【近親相姦えっち体験談告白】兄に義姉を寝取ってほしいと頼まれて…(1)

【義姉との体験談】美人な薬剤師の義姉、由美子。最近レスという兄夫婦は、刺激を求めるために弟に助けを乞うことに。
40代の兄弟夫婦。兄の奥さんは、薬剤師で30代に見えるほどの美人。弟も義理の姉ながらによこしまな気持ちを抱くこともあった。以前兄弟で飲んでいた時、夫婦生活の話になり、兄はセックスレスと明かす。そして協力してほしいと頼まれた内容は「義姉を寝取る」ことだった。
h_086cvdx00246jp-4

私の体験というか、現在進行形のお話です。

私、幹雄42歳。

二人兄弟の私には、5歳離れた兄がいますが、その兄夫婦とのお話です。

兄は47歳で市役所勤めで、義姉由美子は45歳薬剤師で、現在総合病院で午前中だけのパートをしています。

兄夫婦の一人っ子長男は、昨年の春大学に入学し家を出ています。

義姉は美人でスタイルも良く、夏場のTシャツを着ている時などは、その胸の盛り上がりに義弟としてはあるまじき思いを幾度となく持ったことがあります。

難を言えば、少し堅物で、無口。

美人なだけに、少し冷たく見えること。

見た目も若く、患者さんから『30代だと思っていた』とよく言われるそうです。

義姉は一人っ子で、私たち夫婦を本当の弟妹の様に可愛がってくれます。

始まりは、昨年の田植えでした。

毎年、田植えには私たち兄弟夫婦が実家に集まって、両親の田植えの手伝いをします。

田植えが終わったら、「さなぶり」と言って、打ち上げです。

昨年の田植えは、土曜日でしたので遅くまで「さなぶり」は続きました。

両親が寝てしまい、お互いの妻達も帰宅し兄と二人遅くまで飲みました。

話がお互いの夫婦生活に。

家では週1以上なんですが、兄夫婦はここ2年ほどレスとのこと。

兄が義姉をセックスに誘ったところ、何度か断り続けられ、険悪な状況になりそうに。

それ以来、兄は求めなくなり、義姉も誘ってくるような性格ではないため、レスが続いているようです。

「兄さんの、浮気がばれているんじゃないの?」

「それはないと思う。

その辺の所あいつは疎いし、そんな素振りも見られない。

昔は、結構感度が良くて喜んでいたんだけどな。

あいつも、浮気の一つでもするようだと面白いんだが。」

兄からは以前、人妻と不倫していることを聞いており、人妻を寝取っている兄貴に、寝取られの方の願望も有ることを聞いて驚きました。

「じゃ、俺挑戦してみようかな?」

「お前が?ああっ、だが、あいつ堅いぞ。」

「自信ないけど、兄貴が協力してくれたら。」

それから作戦会議(?)です。

睡眠薬で眠らせて → どうやって手に入れるの?

催淫剤を使って。 → 本当に効果有るの?

色々考えましたが、結局、義姉を酔わせて寝入ったところで行うことに。

ただ、もし途中で義姉が気付き、怒り出した時はどうするのか?と言う問題が残りましたが。

私たち兄弟は近所の工務店に建ててもらった、ほとんど同じ造りの家に住んでおり、私が酔って我が家と間違い、義姉のベッドへ潜り込んでしまったと言うことで、ひたすら謝ったら許して貰えるのではないかな?と言うことで決まりました。

実行日は、今度の金曜日。

早速、次の金曜日、私は農家から頂いた野菜のお裾分けを口実に兄の家へ。

前日のことは酔った時の冗談ではなかったのか、少し不安に思いながら訪問した私でしたが、兄と目があった瞬間兄も覚えていることが確認できました。

「幹雄、明日は休みだろ。

飲んで、今夜は泊まっていけよ。」

「いいの?由美子義姉さん。」

「ええ、良いけど。

突然だから、大したお摘みできないわよ。

智(私の妻智子)ちゃんにも、私から電話しとくわ。」

義姉も入れて3人で飲み、アルコールに弱い義姉がウトウトとしてきました。

「俺と幹雄はもう少し飲むから、寝ても良いよ。」

「そうね、じゃ私は先に寝るわ。」

義姉は寝室へ。

兄が寝室に行き、義姉が熟睡していることを確認し、代わって私が寝室へ。

義姉はよく寝入っています。

私は義姉ワンピース型になった寝衣の裾を、そっと腰まで捲り上げます。

普通の白いショーツの中で、アソコが盛り上がっています。

ショーツの上から、恥骨を触ってみます。

「う~ん。だめっ。」

一瞬驚き手を引っ込めましたが、義姉はそのまま、私の方にお尻を向け横向きになりました。

今度は、お尻を触ってみます。

反応はありません。

思い切って、手をショーツの中へ。

動きは見られません。

指が、薄目のヘヤーに包まれたアソコに到達します。

暫く表面を撫でていると、

「ふうっ」

義姉の吐息が。

姉は起きているのか?

