【近親相姦えっち体験談告白】餞別に義姉がくれたサプライズプレゼント

【義姉との体験談】蔵を改装した部屋に住む男子高校生。オナニーに明け暮れる自分を哀れみ、義姉が気持ちよくしてくれて…
高校3年生、雪の降る寒い冬のことだった。亡くなった父の蔵書を集めた蔵を改装し、自分の部屋にしてもらったのだ。1人だけの快適な空間に、オナニーもはかどった。そこに本好きの義姉がやってきた。いつもはすぐに帰るはずが自分の部屋に来て、AVを見つけ出し…
pgd00955jp-9

江戸川乱歩が集めた、蔵書の数々が納められている「幻影城」という蔵を、ご存じの人もいるかと思います。

僕の実家にも、死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵があり。

兄の結婚を契機に蔵を改築し、僕が過ごす部屋を、しつらえてもらいました。

食事と入浴以外はその蔵で寝起きし、たまには悪友たちのたまり場にもなっていました。

冷暖房も完備されていたので、快適でした。

翌日が休校日という日は、スケベなDVDを見てオナニーに興じてみたり。

パソコンで人妻とチャットしながら、オナニーもしていました。

そんな、高校卒業も間近な2月後半。

兄嫁の早苗さんが、僕の蔵に来ました。

早苗さんは大の歴史マニアで、父の残した蔵書を暇なときに読みにきていたので。

この日も、そんなノリかと思い、蔵に入れました。

普段なら1階の蔵書が収められた書棚から、好きな本を選んで自室に戻るのですが。

この日は珍しく、2階に上がってこようとしていました。

数分前ま、で僕はオナニーをしていたので、部屋にはDVDや精子を拭ったティッシュが散乱していたため。

急ぎ、部屋を片づけ、早苗さんをいれました。

「お〜、若い子の部屋って感じだなぁ。」

と部屋を見回しながら言う、早苗さん。

「義姉さんだって、若いよ。」

と言うと

「もうだめ。ここの階段上がってくるのも、息切れだ。」

と相変わらずの色気のない言い方で、「本当に自分の姉」のような存在でした。

正直、早苗さんにイヤらしい妄想を抱いたこともなく、オナニーのネタにすらしようとも思いませんでした。

こたつに入りながら、早苗さんが、隠していたDVDのパッケージを見つけたときです。

「おっ!何だ何だ、これはぁっ!」

と大きな声で叫ぶや、僕の眼前にそのパッケージを差し出しました。

僕は恥ずかしさのあまり、無言でそれを取り返そうとしましたが。

早苗さんが一瞬早くパッケージを引っ込めたため、僕の手は空を切りました。

「童貞喪失、人妻との体験ん〜?

あ〜あ、こんなので一人寂しくシコシコかぁ?」

「いや、やめてよ義姉さん。

マジで恥ずかしいって。」

「こんなんでセンズリする方が、恥ずかしいべよ?」

「てか、彼女いたら、こんなんしてないって。」

「女もいねえの?

かぁ〜、ぬるい。」

「しょうがねえさ、もてねえもんよ。」

「それにしたって、チョイスが違うべよ。

人妻にいくかぁ?

普通は高校生らしく、女子高生だべよ。」

「女子高生もんもあるから、たまたまさ。」

「どれ、見せてみっ!」

渋々、僕はコレクションのDVDを、早苗さんに見せました。

「割合的に、人妻が多いな。

お父さんとは違って、恥ずかしいコレクションの数々だ。」

そう言いながら、早苗さんは僕を小馬鹿にするような視線を送ってきました。

「もうやめようさ、義姉さん。」

「ははぁ、わかった!」

「何が?」

「和哉は、この綺麗な義姉さんに、欲情してしまったんだな?」

「はぁっ!?」

「童貞を、嫁に来た義理の姉に、とか思いながら、妄想で・・・」

義姉さんの一人芝居がしばらく続き、僕が呆れたように見ていると。

「和哉ぁ」

「え?」

「口固いか?」

「くちぃ?」

「来月、東京の大学に行くんだから、餞別あげよか?」

「いくらぁ?」

「ばか!金か?

