【近親相姦えっち体験談告白】発育の遅い妹のロリ乳をモミモミ(1)

【妹との体験談】兄は夜な夜な妹の部屋に忍び込み、胸をまさぐる生活が続く。妹も気づくが、そのままにしていて…
発育が少し遅い、妹の胸の感触に興奮していた兄。夜な夜なこっそりと妹のパジャマに包まれた胸を触る日々。日が続けば、行為も当然エスカレート。妹に気づかれるアクシデントもありつつ、気にしない妹の性格を逆手にとって、また行為を再開する…
dvdms00075jp-2

妹が中1〜中3(俺は一つ上)の頃にかけてよくナマ乳を揉んでいた。

周りに比べると発育が少し遅かった妹は、中1の夏頃にやっと乳首周りが隆起してきた。

俺の部屋と妹の部屋は二階にあり、両親は一階のだいぶ離れた部屋で寝ていた。

初夏の頃だったか、妹と何かの賭けをして負けたほうが奴隷になるという遊びをしていた。

どんな勝負だったのかは忘れたが、勝ったのは俺のほうだった。

奴隷と言っても大したことではなく、ジュースを冷蔵庫から取ってくるとか、肩を揉むとか、その程度のものだった。

だが、日に日に膨らんでくる妹の胸に少し興味を持った俺はその日名案を思いついてしまった。

「人間べッドになれ。」

リビングにあったサマーベッド(厚い布地が貼ってある、リクライニングはしないがゆったり寝るように座れる椅子)に妹を寝かせ、その上に俺が寝るというスタイルだった。

初め妹は

「重〜い」

と言って笑っていたが、

「奴隷なんだからずっとそのまま!」

と俺は言って、妹の上に仰向けに寝た。

妹は部活帰りで、ジャージ姿のままだった。

ジャージの色はエンジで暑いからか中にシャツは着ていなかった。

まだ膨らみも小さく、ノーブラだった。

初めはあまりH感情は無かったが、俺の背中に妹の胸の柔らかい感触が伝わってきてエロ感情が湧いて来た。

しばらくの間、バレないように背中でその柔らかい感触を楽しんでいた。

それから少し体勢を下げて、妹の胸近くに俺の頭を持ってきた。

(この時点でも、二人は仰向き)

寝返りを打つように頭を横に向けると、妹の胸が目の前にくるような体勢になった。

ジャージごしだが、明らかに柔らかい感触が俺の左頬にあった。

(妹の右胸の感触)

