しばらくしたら布団掛けてすぐ出て行ったから、血が出てたかとか見てない。

明確に処女だって分かった相手と、セックスしたことないし。

それから2日ほどは自分の部屋に引き篭もりして、妹が家出たの確認出来たときだけ、外に出てた。

けど廊下でばったり会っても、普通に

「おはよー兄ちゃん」

って言ってきたんで、俺もいつも通りに返事してた。

内心焦りまくって冷や汗出まくりだったけど、親もいつも通りだったんで安心した。

親も妹も少なくとも表面上は何も変わらなかったんで、結局夜になったら妹の部屋に行くようになった。

もちろん、セックスは無し。

夜は親がいるし学校も終わったわけじゃないから、昼間二人とも家にいるほうがめずらしかったし。

セックスするのは昼間だけって決めてたから、卒業までは我慢してた。

まぁ卒業したらしたで友達と最後に遊びにいったりすること多くて、俺も妹も家にいないこと多かったけど。

念のためにコンドーム買ったりとか、エロ本で見たイボ付きコンドーム試したかったけど、通販とか無理だし。

地元の店探してまわる勇気なかったんで落ち込んだり、とにかくアホだった。

その後はどうかってことだけど、最後にセックスしたのは俺22歳の時。

期間は俺15〜18と書いたのは、実際手を出してた時間の9割以上がその間だったからなんだけど。

卒業してからは、俺も妹も出かける予定のない日を狙ってた。

夜にちょっと長めに妹の部屋に居座って、昼間に寝るの待ってから部屋に行った。

最初はきつく拒否されるかと思って、挿入しなかったりしたけどそうでもなかったんで、結局2回目にはもう挿入してたよ。

妹はもう自分から動くのは、顔を隠す時と俺が下の方に移動しようとすると寝返りうつくらい。

セックス出来てるんだから、アソコ舐めるのはもう諦めることに。

体位とかも正常位ばっかだった気がする。

それでもやれるのは3日に1日くらいだったし、とにかくやれるだけで満足してた。

最低3回は出してたし、ゴム有外出し中出しの割合は同じくらいだった気がする。

大学は隣の県で一人暮らしに決まってたから、引越しの前日なんかはかなり酷かった。

もう最後だろうからって、夜中は明け方近くまで妹の部屋にいて、朝の11時くらいから夕方5時くらいまで妹の部屋にいた。

ずっとセックスしてたわけじゃなくて、やって疲れたら仮眠して、起きたらさわって挿入って感じで。

やってる間は

「好き」

とか

「可愛い」

とか綺麗みたいなこと言ってた覚えがあるけど。

何も言い返してこなかったし、今となっては何言ってんの、馬鹿過ぎだろってな。

外が暗くなってきたらかなり焦ってきて、最後だろうからってセックスしてる時に妹の手を顔から剥がした。

そんで指を絡めて、そのまんま顔みながら腰動かしてたけど、すぐに顔背けられて横顔しか見れなかった。

こっから先はさらに変態なこと書くけど、この頃はもう惜しいから部屋に残ってただけで、挿入してもちょい感覚が軽く麻痺しててあまり気持ちよくなかった。

けど顔見ながらやってたら、妹の腰に自分の腰打ちつけてるってのと、それで妹が眉顰めてたり目をきつく瞑ってたりとか、俺が腰打ち付けてるので妹の胸が揺れてるっていう、まぁシチュエーションとか言うのか。

それですごい盛り上がってた。

そのまま中に出した時も、この表情が妹が俺に中出しされてるときの顔だーって、ずっと見てた。

それで挿入したままキスしたり、髪撫でたりしてたら親の車の音がしたんで、舌入れる時に唾液流して妹の喉が動いたの確認してからまたキスして。

髪撫でてから布団かけて、自分の部屋に戻った。

絶対ばれるって思ってたから、すぐに風呂に入って

「暑くて疲れたから寝るー」

って言って、親の顔みずに就寝。

本当に変態だった

妹が受け入れてたのかとかは分からない。

普段は俺が妹に何もしてなかった頃と変わらず普通だったとしか言えないし、そもそも俺が妹にしてることが会話に上がったことは今まで一度も無い。

大学入ってからは特別なこともなく、黄金週間になって帰省したらまたさせてくれるだろうかって。

そんで大学の友達と遊びには行かずに、帰ることにした。

黄金週間の一日目に帰省したけど、駅に迎えに来たのが父だけで。

「母と妹はどうしたの」

って聞いたら、部活中にちょっと吐いて倒れたんで病院行ってるって言われて。

目の前が真っ暗になって、やっぱり絶対ゴムつければ良かったとか、そもそも手を出さなければって。

どうしようどうしようって、もうそればっかり。

妹は文化系の部活ばっかだったけど、友達に誘われてバレー部に入って、ランニング中に倒れたそうだけど夜には病院から戻ってきて。

俺の顔見たら、ちょっとやつれた顔で

「兄ちゃんお帰り」

って笑ってきて

「あーただいま」

しか言えなかった。

妹はただの熱射病だった。

「辛くなったらもっと早く言いなさい」

って先生に怒られたって、けらけら笑ってた。

病院の先生には、

「ダイエットは考えてやれ」

って言われたわ、ははって笑いながら蹴られたりもした。

ただ俺は妊娠してたかもしれないんだよなぁって衝撃が抜けなくて、軽く笑っただけで他に何も言えなかったけど。

家を出て一ヶ月しか経ってないのに、俺の部屋は家族共有の要らない物置き場にされてたんで、妹の部屋に布団敷いて寝ることになったけど。

結局、妹のベッドで並んで寝てたりした(これも前からよくあることだった)。

それでも妊娠してたかもってのが抜けなくて何もしなかったけど、アパートに帰る前日だけキスして服捲り上げて、ブラずらしていろいろしたけど脱がしたりはしなかった。

これから帰省するたびに妹の部屋で寝てたけど、服を脱がすのとセックスだけはしなかった。

これ書いてて思い出したけど、前に『そもそも俺が妹にしてることが会話に上がったことは今まで一度も無い』ッやつ一回だけあったかもしれない。
最初の黄金週間の帰省した時に、風呂上がって妹の部屋に行ったら妹が俺の荷物漁ってて、来る途中に旅のお供にとか思って買ったエロ本見つけて怒ってた。

「なにこれなにこれ?

こんなの見てるから、エロい事ばっかするんでしょ?」

とかそんな感じの事言って、丸めたエロ本で無茶苦茶殴られた。

あれが妹が俺がやってる事に対して、発言した唯一のものだったかもしれない。

主(*´Д`)ハァハァ<妹もなんだかんだ、兄のことが好きだったからだよね~。

コメントを残す