この状況で?」

「何さよ?」

「絶対秘密守れるなら、男にさせてやるさよ。」

「え!?」

「義姉さんじゃ、嫌か?」

「つうか、まずいべよ。

兄貴や、母ちゃんに知れたら」

「だから、絶対内緒にできるかと、聞いたさぁ。」

正直、義姉さんの真意がつかめなかったので、躊躇していると

「煮えきらん男だね。あんたはぁ!」

と僕の隣に座り、耳元で優しく

「にいちゃんは今日遅いし、お母さんは親戚の家だ。

内緒にできるぅ?」

僕は耳元で囁かれ、視線はスカートから伸びた黒タイツの太ももに、釘付けになりました。

「義姉さん!」

もう、だめでした。

僕は、義姉さんに抱きつきました。

「絶対、内緒さ!いい?」

そう言うと、義姉さんは僕の服をすべて脱がし、全裸にしてくれました。

パンツを脱がそうとしたと時は、仮性包茎の恥ずかしさから少し抵抗しましたが。

脇腹を指先で優しく触られてしまい、つい手を離した瞬間に、引き下ろされてしまいました。

「かわいい、剥けてないのぉ?」

「恥ずかしい、義姉さん。」

「ほら、どう?」

そう言うと、義姉さんは舌先を固くして、皮の先端を舐めてくれました。

ツンツンした舌の刺激に、身体は想像以上に反応しました。

「あ〜ん!」

と女の子ような声を、思わず上げると

「和哉、かわいい・・・」

と玉袋やサオも、丹念に舐めてくれました。

このフェラチオだけで射精しそうになってきましたが、義姉さんが途中で止めたために、僕は生殺しのような気分でした。

「義姉さん、止めないで!」

「焦らん。和哉。」

「だって、もうイキそう!」

「和哉が、義姉さんのこと想像して、センズリしているところ、見せて。」

実際、義姉さんのことなど、オナペットにもしたことがなかったですが。

嘘でもしないと、続きが期待できなくなりそうなので、必死にオナニーすることになりました。

しかし、さっきのフェラチオでもうヤバイ状態なので、しごく速度はかなり遅くしました。

[shortcode]