5〜6分はこの体勢でいたので、妹は重くて疲れてきたようだった。

妹の右胸の感触を頬で感じていたが、少し妹が大人しくなってしまったので、

「心臓の音が聞こえる。」

と言って、胸に堂々と耳を当ててみた。

すると妹は

「本当?聞こえる?」

と返してきたので、エロ感情など全く無いかのように装い、

「聞こえるよ、ホント!」

と言って、左胸にも耳を当ててみた。

「じゃぁ、寝る。」

と俺は言って、その体勢のまま、胸の感触を頬というか耳に感じたまま眠るフリをした。

しばらく4〜5分は、そのままの体勢でいたと思う。

さすがに妹も辛くなってきたみたいなので、

「一旦中止!またあとで奴隷の続き。」

と言って、その場はそれで終わった。

何かを感じてきたのか、それ以降は「人間ベッド」を妹はやらなくなった。

乳首周りが隆起してきたように見えていたが、実際には胸全体が柔らかい感じになっていた。

判る人もいると思うが、小4〜5くらいのペチャンコに見える胸でも、ガリガリのコでない限り、女のコの胸は多少の弾力がある。

その時、妹は中一だったが、発育の早い最近のコで言えば小6か小5くらいに相当するカラダだったと思う。

「人間ベッド」で妹の胸の感触を味わった俺は、寝ている妹の胸を見るようになった。

部屋は別々だったが、エアコンの無い部屋で寝るのは夏暑くてしょうがなかったので、俺は廊下に出て寝ていた。

妹はすぐそこの部屋で、ドアを開けたまま寝ている。

距離にして2mちょっとの所で、タオルケットを下半身にだけかけて仰向けで寝ている。

胸を見ると、仰向けでも乳首とその周りがと盛り上がっていた。

乳首は起っている訳ではないので、乳輪とその周りが盛り上がっている感じだった。

「揉めるほどでは無いな」

と思ったが、小6の頃に同級生の生乳を揉んでいた俺は、

「妹のもチョッと揉んでみたい」

と思った。

何日経った頃かわからないが、妹の胸を触る時が来た。

先に寝ている妹の横に寝て、まずは眠るフリをしてみた。

気配に気付いた妹は

「何?」

とか言ってきたと思うが、

「なんか廊下だと怖いから」

とか何とか理由をつけて、妹と一緒に寝ることに成功した。

しばらくは普通に寝るフリをしてチャンスを窺っていた。

かなり深い眠りに入ったと思ったところで、妹に足を絡ませてみた。

寝相が悪いと思わせればいい・・ そんな計算をしていた。

しかし妹は全く起きなかったので、何気に手も妹の体の上に乗せてみた。

全く起きない。

安全確認の為、しばらくそのままの態勢でいたが、一向に起きる気配ないので、ついに手を胸へと乗せてみた。

「うわ、柔らかい!」

妹のパジャマはネグリジェ風の薄手のワンピースで、柔らかい感触は明らかに伝わってきた。

手のひら全体で胸を触ると、起きた時にマズイと思ったので、何気を装って手首と掌で当たっているという感じにしていた。

しばらくそのまま動かさず、寝てるフリのまま感触を味わった。

足も絡めたままだったので、ほとんど抱き着く感じの態勢だったと思う。

その足のほうももう少し絡め、足でマ○コを確かめてみた。

俺のスネの横あたりで、マ○コの隆起が判った。

「こんなに盛り上がってるのかぁ・・」

と少し驚いたが、あまりマ○コに興味は無かった。

妹の下半身を見るとマ○コ付近の隆起がすごかった。

ハッキリとは覚えていないが、そのネグリジェ風の薄手ワンピースは丈が短かった為、寝る時はパンツ丸見えだった。

月明かりでマ○コ付近の隆起をハッキリと見た。

あとで判ったことだが、第二次成長期のマ○コは異様に盛り上がるみたいだ。

そんな感じで寝る日が何日か続き、ある日

「ちょっと揉んでみよう」

と思い、パジャマの上から軽く乳輪の隆起を揉んでみた。

「すげー、柔らかい。」

妹の起きる気配は無かった。

何回か乳輪の隆起を軽く揉んでみたが、今度は

「乳腺もあるかな?」

と思い、ちゃんと確かめたいと思った。

小6の頃に同級生のナマ乳は揉んでいたので、胸に中身(乳腺)があることは知っていた。

「あいつ(小6同級生)と同じく、乳腺あるかな。」

〜あれば本物の胸だ〜

そんなことを思っていた。

ワンピースはかなり薄手で、ほぼ直で触ってるのと同じ感触だった。

軽く摘むように揉んでみる・・グミのような中身(乳腺)があった。

「あった!乳腺があった!!」

俺は感激した。

ついこの間まで子供だと思っていた妹にも、乳腺がある!

俺はその乳腺を揉むのが好きだったので、何回か軽く摘んでみた。

痛くないようにそっと・・そっと・・。

俺のチ○コは、ジュクジュクと精子が生産されているかのように興奮していた。

「ンン〜・・・・な、何っ?!!」

妹が飛び起きてしまった!!!!!!!

俺は心臓が破裂しそうなほど焦った!!!!

目が合う二人!!

「な、何してんのッ!」

言葉を捜す俺。

「イや(大汗!!!)虫だよ虫!!」

「虫がいたから!(ほとんどバレバレ)」

「ホラっ!!」

と言って、虫など居るはずの無い指を妹にパッ!と一瞬見せて、誤魔化そうとした。

「うわーキモチ悪りィ!!(焦)」

と、俺は起き上がって、すぐそこのトイレに走った。

手を洗ったフリをしてトイレの水を流し、ドキドキしながら妹のそばへ戻った。

妹は、

「もういいよ、いいから!」

と言って反対を向いて寝てしまった。

確実にバレたと思った。

俺は自分の布団に戻った。

次の日から、妹の態度が変わった気がした。

俺を無視している感じになった。

やばい・・・自己嫌悪に陥った。

小さい頃からお兄ちゃん子だった妹に・・明らかに無視されている・・。

まさか、実の兄にそんなことをされるとは思っていなかっただろう。

性にもまだ関心も無かった妹の心境は複雑だったかも知れない。

ただ、救いだったのは、妹は典型的なB型で、細かいことはすぐに忘れるタイプだった。

また、気の強いところもあった。

悩んでどうにかなってしまうタイプでは無かった。

しかし・・・妹とは口を訊きにくくなった。

ヤバイ・・・・(汗。)