感じているのか?

今のの状況では、兄だと思い込んでいるはず。

思い切って、指を割れ目に沿わせます。

「うう~ん。」

湿りを感じ、思い切って割り込ませ、そのまま指を挿入させます。

指はすんなりと吸い込まれました。

指を少し動かすと、クチュクチュと嫌らしい音さえ出すほど濡れています。

「ああ~ん。」

義姉は兄だと勘違いして、完全に受け入れていると思いました。

「あゅ、あっ、ううん~、あ~~~。」

淫水が、太ももあたりまで垂れてきている状態です。

そうなれば、気付かれる前に最後まで。

後ろから、これまでにないほど硬くなったペ○スを、義姉のアソコに押し当て擦ります。

「う~~ん。」

義姉は寝ながらも感じている様子。

ゆっくりと挿入しました。

「うっ。ふう~」

起きてはいないようです。

少しずつ動いてみます。

「あっ、あっ。」

思い出した様に、時に義姉からは声が漏れます。

義姉の中は、閉まると言うよりも軟らかい肉襞が纏わり付くような、とっても気持ちの良いものです。

私は理性を失い、思い切り腰を振ります。

「ああ~ああ~。」

「あっ、あっ。」

義姉は起きてしまったのか、夢うつつか連続して声を漏らすようになりました。

義姉も相当に感じているらしく、あそこからはピチャピチャと嫌らしい音が発しています。

「ああ~~ねっ、ねっ。いい~~~。」

義姉も、もう今は起きてしまっているようです。

私は顔を見られてしまわないように、横向きの義姉の背中に顔を押し当て腰を振りながら、寝衣のボタンをはずすとそこにはノーブラの乳房が。

完全に硬くなった乳首を強めに揉むと、

「ああああああっ。」

兄が言っていたように、感度は相当に良さそうです。

義姉として、女としてもあこがれていた義姉とのセックス。

上品な口から漏れる快感の声に、私もいきり立ちもう持てない状況になった時、義姉が向こう向きのままベッドの棚からスキンを出してくれました。

向こう向きのままで、まだ兄貴と思っているようです。

私はスキンを着け、再び挿入。

「あっ、ふう~、ねっ、いい~。」

普段の義姉からは想像できない色っぽい声に、もう保てそうにありません。

一気にスパートをかけました。

「ねっ、ねっ、逝きそう、逝きそう。

ああああ~~~~~逝く~~~。」

義姉と一緒に、最近にないほどの快感を味わいながら、射精しました。

義姉は、そのままぐったりとなり寝てしまった様子と思っていたところ、一気に起き上がりました。

私は、一気に酔いも何もかも覚めてしまい、ただひたすら寝たふりを。

幾ら酔っていたといえ、気付かれないはずがありません。

義姉は本当に驚き、立ち竦んでいるようでした。

そして決断したのでしょう、小さい声で、

「幹雄さん、起きて。」

私の肩を揺すります。

「う~~~~、あっ義姉さん。」

「ど、どうしてここに?」

あくまもで酔った振り。

義姉は、私の口を押さえます。

「じゃ、今していたのは?」

「幹雄さん、私たちとんでもないことを。」

「お、俺、自分の家で智子だとばっかり。」

義姉は、案外冷静でした。

私を残したまま、階下に降り兄が居間で寝入っていることを確認してくると、毛布を渡し、居間の隅で寝るように言いました。

居間では、当然寝たふりの兄が軽い鼾をかいています。

私が居間の片隅に陣取ると、義姉が降りてきて、兄にも毛布を掛け寝室へ戻っていきました。

朝、目覚めると義姉は、台所で食事の支度をしていました。

計画的であったとは言え、本当に気まずい思いで義姉に挨拶。

「おはようございます。」

「おはよう。」

「兄さんは?」

「犬の散歩に出かけたわ。」

「昨夜は、その。

酔っていたからと言って本当にごめんなさい。」

「そ、本当に大変事をしてしまったわ。」

「兄さんに?」

「・・・迷っているの。

正直に言うか、それとも黙っていた方が良いのか。」

「・・・・・」

「幹雄さん、智子さんには?」

「・・・言えないです。」

「そうね。私も多分言えない。

その方が、あの人を悩ませなくてすむかも知れないし。」

そんな会話をしている時、兄が帰ってきました。

「お、起きたか。

少し飲み過ぎたな。」

兄のいつもと代わらない会話に、義姉も言わないと言うことに決断したようです。

兄も、散歩中色々考えてきたのでしょう。

月曜日の終業後、兄と私は喫茶店で落ち合いました。

「この前は、思った以上に巧くいったな。

あいつ、結構感度良かっただろう。」

「ああ、義姉さんの全く違ったところを見てびっくりした。

義姉さんの様子はどう?