「義姉さんの何を、想像して、いつもしてたぁ?」

「義姉さんとセックスしているところ。」

「他はぁ?」

「義姉さんの下着とかを想像した。」

「洗濯物とか見てたの?」

「うん、目に焼き付けてから、ここでしてた。」

「和哉のスケベぇ・・・」

実際、義姉さんの下着は何度か見たのですが。

イヤらしいTバックとかでもなく、普通のカラフルなパンティだったので。

AVを見慣れた僕には、さほど刺激の少ないものではありました。

しかし、それを聞いた義姉さんはスイッチが入ったかのように、表情がエロくなったきました。

「見てもいいよぉ」

と、義姉さんは脚を開きました。

黒いタイツ越しに見えるスカイブルーのパンティに、僕は異常に興奮してしまい。

普段のオナニー以上の速度で、ペニスを酷使しました。

「ああっ!!義姉さんのぉ!!」

と言った瞬間、熱い精液が、義姉さんの黒いタイツに大量にほとばしりました。

「ああ、和哉の汁、熱いよ・・・」

勢いよく飛び出た白い精液が、黒いタイツを這うように流れ出る様は、異常な様相でした。

今日2回目の射精にもかかわらず、これほどまでに精液が飛び出す自分に半ば驚きでしたが。

それよりも、義姉さんの変容ぶりにもっと驚きました。

「高校生の若い男の子のオナニー、初めて見たぁ」

と、虚ろな表情の義姉さんを押し倒し、僕は黒とスカイブルーの織りなす股間に顔を埋めました・・・。

早苗姉さんの、黒いタイツの股間に顔を埋め。

タイツ越しのスカイブルーのパンティを、タイツとともに大きな音を立てて吸い込み。

舐め回しながら、僕は思った。

「早苗義姉さんは、何人の男とセックスしたんだろう?」

と。

早苗義姉さんは兄貴の嫁さんですが、3才年上の姉さん女房です。

地元の高校を出て東京の専門学校に行き、そこで就職するも訳があり、Uターンしてきたそうです。

Uターンしてきてからは、地元にある中古自動車販売の事務を行い、そこで兄貴と知り合い、結婚しました。

兄貴から聞いたのは、東京で会社の同僚と恋愛関係だったという義姉さんが失恋し、帰郷してきたという話しでした。

少なくとも、兄貴と昔の彼氏とは、確実にセックスはしているはずです。

ただ、どうしても色気にはかける義姉さんなので、そんなイメージすら妄想できませんでした。

そんな義姉さんと今こうして、蔵の中の僕の部屋で。

決して口外できない、秘密に満ちた行為を繰り広げつつある現状が、夢のようでした。

義姉さんは、僕が股間を蹂躙している間中、僕の頭をなでたり耳を指先でくすぐってみたり。

太腿で挟み込んでみたりしながら、

「そう、そこに熱い息をかけて。」

とか

「腿の内側も舐めて」

「脚の付け根も忘れないで。」

とレクチャーしてくれながら、時折、イヤらしいよがり声をあげてくれました。

「もう、和哉のせいで、タイツもパンツもぐっしょりだぁ」

とスケベな笑みを浮かべる義姉さんに、僕も興奮が止まりません。

ほんの数分前に、今日2回目の射精をした僕のペニスはもう、勢いよく立ち始めてきました。

「若いわぁ!!もう立ってきたあ。」

という歓声を上げて、義姉さんは僕のペニスを握り、シコシコと上下に緩急付けて動かしてきます。

「義姉さん!気持ちいい!!」

「ここはぁ?」

と僕の乳首を吸い始めました。

「あは〜ん!義姉さぁ〜ん!」

「いいんだぁ?乳首がぁ。」

初めて舐められた乳首。

乳首がこれほど気持ちいいとは、思いませんでした。

「チュッチュッ」

「あっ!あっ!」

「ピチャピチャ」

「義姉さん!義姉さん!」

乳首を舐める音と、僕のよがり声とともに、部屋の中の置き時計の秒針の時を刻む音が、

「チチチチ」

と、蔵の中の部屋に静かに響いています。

外にはいつしか、降り出してきた雪が、静かに舞っていました。

「ふふふっ、和哉のオッパイ。

ニガくなってきたよぉ。」

義姉さんが、興奮で意識の遠くなりつつある僕の耳元で、優しく囁いています。

「チンポも、ギンギンだぁ。」

と再び身体を下げて、頭を僕の股間に近づけました。

しばらく指で僕のペニスを弄ぶ義姉さんが、

「先っぽが完全に剥けてないよぉ」

と言ったかと思うと、突然に仮性包茎をむき出しました。

「ッッ!!」

若干の痛さと、亀頭が外気に触れて感じる冷たさに、ペニスの勢いも止まりました。

「和哉ぁ、ここはキチンと洗わないと、女の子に嫌われるぞぉ!」

「ちゃんと洗ってるさぁ、毎日ぃ。」

「垢が残っとるがよ、この子はぁ!」

「さっきしごいて出したんで、汚れたんかもさぁ。」

「子供さねぇ、この子はぁ!」

と着てきたダウンジャケットのポケットからハンカチを出し。

それを唾液で湿らせてから、義姉さんは僕のペニスを掃除し始めました。

「痛っ!!義姉さん!」

「少しの我慢さぁ、汚れたチンポ、口に入れたくないがさ。」

刺激に敏感な亀頭が、僅かに触れる唾液付きハンカチの刺激にさえ、反応して。

勃起したペニスは、見る見るしぼみ始めてくるのが、分かりました。

「ホントはシャワーさせたいさが、時間もねえしさ。」

と義姉さんは、キレイになった亀頭を一度皮に納めてから、皮の先を指人差し指と中指の2本指で、つまんで伸ばし。

皮の先に濡れた舌先を軽く触れさせ、チロチロと舐め始めました。

「あっ!!義姉さんっ!

気持ちいい!!」

皮の先から感じる、柔らかな舌先の微妙な感触と、時折口から流す、義姉さんの唾液の暖かさが。

しぼみ、小さくなったペニスを再度いきり立たせました。

いきり立つと同時に、サオや玉を、濡れた口や舌を使い。

また、唇や舌先を硬くしたり、柔らかくしたりして、刺激してくれました。

レロレロとペニス全体を這い回る義姉の舌先に、僕は3度目の射精感を覚えだしました。

ふと義姉さんを見ると、口では僕のペニスをいじめながらも。

右手を自分のタイツとパンティの中に滑らせて、オナニーをしていました。

口からは僕のペニスを舐めすする音とともに、義姉さんのオナニーでのよがり声も、聞こえてきます。

「和哉ぁ、義姉さんもうだめ・・・」

というと、義姉さんは僕のベットに倒れ込み、

「和哉の好きにしていいよ。」

とセーターとスカートを脱ぎ、スカイブルーのブラとパンティ、そして黒いタイツをはいたまま、僕に誘いのまなざしを向けてきました・・・。

主(*´Д`)ハァハァ<餞別がそんなエッチなものとは…。

コメントを残す