典型B型女が怒ると怖い。

ヤバイというより、妹にあんなことをした恥ずかしさで、俺の立場が悪くなった気がした。

妹に頭が上がらないといった感じだ。

親には言ってなかったようだ。

そのことは、これからのことで判った。

また、乳を揉みたい・・・。

何日経ったか判らないが、多分2〜3日後だったと思う。

その夜、また妹の乳を揉みたくなった。

「数日前のことだから、もう大丈夫かな」

変にプラス思考な俺は、妹の布団へもぐり込んだ。

起きているような気がしたが、かまわず横に添い寝した。

妹は横向き(左腕が下)で俺に背中を向けていた。

とりあえず寝るフリをして、時間が経つのを待った。

すごくワクワクした気分だった。

「また、気付かれないように触ってみよう。。」

10分くらい経っただろうか、横向きの妹の体の上に俺の右腕をかけてみた。

「勘づいてるかな・・?」

「ま、いっか。。」

そのままの態勢でしばらくいた。

手のひらはぶらんと下げたままで、まだ胸には触れていない。

まだ用心している状態だ。

それから何分か経って、実行に移ることにした。

自分の右手を妹のわきの下にそっと入れてみた。

何気に手首のあたりで胸に触れてみた。

ぽわんとした感触が伝わってきたッ—————-!!(←古いwけどホントこんな気持ち。)

キモチイイ。

あの妹の胸がこんなに柔らかいなんて・・しばらくそのままで感触を堪能してみた。

オレのチ○コは、またも精子の生産がはじまったかのようにドクドクしている。

気持ちはワクワクしていた。

「手のひらで触ってみようか・・」

行為はエスカレートした。

妹は気付いているかいないか微妙な感じだった。

手のひらで触れば、ほぼ気付くだろう・・モロに触っているのと同じだから・・。。

「今のところ何も言わないし、バレてもイイや。^^/」

「この前(虫がいたと言い訳した時)バレバレだったし、今度はこのまま寝たフリしよっと」

そんな考えで、実行することに決めた。

手のひらでそっと胸を包んでみる・・。

「ヤッタ!!ついに完全タッチ成功!」

そんな感情だった。

とても感激した。

多分妹は気付いているが、寝ているフリをしていると思った。

オレは

「あくまでも寝相が悪くてこうなっている」

というのを装っているので、半分目を閉じたままだ。

そのまま、妹の胸を手で包んだ状態で何分かが過ぎた。

その幸せな状態で何分か過ぎた。

その後は詳しく覚えていないが、妹が何気に手を払ったりしたかも知れない。

「とにかく、これから毎晩楽しみだ」

そんな気持ちになった。

バレバレっぽいけど、妹は何も言わない。

バレてなければ、そのまま出来るし、気付いていて何も言わないなら触っちゃえ。

そう思ったw

次の日も妹の布団に入った。

やはり横向きに寝ている。

今日は布団に入って、わりとすぐに手を妹のカラダに乗せてみた。

「多分、気付いているだろうな^^」

そう思いながらも、手をわきの下に入れた。

「多分もうバレてんだからイイか」

すぐに手のひら全体で胸を包んだ。

柔らかい。ぽわんとした。

チ○コは勃起状態。

今度は

「そっと触るのではなく、胸の大きさを確かめるようにしてみよう」

今までは軽く包む感じで触っていたが、次は確実に胸の大きさを確かめてみようと思った。

普通の力で胸を包んでみた。

デカイ・・想像より膨らんでいる。

柔らけ〜。(^−^)