なんか、悪い事してしまったみたいで。」

「ああ、土曜日は物思いに耽るような所もあったけど、昨日辺りから普通になっている。

俺も、普通に接しているから。」

「レス状態は解消できそう?」

「うん、急にはな?」

「でも、本当に義姉さんって感度良くて、いつでもレスが解消できそうな感じだけど。

俺は、今からどんな風に?」

「普通で良いよ。」

その後、実家などで私たち夫婦、兄夫婦が顔を合わせることがありましたが、義姉の態度は以前と変わったところはありませんでした。

ただ、お互いが意識しているからか、幾度となく目線が合ってしまう感じはありましたが。

一月経った頃、兄から呼び出され喫茶店で会いました。

「義姉さん、忘れてくれたみたいだね。

良かった。」

「ああ、おかげさんで最近色っぽくなったような気がする。」

「良かったじゃない。

望んでいたことだし。」

「服装も少し色っぽくなってきた。」

「うん、それは少し感じた。」

「それでだ、もう一歩進めたくなった。」

「もう一歩?」

「ああ、お前が由美子を抱いてから二人の関係に知らず知らずの緊張感があったんだけど、最近薄れてきてしまってな。」

「じゃ、叉俺が義姉さんと。」

「ああ。」

「でも、今度はこの前みたいにできないよ。」

「今度は正面からってのはどうだ。

俺はいける思うんだけど。」

「正面から?

俺が義姉さんに「しよう」って言うわけ?」

「そこまで言ったら無理だろうけど、あいつはお前のことを気に入っているから、この前も騒ぎ出さなかったと思うんだ。

それに、この前1回はしてるわけだし。」

「俺も、もう一回したいと思い出すことはあるけど。

考えてみる。」

それから、二、三日後の午後、私は農家から貰った野菜を持って兄宅を訪ねました。

「こんにちは、農家廻りしていたらたくさん野菜を貰ったので、お裾分けをと思って。」

「あら、幹雄さん。

いつも有り難う。」

「今、私も仕事から帰って食事していたところ。

コーヒー煎れるわ。」

「有り難う。

ごちそうになります。」

確かに義姉の服装は以前と比べ、幾分色っぽくなっているように感じます。

たとえば、今着ている服も胸の部分が少し大きく空いていて、屈んだ時あの大きな乳房の裾野が見えました。

暫くたわいのない会話が続きましたが、おいっきり切り出しました。

「義姉さん。

俺この前は本当にご免なさい。」

「ええ、でも私も悪かったところがあるし、あの人だとばかり思い込んでしまっていて。

幸い、あの人も気付いていないし、私たちも早く忘れましょう。」

「有り難う。

でも、俺は、なかなか忘れられなくて。」

私は、テーブルの向こう側に座った義姉の手を掴みました。

「だ、駄目よ。」

性格からか、年上と言うことからか、女に大きな声ではありません。

私は手を掴んだまま、義姉の方へ回り込み義姉の肩に手を置きます。

両手を胸の前で交差させ、肩を丸め私から身を守ろうとする義姉。

「幹雄さん、止めて。

冷静になって。」

最初は、冗談気味にと思っていた私でしたが、このシチュエーションに引っ込みが付かなくなり強引に首筋にキスしました。

「ね、義姉さん。忘れられないんだ。

一度だけで良いから。」

「だめっ。幹雄さん止めて。」

「じゃ、こうしているだけでも良いから。」

この言葉に、義姉の抵抗は少し和らぎました。

肩、腕を揉みます。

完全に義姉の警戒が解けた頃を見計らって、キス。

顔を左右に振って抵抗しますが、今度は引き下がりません。

そのうちに諦めたのか、素直にキスさせてくれ舌の挿入を受け入れる頃には、義姉の鼻息が荒くなり、肩で呼吸するようになっています。

そっと、右手を降ろし乳房の上に置きます。

セーターの上からゆっくり胸を撫でます。

そっと撫でているだけで確認できるほど、乳首が勃起してきます。

乳首を摘む様に愛撫すると、

「あっ。」

声が漏れ出しました。

セーターの裾から手を入れ、ブラジャーをずらし、直接乳房に触れます。

主(*´Д`)ハァハァ<レスとはいえ、弟に奥さんを寝取らせちゃうとは…。

コメントを残す