乳輪回りだけが膨らんでいると思っていたが、いつの間にか胸全体が膨らんでいる・・。

キモチイイ・・ノーブラだし、乳首周辺の感触も伝わってくる。

ずっとこのままの状態でいたい・・でもチ○コの処理をしなくては・・。

部屋に帰り、妹の胸の感触でヌイた。

それからは、毎晩が楽しみだった。

昼間の妹の態度は普通だった。

そっけない態度をとることもあったが、いたって普通だった。

ヨカッタ・・。

「今夜も触るゾ。^^」

夕方くらいにはもうワクワクしていた。

夜飯もフツーに一緒に食べて、TVも一緒に観た。

今までとほとんど変わりない感じだった。

だが・・・夜は、毎晩が楽しみだった。

普通に妹の布団に入るようになった。

やはり後ろを向いて寝ている。

ワクワク。

入ってすぐに胸に手をやるようになった。

妹は気付いているが、

「ン〜・・」

と言って、少しカラダを動かす程度。

思いっきり抵抗しているわけではない。

「しょうがないか。」

そう思っているのだろうか。

かまわず胸タッチ。

少し(超軽〜く)モミモミ。

乳腺は一度、飛び起きてしまったので揉めない。

痛いのだろう。

胸を軽くモミながら、自分のチ○コを触る。

「これで出せたら最高だな。」

そっとモミモミ、モミモミ・・たまらずそのまま出してしまった。

こんなに気持ちいいオナニーは初めてだった。

トイレに行き、チ○コと手を洗った。

当然だが、冷めた後の罪悪感はあった。

もうやめよう・・そう思ったのは、出した後だけだったw

毎日、夜が楽しみで楽しみでしょうがなかった。

触り方もエスカレートしていった。

「今夜はしっかりとモンでみよう。」

その日の夜、妹の布団に入り、また当然のように胸に軽く手を持っていく。

ウン。今夜も大きい。^−^

しっかりと胸を包み、大きさを実感すると、オレのチ○コはジュクジュクと精子の生産が始まったかのように興奮した。

今夜は軽〜くではなく、もう少しだけしっかりと揉んでみよう。

昨夜までよりしっかりと、普通にモンでみた。

モミッ!あるある!乳腺の感触・・^−^

小さいが確かな乳腺。

ビクッ!っと妹のカラダが反応した。

痛かったのかも知れないw

モミながら、自分で発射した。

・・妹は確実に起きているだろう。

それから同じようにワクワクする夜が続いた。

毎晩揉める嬉しさw

やる事は徐々に大胆になっていった。

〜今夜もモミながら出そう~

その頃、妹の部屋にベッドが入った。

今までは布団を敷いて寝ていたのが、ベッドに変わった。

安いパイプで出来たような、シングルベッドだった。

もうかなり暑くなって来たので、妹はネグリジェみたいなワンピースで寝るようになった。

ホントに薄〜い生地で出来た、ほとんど透けてるような水色のワンピースだった。

胸の質感などはモロだった。

今晩も、後ろ向きになって寝ている妹のベッドに潜り込んだ。

入ってすぐにモミモミ・・。

もう、当たり前のような行為になっていた。

ほぼ密着状態でわきの下から手を入れて揉む。

ワンピースごしだが、質感はほとんどナマ。

揉み始めると妹はカラダを屈むように小さくさせた。

嫌がっているのか?痛いのか?

屈むようにしたおかげで、胸がよせられ余計揉み易くなった。

ラッキーな展開だった。

・・・モミモミ・・・モミモミ・・・モミモミ・・

かまわず揉みつづけた。

揉みもだんだんと大胆になっていった。

妹の胸も初めのころより大きくなったのが判った。

たかだか数ヶ月(2〜3ヶ月)の間にかなり成長したようだ。

大きめBカップくらいにはなっていた。

柔らかさは変わらなかった。

毎晩ベッドに潜り込み、揉みながら自分で出していた。

日課だった。

あとは・・・

「ナマで揉むだけだ・・」

まだ薄手のワンピースの上から揉んでいたので・・・。

ついにというか、あとはナマで揉むだけだと思った。

「今日はナマで揉んでやろう」

そう企んでいた。

いつものようにベッドに潜り込んだ。

まずは薄手ワンピースの上からモミモミ・・。

ウン。今日も気持ちイイ!

ほぼナマ感触。

しかし、実際に肌を触りたい。

ワンピースのすそに手をかけた。

ちょっとドキドキした。

短めのワンピースだったので、すそから手を入れていっても胸まではそう遠くない。

スルスルと捲るように、ワンピースのなかに手を入れた。

もう少し、もう少しだ・・。

ピクッ!!妹の体が反応した。

ついにナマ乳を触った。

やわらかい・・。

手のひら全体で包んでみた。

もうたまらなかった。

起きているのは確実なのに、何も抵抗しない。

あくまでも寝ているように装っている。

初のナマ乳なのでそっと触った。

やわらかい・・ふにゃふにゃだ。

胸全体をフワッと包んでみた。

意外なほどに手に余る大きさ。

大きさというより、広さみたいなものを感じた。

柔らかいふくらみが広いってカンジだ。

自然と乳首の位置を探してみたが、判りづらかった。

起っていないだろうから当然か。

モミモミ・・しばらくそのまま柔らかく揉みつづけた・・。

妹のカラダは、思春期特有のいい匂いがした。

それを嗅ぐだけで勃起するほどだ。

シャンプーの匂いだけではなく、思春期特有のミルクのような匂いも混ざっていた。

俗にロリ臭とも言われるが、これがたまらない。

特にナマ乳を揉んだ後は、手にその匂いがつく。

自分の経験から、思春期の始まる小学校高学年くらいからその匂いがするみたいだ。

人によっては23才くらいまではその匂いがするコもいる。

主(*´Д`)ハァハァ<妹も胸を揉まれる快感に目覚めたのかもね!

コメントを残す